« 2017-2018TL第4節 リコー戦メンバー発表! | トップページ | 秋季練習試合 天理大学戦 »

2017年9月10日 (日)

ヤマハスタイル貫きボーナス奪取! TL第4節 リコー戦

Photo          堀江主将、チームを鼓舞する3トライの活躍でMOM!


2017-2018 TL第4節
9月2日(土)17:00K.O.
於:ヤマハスタジアム
天候:晴れ/弱風
レフリー:小川 朋弘

ヤマハ発動機ジュビロ 35-12 リコーブラックラムズ
        前       半  
14 5
               後      半 
21 7

とりあえず、勝ち点5をとれたことは良かったのですし、試合内容も悪くはなかったと思います。
今季FW強化に一定の評価を得ていたチームを相手に当たり負けせず、圧倒して勝てたことは、サントリー戦の敗戦から一歩踏み出す良いきっかけになると思います。
堀江主将が自ら先陣を切って体を張ってくれたのが印象的に残りました。

それにしても圧倒していた割には、イマイチすっきりしない試合でした。

両チームの選手たちもイライラしていたみたい。
リコーは1度レフリーに何か言って10m下げられていたし…。

今季、レフリングが一様にひどくなっているように思います。
(レフリー自体のスキルは変わらないけど、SRなどの海外のゲームを目にする機会が増えたので、観客の目が肥えたのかもしれませんが…)

この試合でも、前半25分のヴィリーが突っ込んでいって、タックルで倒された後にインゴールまで持ち込んだシーンでも、タックルされた後ボールを置いたのかこぼれたのかをレフリーが何もジャッジせずに、インゴールに持ち込まれた後にTMOにかけていました。

レフリーが自分の職務を全うせずに端からTMOを当てにしてしまっている。

試合終了間際のトライシーンもそう。
目の前で見ているにもかかわらずTMOでスローフォワードかどうかの確認…。

今回たまたまヤマハに不利に働いたから…というのではなく、なんでもかんでもTMOにかけることで、トライの攻防の一番盛り上がる部分を台無しにしていると思います。

トライシーンでTMOにかけるのは、グラウンディングできているかどうかとペナルティに準じる反則があったかどうかに留めるべきと考えます。
その他のノックオンとかスローフォワードはレフリーが責任もって見る範疇でしょ。

今ちょうどバレーボールのグラチャン大会をやっていますが、将来的にはバレーのようにチャレンジ制度を導入できないですかね。

1.両チーム前後半1回ずつチャレンジ権を与える。
2.TMOは、各チームキャプテンのチャレンジ請求により行使される。
  (レフリーにはTMO行使権はなく、自分の判断とアシスタントのアピールにより責任を持って何らかのジャッジをする。)
3.チャレンジ成功なら行使権は減らない。失敗の場合はそのハーフのチャレンジ権を失う。
4.シーズン通してのチャレンジ成功率を持ってレフリーの評価を行いチャレンジ成功率が高い(誤審の多い)レフリーは降格もあり得る。
5.危険なプレーについては、その場でTMOが掛からなくても試合後に懲罰することが可能。(現状と変わらないかな?)

とかね…。乱発しすぎ。もうちょっとスピーディーな試合運営を望みたいですね。

また、今季スクラムのルールも変更されました。
1.フッカーは投入されたボールをフッキングしなくてはいけない。
2.スクラムがつぶれてもボールが出せそうなら反則を取らずに流すことができる。
3.No.8はロックの足元のボールも手で拾えるようになる。

つまり、ロックまでボールが行っていれば、スクラムを落としても反則が取られない。その結果、スクラムが弱いチームが押されないようにすぐ落とす(ように見える)プレーが多くなりました。
Photo_2          こういうシーン増えたよね・・・。

マイボールスクラムなら、攻撃する機会を与えるという理由が付くので納得いきますが、ヤンボールで崩すのは、スクラムに自身を持っているチームが攻撃する手段を限定させてしまいます。

結果として、ヤマハなどFWの強いチームが不利になってしまいます。
ディフェンス側のコラプシングはもっと厳密にしてほしいですね。
そうしないと、またスクラムが軽視されてしまうと思います。

とはいっても、判定基準がすぐに変わるわけではないので、今回の試合のようにガマンしながら勝ち点を積み上げるしかないですが…。

次週は1週あいて、その後は、キヤノン、神戸製鋼、NEC、NTTコム、クボタと続く5連戦。
どこも一筋縄にはいかない相手ですし、大分、秋田と遠征もありますが、ヤマハスタイルを貫いて連戦連勝といきたいですね。

P.S.
ワールドカップ開催都市特別サポーター(静岡)として、ももいろクローバーZリーダーの百田 夏菜子ちゃん(浜松出身)が任命されヤマスタに来てくれました。

Photo_3
これからの活躍と県内の盛り上がりに期待します!

Go! Go! YAMAHA!
TRY! TRY!Jubilo!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

 

上記プロジェクト参加には新規ユーザー登録が必要です。
メールアドレスとパスワードなどを設定したのち、

ログインしていただき支援内容、お支払方法を選択して決済ください。
(主催者は私ではございません・・・。)

|

« 2017-2018TL第4節 リコー戦メンバー発表! | トップページ | 秋季練習試合 天理大学戦 »

コメント

レフリング… ほんと今シーズンはもやもやしたまま、4節ですね。

しかも、今回、67分の交代はヒドイです。
タイムラインみるとRICOHの小松選手と木下選手の交代ってなってますが、その前、長谷川選手との交代がコールされ、電光掲示板も変わっていました。
なのに取り消されて小松選手が退場。
だってバックスの選手がもう居なかったんですよ。
だから慌てて代えたのでは?
これはレフリーでも、アシレフでもなく第三レフリーなのか、それ認めた、コミッショナーなのか…
そう言ったとこもなんだかバタバタです。

本当にかんべんして欲しいです。
😰

投稿: Yaji | 2017年9月12日 (火) 22時17分

木下選手ではなく、木上選手でした😅

投稿: Yaji | 2017年9月12日 (火) 22時21分

私もアナウンスのコールと電光掲示板の表示は確認しました。
通常は第3アシレフが確認するはずですが・・・。

投稿: まる@ここの管理人 | 2017年9月12日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/65775329

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハスタイル貫きボーナス奪取! TL第4節 リコー戦:

« 2017-2018TL第4節 リコー戦メンバー発表! | トップページ | 秋季練習試合 天理大学戦 »