« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月29日 (木)

2016-2017TL第5節 リコー戦メンバー発表!

第5節のリコー戦のメンバーが発表されました。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.仲谷 聖史 2.◎日野 剛志 3.伊藤 平一郎 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.山路 和希 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ ロッキー 12.ヴィリアミ・タヒトゥア 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.ゲラード・ファンデンヒーファー
16.加藤 圭太 17.山本 幸輝 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.ヘル ウヴェ 21.池町 信哉 22.マレ・サウ 23.田中 渉太

FWは、前5人は東芝戦から変更なし。FLは、東芝戦で無双の活躍のウヴェが控えに回ってモセが復帰。満身創痍の勇飛が外れて山路がスタメン。
FWは特に心配していません。唯一の敵は秩父宮の芝だけでしょうか…。(苦笑)

BKは、毎試合WTBは変更になりますが、矢富-大田尾のハーフ陣、ヴィリー、宮澤のセンター陣は盤石。安心してみてられますね。ヴィリーのおかげでマレもムリさせることなく適度に休ますことが出来ていて好循環。前節アクシデントで途中退場したゲラードも無事復帰して何よりです。
そして今季初スタメンのチカラ! 春から夏にかけて好調さを維持してきたものの開幕直前に膝を故障。でもあせらずじっくりとリハビリをして万全の態勢。チームに更なる推進力をつける活躍に期待しましょう!

対するリコーはPRを変更してきました。キヤノン戦で3番に入っていたウォントンが1番へ。キヤノン戦でも腰が高くて彼のほうから崩れていましたが、ヤマハのちびっこフロントロー相手にアタマ下がってコラプシング連発・・・てなことになりそうな予感。

あと、リコーのFWの要はブロードハーストだと思うのですが、ベンチスタート。セットプレー、特にラインアウトで脅威になる選手なので、いなくてラッキー!

そのかわりに、コリン・ボーグとロトアヘアをBKのSO,CTBに並べてきました。普段WTBの小松をCTBに入れるなどしておりますので、積極的にこの外国人2人を並べたいという戦術的な采配ではなく、BKにメンバーがいないがために、ブロードハーストを下げてまでの苦肉の策というようにも感じますが・・・。
(間違ってたらごめん。そこまで他チームメンバー詳しく知らないんだけど…。)

第4節でキヤノンを破ってきたリコーとはいえ、あの試合はキヤノンがやらかした感が強い気がします。でもリコーってああいう試合で不思議に勝っちゃうところがあるので、油断大敵。(過去に痛い目にあったこともありました。)

でも、ヤマハとしてはきっちり勝っておきたい(勝ち点5を取りたい)相手です。

キャプテン不在となりますが、キャプテンマークをつける日野と矢富、大田尾のベテランハーフ陣を中心にまとまって、落ち着いた試合運びをしてもらいたいと思います。

Go! Go! YAMAHA!
TRY! TRY! 
Jubilo!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門6位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

秋季練習試合(追加)

ヤマハ発動機ジュビロの秋季練習試合が追加になりました。

10月2日(日) vs リコーブラックラムズB

 於: リコー砧グラウンド 13:00K.O.

10月16日(日) vs ホンダヒートB

 於: ヤマハ大久保グラウンド 13:00K.O.

前日にトップリーグの試合もあり、スケジュールのやりくりが大変ですが、トップリーグ後半戦に向け、新しい戦力が出てくることに期待したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

ヨハン・バードゥル選手合流!

Photo

トップリーグ序盤の4連戦を全勝とスタートダッシュを決めた我がヤマハ発動機ジュビロ。

FWの更なる補強のため、合流が遅れていたヨハン・バードゥル選手も先週からチームに合流!

先日の東芝戦でも会場であるヤマハスタジアムに顔を見せていました。

既に選手カードは持っていたので、1枚いただきました。
(プレー画像が間に合わなかったようで、裏面は試合日程でした・・・。)

モセもフルでの出場は難しいと思いますし、ここまでの試合でラインアウトで苦戦していた部分もありましたので、長身のヨハン選手加入で課題解消になればいいですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

不都合な真実? 代表FW崩壊す! TL第4節 東芝戦

Photo          この日も低く塊となって・・・。

2016-2017 TL第4節
9月17日(土)18:00K.O.
於:ヤマハスタジアム
天候:晴れ/無風
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロ 40- 6 東芝ブレイブルーパス
        前       半  
21 3
               後      半 
19 3

試合は前半序盤に両チームともトライチャンスを逃した後の17分、ヤマハはゴール前ラインアウトからBK展開、CTBヴィリーが縦を突いた後、SH矢富がラックサイドを素早くすり抜けて先制トライ!
22分にPGで3点を返され、ゲラードの負傷アクシデントと東芝に傾き始めた流れを引き戻したのはヤマハスタイル。25分にまたもやゴール前ラインアウトのチャンスを掴むと今度はドライビングモールで押し切ってHO日野がトライ!
前半終了間際の41分にはゴール前連続攻撃から矢富がラックサイドを突いて3本目のトライで、21-3と突き放して前半終了。

後半、巻き返しにかかる東芝に対し鉄壁の守りでトライチャンスを与えず。12分のゴール前のピンチも東芝がPG選択で3点を失うだけで切り抜ける。
すると、16分ゴール前連続攻撃から最後はSO大田尾からヴィリー、宮澤と素早くつないで右隅にトライ!28分にはスクラムを押込みブラインドサイドに抜けた矢富が走り切るトライで東芝FW陣とコーリー・ジェーンのプライドを引き裂く。
とどめは37分、SO大田尾からデコイランナーをおとりにWTB田中にタイミングよくつないでトライ!

終わってみれば、6トライを奪い相手をノートライに抑えて、サニックス戦を上回る点差での圧勝でした。

1つ前の記事では、威勢のいいこと書いて万が一負けてしまうとカッコ悪いので控えめにしておりましたが、戦前の予想通り、代表やサンウルブスに名を連ねるメンバーを揃えた東芝FW陣を圧倒してノートライに抑える完勝で開幕4連勝を飾りました。

この試合の注目は、両チームが武器とするFW戦でどちらが優位に立てるかでしたが、試合前のスポーツ新聞記事によると、 『気持ち悪いくらいのこだわり』だの『反則ギリギリ』だの言いたい放題言ってくれていたようで…。

でも東芝とのFW対決で一番の難敵は麻生レフリーでした。(笑)

接戦を演出したかったのか、協会として売り出し中のサンウルブスのメンバー擁する東芝が虐殺されるのが都合悪かったのかわかりませんが…。

前半からスクラム何度も潰れてましたが、なぜか東芝ボールだとスルー、ヤマハボールだとヤマハのコラプシングの不可解判定。三上・湯原・浅原はスクラムは強くないけど、ごまかしながら崩すだけの技術はあるということでしょうか?
後半途中から知念・森・深村に替わってからは、東芝はスクラムを崩すことも出来ずヘッドアップ連発。これには麻生レフリーも庇い切れずにペナルティを取っていましたが、アドバンテージで手を挙げるタイミング遅く、ヤマハからのアピールでようやくアドバンテージを取る有様。

相当ヤマハFW陣はフラストレーションを持っていたようですが、80分間規律を保ってプレーしてくれたと思います。
(なかなかアドバンテージが出ず、アドバンテージが出た時にはバランスが崩れBKに展開出来ないので、仕方なくSH矢富が持ち出したらトライまで行ってしまったという結果オーライのシーンもありましたが…。)

このような状況下でも動じないヤマハFW陣の懐の深さ、これも自信の為し得る業でしょうか?

逆にゴール前にも拘らずセットプレーからトライを狙わずPGを選択した『らしくない』東芝からは、相当追い込まれていたことが伺えます。HO湯原も相当イラついてくれてましたし…。

これで開幕4連勝!勝ち点を19に伸ばして単独首位でリーグ序盤を無傷で乗り切りました。

このあと1週あいて、次節・第5節は10月1日、秩父宮でのリコー戦。なぜかヤマハがホーム扱いになっております・・・。ホーム戦らしく大勢の応援で選手たちの後押しをしましょう!
(動員なんていう何処かの金満企業のようなことできませんが・・・。)

Go! GO! YAMAHA!
TRY! TRY! Jubilo!

P.S. ゴミ問題
前節でツイッターから発信されて拡散したゴミ問題。NTTコムだけの問題ではなく他山の石としなくてはなりません。
ヤマハ発動機ジュビロは、トップリーグで唯一、自前のホームスタジアムを有するチーム。我々はそれを誇りに思わなければならないと思います。
しかし、現状試合後のスタジアムは、かなりゴミが散らかっている有様。その中には、ジェット風船の残骸もかなり含まれていました。
帰りに施設応援団数名でそれらを拾い集めながら帰りましたが、すぐに45Lのゴミ袋いっぱいに…。
試合後は自分が出したゴミは、座席に残さずきれいにして帰ってもらいたいものです。
またジェット風船の残骸は運営側にその回収方法を検討してもらいたいと思います。飛ばした風船は自己管理できないし、誰も他の人が口を付けた風船を拾うのは嫌だと思いますが、スタジアムにそのまま放置された状況は、チアースティックをその場に置いて帰るのと大差ないものです。
些細なことを放置することで大事になってしまうという『割れ窓理論』というものもあります。
すばやく風船を回収して常にスタンドをきれいに保っておくことで、ゴミをその場に放置しづらくする効果もあると思います。
今季は、ヤマスタでのホーム試合があと4試合(エコパ含めると5試合)あります。今後もヤマスタでラグビーの試合が多く開催できるようにみんなでスタジアムの美化にご協力願います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

2016-2017TL第4節 東芝戦メンバー発表!

第4節の東芝戦のメンバーが発表されました。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.仲谷 聖史 2.日野 剛志 3.伊藤 平一郎 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.ヘル ウヴェ 7.◎三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.中園 真司 12.ヴィリアミ・タヒトゥア 13.宮澤 正利 14.シアレ・ピウタウ 15.ゲラード・ファンデンヒーファー
16.加藤 圭太 17.山本 幸輝 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.山路 和希 21.吉沢 文洋 22.マレ・サウ 23.田中 渉太

サニックス戦からの変更としてFWは、PR1のなっかん(仲谷)が戻り、HOの控えが名嘉から圭太(加藤)に替わっています。
BKは、WTBのハビリが抜け、シンジ(中園)がスタメン、控えに渉太(田中)が入りました。

東芝戦のカギは、もちろんスクラム!昨年のリクシルカップでもスクラムでは、三上が横向いて、浅原が足をズルズル下げて…といった感じでしたので、今回も圧倒してくれると思います。(日本代表やサンウルブスに選出されていますが、三上、浅原ともスクラムはさほど強くない!)
自分たちの強みを前面に出して、東芝のセットプレーの要であるHO湯原にどれだけイラつかせるかがポイントでしょうね。イラついてくるとラインアウトのスローも安定しなくなりますので…。 

BKは、ハーフ陣はヤマハのほうが上、効果的にポジションを押し上げて、カフィに好き勝手走らせないことが重要。昨年のリクシルカップではカフィ一人にやられましたから…。サニックス戦でも試合を通じて組織ディフェンスは出来ていましたが、個人技でスコーンと抜かれないようにしたいところ。

あと怖いのは、ラックサイドの0チャンネルの攻防。ここを崩されるとディフェンス間に合わないので、リーチ、メッサムのFL陣に要警戒ですね。

全勝同士の前半戦のヤマですが、ホーム戦だけに絶対に負けられない試合。
当日は雨の予想も出ておりますが、献身的でひたむきな泥臭いプレーをしてほしいと思います。

土曜日まで、今年のプロモーションビデオでも見て気分を盛り上げましょうnote

過去のプロモーションビデオも右サイドバーに載せてありますよーsign01
(去年のだけネットで見つかりません。ご存知のかた教えてくださいませ・・・。)
 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

アウェイの地で勝ち点5奪い首位浮上! TL第3節 宗像サニックス戦

Photo


2016-2017 TL第3節
9月10日(土)18:00K.O.
於:佐賀県総合運動場陸上競技場
天候:晴れ/微風
レフリー:加藤 真也

ヤマハ発動機ジュビロ 28-10 宗像サニックスブルース
        前       半   
28- 3
               後      半 
15- 7

九州・佐賀に乗り込んで好調サニックスとの開幕連勝同士の対決。
とはいえ、昨年の上位チームとの戦いを制してきたヤマハと下位同士の戦いを接戦でものにしてきたサニックスとは、地力が違うことは明白。
7月のプレシーズンの対戦でも33-0でシャットアウトしている相手なので、ここはきっちりとボーナスポイントゲットを狙いたいところ。

試合は、試合の入りで受けにまわって反則からPGで先制される展開。ただ、これで目が覚めたのか、6分にはLOデュークのトライですぐさま逆転。14分には、FWがドライビングモールでトライ!ラインアウトの精度が悪かった前節から修正してきました。
23分にはヴィリー、35分にはゲラードと新戦力もキッチリ機能してます。ゲラードのトライのあとは、地元・佐賀工出身のタツ(大田尾)が後輩が見守るなか、コンバージョンを決めるサプライズも…。というわけで、前半は28-3での折り返し。

後半開始からは、こちらも佐賀工出身の亮さん(山村)が今季初の試合出場、20分過ぎには、同じくシンジも出場して3人の佐賀工出身者がピッチ上に…。試合は、後半もヴィリーとマレの競演でトライを積み上げ6トライ!このままノートライで終えたいところでしたがパスミスからのターンオーバーで1トライ返されてしまい、最終スコアは43-10。

それでもBP含めた勝ち点5をゲットして、3節目にして首位浮上!

次節はようやくホーム戦。ヤマハスタジアムに東芝を迎え討ちます。
ここで勝利をものにして、このまま首位を突っ走ってほしいですね。

P.S.
今回は九州・佐賀ということで、クルマではなく新幹線を使っての遠征。

新幹線といっても正規料金だと博多往復だけで40,000円となかなか懐には厳しいところですが、JR東海ツアーズのぷらっとで、新幹線指定席往復+博多ホテル1泊で28,000円!の企画切符を利用。(九州行くときはいつもこれ!)
まぁこれには訳があって、行きは始発の新幹線、帰りは最終の新幹線を使うことが条件ですが…。
でもその分、現地でたっぷり時間が取れるので観光もしたい人にはうってつけだと思いますよ?
更に博多から佐賀までは、特急4枚きっぷ(自由席)を使って、通常1,960円のところを1,030円で…。結構お得に行くことが出来ました。

ただ、佐賀から会場まではバス。どの系統のバスかの表示もなくホスピタリティは悪いですね。
本数も1時間に1本でこれには閉口しました。歩いて30分くらいですが30度近い気温の中歩く気にもならずにバスセンターのベンチで待ちぼうけ…。

会場の佐賀県陸上競技場は、春の招待試合などで使われることもあるようですが、今までラグビーでバックスタンドを使用したことがないとのこと。

メイン側では何かイベントがあったのかもわかりませんが、バックスタンドには売店も自販機もなく、近くのコンビニまで買い出しに行く羽目に。
アルコール類の置いてあるコンビニなのでまだよかったですが、ラグビーの試合があることを把握しておらず通常仕入れのため食料は早々に無くなっていました。こういうところも地域と連携していれば地元のお店も潤うのにね…。

試合後は、出待ちをして会場を出たのが、8時30分くらい。博多に着いたのは10時過ぎで祝杯をあげることもなくコンビニ飯で締め。

ナイターでやるなら、レベルファイブかベアスタじゃないと移動が厳しいかなという印象でした。佐賀だと博多方面からの観客は少なかったと思います。

選手たちは良いパフォーマンスを見せているのに、町田、佐賀と2週続けてその節の最低観客数…。
もう少し会場設定・運営方法を考えてほしいですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 8日 (木)

2016-2017TL第3節 宗像サニックス戦メンバー発表!

開幕第3節の宗像サニックス戦のメンバーが発表されました。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.伊藤 平一郎 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.ヘル ウヴェ 7.◎三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.シアレ・ピウタウ 12.ヴィリアミ・タヒトゥア 13.宮澤 正利 14.ハビリ ロッキー 15.ゲラード・ファンデンヒーファー
16.名嘉 翔伍 17.植木 悠治 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.山路 和希 21.吉沢 文洋 22.マレ・サウ 23.中園 真司

 
今回は佐賀への遠征で長距離移動になるのと、相手がサニックスということもあり、替わりのきくメンバーは、その前の2戦から多少替えてきました。
FWは、PR1のなっかん(仲谷)、FLのモセについては、ベテランなので次節・東芝戦に向けての休養でしょう。
ただ、そのかわりに入るメンバーも幸輝(山本)、ウヴェですから、こちらも強力です。

控えには、佐賀工レジェンドの亮さんがメンバー入り。佐賀遠征には欠かせないですね。
そして、ルーキー植木がPR1の控えで初のメンバー入り!こちらも熱きハートを持った選手ですので楽しみです。

BKは、矢富-大田尾のベテランハーフ陣に、ピウタウ、ヴィリー、ロッキー、ゲラードとどこからでもトライを狙えるメンバーが名を連ねました。
そんなメンバーの中でも不動なのが、CTB13の宮澤! 
小さいながらもハードタックラーぶりは、誰もが認めるところです。

対するサニックスも開幕から2連勝。
ただ、7月のプレシーズンでは、33-0で完勝している相手だけに、BP含めた勝ち点5は必須の相手だと思います。
FWで圧力をかけて、BKの足を止めさせるのと、キックへのチェイスを怠らずに相手に間合いを与えなければ、自ずと結果はついてくると思います。

遠い地での戦いになりますが、サポーターの皆さん、現地に念を送ってくださいね!

Go! Go! YAMAHA!
TRY! TRY! 
Jubilo!

TL2016-2017 第3節

9月10日 18:00K.O.

ヤマハ発動機ジュビロ vs 宗像サニックスブルース

佐賀県総合陸上競技場

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

秋季練習試合 早稲田大学戦

Photo
秋季練習試合
9月3日(土)17:00K.O.
於:早稲田上井草グラウンド
天候:晴れのち小雨
レフリー:立川 誠道

ヤマハ発動機ジュビロB 1912 早稲田大学
        前       半     
1912
               後      半    
 0- 

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.植木 悠治 2.名嘉 翔伍 3.山村 亮 4.ヘル ウヴェ 5.八木下 惠介 6.斉田 晃平 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.篭島 優輝 10.清原 祥 11.粟田 祥平 12.山本 将太 13.小林 広人 14.早川 直樹 15.石塚 弘章

リザーブメンバー
岸 直弥、大塚 健太、青野 天悠、、大山 晋弥、池町 信哉、川原田 徹

【早稲田大学メンバー】
1.鶴川 達彦 2.貝塚 隼一郎 3.千葉 太一 4.山口 和慶 5.桑野 詠真 6.加藤 広人 7.佐藤 真吾 8.宮里 侑樹 9.齋藤 直人 10.岸岡 智樹 11.桑山 聖生 12.宇野 明彦 13.黒木 健人 14.本田 宗詩 15.梅津 友喜

リザーブメンバー
16.佐田 涼祐 17.峨家 直也 18.柴田 雄基 19.三浦 駿平 20.吉満 慎吾 21.千野 健斗 22.柴田 徹 23.中山 匠 24.吉岡 航太郎 25.横山 陽介 26.桐ケ谷 稜介 27.船越 明義 28.緒形 岳 29.水谷 彰裕

前半 早稲田K.O.

5分 ハーフウェイ付近ラックからBK右展開、ライン際FB石塚が抜け出してトライ。石塚ゴール成功。(7-0)

10分 ゴール前ラインアウトからFWで一度近場を突いた後にBK右展開、WTB早川が右スミにトライ。石塚ゴール成らず。(12-0)

15分 10m付近ラックからSH篭島がディフェンス裏に抜け出し、FL斉田につないでトライ。石塚ゴール成功。(19-0)

18分 自陣10m付近スクラムから、BK右展開、ループを交えたサインプレーで右スミにトライ。SOゴール成らず。(19-5)

26分 ウォーターブレイク

33分 ゴール前ペナルティのアドバンテージからインゴールに蹴りこんだボールがすっぽり胸に入ってトライ。SOゴール成功。(19-12)

<ハーフタイム:ランニングタイム41:28>

4.ウヴェOUT → 青野IN
5.八木下OUT → 西内IN (斉田がLO、西内がFLへ)
9.篭島OUT → 池町IN
15.石塚OUT → 川原田IN (山本がFB、川原田がCTB)

後半 ヤマハ K.O.

17分 1.植木OUT → 岸IN
      3.山村OUT → 大塚IN
    12.山本OUT → 大山IN

27分 ウォーターブレイク

<ノーサイド ランニングタイム47:34>

前半は、序盤からFW陣で圧力をかけてBKに展開で簡単にトライを奪えてしまう展開で3トライ。その後、サインプレーとアドバンテージからのギャンブルプレーで2トライを返されるも、学生に負けるわけにいかないヤマハはディフェンスで粘って、19-12で勝利。
後半、膠着したゲームの中で、局面を打開するプレーでアピールする選手がいれば尚よかったのですが、両チームとも決め手を欠いていました。
まぁ、ヤマハ側としては、試合で得られるものは少ない中でモチベーションが上げられなかったのと、スクラムや密集での反則をレフリーが取らない中、学生のガムシャラなプレーによる選手のケガが心配でしたが、大きなアクシデントもなく終われて何よりでした。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門8位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

先手必勝!相性悪い相手から貴重なBP獲得 TL第2節 キヤノン戦

2016-2017 TL第2節
9月2日(金)19:00K.O.
於:町田市立陸上競技場
天候:晴れ/微風
レフリー:藤内 有己

ヤマハ発動機ジュビロ 35-16 キヤノンイーグルス
        前       半   
22- 
               後      半 
1310

(今回、会場の照明が暗すぎて、写真なしです。sweat01

試合前に書いた一個前の記事の『ラックでのゲートのレフリング…』については、キヤノンのアダム・トムソンのことをぼやかして書いていたのですが、試合では藤内レフリーがきっちりジャッジしてくれたおかげで、序盤の10分で、やらかしトマソン炸裂で、認定トライ! シンビンのおまけつき。
トムソンがいない間に16分に矢富がラインアウトのボールを自分でそのまま持ち込んで1トライ追加。序盤ですんなりとヤマハペースに引き込むことが出来ました。

その後、2PGで点差を詰められるも、終了間際のゲラードのPGと日野のトライで、点差を広げて折り返し。

後半も入りの時間帯で日野がラインアウトの不調を帳消しにするトライを奪うと、相手のトライを1トライに抑え、貴重なボーナスポイントをゲットしました。

この試合、反省点としては、ラインアウトの安定を欠いていたことでしょうか?
タイミングがあるので、スローワーだけの問題ではないと思いますが、セットプレーが信条のチームですので、次節に向けてしっかり調整してほしいと思います。

スクラムは、良かったんじゃないですかね? キヤノンとのスクラムでの応酬は見応えがありました。
特に、PR3の平一(伊藤)は、前半21,2分くらいのスクラムが流れて崩れた時にどこか痛めたように暫くうずくまっており、その影響で前半終了までは精彩を欠いていましたが、ハーフタイムの短いインターバルで復調、後半30分に西村に交代するまで頑張ってくれました。
試合後、声掛けたときも、『もう大丈夫です!』と元気で話していたので、問題はなさそうです。
また、後半ヤマハゴール前でのPR1の幸輝(山本)とキヤノンPR3の山路のスクラムマッチアップは見応えありました。よく幸輝がスクラム崩さずに耐えたと思います。

今回のように得意のセットプレーで上手くいかないときでもしっかり対応して勝つ懐の深さが今季のヤマハの強さの一因ではないでしょうか?

BKは、開幕のゲラードに続き、ヴィリーのラインブレーカーとしての活躍が光りました。今回はマレの代役でしたが一度2人を並べて使ってみたいですね。

シンジ(中園)のステップも良かったです。次節は佐賀なので、そこでのトライを期待しましょう!
この日、シンジが投げ入れたボールがたまたま目の前に転がってきてゲット!
ありがとうございます。^ ^

次節は佐賀で宗像サニックス戦。

3戦連続アウェイですが、九州出身の選手がヤマハには多いので、アウェイと感じている選手は少ないかな?
良い内容で、もちろん開幕3連勝を飾ってくれることに期待します!

P.S.
キヤノンのアダム・トムソンについては、後半36分にもヤマハ陣22m付近(ヤマハ応援団の目の前)のラックでロッキーともみ合って殴っていましたね。本来は前半のシンビンと合わせ技で退場のはずですが、レフリー見てなかったからなぁ…。裁定委員にかかってもヤマハとしてのメリットないので、もうどうでもいいですが…。
まぁ、他所にチームのことですが、ディプシリンを欠いた選手を(何年にもわたってそのまま)使う限りは、キヤノンの上位浮上はないのではないでしょうかね?

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門8位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »