« スクラムで活路見出すもヤマハスタイル道半ば…。 TL第8節 NTTコム戦 | トップページ | 2017-2018TL第9節 クボタ戦メンバー発表! »

2017年10月19日 (木)

コム戦レビューでの応援に対してのコメントについて

1つ前のコム戦のレビューを書いた記事において、応援に対してのご指摘をいただきました。

自分としては、批判のコメントであっても、1つ1つ丁寧に対応してきましたが、ご批判をいただいたコメントの多くが、1つのIPアドレスから投稿されていることがわかりました。

IPアドレスは、ログインした時にプロバイダが手持ちのアドレスを使いまわして割り当てているので、今日自分が使っていたアドレスを数日後は別の人が使っているのは当然のことですが、短時間の間で同じIPアドレスというのは、一人の人間が何人にもなりすましているとしか考えられません。

18時03分 15
18時13分 荒巻
19時06分 名無し
19時52分 名無し
20時30分 名無し
20時56分 ゆう
22時06分 ドリトル
22時39分 瀬戸内
23時13分 荒巻
00時01分 名無し

はすべて同じ、1**. 1**. 5*. 1** から投稿されております。
(KDDI のau.net 関東のアクセスポイント)

*部分もすべてわかりますが、伏せておきます。
アクセスポイントは、もう少し絞り込みは出来ておりますが伏せます。
プロバイダの都合で遠くのポイントを割り当てられたりするので参考です。

荒巻、ゆうは、違うIPアドレスでの投稿が、昨日の夕方、本日とありますが、ログインしなおしたため、アドレスがかわったものと想定します。(いずれもKDDI のau.net )

追記:
ゆうの1件目のコメントとFL、めがね橋も同一IPアドレス
。(いずれもKDDI のau.net )

ManabuAshida、マサが同一IPアドレス。(いずれもKDDI のau.net )

以上のことより、荒巻、ゆう、FL、めがね橋、ManabuAshida、マサ、15、ドリトル、瀬戸内、名無しの一部コメントは同一人物と判断します。

ようするに、批判的なコメントすべてが一人の人間によるものでした。

ネットとはいえ、マナーを守らずに投稿し、私を誹謗中傷する輩とは、まともな議論が出来ません。

スタジアムでの野次云々以前の問題です。これ以上の議論はやめたいと思います。

あまり効果がないと思いますが、上記のIPアドレスはブロックさせていただきます。

その他にご指摘いただいたかたありがとうございました。
また、心配して擁護のコメントいただきましたかたもありがとうございました。
一旦これで終わりにします。

なお、IPアドレスは見えますが、そこからは、プロバイダ情報、アクセスポイントくらいで個人を特定することはありません。
みなさんルールを守ったうえで、今後もお気軽にコメントください。

本日、クボタ戦のメンバーが発表になりましたので、次戦に向けて前向きに行きたいと思います。

P.S.
私の応援のスタンスについての総括です。
コム戦では一部行き過ぎがあったかもしれませんが、昨年コメントしたところから変わっておりません。

■レフリーに対して:(これは、以前にチームGMを通じて確認しております。)

レフリーへの批判とは、試合中の『へたくそ』、『ふざけんな』などレフリー個人に対しての言動が対象。
個人ブログのなかの感想・意見についてまで意見する立場にない。

試合中のレフリングについて『オフサイド』とか『ハイタックル』とかの観客のアピール自体は排除しない。
その場合に語尾に関して、『○○じゃねぇか!』とか殺伐とさせるのは控えてほしい。

私の場合、『へたくそ』、『ふざけんな』の類は最近は言っていないつもり。
ほとんどは、レフリングのアピール。語尾は『○○やろ~!』が多いわけですが、これはNG?
関西あたりでは咎められることないけど地域性か? そのへんは調整…。

■選手に対して:

今回指摘があったので、名指しは、なるべく封印。
ただ、チーム全体には、レフリー同様に『オフサイド』とか『ハイタックル』とかのプレーに対するアピールは継続。

■声の大きさについて:

本来は、アピールを目的でやっているので、聞こえなきゃ意味ないので大きさは変えられない。
上記対応で行き過ぎた物言いは、なくなると思うので勘弁してほしい。

一応、応援自体は、どんなに早く並んでようが、どんなに会場が空いていようが、自陣10mより中央よりは陣取らないようにしている。
一緒に応援してくれる人もなるべくそうしてもらっている(真ん中は一般の人のために空けておいている)。
応援団としらずに近くに座った方には、うるさくなることがあるということを断って、中央付近の席に余裕があればそちらに誘導することもある。
拡声器や太鼓などの鳴り物は使っていないので、それでもうるさいと感じる方は、多少離れて座ってもらうなどの自衛をお願いしたい。

といいつつも、熱くなってしまうことがあるかも知れないので、そのときはみなさん注意してやってください。

|

« スクラムで活路見出すもヤマハスタイル道半ば…。 TL第8節 NTTコム戦 | トップページ | 2017-2018TL第9節 クボタ戦メンバー発表! »

コメント

本当に呆れました、非常識な輩に絡まれたものですね。まずはご自分自身に正さを求めるべきです。

これで議論終了となるのは当然の処置でありますが、最後にこの件につきまして私や他数名、真摯にこの件に参加し議論また擁護なさっていた方々に対しましても、出来ましたらまるさんから締めの統括をいただきたくお願い致します。

なりすましをしていた輩にも今後絡まれる筋合いを斬り捨てられるかと思います。お手数であるとは思いますが遺恨残さぬ為にもおひと言いだだけませんでしょうか。希求申し上げます。

投稿: 石神 | 2017年10月19日 (木) 21時49分

石神さん
コメントありがとうございます。
青字で追記しました。

投稿: まる@ここの管理人 | 2017年10月19日 (木) 22時06分

このやり方は私の『アピール』の形です。

理解出来ないですよね?マナー違反だと思いましたよね?
まるさんはいざ自分の身にそれが降りかからなければご自分を客観視出来ないだろうと思い失礼ながらこのような形をとりました。

幾つかに分けて伝えただけで根も葉もない事は言っていません。信じられなくとも全ては私の本心です。

根拠のないことをもとにした非難や冷やかし、ではありませんよ。

この件、問題の本質とは何でしょうか?ここで思考停止して終わらせますか?

私が黙ったところでそれが解決するわけではありません。まるさん御自身の問題だからです。

議論にご参加下さった方々、騙すつもりはなかったとはとても言えませんが、私なりの考えもありまして問題を問題として皆さんにも認識して頂たかった次第です。

意図があったと言えど皆様には大変な失礼、無礼をいたしました。本当に申し訳ありませんでした。

投稿: all for one (荒巻 他数名) | 2017年10月19日 (木) 22時45分

all for one

すべては自分のためにですか?
あなたらしいですね。

あなたが私のことを認めないように、私はあなたのことは認めません。

二度とこないでください。

投稿: まる@ここの管理人 | 2017年10月19日 (木) 23時52分

そろそろメンバー発表かと思って覗いたら、、
本当に呆れました。

何が問題なのか明確化してほしい、
というまるさんにコメントに対する答えが、
「問題の本質は何でしょうか?思考停止して終わらせますか?」と、問い返す姿勢。

裁判でも訴訟を起こした側が問題の立証責任があるのは常識。問題提起した貴方が、まず回答すべきでしょう。一体何様ですか?

また、世間一般の声を装って書き込んでいる
貴方のやっている行為は、単なるまるさん個人への誹謗中傷です。

書き込み主の貴方こそ胸に手を置いて自省すべきでは?と思いました。

投稿: しげお | 2017年10月20日 (金) 13時25分

お言葉有難うございます。お叱りごもっともです。
多数を装おった経緯につきましては先に書きましたとうりです。

更に名を変え、アクセスポイントを変え、知らぬふりや無視も出来ましたが、まるさんの提示された事を私自身が立証しなければ名誉を傷つけることとなりますので名乗り出ました。言葉だけでなく行動を持って反省を示したつもりです。

反省の弁も申し上げましたが今一度、

まるさん及び皆様に大変な失礼を致しました本当に申し訳ありませんでした。


>問題提起した貴方が、まず回答すべきでしょう。

回答すべきとありましたのでお答えさせて頂きます。

問題の本質ですが、まるさんは「アピール」とされている行為ですがそれは他者に「野次」だと認識されています。最小単位で数えましても私個人はそう認識しています。
ひとつひとつのの場面に対してではありません。総じて野次の行為であると感じています。

私の行為もアピールや訴えの手段だと言い換える事は出来ますがマナー違反であると過ちを認め、反省、謝罪を述べさせて頂きました。

こういった相違があった時にご自分の正当性だけに固執していては他者は見えず、誰かとぶつかり合う事となります。

まるさんもチームの為に声を出されている事だと思いますが、ファンもチームの一部です。共に応援している仲間です。邪魔だと思うなら離れろというのは横暴だなと感じます。

大変失礼ながら「相手と自分を理解しよう」という姿勢、またはその発想の乏しさが本件の根元、本質であると思います。

私は理解の為にあれだけのコメントを読み書きしておりました。

そしてまるさんのご返信、ご説明である程度はアピールの意味もあって声を出されているのだと理解しました。まだ素人の枠内ですので細かな部分までは理解出来ません。これから勉強しようと思います。

また、私の方からは多面的に「理屈や具体例だけでなく、まるさんの行為は不快感を与えている」と説明をしました。

具体例がなければ直しようがない。と繰り返されていらっしゃいましたが

直す直さないという以前にその事実を受けいれる事は出来なかったのでしょうか

あとルールが守られていれば大丈夫とされるのは間違いです。
観客席の真ん中で貝殻水着姿でドリアンを貪り食べていてもルール違反ではありません。武田久美子もドリアンも観戦ルールにはその文字すらないからです。

人の迷惑となるかどうかは自分自身が決められるものではないと思います。
ただそれを経験や知識から予測することは出来るはずです。


まるさんの総括として、「昨年コメントしたところから変わっておりません。」とありました。昨年も問題となり、今年も同様となったわけですが変える必要はないとされています。

私を悪者とするにしても御自身にさほど問題は無いとされてはいませんでしょうか。

本当に問題がなければ私のような輩も出てきたりはしないでしょう。問題は問題とならないはずです。


最後にまるさんへ

>あなたが私のことを認めないように、私はあなたのことは認めません

これは『ゆう』の最初のコメントです。
「(ご自分が)望まずともまるさんはヤマハファンの顔になっているのは事実だと思います。今までヤマハを支え続けられてきた方であるとも存じております。」

頭や心の片隅にもないような事は言葉にも出て来ませんよ。認めているからこそ応援の先頭に立つ方として問題に向き合ってほしかったわけで、私としても思慮できる限りの言葉を尽くしたわけですが、

肝心の伝える手段を私が間違っておりました。大変失礼を致しました。

既に二度とくるなと言い渡されていますのでご返信はいりません。

少しでも思うところがありましたら行動で示していただけたらと願います。

長いやり取りをありがとうございました。

投稿: one for all | 2017年10月20日 (金) 17時46分

>名誉を傷つけることとなりますので名乗り出ました。

こっちが調べて晒したからではありませんか?。
それで、他のかたから批判されたから自己保身に走っているだけではないですか?

そうではないということであれば、あなたも行動で示していただけたらと願います。

これ以上の文字のやり取りは不毛と思いますので、ここではもう致しません。

次はブログに書き込むのではなく直接話しかけてきてください。
このブログを読んでくださっている他のかたにご迷惑をおかけしたくもありません。

試合会場では、いつも応援に来られるかたがたと、名前知らないまま挨拶したり、世間話をしたりしております。
その中で応援方法も、『こうしたほうが…。』というコメントをいただき配慮したり直したりすることもあります。

幸いなことに、私はあなたが誰か分かってません。
今回のコメントのことを伏せて、普通に接してこられたら、身バレすることはないでしょう。

発想が乏しいので、あなたの思慮できる限りの言葉を尽くした例が、武田久美子とドリアンでは私には理解しかねます。
また、誰が考えても犯罪まがいのなりすましの誹謗中傷と(今のところ)あなただけが不快に思っている応援マナーを同列に考えているあなたの思考がわかりません。

私としては、犯罪予備軍のかたと無防備に接することは、非常に恐怖を感じるところではありますが、あなたを排除はしたくありません。

文字で書くのと、お互い言葉を交わすのとでは伝わり方も違いますので、こんな私でもわかるのではないかと思います。

武田久美子の写真集とドリアンをお土産に持参いただけるとありがたいですが、それだと身バレしてしまいますね。
そういうところに思いが及ばないのがだめなのでしょうね。

でも相互理解のために是非直接話しかけてくださいますようお願いいたします。
私は、あなたが誰か分からないので、こちらからは話しかけられませんので、この場でお願いするしかありません。

投稿: まる@ここの管理人 | 2017年10月20日 (金) 21時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/65937266

この記事へのトラックバック一覧です: コム戦レビューでの応援に対してのコメントについて:

« スクラムで活路見出すもヤマハスタイル道半ば…。 TL第8節 NTTコム戦 | トップページ | 2017-2018TL第9節 クボタ戦メンバー発表! »