« 2017年5月 | トップページ

2017年6月18日 (日)

春季練習試合 第4戦 釜石シーウェイブス戦

Hrokawa                    ヤマハラグビースクール出身FL廣川 デビュー戦初トライ!


春季練習試合
6月18日(日)12:00K.O.
於:エコパスタジアム
天候:曇りときどき小雨/弱風
レフリー:町田 裕一

ヤマハ発動機ジュビロ 73 0 釜石シーウェイブス
        前       半   21 0
               後      半   52 0

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.植木 悠治 2.名嘉 翔伍 3.山村 亮 4.ヨハン・バードゥル 5.デューク・クリシュナン 6.八木下 惠介 7.西内 勇人 8.斉田 晃平 9.吉沢 文洋 10.清原 祥 11.伊東 力 12.マット・マッガーン 13.◎宮澤 正利 14.ゲラード・ファンデンヒーファー 15.中園 真司

リザーブメンバー
江口 晃平、仲谷 聖史、高部 大志、大塚 健太、廣川 翔也、モセ・トゥイアリイ、篭島 優輝、和田 源太、粟田 祥平、早川 直樹、川原田 徹、ハビリロッキー、石塚 弘章

【釜石シーウェイブスメンバー】
1.高橋 拓也 2.中村 彰 3.水本 裕也 4.高橋 聡太郎 5.佐伯 悠 6.ダラス・タタナ 7.木村 優太 8.須田 康夫 9.南 篤志 10.中村 良真 11.小野 航大 12.村田 オスカロイド 13.◎權 正赫 14.菅原 祐輝 15.ジョー・ピーターセン

リザーブメンバー
吉田 竜二、マヘ・トゥビ、佐々木 和樹、畠山 克己、中野 裕太、スコット・ゲイル、前川 紘、ロコツイ・シュウペリ、佐々木 裕次郎

前半: 釜石K.O.

1分 22mのラインアウトからドライビングモール。ブレイクしたSH吉沢がトライ。ゲラードゴール成功。(7-0)

11分 ゴール前スクラムからSH吉沢が持ち出しラック、ラックからBKに展開、SO清原-FB中園-WTBゲラードとつないでトライ。ゲラードゴール成功。(14-0)

23分 ゴール前スクラムからFWブレイクしてラックの後、縦に走りこんだCTBマットにボールを預けトライ。ゲラードゴール成功。(21-0)

37分 6.八木下 → 廣川

<ハーフタイム>
1.植木OUT → 仲谷IN
2.名嘉OUT → 江口IN
3.山村OUT → 大塚IN
8.斉田OUT → モセIN
9.吉沢OUT → 篭島IN
11.伊東OUT → 粟田IN
12.マットOUT → 川原田IN
14.ゲラードOUT → ロッキーIN
15.中園OUT → 石塚IN

後半: ヤマハK.O.

2分 ゴール前ラインアウトからドライビングモール、HO江口がトライ。石塚ゴール成功。(28-0)

5分 ハーフウェイ付近ラックから供給されたボール、SO清原がラインブレイクして一気にゴール前に迫ると、フォローのFL廣川にオフロードでつないでトライ。石塚ゴール成功。(35-0)

10分 ゴール前5mスクラム押し込みNo.8モセがトライ。石塚ゴール成功。(42-0)

16分 ゴール前ラインアウトからのラック、縦に走りこんだFL西内にボール預けトライ。石塚ゴール成功。(49-0)

18分 清原OUT → 和田IN

21分 釜石シンビン(ゴール前でのインテンショナルファール)

23分 ゴール前ラインアウトからの連続攻撃、中央付近ラックから右展開してできたラックからLOデュークが素早く抜け出しトライ。石塚ゴール成功。(56-0)

30分 相手キックのリターン、大きく右に展開、ライン際残っていたFL西内がトライ。石塚ゴール成らず。(61-0)

31分 仲谷OUT → 高部IN

33分 トライ後リスタートのキックオフから連続攻撃で、徐々に敵陣深く攻め込むと、ゴール前ラックからSH篭島抜け出しノーホイッスルでトライ。石塚ゴール成功。(68-0)

36分 トライ後のリスタートのキックオフから連続攻撃、途中釜石の選手の手に当たりノックオンがあったもののアドバンテージで攻撃継続、最後インゴールにキックで転がしたボールにWTBロッキーが反応してノーホイッスルでトライ。石塚ゴール成らず。(73-0)

<ノーサイド>

6年ぶりの対戦となった両チーム。
前日の日本代表vsアイルランド代表のテストマッチが行われた次の日に同じエコパで行われることと、釜石というネームバリューもあり、居残りで観戦する地元以外のかたもかなりいたようで、大久保での試合に比べ多めの観戦者数でした。

試合内容は、FWは誰が出ても、スクラムでは相手に圧力をかけられる層の厚さを発揮して順調な仕上がり。とはいえ、日本代表に慎さんが引き抜かれたことで、ヤマハのアドバンテージは少なくなるので、新たな武器が必要・・・。

ということで、昨年までになかったBK陣の多彩な攻撃は出来ていたと思いますが、詰めが甘かった…。
特に前半は、ゴール前でのハンドリングエラーで少なくとも3~4本のトライチャンスをつぶしていましたので、21点という得点は見ていて物足らない数字。
今日の両チームのデキからすると、もっと点差を付けないといけないゲームでした。

一方的に攻撃する時間が多かっただけに、ディフェンスは前後半ほぼ危なげない内容。
22m以内に攻め込まれたのも数える程度。唯一のピンチは試合終了直前の1回くらい?
前回(6年前)は、意地の1トライを喫しただけに、今回、最後まで集中を切らさずシャットアウトできたことは良かったと思います。

次戦は、春シーズン最終戦。同じトップリーグ勢の豊田自動織機との対戦します。
勝って、気持ちよく締め括ってほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門16位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

春季練習試合 第3戦 三菱重工相模原戦

Photo                     ナイスジャッカル! ヨハン選手

春季練習試合
6月10日(土)13:00K.O.
於:ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ/弱風

ヤマハ発動機ジュビロ 2414 三菱重工相模原ダイナボアーズ
        前       半   
14 0
               後      半   
1014

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.植木 悠治 2.名嘉 翔伍 3.西村 颯平 4.ヨハン・バードゥル 5.デューク・クリシュナン 6.八木下 惠介 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.池町 信哉 10.マット・マッガーン 11.ハビリロッキー 12.マレ・サウ 13.◎宮澤 正利 14.田中 渉太 15.石塚 弘章

リザーブメンバー
加藤 圭太、江口 晃平、高部 大志、仲谷 聖史、大塚 健太、山村 亮、斉田 晃平、西内 勇人、モセ・トゥイアリイ、吉沢 文洋、和田 源太、早川 直樹、川原田 徹、吉良 友嘉、ゲラード・ファンデンヒーファー、伊東 力

三菱重工相模原ダイナボアーズメンバー】
1.佐々木 駿 2.安江 祥光 3.ナウラギ シリベヌシ信玄 4.村上 崇 5.◎トーマス優 デーリックデニイ 6.リシュケシュ・ぺンゼ 7.小林 訓也 8.ダニエル・リンディー 9.西舘 健太 10.ハミッシュ・ガード 11.中濱 寛造 12.レポロ・テビタ 13.田畑 万併 14.山本 逸平 15.ロドニー・デイヴィス

リザーブメンバー
安藤 悠稀、小松 学、アルバート・アネエ、比果 義稀、土屋 樹生、芝本 裕吏、渡邉 夏燦、安井 慎太郎、茅原 権太、大和田 祐司

前半: ヤマハK.O.

22分 10m外のラインアウトからの連続攻撃。SOマットのラインブレイクからCTBマレ、オフロードでLOヨハンにつないでゴール前に迫ると、ゴールポスト真下のラックからSH池町がポストに付けてトライ。マットゴール成功。(7-0)

27分 ウォーターブレイク

34分 10m内のラックからSOマット仕掛けてディフェンス裏に抜けたところで、ゴール前にショートパント、バウンドして戻ってきたボールを石塚がキャッチするとSOマットにボールをつないでトライ。マットゴール成功。(14-0)

<ハーフタイム ランニングタイム43:55>

1.植木OUT → 高部IN
2.名嘉OUT → 加藤IN
3.西村OUT → 大塚IN
6.八木下OUT → 斉田IN
7.山路OUT → 西内IN
8.松本OUT → モセIN
9.池町OUT → 吉沢IN
11.ハビリOUT → 早川IN
12.マレOUT → 川原田IN
13.宮澤OUT → 吉良IN
14.田中OUT → ゲラードIN
15.石塚OUT → 伊東IN

後半: 三菱重工K.O.

4分 ゴール前ラインアウトからモールが崩れラックになったあと、FWに飛び込まれトライ。ゴール成功。(14-7)

9分 加藤OUT → 江口IN

13分 三菱の選手にシンビン

16分 ゴール前スクラムを1プッシュしてから右展開してWTBゲラードトライ。マットゴール成らず。(19-7)

20分 ウォーターブレイク

大塚OUT → 山村IN
高部OUT → 仲谷IN
マットOUT → 和田IN
デュークOUT → 松本IN (斉田LO5,西内FL6,松本FL7)

24分 ゴール前ラインアウトからモール割られトライ。ゴール成功。(19-14)

31分 ゴール前ラインアウトからドライビングモール、最後FL西内押さえトライ。ゲラードゴール成らず。(24-14)

<ノーサイド ランニングタイム46:53>

先週までの2戦と比べると、今日の試合相手の三菱重工は、トップリーグ昇格を狙う位置にいるので、外国人選手を中心とした接点での圧力もあり、ヤマハは、ミスが重なりやりたいことがあまり出来なかった印象。

その局面でも個人技でこじ開けるSOマット選手の実力はホンモノだと思いますが、もうちょっと選手間の連携がほしかったかなsign02

まぁ、このくらい骨のある相手とこの時期出来たことは、新人含む若手選手にとっては、自分たちが出来ているところと足りないところを再認識するためにも良かったと思います。

ガマンの時間帯もありましたが、相手のチャンスで相手より人数少ない局面で相手に時間を掛けさせるポジショニングをしていたCTB宮澤選手、相手のチャンスの芽を摘むジャッカルのLOヨハン選手などは流石といったところ。

Ryo
途中出場のPR山村選手の『元気リーダー』も健在でしたsign01

来週は、エコパで釜石シーウェイブスとの試合。
せっかくの国際規格の競技場での試合となりますので、スカッとした良い試合を期待したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

五郎丸選手復帰!

Gorou
五郎丸選手のヤマハ発動機ジュビロ復帰が発表されました。

五郎丸選手の復帰について

海外での経験をチームに伝えてもらうことで、若手選手たちの刺激になればと思います。

ヤマハにとっても戦力的に大きな補強になることは間違いありません。

『ゲラード選手がいるのに・・・』

という声も聞こえますが、ラグビーには怪我がつきものです。

五郎丸選手もゲラード選手も日本代表選手と遜色ない実力の持ち主。
それが同じチームの同じポジションに2人にいることは心強い限り。

それに、五郎丸選手が移籍して敵にまわすのは、イヤでしょ?

ゲラード選手も、先日の試合でWTBのポジションを試しています。

五郎丸選手にFBを明け渡すとかではなく、色々なポジションをこなせるということは、チームのオプションが増えますので、戦術に幅が出てくると思います。

ゲラード選手以外に、マレ選手も今季は、WTBのポジションを試しています。

また、SOに加入したマット選手の起用如何では、外国人枠選手の起用方法を考えないといけなくなりますが、五郎丸選手が加入したことにより、

前半: SO大田尾選手(清原選手)-FBゲラード選手

後半: SOマット選手-FB五郎丸選手 

のセット交代も可能となります。(前後半で逆の起用もアリ)

以前は、選手が固定されているというよりも選手層が薄い・・・。という状態でしたが、昨年以降、若手選手も底上げも出来てきていますので、シーズン中は、どの選手を使うか贅沢な悩みをしないといけないかもしれませんよ!(笑)

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門6位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

春季練習試合 第2戦 ヤクルト戦

Photo                     デューク無双!


春季練習試合
6月3日(土)13:00K.O.
於:ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ/弱風

ヤマハ発動機ジュビロ 78- 0 ヤクルトレビンズ
        前       半 
54 0
                後      半 
24 0

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.植木 悠治 2.江口 晃平 3.西村 颯平 4.ヨハン・バードゥル 5.桑野 詠真 6.山路 和希 7.◎西内 勇人 8.松本 力哉 9.吉沢 文洋 10.清原 祥 11.早川 直樹 12.ヴィリアミ・タヒトゥア 13.小林 広人 14.ゲラード・ファンデンヒーファー 15.石塚 弘章

リザーブメンバー
名嘉 翔伍、大塚 健太、八木下 惠介、デューク・クリシュナン、モセ・トゥイアリイ、マット・マッガーン、マレ・サウ、川原田 徹、吉良 友嘉 中園 真司、粟田 祥平、篭島 優輝

【ヤクルトレビンズメンバー】
1.野崎 伊織 2.山賀 潤 3.古屋 篤史 4.長田 宗一郎 5.川端 尚也 6.◎田淵 泰平 7.ハミッシュ・パターソン 8.井坂 龍星 9.堀川 太一 10.若木 琢也 11.栗原 大介 12.神原 裕和 13.三笠 琳央 14.トム・コックス 15.大城 海

リザーブメンバー
村上 昌彦、新井 良生、金 弘泰、後藤 賢、下澤 正浩、岡崎 拓人、南 翔悟、野上 貴俊、正田 俊平、木村 和也

前半: ヤマハK.O.

6分 ハーフウェイ付近、相手のノックオンのボールがLOヨハンの胸に入り、そのまま抜け出してトライ。清原ゴール成功。(7-0)

12分 自陣ゴール前での相手ラインアウトのボールが乱れ、ヤマハがボールを奪うとBK展開。CTB小林が自陣22m付近でボールを受けると、ステップで相手をかわし、80m独走のトライ。SO清原ゴール成功。(14-0)

15分 キックオフのボールが流れダイレクトタッチとなった後のセンタースクラムから右展開、FB石塚がラインブレイクすると、フォローのSH吉沢につないでトライ。清原ゴール成功。(21-0)

21分 敵陣10m右サイドスクラム、ブラインドサイドからオープンサイドに走りこんだWTBゲラードにパスアウト。そのままディフェンスを突破してトライ。SO清原ゴール成功。(28-0)

25分 ゴール前中央ラックからのこぼれたボールをFL西内拾ってそのままトライ。SO清原ゴール成功。(35-0)

29分 相手タッチキックがノータッチとなってのリターン。敵陣10m付近ラックから素早く2次の展開、SO清原からCTB小林につないでトライ。SO清原ゴール成らず。(40-0)

30分 13.小林OUT → 吉良IN

33分 敵陣22mラックから左展開。FL西内-LOヨハンとつないでトライ。SO清原ゴール成功。(47-0)

41分 ゴール前ラックからバタバタしつつも細かくボールがつながり、最後SO清原がトライ。SO清原ゴール成功。(54-0)

<ハーフタイム>

2.江口OUT → 名嘉IN
3.西村OUT → 大塚IN
4.ヨハンOUT → デュークIN
6.山路OUT → モセIN
9.吉沢OUT → 篭島IN
10.清原OUT → マットIN
11.早川OUT → マレIN
12.ヴィリーOUT → 川原田IN
14.ゲラードOUT → 中園IN
15.石塚OUT → 粟野IN

後半: ヤクルトK.O.

3分 22m付近ラインアウトからモール、アドバンテージが出たあと、SOマットがキックパス、インゴールでWTB中園がキャッチしてそのまま押さえトライ。SOマットゴール成功。(59-0)

16分 ウォーターブレイク

19分 22mスクラムから一度ラックになってからの2次で、縦に走りこんだWTB中園にボールが渡ると、身体を回転してタックルをかわしそのままトライ。SOマットゴール成功。(66-0)

20分 1.植木OUT → 西村IN
    5.桑野OUT → 八木下IN

35分 FLモセの縦の突破からラック、そこから素早く右に展開、WTB中園は止められるも、フォローのSOマットにボールが渡り右スミトライ。SOマットゴール成らず。(71-0)

38分 自陣10m付近ターンオーバーからCTB吉良が敵陣22m付近持ち込むと、2次でSOマット、FB粟野につないでトライ。SOマットゴール成功。(78-0)

<ノーサイド>

今週、デュークも戻ってきて、代表招集の幸輝、日野、ウヴェの3選手以外は揃ったようですね。ヤッツも顔出していましたし…。

試合は、大量得点よりも相手を0点に抑えたことを褒めたいと思います。

ヨハン、ヴィリー、ゲラードの3選手が2年目でチームに十分フィットしてますし、SOマット選手もキックパスを決めるなど小技もいけることをアピールしていました。

今年は、春先から選手の仕上がりがいいですね。

この先の試合も楽しみです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門11位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ