« 2017-2018TL第7節 NEC戦メンバー発表! | トップページ | 2017-2018TL第8節 NTTコム戦メンバー発表! »

2017年10月 9日 (月)

結果と経験が収穫…。 TL第7節 NEC戦

Photo                     積極的に仕掛けろ! SO石塚選手


2017-2018 TL第6節
9月30日(土)14:00K.O.
於:あきぎんスタジアム
天候:晴れ/弱風
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロ 35-15 NECグリーンロケッツ
        前       半  
14 3
               後      半 
2112

試合自体は、SH矢富のトライ2本とポイントから近場に離してのマレのトライ2本、インターセプトからの伊東のトライと、相手を崩して勝ったとはいえない内容。
セットプレーで優位に立ってボールを大きく動かす、『Newヤマハスタイル』とは程遠かったと思います。
石塚をSO初起用した試合でもあるので、まわりが盛り立ててやりたかったところですけどね。

それでも、思うようにいかない試合の中で、前節の敗戦からの流れを断ち切ったところと勝ち点5を取れたことが収穫。

また、前日にリコーがトヨタに負けて、直接対決でNECを下すことで、同カンファレンスで順位を争う3位、4位チームを突き放せたのも大きいと思います。

パナソニックとは既に勝ち点10差ついていますので、まずはカンファレンス2位確保を確実にしてもらいたいところ。

今後ウィンドウマンスまでは、Nコム、クボタは、カンファレンスの違うチームと対戦が組まれていますが、うまくベテランを休ませつつ、若手を起用して全体の底上げを図ってもらいたいと思います。

今回の出場の中では、

PRの植木、大塚は、経験がものをいう第一列の猛者達相手に試合毎に戦う男の顔つきになってきました。

SO石塚は、前半は自分がどこに動けばいいのか迷う場面もありましたが、徐々に落ち着きを取り戻し、自分で仕掛ける場面も見られました。
(モセが、前半のウォーターブレイクで石塚に真っ先に声をかけてましたね。)
大田尾に頼ることなく、80分フルで出場したことも自信につながったと思います。

今後、清原と二人切磋琢磨してくれればと思います。

SH篭島も前回のような迷いがなくなり、いい動きだったと思います。

もう一人リザーブから出場のCTB小林も先週のホンダとの練習試合の活躍を認められて抜擢されトップリーグデビュー。

ここ数試合は苦しい台所事情ですが、若手にとっては逆にチャンスでもあります。

ヤマハは、大学で輝かしい実績を持った選手がこぞって集う人気チームではないので、若手の成長がチーム躍進の原動力。
まだまだ発展途上の部分も多々ありますが、大成を期待して見守っていきたいと思います。

Go! Go! YAMAHA!
TRY! TRY!Jubilo!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

|

« 2017-2018TL第7節 NEC戦メンバー発表! | トップページ | 2017-2018TL第8節 NTTコム戦メンバー発表! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/65895513

この記事へのトラックバック一覧です: 結果と経験が収穫…。 TL第7節 NEC戦:

« 2017-2018TL第7節 NEC戦メンバー発表! | トップページ | 2017-2018TL第8節 NTTコム戦メンバー発表! »