« 前半で勝負を決め大勝! TL第5節 リコー戦 | トップページ | 2016-2017TL第6節 クボタ戦メンバー発表! »

2016年10月 4日 (火)

秋季練習試合 リコーブラックラムズB戦

Kiyo          清原復帰!


秋季練習試合
10月2日(日)13:00K.O.
於:リコー砧グラウンド
天候:晴れ

ヤマハ発動機ジュビロB 1217 リコーブラックラムズB
        前       半     
 5 5
               後      半    
 712

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.植木 悠治 2.名嘉 翔伍 3.西村 颯平 4.青野 天悠 5.斉田 晃平 6.西内 勇人 7.大山 晋弥 8.松本 力哉 9.篭島 優輝 10.清原 祥 11.粟田 祥平 12.シアレ・ピウタウ 13.川原田 徹 14.山本 将太 15.石塚 弘章

リザーブメンバー
岸 直弥、高部 大志、田村 義和、大塚 健太、八木下 惠介、吉沢 文洋、小林 広人

【リコーブラックラムズメンバー】
1.藤原 丈宏 2.芳野 寛 3.練習生 4.小山 智聲 5.生沼 知裕 6.吉村 公太郎 7.福本 翔平 8.練習生 9.ジェイミー・フッド 10.木上 鴻佑 11.山内 俊輝 12.小浜 和己 13.山藤 史也 14.深津 健吾 15.中澤 健宏

リザーブメンバー
眞壁 貴男、徳永 亮、星野 将利、高平 拓弥、濱野 大輔

前半: リコーK.O.

12分 10m付近右サイドラックからBK展開、ループで数的有利を作ってワイドに振って、FL西内が左スミトライ。石塚ゴール成らず。(5-0)

18分 ウォーターブレイク

41分 22m右サイドラックから左サイドへキックパス。その後、ボールをつながれトライ。ゴール成らず。(5-5)

<ハーフタイム ランニングタイム 47:50>

9 篭島 OUT → 吉沢 IN

後半: ヤマハK.O.

1分 ゴール前ラインアウトからモール押し込みHO名嘉トライ。石塚ゴール成功。(12-5)

12分 1.植木 OUT → 岸IN
    3.西村 OUT → 田村IN
    5.斉田 OUT → 八木下IN
    12.シアレ OUT → 小林 IN 

20分 22m付近ラインアウトから連続攻撃でフェーズを重ね、ディフェンスが手薄になったところを突かれトライ。ゴール成らず。(12-10)

27分 2.名嘉 OUT → 高部 IN

28分 ウォーターブレイク

31分 田村シンビン (ショルダーチャージ) 大塚 IN (練習試合のため15人で再開)

37分 無理なつなぎからノックオン、ターンオーバー。そのまま独走トライ。ゴール成功。(12-17)

38分 15.石塚 OUT → シアレ IN

38分 ゴール前ラインアウトからモール押し込みインゴールになだれ込むが、モールちぎれオブストラクションの判定。

43分 ゴール前スクラム。ペナルティを奪い、再度スクラム選択してトライを狙うが、リコー踏ん張り、逆にヤマハの反則とられる。 最後リコーがキックを蹴り出したところでノーサイド。

<ノーサイド ランニングタイム 45:15>

前日のトップリーグ公式戦に続き、リコー砧グラウンドでのBマッチ。グラウンドは、日当たり良好で芝の状態も良い最高の状態。(日陰がなくて暑かったですが…。)

明るい話題は、SO清原が復帰、80分間プレーをして順調な回復ぶりをアピール。

Photo          お帰り、でんさん! リコーおいくん(生沼)とのセコム対決!


後半には、でんさん(田村)も復帰後、初の試合出場。(予定よりかなり短い時間でしたが…。)
Takabe          高部、初出場! おめでとう!

ルーキー高部も他の選手が春から試合を経験するなか、じっくりとリハビリを続け、初出場! 『やっとチームの一員になれました。』

試合は、一進一退の攻防ではあるものの、勝てる試合だったかなぁと思います。

後半37分のトライは、無理につなごうとしたところでミスが出てのターンオーバーからですし、後半38分からはヤマハに流れが来てましたが、あともう一歩でトライを取り切れませんでした。

最後のスクラムは両チーム低い姿勢で見応えある押合いだったと思いますが、のんちゃん(大塚)側から崩されちゃったかな? 高部、大塚の若い2人にはいい経験になったと思います。

まぁ、なんとなく勝ってしまうより、自分たちのスタイルを貫き通すことが出来なかったことによる悔しさを噛み締める敗戦のほうが、今後の成長につながると思います。

ネセッサリー・ロスということで…。今後に期待したいと思います。

最後のスクラム、是非、慎さんの解説をききたいところでしたが、所用により不在。ざんねん!

その慎さんが、日本代表コーチに…。

そして、慎さんが育てたフロントローの幸輝(山本)、剛志(日野)、平一(伊藤)が揃って代表へ招集。主将の勇飛(三村)、ヤッツ(矢富)、マレとあわせて6選手が選出されました。

今まで散々ヤマハのスクラムは邪道と言われておりましたが、ジャパニーズ・スタンダードとして認められたことを喜びたいと思います。

これから世界に通用するスクラムを作り上げてほしいと思います。

|

« 前半で勝負を決め大勝! TL第5節 リコー戦 | トップページ | 2016-2017TL第6節 クボタ戦メンバー発表! »

コメント

ここ何年かBチームの試合印象は、正直期待外れが多い結果ぎ続いています。今回もそう。Bとはいえメンバー的にはAチーム同様大差で勝つことを期待しながら、結果はいつも悶々としています。Aチームが素晴らしすぎる試合をしているだけに、何故だろうどと。モチベーションの差とは思いたくないけど、もっともっと良い結果がでるハズです。

投稿: | 2016年10月 4日 (火) 20時02分

コメントありがとうございます。
出来ましたら、今後はハンドルネームでいいので名乗っていただけるとありがたいです。

ヤマハは、ここ数年強化縮小の影響を引きずっていて、選手層としては薄かったですからねぇ。
AはFWを強みにしていてもBはメンバーが足らずにその強みを活かせないとか、BチームのBKには、ラインブレーカーを配置できずに決定力がないとか…。
ただ、昨年くらいから制度が低い部分もありますが、Aチームと同じスタイルのラグビーが出来るようになってきており、Bの中にもすぐAで使えるメンバーが増えてきていると思います。
勝敗だけでなく、個々の選手の成長を見守っていただければと思います。
リコー戦は残念でしたが、リコーも若手中心とは言え、要所にベテラン勢を配しておりメンバー的には互角以上だったと思います。SHジェイミー・フッドの動きも良かったです。

投稿: まる@ここの管理人 | 2016年10月 4日 (火) 21時24分

ジャパンの第1列、東芝と総取っ替えですね。嬉しいには違いないのですが、何かごそっと持ってかれた感じで、ケガとか心配です。でも長谷川さんも帯同するようですし、大丈夫ですかね。ウィンドウマンス後はまた元気でチームに合流してほしいです。

投稿: かも | 2016年10月 4日 (火) 21時53分

長谷川コーチとフォワードメンバーが、
ジャパンに呼ばれて非常に嬉しいのですが、以下を心配してます。

1.ヤマハスクラムが他チームに分析されるリスク
2.選手のコンディション上のリスク(慣れない代表で体調崩さないか)
3.ハングリー精神の喪失

この辺がチームとしてどう出るか気になってます。

余計な心配かもしれませんが、3.を心配してます。

ヤマハは雑草集団と言われながらも、ハングリーさを前面に、清宮監督の指導のもと、武器に強みを伸ばし、アップセットを起こし続けたチームだと思っています。

変な自身や癖をつけて、代表に選ばれた選手達が、ヤマハスタイルに適応しなくなる(監督が笛吹けど踊らず、という状態)とならないか心配してます。

余計なお世話かもですが(^^;;
清宮監督はそこまで考えておくりだしているはずですよね。。

投稿: しげお | 2016年10月 5日 (水) 01時13分

代表招集については、あまり心配することないのでは?

ケガについては、張り切り過ぎて実力以上のモノを出そうと無理することが心配ですが、そこは慎さんがコントロールしてくれるでしょう。

スクラムについては、春先の練習試合から教えを請えば、相手チームにもコーチングしてましたからねぇ。
短い時間でエッセンスは吸収できても5年間積み上げてきたものを盗むには時間かかるのでは?
少なくとも今シーズンは大丈夫だと思いたい・・・です。(笑)

また『Bチームが一番のライバル』となっている現状では、このままのほうがモチベーションがあがっていかないのでは?
上の世界を見せることで、一回り大きく成長してもらいましょうよ!

清宮監督のいうことをきかなくなる?

矢富、五郎丸・・・みんな監督のこと慕っているじゃないですか。選手たちみんな監督のことリスペクトしてますよ。

投稿: まる@ここの管理人 | 2016年10月 5日 (水) 19時47分

怪我の件は、かつての長野くんのこともあり、ウチの大事な選手に怪我させやがって、みたいなことになるのをちょっと心配した訳ですが、心配し過ぎもいけませんね。ありがとうごさいました!

投稿: かも | 2016年10月 5日 (水) 21時29分

長谷川コーチが付いていてくれているので、
代表に行ってもヤマハスタイルは不変ですよね。
(代表に大量に送り込んだチームは大抵、代表選手が所属チームの方針に溶け込むのに時間が掛かっているようにと見受けられるため、ふと心配になりました)

代表を経て、ヤマハ選手達が、よりパワーアップしてくれる事を祈念してます。

投稿: しげお | 2016年10月 6日 (木) 22時11分

みんなで選手たちの成長を見守りましょう!

投稿: まる@ここの管理人 | 2016年10月 8日 (土) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/64299691

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季練習試合 リコーブラックラムズB戦:

« 前半で勝負を決め大勝! TL第5節 リコー戦 | トップページ | 2016-2017TL第6節 クボタ戦メンバー発表! »