2017年4月28日 (金)

ラグビーワールドカップ記念ナンバープレート

本日、我が家の愛車のナンバープレートをラグビーワールドカップのロゴが入った特別仕様に換装しました。

前もってディーラーから申し込みをしていましたが、浜松の陸運事務所にクルマを持ち込み、手続きその他で20分ほどで完了sign01

Img_4201
Img_4199
手数料と寄付金で8200円かかりましたが、一品モノですので記念になると思います。

寄付金は、インフラ整備にも使われます。

ワールドカップのロゴの中に富士山がデザインされているので、静岡県内のナンバーだと余計に映えると思いますよーsign01happy01

興味ある方はこちらから申し込んでくださいね~

http://www.graphic-number.jp/

<

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門18位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

日本代表vsスコットランド代表@豊田スタジアム

Js          唯一の見せ場・・・。

日本代表 13-26 スコットランド代表

ヤマハvsキヤノンの試合後は、豊田スタジアムへ移動して、日本代表vsスコットランド代表の試合観戦。

日本の暑さにスコットランドが早くバテるといいなぁ・・・。周りの期待むなしく、
この情報社会の中、一流のアスリートなので、日本の気候に適応できないというのは過去のものだと思うのですが・・・。

Js_2
ところで、日本代表の1番は稲垣しかおらんのかな? 
スクラム1番側から崩れていたのに試合途中に戦術的交代なし。
FWの弱い以前の日本代表に戻ってしまいましたね。。。

見せ場は、前半の速攻からのトライシーンのみ。
点差以上に差は広がっちゃったなぁという印象。

日本のスピード・・・もスコットランドの展開の早さが上。翻弄されてしまいましたね。

Photo_4
しかし、レイドローを間近に見れたのはよかったですが・・・。

プレースキックにも関わらず、ウェーブを仕掛けようとするゴール裏の輩…。
お行儀の悪い人が増えましたねぇ。(人のこと言えないけど、あそこまではねぇ。)

試合前、動画撮影・フラッシュでの撮影禁止のアナウンスばかりしていましたが、観戦マナーのアナウンスも必要なんじゃないかな?

まぁ、にわかファンが他に盛り上がれないくらい緊迫感ない試合だったんだけど…。

そして帰り、豊田勘八インター駐車場行きのシャトルバス待ちの列にならんでいると、制服着た高校生?らしき一団を乗せたトヨタ社員通勤用の観光バスが数十台通って行きました・・・。(動員?)

若い世代に一流のプレーを見せるのは大切なことですが、盛り過ぎ感のある今のラグビーブームには違和感を感じます。

2万人を超えたようですが、スタンドはまばらに空席がありましたし・・・。
本当のところのラグビー人気ってどんな感じなんだろう。

P.S.
GLASGOW Warriors のTシャツ着てったら、外人記者らしき人に写真撮られて・・・こうなってました。スコットランド協会の人だったんですね。sweat01

Img_3067

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門5位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

桑田式スポーツK営学 日本ラグビービジネスの未来像

Photo

本日(20日13:00~)、BSジャパンで放映された『桑田式スポーツK営学 日本ラグビービジネスの未来像』に清宮監督がゲスト出演。

Img_2825
桑田真澄氏が、清宮監督のことをずっと、 『清宮くん』と呼んでいたこともちょっと面白かった(同い年なので・・・)ですが、今までのラグビージャーナリストが触れてこなかったチーム経営に焦点を当てており、番組の掘り下げかたも中々興味深かったです。

▽知っているようで知らない世界的にも稀なリーグ“トップリーグ”

Img_2827
ラグビーファンの中でも、無責任に“プロ化”を叫ぶ方々がいますが、

・チームに興行権がないこと
・チーム分配金がないこと


を番組序盤で、キッチリと明らかにしてくれました。
(トップリーグをずっと観ている人でも知らない人多いみたいですが…。)

チーム運営費が年間10億~15億円という数字も出てきました。
その中で、 『何故、企業はチームを持つのか?』というところにも各企業担当者のインタビュー映像交えて紹介されてました。

また、今季からトップリーグでも一部ゲームの興行権買い取り制度がスタートすることにも清宮監督が言及。ホームスタジアムを持つものにアドバンテージを与えることで活性化が見込めることを強調。

例えば、ヤマハがホームゲームの興行権を買い取り、自由に運営する(収益を得る)ということも可能に…。
(関西のチームはホームがちゃんとあるので、関西中心に活性化するとうれしいですね。)

▽プロ?アマ?社員選手の是非について元日本代表選手が語る

こちらには、サントリーの真壁選手と元トヨタの朽木氏の取材VTRが紹介されました。
アスリートとして道を極め世界に挑戦する選手と、仕事と両立して仕事での経験をセカンドキャリアで活かしてラグビー界に貢献する(チーム運営など)選手と人それぞれの選択があっていいとの結論に…。(野球選手のセカンドキャリア問題にも触れ、プロ後の生活の希望で一般企業の社員が3位であることを紹介)

▽大盛況!フランスプロリーグ“TOP14”

このコーナーでは、フランスのRCトゥーロンとスタッド・フランセの取り組みを紹介。チームのブランド化やスタジアムでのエンターテイメント性の事例の紹介。
この部分が、日本は一番遅れてますね。

ラグビー場も時間になったらただ試合をやって観せればいいという感じですもんね。
上で触れた興行権の移譲によって、この辺が活性化してくれることに期待したいですね。

▽スーパーラグビー参戦は是か非か!?
▽日本ラグビーの未来とは!?

最後に、スーパーラグビー参戦の意義と2019W杯、それ以降のラグビー界について語り合って番組終了。
このへんは、日本ラグビーの強化と今後の発展について今までいろいろなところでラグビー関係者が口にすることと同じなので、割愛しますが、『日本ラグビーをこうしたい。』というみんなのベクトルは同じ方向を向いているということでもある思います。
その課題について、チーム(選手)強化以外で語られることは少ないですが、こういう視点からの提言も重要ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門12位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

トップリーグオールスター&将太郎引退パーティー

d昨日(13日)は、トップリーグオールスター観戦のため豊田スタジアムへ行ってきました。

豊田スタジアムは初めて行きましたが、観客席の傾斜もほどほどあり、そして何より観客席の上を覆う屋根があったので、雨を気にすることなく観戦できてよかったです。
Photo_2
(ただ、暗めでコンデジで撮ったため、ちょっとピンぼけ気味・・・。)

今年は、トップリーグ選抜とサンウルブスの対戦。

トップリーグ選抜 24-52 サンウルブス

ただ、トップリーグ選抜もちょっとメンバー編成に偏りがあり、各チーム応援団で事前に合同で応援しようか? といったようなこともなく、近鉄、ホンダの応援団メンバーと一緒ながら、いつものお祭り感覚はなく、まったり観戦。

試合も場内アナウンスでMCが盛り上げることもなく、スーパープレーで盛り上がることもなく、まったり進行。

サンウルブスのチームとしての仕上がりは・・・?という興味はありましたが、まだまだチームとしては機能していない印象。トップリーグ選抜も『勝ちに行く』と言っていた割には、チームとしてのまとまりは感じませんでしたね。

それでも個々の能力と予想以上外国人プレーヤーのモチベーションの高さで、サンウルブスが勝利!

まだまだ、スーパーラグビーの域には達していませんが、試合後にチームビルドのための初めてのチームディナーを行ったという情報もあり、まだまだこれからといったところでしょう。

この日のヤマハ勢は、

ヤッツ(矢富)は体調が思わしくなく不出場。試合前練習には顔を出していましたが・・・。
Photo
幸輝は、タイトヘッドでの出場。他のプロップは怪我?
1番と3番では、全然組み方違うのに・・・。変な起用法で潰されないか心配。
チームでのシンビン第1号として歴史に名を刻みましたが・・・。^ ^;
Photo_3
トップリーグ選抜のLO大戸は、いつものように身体を張ったプレー。
Photo_4
WTBチカラ(伊東)は、トライをマーク! でチームに貢献してくれました。
Photo_5

そして、夜は、名古屋市内でファン主催の大西 将太郎選手の引退パーティーに参加!

オールスター戦のピッチ内セレモニー終了後すぐに移動を開始しましたが、18時の開始ギリギリに会場着・・・。

当然、将太郎とゲストのトップリーグ選抜・冨岡監督もだいぶ遅れての到着でしたが、それまでの間、司会の村上さんと、シークレットゲストの箕内さん、大畑さんが場を盛り上げてくれました。

到着後は、湿っぽい話ではなく、現役時代・代表選手時代の思い出というよりも裏話的な話題で盛り上がりっぱなし。

Photo_6
この後シックスネーションの解説で、東京に行く予定の将太郎も新幹線の最終ギリギリまで残ってくれて、感謝、感謝・・・。

最後、なぜか在籍していたチームの応援団の代表としてあいさつまでさせられてしまいましたが、最後まで楽しませていただきました。Photo_7
(将太郎が頭下げているので、説教しているように見えますが・・・。^ ^;)

まだ、引退後の進路は決まっていないようですが、啓光から同志社、そして元関西リーグのチーム(ワールド、ヤマハ、近鉄、織機)を渡り歩いてきただけに、関西からラグビーを盛り上げる存在になってほしいと思います。

気が向いたら、ヤマハにもレジェンドとして、スポットコーチとして来てほしいですね。

今後の活躍を期待しています!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門9位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

ラグビー人気を一過性にしないために…。

本日の早朝(日本時間 12日4時K.O)のアメリカ戦勝利を持って、日本代表のワールドカップの挑戦(JAPAN WAY)が終わりました。

大会通じての結果は、ベスト8入りはならなかったものの、3勝1敗という素晴らしいもの。
選手、スタッフの皆さんは、胸を張って日本に帰ってきてほしいと思います。

ただ、ベスト8に行けなかったことを悔やむ五郎丸選手の試合後の涙をみて、

・2019年のワールドカップを成功させる。(運営)
・2019年のワールドカップでベスト8以上を狙う。(主催国チームとして)


現状に満足してはいけない。今回の人気を一過性に終わらせることなく、これを起爆剤に準備を加速させないといけないとあらためて思いました。

今回の日本代表の活躍で分かったこと。

<外国出身選手の人数は代表人気とは関係ない>
私も外国出身選手が多いことへの違和感を感じていたひとりですが、今回のチームの活躍で、そのようなことは些細なことであると感じました。外国出身選手を多く入れることの是非の論争は決着したと思います。
カーワン、エディも当初、その論争の中でチーム構成の試行錯誤を続けていましたが、今後それがなくなります。スーパーラグビーへの参戦も決まりましたので、そこでの強化も含め、更なるチームの進化を期待したいと思います。

<ルールがわからない(難しい)から楽しめないは嘘>
今回のワールドカップでの南ア戦以降、多くのにわかファン(失礼)が、夜遅くのゲームでも観戦し、各地で盛り上がりました。オリンピックでも、ルールが分からなくても日本人選手が活躍している競技はつい見入ってしまいますものね。
今回、多くの方にラグビーの魅力に触れていただき大変うれしく思います。

では、それがそのまま国内のラグビー人気につながるかというと疑問が残ります。

『代表戦は観るけど、Jリーグは観ない。』、『侍ジャパンは観るけど、プロ野球は観ない。』など、人気競技でも日の丸を背負わないと関心を持たれないなかで、マイナー競技のラグビーにおいて最高峰のトップリーグで、いきなり会場が満杯になることはないと思います。

地上波放送はないし、企業名に思い入れが持てないという意見もありますので…。

今後も地道にチームの応援の輪を増やしていく必要を感じます。

チームにファンになるきっかけは、選手目当てでも郷土愛からでもいいと思います。
ヤマハ発動機ジュビロは、トップリーグ開設以来初めて試合の半数を地元開催します。
(完全ホーム&アウェイが望ましいですが、その一歩として期待したいです。)

五郎丸選手所属チームの地元からラグビーを盛り上げていきましょう!

でもこれだと、特定地域だけの現象で終わってしまいますので、日本全体で盛り上がれるコンテンツを育てていく必要があります。

それがスーパーラグビー新規参戦の『SUN WOLVES』のはず。
もっと『SUN WOLVES』を前面に出していくことが必要だと思うのですが、現状では協会のHPからサイトにたどりつくのは至難の業…。

とりあえず、URLを貼っておきますので、みなさん拡散お願いします。^ ^;

http://super-japanrugby.com/

あと、今夏の高校野球の盛り上がりも記憶に新しいところですが、お盆の時期が高校野球なら、年末年始は高校ラグビー!

帰省の時期に合わせて、郷土の代表を応援して盛り上がるイベントとして復権するためには、地上波放送が必須だと思います。
今回のラグビーフィーバーを機に、TBSさんの英断を期待したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門8位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

桐蔭学園ラグビー部創部50周年祝賀会

Img_1560_2

3月7日に東京・大手町のサンケイホールで行われた母校ラグビー部の創部50周年祝賀会に行ってきました。

Img_1561_2
Img_1581_2_3 Img_1582_2

スポーツジャーナリストの村上晃一さん、大友信彦さん、ラグマガ編集長の田村一博さんのゲスト陣と桐蔭OBトップリーガー4人と藤原監督を交えたトークショーなどもあり、楽しいひと時でありました。

この模様は、村上さんのラグビー愛好日記、大友さんのツール・ド・ラグビーにも載ってますね。

大友さんが少し書いていただいてますが、私は学園内に併設されていた桐蔭高専のOB。

桐蔭ファミリーとして記念誌にも4ページの特集、そして座談会にも参加させていただき感謝しております。当時に思いを馳せる楽しいひとときでした。

Img_1611_3_2

91年に閉校して今はありませんが、全国大会12回出場。
ウチらの代も1~3年までは全国大会に連れて行ってもらいました。
でも、在学中に新規募集が中止されたので、残り2年は出場できず。

Img_1613_2_3 Img_1612_2_3

そのときに自分のチームがなくなる経験しているから、ヤマハラグビー部存続の危機のときに署名運動したり、今も先頭きって応援しているのかもね?

母校の50周年とヤマハの日本一が重なるのも何かの因縁・・・。^ ^

現在、桐蔭OBのヤマハ選手は宮澤選手と山川選手の2人(ヤマハOBとして四宮洋平も)ですが、今後増えてくれるとうれしいですね。(隣の県だし・・・。)

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門6位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

矢富 勇毅 ルーマニア戦でJAPAN復帰へ!

Jrfu          写真はJRFU公式HPより

欧州遠征中のラグビー日本代表のルーマニア戦のメンバー発表がなりました。
(11/15 16:00K.O.ルーマニア・ナショナルスタジアム)

CTB12 マレ選手、FB 五郎丸選手に続き、リザーブ(背番号21)ですが矢富選手がメンバー入り。

矢富勇毅選手コメント

「日本代表入り自体も久しぶりだったが、試合に出ていないと日本代表の一員になれていない気がしていた。マオリ・オールブラックスとの2試合を見ていて、チームの成長に自分が置いて行かれた感じがしていたが、ジョーンズHCからはコンディションを整えるように言われていたので、切り替えてやっていた。今回チャンスをもらったので、素直に嬉しい。この数年で苦しかったり色々な経験をし、この日本代表入りを目標にやっていたので、初キャップやラグビーワールドカップに出場した過去よりも、個人的には今回の試合の方が日本代表というプライドや重さを感じている。メンバーとしてみんなと整列して国歌を歌えるというのは、やっと戻って来ることができたという実感が沸く」

復活への第一歩。
アウェーの地で存在感を十分に示してほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

日本代表vsマオリオールブラックス@秩父宮

リポビタンDチャレンジカップ2014
11月8日(土)14:00K.O.

於 :秩父宮ラグビー場
天候:くもり / 微風
レフリー:アンガス・ガードナー(ARU)

日 本 代 表 18-20 マオリ・オールブラックス
2T1G2PG        3T1G1PG
                      
 (前    半)
  515
 (後    半)
13 5

結果だけをみるとマオリ相手に大接戦の好ゲームなんですが、試合内容的には、マオリのセットプレーの精度が悪すぎ…。ラインアウト取れない。スクラム崩壊…。これではマオリといえどもゲームは作れませんね。結果として、マオリの一流のアタックを期待して訪れたファンにとっては、マオリがボールを持つ機会が少なく物足りなさを感じる試合でした。

一方の日本代表。相手をここまで追い詰めたのは立派ですが、勝ち切るにはまだまだ何か足らないということでしょう…。W杯本番での勝利も簡単には手に入りません。この日のゲームを教訓にもっと精進してほしいと思います。

先制機でPGを狙わないなど、神戸の一戦でマオリのFWの圧力をあまり感じなかったが故の選択なのでしょうが、ティア1クラスはそんなに簡単にトライを取らしてはくれません。まずは3点ずつ刻んででも確実に得点を重ねることが大事だと思います。
エディーが『試合前に勝ちに行く』といっていた割には、この辺に勝負へのこだわりは感じられませんでした。

対して、マオリは、『負けは許されない。』という勝負にこだわる姿勢が、最後のトライシーンに表れていたと思います。

マオリは2人がかりでボールキャリアをタッチに出すと、すぐにボールをもぎ取りクイックスロー、そのときには大外に何人も走りこんでいて完全に人数を余らせていました。
敵陣深い位置だったので日本のディフェンスが戻り切れていないということが感覚的にわかるんだろうなぁ。そのときどきのシチュエーションで全員の意思統一ができているのはさすが。

このとき日本代表は、タッチに出たことで『ラインアウトで仕切り直し』という隙ができてしまいました。ボールキャリアの選手も安易にボールを渡してしまいましたが、ボールを抱え込むなどして1秒でもプレーを遅らせるという意識を働かせないといけなかったと思います。

ただ、この辺は経験を積むしかないんでしょうね。
今後も2015、そして2019のW杯に向けて、今後も高いレベル相手とのマッチアップを期待したいと思います。

金星は、W杯本番にとっておくということで・・・。

P.S.
上空が厚い雲で覆われていて試合の写真はあまり撮れず…。

2
でも試合前にタブスと写真撮れました。
アップ前にグラウンドに出てきたところにスタンドから声を掛けたら、スタンドの上まで上がってきてくれました。ウチらのこと覚えてくれていてよかったです。

S0092033_2
それと桜のマークをまとったヤッツ。試合前のイベントに参加してました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

2019ラグビーワールドカップ開催立候補は14自治体

2019ラグビーワールドカップの開催に立候補した14の自治体が発表されました。

・札幌/札幌ドーム     41,484人
・釜石/釜石鵜住居復興   15,000人(予定)
・仙台/仙台スタジアム   19,694人
・熊谷/熊谷ラグビー場   24,000人
・東京/新国立競技場    80,000人(予定)
・静岡/エコパスタジアム  50,889人
・豊田/豊田スタジアム   40,000人
・京都/西京極陸上競技場  20,588人
・東大阪/花園ラグビー場  30,000人
・神戸/御崎公園球技場   30,132人
・福岡/博多の森球技場   22,563人
・長崎/長崎県立陸上競技場 20,246人
・熊本/熊本県民陸上競技場 32,000人
・大分/大分総合競技場   40,000人

この中から当初の予定だと10~12都市が選出される見込みです。

ちなみに各会場のランクは以下の通り。

開幕戦・決勝戦 (60,000人以上) 新国立
プールA規模  (40,000人以上) 札幌、静岡、豊田、大分
<以上ホスト国や強豪国の開催規模>
プールB規模  (20,000人以上) 熊谷、西京極、花園、神戸、博多、熊本、長崎
プールC規模  (15,000人以上) 釜石、仙台

ちょっと、プールA規模が少なすぎる…。サッカーW杯の会場だった以下の会場(プールA以上)が軒並み開催立候補見送りとなっているのが気になります。事前の根回しはしなかったんでしょうか?

宮城スタジアム 49,133人 (仙台スタよりはアクセス悪いけど…)
鹿嶋スタジアム 40,728人 (トップリーグの試合したことあるのに…)
埼玉スタジアム 63,700人 (インゴール確保の改修要?)
横浜国際競技場 72,327人 (インゴール確保の改修要?)
新潟スタジアム 42,300人 (ちょっと知事がゴニョゴニョゴニョ…。^ ^;)
長居陸上競技場 47,000人 (花園との絡みはあるけど、本命は長居だと思ってた…。)

それと、東京スタジアム(味スタ 49,970人)も…。

このまま立候補を尊重した選定で、観客動員を2011大会並みの150万人確保しようとすると、

プールA以上:27試合X平均40000人=1080,000人
プールB以下:21試合x平均20000人=420,000人

新国立とプールAの4会場はほぼ確定か。(各会場5試合、新国立は+開幕&決勝)
プールB以下から7会場(各会場3試合ずつ)

ざっくり、こんな感じ?

でもこれだと満席に近い数字たたき出す必要があります。(非常に厳しい)
会場選定にキャパが重視される可能性は十分考えられます。

釜石: 新設&キャパ少ない
仙台: 条件付き立候補&キャパ少ない
西京極: 地域性(大阪・神戸が近い)&キャパ少ない
長崎: 地域性(九州4か所)&キャパ少ない

が危ないかなぁ?
 
せっかく立候補していただいたので、もし落選しても一緒に盛り上がりたいですね。
キャンプ地として活用してもらうなど、ラグビーとの関係は保てるように配慮してもらいたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

セコム、IBMにみるチーム運営の実情

今週からウィンドウマンスのためトップリーグは1か月の中断。
今週は、秩父宮ラグビー場にセコムとIBMの一戦を観戦(応援?)に行ってきました。

セコムは、2009年2月にチームの強化中止を発表、そのときにチーム存続の署名活動に協力させていただいたのが縁。
まさかその年の11月に自分たち(ヤマハ)の番が来るとは思いませんでしたが…。
そのときの署名活動の際には、逆に支援いただきました。(感謝)

それから、なかなか応援に来ることができなかったのですが、ようやく応援しに行くことができました。

最近のセコムは、女子日本代表のスポンサーになるなどしているので、ラグビー部の待遇も改善しているのかと思いましたが、女子のスポンサーは東京オリンピックの仕事をとるためのアピール色が強いようで…。
(ライバルのALSOKはレスリングでアピールしてますもんね。)
ラグビー部のほうは相変わらずのようです。

・平日の練習は仕事後に三々五々集まって、午後9時から
・異動で関東から離れた選手は、平日は自主トレ、試合の時は自腹で試合会場へ…。
・夏の合宿は、仕事のシフトの関係でメンバー全員揃えた日は1日も無し。
・今年新卒で加入したメンバーもいたが既に2人辞めてしまった。
 (新人は警備で24時間勤務のシフトが組まれるので、ラグビーの両立は難しい…。)

せめて現役の間だけでも勤務地とシフトくらい考慮してあげられないものでしょうか?
待遇改善といっても、これくらいなら経費かからんでしょ…。

協会もラグビーの警備関係はセコムに全部発注してあげればいいのにね。

対するIBM。

こちらは、今日はNコムから移籍の木曽のラインアウト、ジャッカルの存在感、リコーから移籍の横山ツインズのキレのあるランでセコムに快勝。

試合後、木曽選手とあいさつを交わし、環境が変わりながらも頑張っている姿を見てうれしく感じましたが、前節まで4連敗だったことを見てもわかるようにチーム全体の練習不足は否めないようです。
(ほかで仕事をしながらの練習参加なのでセコムと状況はかわらんでしょ。)

選手層も、今季はクラブチーム化してトップリーグで戦力外になった選手の受け皿となり補強が成功しているように感じますが、クラブ化し会社の人事と関係なくなったことにより、新卒選手のリクルートなどが難しくなります。今季のようにトップリーグから移籍してくる選手が継続して採れるかも未知数。補強したいポジションと加入選手のポジションのギャップも生じてくるものと思われます。

選手たちのひたむきさは伝わってくるだけに両チームともチーム運営に好転があるといいのですが…。

それと運営の心配なチームがもう一つ。
スーパーラグビーへの加入が認められた場合の日本チーム。

加入が決まれば、日本代表メンバーを核に据えたチーム編成になるようですが、

・各選手を保有するチームとのサラリーの分担、ケガなどの補償は?
・ホームグラウンドは? (秩父宮の建て替えはどうなった?)
・練習グラウンドは?(まさかジプシーで日々転々と移動するんじゃないよね?)
・クラブハウスやトレーニング施設は? (使いたいときにいつでも使えるようじゃないと)
・選手の住居は? (ずっとホテル住まいにはならないでしょ?妻帯者もいるし)
・現場スタッフは? (専任スタッフが10名以上必要ですよね?)

課題は山積みのように思います。

これまでトップリーグもワールドカップも始めれば(決まれば)なんとかなる…で見切り発車して何も進展がない状態が続いていますが、こちらもチームとの協議などは先送りされている状況のようなので先行きが心配です。

<今日の試合結果>
トップイースト第5節
10月26日(日)12:00K.O.
秩父宮ラグビー場

セコムラガッツ 0-56 日本IBMビッグブルー
                8T8G

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧