« D-Sports vol.9 1-2月号 | トップページ | Sunwolves に山本(幸)選手、矢富選手加入! »

2015年12月20日 (日)

今シーズンの課題を露呈…。 第6節 神戸製鋼戦

Img_7476          後半37分 FWで意地のトライ!


トップリーグ 第6節
12月19日(土)13:02K.O.
於:ヤマハスタジアム
天候:晴れ/弱風
レフリー:久保 修平

ヤマハ発動機ジュビロ 14-43 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
       前       半   
 019
               後       半   
1424

まだ録画した試合を見返していませんので、現場で観た印象ですが…。

FWからBKへの連携がイマイチで、矢富不在の影響がモロに出てしまったな…という感じです。

さて、矢富の出場停止の原因となるプレーですが、ドコモ戦のVTRを観ると、後半25分のラックからの球出しで、横たわったままのドコモの選手を避けようとジャンプしながら球出ししたら着地点に相手の手があっただけのように見えますが、今のルールでは現象だけで判断されるから致し方なし?

終わったことですし、強制的に休養させられたと思って、キヤノン戦にはベストパフォーマンスを見せてほしいと思います。

池町の擁護をするわけではありませんが、火曜(15日)の練習を見た限りでは、矢富スタメン、吉沢控えの布陣での練習をしてましたし、池町は前節の影響もあり別メニュー調整でした…。それだけチームにとっても『寝耳に水』的な裁定であったと思われます。

水曜(16日)の報道のみ公開の練習で合せられていなければ、ぶっつけ本番のスクランブル状態だったので、多少の連携ミスはしょうがないと思います。
こちらの想定以上に合ってませんでしたが…。チームにも動揺があったのでしょう。

FWもセットプレー(特にラインアウト)での安定がなく、接点でも差し込まれてしまい、SHに余計な負担をかけてしまっていました。

前半早い段階で、BKラインのディフェンスの要のCTB宮澤が交代してしまったことも響きました。
今季はずっと外側のスペースにまわされての失トライが多かったのですが、前に出たタックルで相手のアタックを分断する役目の宮澤がいなくなったことで、余計に外のスペースを自由に使われてしまいました。またBK選手のやりくりにも影響が出ました。

どこが悪かったというより、これらの悪い要素が複合的に出てしまった。ということでしょう。

たらればですが、前半開始早々のゴール前のチャンスで取り切れなかったこと、後半早い段階で得た10m付近中央のペナルティでPGを狙っていれば、もう少し流れを持ってこれたかな? という思いはありますが、試合の勝敗を覆す結果にはならないでしょうね。

まあ、負けるときはこういうもの。率直に神鋼のパフォーマンスを讃えたいと思います。

ただ、ヤマスタを埋めた12842人の観客の前で、悪いなりにも、試合を白熱させるだけの修正する力が欲しかった・・・。

神鋼とはLIXILカップでもう一度対戦する可能性があります。

『1週間というゲームのサイクルでは、相手チームへの対応策より、自分たちのやるべきものをやるほうが大事になりますから、リーグ戦では、さほど相手の嫌なことをするというプレーは出ないんです。プレーオフはまた別で、時間があるので、相手チームについての研究はしますね。』 (D-Sports 1,2月号より)

という清宮監督の言葉を信じて、昨年と同じようにリベンジを果たすことを期待します。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

|

« D-Sports vol.9 1-2月号 | トップページ | Sunwolves に山本(幸)選手、矢富選手加入! »

コメント

レポートありがとうございます。
テレビ観戦でしたが、
以下の点について、ただただ歯がゆかったです。

1.主力選手の離脱と不調。ピンチヒッターの池町選手は、やはり怪我で本調子でないと見受けられました。いつもと比べて、パス供給のスピード、精度もいつもの池町選手ではなかったと思います。中園選手も、最初のキックミスを引きずったのか、精彩を欠いたと感じます。
2.ラインアウトの不安定さ。風と高さによるプレッシャーで、低い成功率になってしまいましたね。。
3.後半スクラムの不安定さ。ここを突破口にできるかと思ったのですが、圧倒していた前半メンバーを、後半早々に下げてしまい、後半はやや盛り返されてしまったので、もう少し引っ張っても良かったと思いました。

こうみると、不運な要素が重なったものの、噛み合えば勝てる要素はあったような気がします。リクシルカップでは、去年のようにリベンジを期して欲しいものです。

まずは、次のキヤノン戦でリベンジを果たして欲しいです。

投稿: しげお | 2015年12月21日 (月) 01時07分

昨年は、神鋼戦の大敗からチームは覚醒しました。

今年もそれを期待したいですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2015年12月21日 (月) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/62906068

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズンの課題を露呈…。 第6節 神戸製鋼戦:

« D-Sports vol.9 1-2月号 | トップページ | Sunwolves に山本(幸)選手、矢富選手加入! »