« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月25日 (月)

最後は笑顔で・・・! LIXIL CUP 3位決定戦 神戸製鋼戦

Photo          エリスを振り切り90m独走トライ! マレ・サウ選手


LIXIL CUP 3位決定戦
1月23日(土)11:40K.O.
於:秩父宮ラグビー場
天候:晴れ/弱風
レフリー:松岡 辰也

ヤマハ発動機ジュビロ 26-22 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
       前       半     
17
               後       半   
21 5

前半は、10分にNo.8堀江のトライで先制するものの神戸SHのエリス一人に翻弄されるカタチで、5-17でハーフタイムに突入。
前節カフィにやられたことを思い出すようなイヤな流れでしたが、後半10分にLO大戸のゴール前ラックの上を飛び越えるトライで差を縮めると、20分にはゴール前のピンチにCTB宮澤の会心のタックルで相手のノックオンを誘うと、そこからCTBマレが90m独走のトライで逆転!
24分にインターセプトから再逆転を許すも、28分には、シアレに代って入った2年目のWTB粟田が、相手にタックルを受けながらもインゴールにグラウンディングしてトライ!
最後は、神戸の反撃に耐えてノーサイド。

「若手を伸ばしてトップリーグに立たせるというチームカラーを証明できた」と清宮監督は話す。ラグビーが盛んとはいえない静岡のチームに、大学のスター選手が入ってくることは少ない。「やればできる」と信じ、無名の選手を鍛え上げた。その象徴が粟田だ。関西学院大では公式戦出場のなかった2年目が後半28分、2万2000人の観客で埋まった秩父宮に逆転トライをたたき込んだ。WTBで途中出場した粟田の本職は、五郎丸と同じFB。「苦しいところを見せない五郎丸さんを目標にしている。いいアピールができた」と粟田。W杯で活躍した日本代表も、次代を担う若手も全力を出し切った3位は、必ず来季へつながる。(静岡新聞)

超満員の観客の中、リーグ戦での大敗の神戸製鋼を相手にリベンジを果たして、3位という成績で今シーズンを終えました。
スマートな勝ち方ではありませんでしたが、それでも『全力を出し切り』、味方のミスを全員でカバーしあうことで勝ち取った大きな1勝だと思います。

試合後に正門前広場で何人かの選手に声をかけさせてもらいましたが、
『先週蹴られた腕にまだ痺れがある。』というSH矢富を筆頭にみんな満身創痍。

それでも全員が爽やかな笑顔をしていました。

トップ4で勝ってシーズンを終えられるのは、優勝したパナとヤマハだけ。

いい締め括りが出来たことに感謝!

選手の皆さん、そして一緒に応援してくれた皆さん
お疲れ様でした。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月22日 (金)

今季最終戦、勝って締め括ろう! LIXIL CUP 3位決定戦 神戸製鋼戦メンバー発表!

LIXIL CUP 2016 3位決定戦の神戸製鋼戦のメンバーが発表されました。

ここにきて、FWのモセを外して、シアレをスタメンで起用。

モセはリザーブに名を連ねているので大丈夫だと思いますが、前節までの疲れなどではないことを祈ります。

BKのマレとシアレのコンビで、何かをしてくれることに期待!

また、前節テーピングで腕をぐるぐる巻きにしていた矢富の状態が気になりましたが、スタメンで元気に出場。前回の神鋼戦は、矢富欠場の影響ため試合のリズムが作れませんでしたので、矢富のゲームコントロールにも期待したいですね。

今季の最終戦、タイトルには届きませんでしたが、神鋼にリベンジを果たし良いカタチでシーズンを締め括ってほしいと思います。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー

1.山本 幸輝 2.加藤 圭太 3.山村 亮 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.八木下 惠介 7.◎三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.シアレ・ピウタウ 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.日野 剛志 17.仲谷 聖史 18.伊藤 平一郎 19.斉田 晃平 20.モセ・トウィアリイ 21.吉沢 文洋 22.井本 克典 23.粟田 祥平

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門5位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月17日 (日)

無念・・・! LIXIL CUP2回戦 東芝戦

Photo          チカラ(伊東)のトライで逆転するも・・・。


LIXIL CUP 1回戦
1月 9日(土)13:00K.O.
於:花園ラグビー場
天候:晴れ/弱風
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロ 22-34 東芝ブレイブルーパス
       前       半   
1720
               後       半   
 514

無念…。今シーズンもトップリーグのタイトルには届きませんでした。

印象としては、カフィひとりにやられたという感じ。

ヤマハもCTB宮澤がタックルに行っていたし、抜かれてもFLモセが絡みに行っていたし…。
満身創痍で献身的なプレー戦胃ながらも傷つき、グラウンドに横たわる彼らを責めることはできないですね。

バックアップできる選手がいなかった…。
今シーズンの過密スケジュールを乗り切るだけの選手層がなかったということでしょうか。

プレシーズンを若手で戦いながら、そこから上がってくる若手が少なかったのは残念。

それでもヤマハの強みは十分に出せたと思います。

Img_0389          三上を押し退け完全に組み勝ったスクラム

スクラムは、PR3山村が、東芝のPR1の三上を押し退け、3対2の状況で組み勝っていましたし、昨シーズンから東芝相手にドライビングモールやFW戦でトライを許さず、今回も継続できたことで自信を深めることにつながったと思います。

トップリーグの勢力図が変わりつつあることを示していると思います。
当事者同士ではわかっているはず…。

今シーズンタイトルには届きませんでしたが、次週、同じく強力FWを擁する神戸製鋼に対しリベンジを果たして今シーズンを締め括ってほしいと思います。

Prideを賭けたシーズン集大成となる試合を見届けたいと思います。

Photo_2
会場では、地元・大阪の関大北陽高校ラグビー部の応援も・・・。

(オールド?)ファンには懐かしい元ヤマハFLの梶村 真也監督が率いるチームです。

激戦区ですが、来年度の花園出場を祈念しております。

カジ、ありがとう!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月14日 (木)

スクラム組もうぜ! LIXIL CUP 2回戦 東芝戦メンバー発表!

Photo
LIXIL CUP 2016 2回戦の東芝戦のメンバーが発表されました。

ヤマハは、リザーブ含め選手の入れ替えはなし。

昨シーズンは3戦戦って3勝した東芝相手に見どころは、やはりFWガチバトル。

スクラムの重要な要素となる総重量では、
ヤマハ870kg 東芝850kg とヤマハ有利。 

身長は、190cm台が双方2人ずつとラインアウトは互角といったところでしょうか?

以外に思えるかもしれませんが、昨年はFW選手に取られたトライはリーチの1本のみ。
(たしか、ゴール前から一気に走られた覚えが・・・。)

長年苦しめられたモールドライブは完全に封じ込めています。

会場もピッチ状態の良い花園ですので、キックでエリアを前に進めながら、ここぞというところではFWを前面に押し出す展開に持ち込みたいですね。

東芝とのPrideを賭けたFW戦で、会場を熱くしてほしいと思います。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー

1.山本 幸輝 2.加藤 圭太 3.山村 亮 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トウィアリイ 7.◎三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ ロッキー 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.日野 剛志 17.仲谷 聖史 18.伊藤 平一郎 19.八木下 惠介 20.西内 勇人 21.吉沢 文洋 22.シアレ・ピウタウ 23.井本 克典

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月10日 (日)

先制許すも貫録勝ち! LIXIL CUP 1回戦 NTTコム戦

Photo          MOM堀江の力強い突破!


LIXIL CUP 1回戦
1月 9日(土)13:00K.O.
於:金鳥スタジアム
天候:晴れ/弱風
レフリー:塩崎 公寿

 

ヤマハ発動機ジュビロ 33- 7 NTT Com.シャイニングアークス
       前       半   
 7 7
               後       半   
19 0

前半NTTコムK.O.

 6分 ゴール前連続してFWがラックサイド突き、最後FLモセが押さえたかに見えたが、ノックオンの判定。
(ゴールポストの反対サイドにいたため見えないと思いますが、TMOにはかけてほしい場面…。)

11分 22m付近からSO大田尾がDG狙うも外れる。

19分 コム陣10mラインアウト、タップからBKに渡ったところでのタックルミスからディフェンス裏に抜けられCTB諸葛トライ。ヤンチースゴール成功。(0-7)

39分 No.8マフィがゴール前ラックで故意のオフサイドでシンビン。

42分 ゴール前スクラムにこだわり、スクラムトライ。五郎丸ゴール成功。(7-7)

<ハーフタイム>

後半ヤマハK.O.

 4分 ゴール前連続攻撃、最後はSO大田尾が仕掛けて出来たラックからNo.8堀江が素早く拾い上げインゴールに飛び込みトライ。五郎丸ゴール成らず。(12-7)

 7分 キックからのリターン、FB五郎丸がハーフウェイ手前から55mのドロップゴール狙うも外れる。(距離は十分)

12分 10mライン際から五郎丸PG狙うも外れる。

13分 ゴール前FWが連続して縦を突いてフェーズを重ね、最後は、SH矢富からSO大田尾、大田尾の内に走りこんだCTBマレにつないでトライ。五郎丸ゴール成功。(19-7)

23分 ゴール前スクラムを押込み、連続して相手の反則を誘い認定トライ。五郎丸ゴール成功。(26-7)

<ノーサイド>

試合前の見立て通り、FWを中心にしたアタックで前に出るヤマハでしたが、ゴール前での最後の詰めが甘く得点ができないまま時間が過ぎ、前半19分、ラインアウトからの一瞬のスキを突かれ先制を許す展開に・・・。
(アドレナリンの噴出濃度が高すぎるせいか毎度毎度エンジンのかかりが遅いですね。だれかセッティングプリーズ…。笑)

何とか前半の内に追いつきたいヤマハはその後も敵陣で試合を進め、コムの攻守の要となるマフィのシンビンから前半ラストプレーとなるスクラムを押し切ってのスクラムトライで同点に追いつきハーフタイム突入。

サイドが代わって風上に立つと、前半以上に圧力をかけて敵陣へ攻め込むヤマハ。後半立ち上がり早々に堀江のトライで逆転すると、後半はその後2トライを追加。また相手をシャットアウトしての貫録勝ちして、ベスト4に進出しました。

この試合、前半39分のマフィのシンビンを契機に逆転しましたが、それまでずっとデュークにちょっかいを出し続けてイラつかせようとしていた本人が先にシンビンを受けてましたね。デュークのほうが冷静でした。^ ^
仮想マフィを置いた練習の成果が出ましたかね?

また、後半13分にトライで突き放した後の16分にNTTコムが22mラインアウトでスペシャルプレー(ジャンパーが後ろに注意をそらしたところに前にすばやく投げてゲインをはかる)をしようとしましたが、交代で入ったばかりのヘイイチ(伊藤 平一郎)がガッチリ受け止めゲインさせず。ここでトライを返されるとまた試合が流動的になるところでしたので、隠れたファインプレーでした。
このプレーに対する対策は5日の練習でもしていましたが、練習の成果がバッチリ出ました。何気なく見過ごされてしまう場面ですが、分析の成果を垣間見れてラグビーの奥深さを実感しました…。

最後は、 『ゴール前10m内は射程圏内』とコントロールしてまっすぐ押す練習通りのスクラムで認定トライ。

これで勝負あり!

ただ、練習の成果が出たと言っても、前半から詰めの甘さが出ています。
ベスト4の戦いでは、1つ1つのプレーの精度で勝敗が決しますので、まだまだ精度を上げていく必要を感じます。

次戦は花園で、東芝とのFWガチンコ勝負!

好ゲームを期待したいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 7日 (木)

いざ頂点へ! LIXIL CUP 2016 1回戦 NTTコム戦メンバー発表!

Scrum          1つになって押すぞスクラム!


LIXIL CUP 2016 1回戦 NTTコム戦メンバーが発表になりました。

年末のキヤノン戦からスターティングメンバーは変わらず。

リザーブは、ピウタウが戻ってきたことにより、ウヴェがメンバーから外れて西内がメンバー入りしました。

この試合の注目は、毎回あまりかわらないけどFW戦。

体重の単純比較でも

ヤマハ870kg vs Nコム828kg

一人平均で5kg超の差がありますのでスクラムでの優位性は明らか。

トーナメントという一発勝負の中で、上手くプレーがかみ合わないときや迷いが生じたときに戻れる原点があるのは大きいと思います。

元ヤマハのイッシー(石神)、訓也(小林)の両選手には悪いけど圧倒させてもらいます。

FWが前に出ることで、レレィ・マフィとヤンチースに自由にプレーをさせなければ、おのずと結果は付いてくるはず。

今週末の試合は、会社稼働日のため応援に来れないかたがたくさんいますが、その人たちの想いも乗せて応援したいと思います!

みんなの想い乗せて ラララーラ ラララララー♪

 さぁ行こうぜ! 俺らYAMAHA ラララララー♪

ヤマハ発動機ジュビロメンバー

1.山本 幸輝 2.加藤 圭太 3.山村 亮 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トウィアリイ 7.◎三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ ロッキー 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.日野 剛志 17.仲谷 聖史 18.伊藤 平一郎 19.八木下 惠介 20.西内 勇人 21.吉沢 文洋 22.シアレ・ピウタウ 23.井本 克典

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 4日 (月)

謹賀新年

Photo_4

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、W杯での日本代表の活躍によりラグビー熱が一気に高まりました。

これを一時のブームに終わらせないように、ラグビー界が盛り上がってくれることを期待します。

当ブログも引き続きよろしくお願いします。


昨年末の2試合のレポートもアップしました。

併せてご覧いただけると幸いです。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門21位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマハスタイル浸透! 練習試合キヤノン戦

Photo_2          スクラムで自信の表情のフロントロー


練習試合
12月27日(日)13:00K.O.
於:キヤノンスポーツパーク(町田)
天候:晴れ/弱風
レフリー:真継 丈友紀

ヤマハ発動機ジュビロB 2121 キヤノンイーグルスB
        前       半   
 714
                後       半   
14 7

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.岸 直弥 2.◎名嘉 翔伍 3.西村 颯平 4.青野 天悠 5.斉田 晃平 6.ウヴェ・ヘル 7.西内 勇人 8.松本 力哉 9.小池 善行 10.曽我部 佳憲 11.藤井 達也 12.練習生(外国人) 13.工藤 良麻 14.早川 直樹 15.粟田 祥平

リザーブメンバー
16.長野 正和 17.伊藤 平一郎 18.練習生(日本人) 19.山路 和希 20.池町 信哉 21.大山 晋弥 22.山本 将太

キヤノンイーグルスメンバー
1.東恩納 寛太 2.山本 貢 3.レイルア・マーフィー 4.芦谷 勇帆 5.湯澤 奨平 6.落合 佑輔 7.◎植松 宗之 8.カール・ロウ 9.高城 良太 10.森田 慶良 11.小野澤 宏時 12.ハヴィリ・リチャード 13.林 大成 14.藤近 紘二郎 15.ダラン・マーフィー

リザーブメンバー
16.清水 新也 17.金子 大介 18.宍戸 要介 19.山路 泰生 20.高島 忍 21.上田 聖 22.菊谷 崇 23.清水 直志 24.杉永 亮太 25.吉田 健 26.福居 武 27.和田 拓 28.マイケル・ボンド

前半キヤノンK.O.

11分 ゴール前キヤノン連続攻撃、ラックからBK展開され、ディフェンスラインのギャップを突かれトライ。ゴール成功。(0-7)

23分 ハーフウェイ付近ヤマハボールのラインアウトをミスからターンオーバーされ、そのまま走り切られトライ。ゴール成功。(0-14)

30分 ハーフウェイ付近ラック、SH小池からLO斉田がボールを受けるとディフェンスライン裏に抜け出し、CTB練習生(外国人)につなぎトライ。曽我部ゴール成功。(7-14)

<ハーフタイム>

後半ヤマハK.O.

 8分 ゴール前5mスクラムを押し込み、認定トライ。曽我部ゴール成功。(14-14)

 9分 1.岸OUT→長野IN
     6.ウヴェOUT→山路IN
     9.小池OUT→池町IN
    13.工藤OUT→山本(将)IN
    14.早川OUT→大山IN

18分 ゴール前5mスクラム押し込みNo.8松本トライ。曽我部ゴール成功。(21-14)

19分 8.松本OUT→練習生(日本人)
    練習生がLO、斉田がNo.8へ

35分 ドロップアウトからのリスタートのキックをキープされるとそのままつながれトライ。ゴール成功。(21-21)

<ノーサイド>

Bメンバーは、プレシーズンマッチ以降の実戦経験が乏しかったせいか、前半は接点の攻防で外国人選手中心のアタックに押し込まれる場面が多かったものの、試合勘を取り戻すと徐々に激しいタックルで相手に刺さりまくり互角以上の展開に…。精神的に優位に立ち始めると、後半はヤマハが得意とするセットプレーで圧倒し、スクラムトライ2本で逆転。
最後一瞬のスキからトライを奪われ、同点で終わりましたが、ヤマハスタイルの浸透を感じる内容でした。

ここからLIXILカップに向けて、台頭してくるメンバーが出てくることを期待します。

Photo_3

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門21位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

逆転で1位通過勝ち取る! 第7節キヤノン戦

Photo          MOMロッキーの激走!


トップリーグ 第7節
12月26日(土)11:40K.O.
於:秩父宮ラグビー場
天候:晴れ/弱風
レフリー:加藤 真也

 

ヤマハ発動機ジュビロ 33-19 キヤノンイーグルス
       前       半   
1712
               後       半   
16 7

前半キヤノンK.O.

 4分 キックリターンからキヤノンFBルルーにディフェンスかわされ裏に抜けられた後に、WTB原田につながれトライ。三友ゴール不成功。(0-5)

11分 22m付近の相手スクラムターンオーバーからゴール前連続攻撃。最後は、FB五郎丸がインゴールにキックで転がしたボールにWTBハビリが押さえトライ。五郎丸ゴール成功。(7-5)

14分 連続攻撃後の10mラックからBKに供給されたボールをSO橋野がヤマハディフェンスのミスマッチを突いてディフェンス裏に抜け出しトライ。三友ゴール成功。(7-12)

25分 22m外ラックでキヤノンNo.8アダム・トムソンのオフサイド。五郎丸が左中間からPG成功。(10-12)

33分 キヤノンラックでのオフサイドの繰り返しでPR城シンビン。

37分 10m内のラインアウトからサインプレーSO大田尾からブラインドサイドから走りこんだWTB伊東につなぎ、そのままトライ。五郎丸ゴール成功。(17-12)

<ハーフタイム>

後半ヤマハK.O.

 3分 ゴール前ラインアウトからBK左展開、FB五郎丸がトライ。五郎丸ゴール成らず。(22-12)

 

 7分 ゴール前ラックでキヤノンのオーバーザトップ。五郎丸PG成功。(25-12)

 

15分 22mラックでキヤノン故意のオフサイドでFL嶋田シンビン。五郎丸PG成功。(28-12)

17分 キヤノン故意の反則でCTBベネットシンビン。

28分ゴール前スクラム押し込み、アドバンテージをもらった後にBK展開。WTBハビリが左サイド飛び込みトライ。五郎丸ゴール成らず。(33-12)

37分 ゴール前ラインアウトのボールが乱れるもラックサイドを突いてLO宇佐美トライ。原田ゴール成功。(33-19)

<ノーサイド>

メンバー発表のときに、4トライのボーナスよりもまずは勝つことにこだわり、手堅い試合運びをすべきと書きましたが、その通りの試合展開でした。

後半に五郎丸が決めたPG2本がボディブローとなり、キヤノンの戦意を削ぎ落とすカタチになったと思います。

結果、

・終盤にダメ押しの4トライ目でボーナスポイント獲得
・五郎丸選手の得点王(PGでの加点もあり)
・Bグループ首位通過(神戸製鋼が負けたことにより)

と万事うまくいきましたね。^ ^

グループリーグの結果により、LIXILカップの初戦は、NTTコムと対戦。

この日のような試合運びで、トーナメントを勝ち上がっていってほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門21位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »