« ヤマハラグビー部社内懇親会 | トップページ | ヤマハ発動機の株主総会に行ってきました »

2016年3月20日 (日)

桑田式スポーツK営学 日本ラグビービジネスの未来像

Photo

本日(20日13:00~)、BSジャパンで放映された『桑田式スポーツK営学 日本ラグビービジネスの未来像』に清宮監督がゲスト出演。

Img_2825
桑田真澄氏が、清宮監督のことをずっと、 『清宮くん』と呼んでいたこともちょっと面白かった(同い年なので・・・)ですが、今までのラグビージャーナリストが触れてこなかったチーム経営に焦点を当てており、番組の掘り下げかたも中々興味深かったです。

▽知っているようで知らない世界的にも稀なリーグ“トップリーグ”

Img_2827
ラグビーファンの中でも、無責任に“プロ化”を叫ぶ方々がいますが、

・チームに興行権がないこと
・チーム分配金がないこと


を番組序盤で、キッチリと明らかにしてくれました。
(トップリーグをずっと観ている人でも知らない人多いみたいですが…。)

チーム運営費が年間10億~15億円という数字も出てきました。
その中で、 『何故、企業はチームを持つのか?』というところにも各企業担当者のインタビュー映像交えて紹介されてました。

また、今季からトップリーグでも一部ゲームの興行権買い取り制度がスタートすることにも清宮監督が言及。ホームスタジアムを持つものにアドバンテージを与えることで活性化が見込めることを強調。

例えば、ヤマハがホームゲームの興行権を買い取り、自由に運営する(収益を得る)ということも可能に…。
(関西のチームはホームがちゃんとあるので、関西中心に活性化するとうれしいですね。)

▽プロ?アマ?社員選手の是非について元日本代表選手が語る

こちらには、サントリーの真壁選手と元トヨタの朽木氏の取材VTRが紹介されました。
アスリートとして道を極め世界に挑戦する選手と、仕事と両立して仕事での経験をセカンドキャリアで活かしてラグビー界に貢献する(チーム運営など)選手と人それぞれの選択があっていいとの結論に…。(野球選手のセカンドキャリア問題にも触れ、プロ後の生活の希望で一般企業の社員が3位であることを紹介)

▽大盛況!フランスプロリーグ“TOP14”

このコーナーでは、フランスのRCトゥーロンとスタッド・フランセの取り組みを紹介。チームのブランド化やスタジアムでのエンターテイメント性の事例の紹介。
この部分が、日本は一番遅れてますね。

ラグビー場も時間になったらただ試合をやって観せればいいという感じですもんね。
上で触れた興行権の移譲によって、この辺が活性化してくれることに期待したいですね。

▽スーパーラグビー参戦は是か非か!?
▽日本ラグビーの未来とは!?

最後に、スーパーラグビー参戦の意義と2019W杯、それ以降のラグビー界について語り合って番組終了。
このへんは、日本ラグビーの強化と今後の発展について今までいろいろなところでラグビー関係者が口にすることと同じなので、割愛しますが、『日本ラグビーをこうしたい。』というみんなのベクトルは同じ方向を向いているということでもある思います。
その課題について、チーム(選手)強化以外で語られることは少ないですが、こういう視点からの提言も重要ですね。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門12位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

|

« ヤマハラグビー部社内懇親会 | トップページ | ヤマハ発動機の株主総会に行ってきました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/63371508

この記事へのトラックバック一覧です: 桑田式スポーツK営学 日本ラグビービジネスの未来像:

« ヤマハラグビー部社内懇親会 | トップページ | ヤマハ発動機の株主総会に行ってきました »