« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月26日 (木)

日本選手権 決勝 サントリー戦メンバー発表!

日本選手権 決勝 サントリー戦のメンバーが発表になりました。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.中園 真司 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.加藤 圭太 17.岸 直弥 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.山路 和希 21.池町 信哉 22.シアレ・ピウタウ 23.ハビリ ロッキー

スタメンは不動の15人。

リザーブは、ポッティーが外れて山路が名を連ねました。

前の試合で膝のあたりを気にしていたので、もしやと思いましたが残念。
でも、誰が出てもパフォーマンスが変わらないように準備をしておくのは当然の責務。
山路、そして周りの選手がそれを補うパフォーマンスをしてくれるはず。

その時点のベストメンバーで試合に臨むのが、相手チームに対する礼儀ですので、

『○○が出なかった(出さなかった)から負けた。』
『メンバーを落としたから負けた。(ベストメンバーだったら勝てていた。)』

とかいう言い訳をするような某チームのようには、なりたくないものです。^ ^

今シーズンのラグビーシーンの締め括りに相応しい好ゲームを期待したいと思います。

清宮体制になって、まだ公式戦で勝てていないのはサントリーだけ。
最後の相手が清宮監督、慎さんの古巣というのも何かの巡り会わせでしょうか?

ラスボスを倒しての日本一!

期待が高まります。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

東芝3タテでトップリーグの威厳示す! 完勝の日本選手権・準決勝 東芝戦

Photo         幻のトライ! CTB宮澤

日本選手権・準決勝
2月22日(土)13:10K.O. 
於 :近鉄花園ラグビー場
天候:くもり/ 弱風
レフリー:大槻 卓

ヤマハ発動機ジュビロ 21- 9 東芝ブレイブルーパス
2T1G3PG                3PG
                      
 (前    半)         
 9
 (後    半)       
14- 

本日の職場での会話でもラグビーが話題に…。(腐っても(ry、NHKの影響はすごいね。)

そのやり取りで、昨日の試合をひとことで表すと、 『やいやいな試合』 。(笑)

『やいやい』とは、遠州弁で、ニュアンス的には、『えらい目にあった』とか『やらかした』とかいうときに使われるみたい。

なので、
前半8分のCTB宮澤のトライが認められなかったのも『やいやい』だし、
FB五郎丸の2つのノックオンも『やいやい』だし、
LOデュークがハイタックル喰らったのも『やいやい』…。(苦笑)

そんな状況の中でも気持ちを切らさず鉄壁のディフェンスで東芝を粉砕できたのは喜ばしいところ。

まぁ間違っても、大学相手に後半走り負けるようなチームがファイナリストになってしまっては、トップリーグの地位が下がってしまいますので。

試合経過としては、序盤から素早い展開で仕掛けるヤマハ。前半8分、WTB伊東の突破でディフェンスラインの裏に抜け出し、宮澤につないでゴールライン手前でタックルを受けるもインゴールに飛び込んでトライと思われたプレーが、まさかのダブルモーション…。
(あとでVTR見返しましたが、あれがなぜダブルモーションなのか不明…。あれがダブルモーションなら、タックル後にラックで味方にボールをみせるプレーとかすべてアウトでしょ!)
そこで序盤の勢いをそがれ流れは東芝に。17分、25分にPGを決められ0-6とリードを許す展開。

ヤマハの反撃は前半30分から、連続攻撃でゴール前に攻め込むと、ラックからSH矢富が角度を付けて走りこんできたFLモセにボールが渡りトライ!ゴールも決まり7-6と逆転。

前半終了間際、自陣ゴール前でのスクラムでコラプシングを取られ、PGで再度逆転されるも風下の前半を7-9と僅差で折り返す。

後半は、13分にFB五郎丸とLOデュークのゲインから自陣から一気に相手ゴール前に迫り、フォローのSO大田尾につないでトライを奪い、再々逆転!

その後は、フィジカルで勝るヤマハがペースを握り、トライこそ奪えなかったものの相手の反則を誘い21分、32分、37分と五郎丸の3PGを追加して、21-9と東芝をノートライに抑える完勝!

東芝の冨岡HCは『フィジカルで負けていなかった』といっていたようだけど、グラウンドに横たわるのはみんな東芝の選手のようでしたが…。(笑)

スクラムも三上、湯原、浅原の3人、文句言い過ぎ。職人は黙ってスクラムを組むべし。
上手くいかないことの言い訳ばかりで相手に責任転嫁しているようでは職人とは言わんし…。

それに、先に膝ついてるの湯原だし、首抜いてるの三上だし、落としているの浅原ですから。(スクラム全然互角じゃないよ)

Img_4216_2          前半最後のスクラム。先に落ちてる(下になっている)のは・・・sign02
Img_4323_2          ラックじゃなくてスクラムだったはず・・・。その1

Img_4639_2          ラックじゃなくてスクラムだったはず・・・。その2

文句を言わずに後半修正してきたFW1列は、まさに縁の下の力持ち、影の功労者。

レフリングに文句を言うのは、スタンドのおじさんに任せておきなさい。(爆)

さぁ、これで決勝へ…。

相手は、サントリー。清宮体制になってから公式戦では勝ちのない相手ですが、2ndステージは雨で力を出し切れない中での僅差での敗戦。しっかりリベンジしてタイトルを奪取してほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月21日 (土)

日本選手権 準決勝 東芝戦メンバー発表!

日本選手権 準決勝 東芝戦のメンバーが発表になりました。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.矢富 勇毅 10.大田尾 竜彦 11.中園 真司 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.加藤 圭太 17.岸 直弥 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.デウォルト・ポトヒエッター 21.池町 信哉 22.シアレ・ピウタウ 23.ハビリ ロッキー

スタメンは不動の15人。

リザーブには、リハビリからの復帰組が4人(八木下、ポッティー、池町、ロッキー)名を連ねて、充実のラインアップ。

彼らがこの終盤にきてメンバー復帰を果たせたのは、チームをここまで(プレーオフ準優勝)導いてきたほかのメンバーの頑張りがあってのこと。

それを胸に刻んで100%力を出しきることで、最高のパフォーマンスを発揮してくれることを期待します。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門15位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

選手権メンバー入りへ猛アピール! 練習試合 クボタスピアーズ戦

Img_3545_2         ポッティー、金髪なびかせ復帰戦!


2月 7日(土)13:00K.O.
於:ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロB 3119 クボタスピアーズ
5T3G 3T2G

前    半          1212
後    半          
19- 

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.仲谷 聖史 2.岸 直弥 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.八木下 惠介 6.デウォルト・ポトヒエッター 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.池町 信哉 10.曽我部 佳憲 11.ハビリ ロッキー 12.川原田 徹 13.井本 克典 14.藤井 達也 15.山本 将太

リザーブ:
青野 天悠、ウヴェ・ヘル、大山 晋弥、青木 元洋、粟田 祥平

【クボタスピアーズメンバー】
1.手塚 洋成 2.後藤 満久 3.岩爪 航 4.鈴木 康太 5.今野 達朗 6.田村 玲一 7.フィナウ・フィリペ 8.アランド ソアカイ 9.茂木 隼人 10.森脇 秀幸 11.鈴木 貴士 12.立川 理道 13.アイザイア・トエアバ 14.阿部 博典 15.宮田 拓哉

リザーブ:
16.タキタキ・エロネ 17.荻原 要 18.古賀 太貴 19.四至本 侑城 20.青木 祐樹 21.萩澤 正太 22.稲橋 良太 23.キーガン・ダニエル 24.アンダーソン・ネーサン 25.吉田 真吾 26.柴原 英孝 27.内田 啓太 28.高橋 拓朗 29.伊藤 有司 30.望月 諒

前半 クボタK.O.

 5分 ゴール前10mでの1stスクラムでフリーキックを得ると、タップキックから素早く左BK展開、WTBハビリが左スミトライ。曽我部ゴール成らず。(5-0)

19分 ゴール前の攻防でペナルティ。タッチキックからラインアウト、モール押し込まれトライ。ゴール成らず。(5-5)

28分 ゴール前ラインアウト、投球が後ろに抜けるもフォローの選手がキャッチ、そのまま間を抜けてトライ。ゴール成功。(5-12)

41分 自陣ゴール前から展開、WTBハビリが10m付近ボールを受けるとライン際相手タックルを3枚かわして敵陣へ入ると、22m付近でフォローのEB山本につないでトライ。曽我部ゴール成功。(12-12)

<ハーフタイム>

 2.岸OUT → 大山IN
 4.斉田OUT → ウヴェIN (八木下がLO4、ウヴェがLO5へ)
 9.池町OUT → 青木IN
15.山本OUT → 粟野IN

*HOに大山が入ったことにより、後半はスクラムノーコンテスト。

後半 ヤマハK.O.

 2分 ハーフウェイ付近からSO曽我部がハイパント、22m付近でFB粟野が長身を活かして競り合うと、タップしたボールがLOウヴェの胸に入り、そのまま走り切ってトライ。曽我部ゴール成功。(19-12)

 6分 ラックからの球出しを妨害してクボタの選手シンビン。

13分 ゴール前スクラム、SH青木からブラインドから走りこんできたWTBハビリにパスアウト、そのままディフェンスの間を抜けトライ。曽我部ゴール成功。(26-12)

14分 5.八木下OUT → 青野IN
    11.ハビリOUT → 山本(将)IN

    
19分 ウヴェOUT → 斉田IN

25分 22m外ラックからSOがキックパス、右スミにトライ。ゴール成功。(26-19)

26分 1.仲谷OUT → 岸IN

39分 22m付近ラックからパスアウトしたボールを受けたSO曽我部がDG狙うも外れる。

41分 ペナルティからタッチキックでゴール前ラインアウト。モールを押し込み、No.8松本トライ。曽我部ゴール成らず。(31-19)

<ノーサイド> 

試合前、クボタ石倉監督に話を伺ったところ、『公式戦終了から入れ替え戦まで1か月間が空いてしまうので、前半40分はレギュラークラスで臨みます。』と言っていた通り、前半はクボタはガチメンバー。それに対して控えメンバー中心のヤマハがどの程度対抗できるか?が焦点となった試合。

内容的には、ブレイクダウンでは、ヤマハの各選手がしっかりと体を張って、クボタに対して互角以上の展開。ただし、Bチームは試合から2か月半遠ざかっていたこともあり、ポジション取り、連携といった試合勘の部分に課題を残しました。

(もう少しBチームの試合を組んでほしいところでしたが、今年の2ndステージは7週連続での公式戦があったのでしょうがないか…。)

それでもケガからの復帰組含め、選手権のメンバー入りに向け各選手がしっかりアピールしていました。試合後の選手たちの表情からもそれは受け取ることができました。

日本選手権制覇に向け、
更に成長したヤマハの姿が見れそうです。

クボタ石倉監督:
『ヤマハはBチームでしたがブレイクダウンが激しく、入れ替え戦に向け良いシュミレーションになりました。(クボタのチーム内に)緊張感をもう一度植え付ける意味でも良い刺激になったと思います。ヤマハさんと来年決着を付ける(1stステージは28-28の引き分け)ためにもトップリーグ残留したいと思います。』

トップリーグの一員として、クボタの入れ替え戦勝利も祈念させていただきたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

練習試合 クボタ戦メンバー発表!

明後日(7日)に行われるクボタスピアーズとの練習試合のメンバーが発表されました。

1.仲谷 聖史 2.岸 直弥 3.伊藤 平一郎 4.◎斉田 晃平 5.八木下 惠介 6.デウォルト・ポトヒエッター 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.池町 信哉 10.曽我部 佳憲 11.ハビリ・ロッキー 12.川原田 徹 13.井本 克典 14.藤井 達也 15.山本 将太

【リザーブ】
青野 天悠、大山 晋弥、青木 元洋、粟田 祥平

プレーオフファイナル直後なので、Bチームメンバーの編成ですが、PR仲谷、LO八木下、FLポトヒエッター、SH池町、WTBロッキーとリハビリからの復活メンバーが目白押し。

シーズンクライマックスの日本選手権に向けて、戦術の幅も広がりそうです。

相手のクボタは、釜石との入れ替え戦前の大事な一戦。

お互いにとって次につながる収穫ある試合になることを期待します。

練習試合

ヤマハ発動機ジュビロ vs クボタスピアーズ

2月7日(土)13:00K.O.

於:ヤマハ大久保グラウンド

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

クライマックスはここにあらず…。 プレーオフファイナル パナソニック戦

Img_1487_2
トップリーグ プレーオフ ファイナル
2月 1日(日)14:01K.O. 
於 :秩父宮ラグビー場
天候:晴れ/ 強風
レフリー:麻生 彰久

 

ヤマハ発動機ジュビロ 12-30 パナソニックワイルドナイツ
2T1G                  4T2G2PG
                      
 (前    半)        12-23
 (後    半)         0- 7

あと一歩及ばず、悔しい敗戦。

まだVTRを見返してはいないのですが、力でねじ伏せられたというよりも自分たちのラグビーをやり切ることができなかった(ミスが出てしまった)という印象…。

得点シーンは、前半8分のゴール前ラインアウトからモールを押し込みNo.8堀江が飛び込んだトライと、前半33分のゴール前スクラムで相手ペナルティのアドバンテージを得ながらバックスに展開、SO大田尾からWTB中園につないだトライの2つ。

この2本のトライは、セットプレーからヤマハが意図したプレーで完全にパナソニックのディフェンスを崩してのトライ。
選手たちの中には、こうすれば取れるというイメージが明確になっていると思いますので、あとはそれをどうやり切るか?

そこに至らず、大事なところでミスが出てしまうのも実力だし、運を引き寄せられなかったのも実力ではあるのですが、力負けではないので、この試合の修正ポイントを明確にして対応すれば、次はもっとできるはずです。

プレーオフでは頂点に一歩及びませんでしたが、まだチャンスはあります。

前日にSBSのみなスポでヤッツ(矢富選手)が『“物語”を完成させる。』ってコメントしていてウルッ weep てきたんだけど、ラグビーの神様が、『おいおい、焦るな。クライマックスはまだ先や…。』って言っているような気がします。coldsweats01

Img_1477
これまでも壁にぶち当たるたびに1つ1つ乗り越えてここまで来ました。
日本選手権では、さらに成長し強くなったヤマハのラグビー、その完成型を見届けたいと思います。

Img_1488
P.S.

今日の朝、会社行ったらいろいろ声掛けられました。みんな普通にラグビーを話題にしていて嬉しかったです。
当日、会場に行ったのは、一般のファンクラブ会員、社員含め、バス37台約2000人らしいのですが、強制的な動員ではなく、すべて自主的な応募ですし、遠方のため行かなかった人もTVの中継は見ていたっていう人が多かったです。

やっぱりチームが強くなれば、注目度もアップして盛り上がりますね。
日本選手権もたくさんの応援で選手の後押しをお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »