« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

モール不発!悔しい僅差敗戦 2nd第1節 サントリー戦

トップリーグ2nd第1節
11月29日(土)14:00K.O. 
於 :秩父宮ラグビー場
天候:雨のち晴れ / 微風
レフリー:松岡 辰也

ヤマハ発動機ジュビロ 12-16 サントリーサンゴリアス
4PG                    1T1G3PG
                      
 (前    半)          
13
 (後    半)          
- 

1stのパナソニック戦の5点差に続き、またもや昨年の4強に僅差負け…。

東芝のような似たようなスタイルのチームには勝てるようになってきましたが、パナソニック、サントリーという個人技のあるチームとやると…。まだ越えられない何かがあるんですかね?

組織的には、松島にやられたトライ以外には機能していたと思います。

スクラムも日本代表の2人のPR3に完全に押し勝っていたし、ラインアウトも相手ボールにはちゃんと絡んでいけたし、試合に向けていい準備はできていたと思いますが、マイボールラインアウトでモールを組めなかったのが響きました。

J-Sportsの放送でも『焦り』ということばが何度も出てきていました。

モール以外では、トライの匂いはしてこなかったので、モールがだめだった後にどうリカバリーしてトライを取り切るか?が今後の課題になってくると思います。

7週連続で駆け抜ける2ndステージで試合のインターバルで出来ることは限られてしまいますが、ちょっとぐらい崩されても動じない組織力をみせれるように、反復して練度を高めていってほしいと思います。

らをじて次戦へ立ち向かいましょう!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

トップリーグ2nd第1節 サントリー戦メンバー発表!

Photo          夏はスクラムでヤマハ圧勝! 首抜いたらアカンよ・・・。矢印の人。catface
            網走ラグビーフェスティバル2014より。 


いよいよ、ラグビートップリーグ 2ndステージ開幕!
第1節 サントリー戦のメンバーが発表になりました。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.小池 善行 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ・ロッキー 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.伊東 力 15.五郎丸 歩

16.加藤 圭太 17.岸 直弥 18.山村 亮 19.笠原 雄太 20.斉田 晃平 21.矢富 勇毅 22.ダン・ボーデン 23.中園 真司

1stステージ東芝戦からの変更は、スタメンでは、SH池町→小池のみ。
リザーブは、FWの交代枠が、仲谷→岸、BKの交代枠が、シアレ→ダンに変更となっています。(シアレ早く日本に帰ってきてや~。)

開幕からいきなり今後の2ndステージを占ううえで大事な一戦となりました。

夏の網走での雨中の対戦は、ヤマハの惜敗(5-7)でしたが、スクラムではヤマハに分があると思いますので、セットプレーの優位性を活かした試合展開に持ち込みたいところ。

グルジア戦を経験して、『テストマッチを戦うマインドを持ち続けて・・・』と公言しているからには、当然スクラムはガチンコ勝負してくれるでしょうからヤマハとしてみればやりやすくなるかなsign02

お互いのプライドをかけたガチンコスクラム勝負!
に期待しましょう。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門4位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

練習試合 ヤマハ発動機ジュビロvsホンダヒート

練習試合
11月22日(土)13:00K.O. 
於 :ホンダアクティブランド(鈴鹿)
天候:晴れ / 微風
レフリー:真継 丈友紀

ヤマハ発動機ジュビロB 1248 ホンダヒート
2T1G                     8T4G

                      

 (前    半)           1219
 (後    半)         
 029

【ヤマハ発動機ジュビロBメンバー】
1.岸 直弥 2.加藤 圭太 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.笠原 雄太 6.ウヴェ・ヘル 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.青木 元洋 10.曽我部 佳憲 11.徐 吉嶺 12.山本 将太 13.工藤 良麻 14.田中 渉太 15.粟田 祥平

リザーブ:青野 天悠、大山 晋弥、川原田 徹、藤井 達也

【ホンダヒート】*当日配布メンバー表より
1.大橋 幸平 2.天野 豪紀 3.金 光植 4.鎌田 祐太郎 5.塚本 篤志 6.川崎 大翔 7.小林 亮太 8.中田 晃司 9.山路 健太 10.小西 大輔 11.ホゼア・ギア 12.中田 裕人 13.レリア・マサンガ 14.森川 海斗 15.森田 諒

16.元 公法 17.西垣 友博 18.坂本 雄大 19.藤田 望 20.田中 貴士 21.後藤 駿弥 22.ヒュー・マクメニマン 23.川添 学 24.光安 俊貴 25.金本 航 26.リチャード・ブラウン 27.梁 永勲 28.中村 有志 29.生方 信孝 30.竹丸 貴仁 31.原島 知行 32.河出 晃佑 33.谷口 雄基 34.安岡 大貴

前半:ホンダK.O.

46秒 キックオフのボールを22m付近でキャッチすると、自陣からアタック。3次でCTB工藤のラインブレイクからWTB田中につないでトライ。曽我部ゴール成功。(7-0)

 3分 キックの応酬からヤマハが22m内に蹴りこんだボールをキャッチするとそこからランでリターン、10m付近でタックルかわすと、右ライン際を細かくつないでトライ。ゴール成功。(7-7)

 7分 ゴール前連続攻撃し、ディフェンスが薄くなったところで、右スミのラックから左に大きく展開して左スミトライ。ゴール成らず。(7-12)

11分 ペナルティからゴール前5mラインアウト。前に合わせてモールを組んで押し込むと、FLウヴェがサイドアタックしてトライ。曽我部ゴール成らず。(12-12)

35分 14.田中OUT → 藤井IN

44分 ゴール前中央ラックから縦に抜けだされトライ。ゴール成功。(12-19)

<ハーフタイム>

 4.斉田OUT → 青野IN
13.工藤OUT → 川原田IN
(左WTB 藤井、インCTB 川原田、アウトCTB 徐、右WTB 粟田、FB山本 にポジション変更)

後半:ヤマハK.O.

 1分 キックオフ、競ったボールがバウンドしてホンダの選手の胸に収まるとそこから左に展開してトライ。ゴール成功。(12-26)

 7分 6.ウヴェOUT → 大山IN

12分 1.岸OUT → 工藤IN
    (工藤がCTB、徐がWTB、藤井がPRへ)以降スクラムノーコンテスト

18分 ゴール前ラックから左展開してトライ。ゴール成功。(12-33)

23分 22m付近ラックをターンオーバーされるとそこから一気に攻め込まれトライ。ゴール成らず。(12-38)

24分 工藤、川原田OUT → 斉田IN 以降ヤマハ14人。
    (斉田がPR、山本がインCTB、徐がアウトCTB、藤井がWTB)

32分 自陣22m付近ラックをターンオーバーされ、そのまま縦に抜け出されトライ。ゴール成らず。(12-43)

41分 ゴール前ラインアウトからモールドライブ、モール崩れてラックになるもラックサイド突かれてトライ。ゴール成らず。(12-48)

<ノーサイド>

試合開始早々トライを取って幸先のいいスタートを切ったと思いきや、その後すぐにトライを献上するなど課題だったディフェンスが崩壊、前半こそ粘ったものの、後半はメンバーをそっくり入れ替えたホンダに対して為すすべなく完敗でした。
トップリーグ昇格へ向けチーム一丸となっているホンダと、試合に臨む姿勢の差が顕著に出たように思います。

ケガ人が出て、普段と違うポジションでプレーした選手もいるだろうけど、目の前の相手をタックルに行かないと…。
上体が高く手でつかみに行くようなタックルや、しがみつくようなタックルでボールを殺し切れていないのでことごとくつながれていました。

首脳陣からは、
『(メンバーからの訴えかけを感じるプレーは)何もなかった・・・。』

相手チームの選手(知り合い)からは、
『ヤマハ元気なかったですね。身体はデカくなっているように見えたけど、迫力は感じなかった。』

コーチは、フィットネスやスキルを高めるトレーニングの手伝いはできるけど、最後の仕上げとしてプレーに魂込めるのは選手たち自身。

その魂を感じられなかったのが残念です。

対するホンダは、トップウェストの公式戦終了後、
12月に14日 サントリー(府中)、21日 NTTコム(市川)、28日 トヨタ(豊田)と
練習試合を予定しており、トップチャレンジに向け例年以上の力の入れよう…。

同じ関西リーグ出身として、トップリーグ昇格を祈念しております。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

練習試合・ホンダヒート戦 メンバー発表!

2          昨年10月の練習試合(大久保G)より。デューク、体の線細いな…。


11/22にホンダアクティブランド(鈴鹿)で行われるホンダヒート戦のメンバーが発表になりました。

ヤマハはBチームでの編成、ここからトップリーグ2ndステージに向けて台頭してくる選手が出てくることに期待します。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.岸 直弥 2.加藤 圭太 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.笠原 雄太 6.ウヴェ・ヘル 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.青木 元洋 10.曽我部 佳憲 11.徐 吉嶺 12.山本 将太 13.工藤 良麻 14.田中 渉太 15.粟田 祥平

リザーブ:青野 天悠、大山 晋弥、川原田 徹、藤井 達也

練習試合

11月22日(土) 13:00K.O.

ヤマハ発動機ジュビロ vs ホンダヒート

於:ホンダアクティブランド

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

あれから5年・・・。

Ookubo_2
あの日から5年経ちました・・・。

2009年11月16日、ヤマハ発動機ジュビロの『プロ契約廃止』による事実上のチーム活動の縮小が正式に発表されました。

幸いにもチームはその後、立て直すことができましたが、5年経つと、当時のことを知らない関係者、ファンも多くなってきていると思います。
(選手も1/3ほどになってしまいました・・・。)

でも、いま与えられている環境は、決して当たり前のものではありません。

当時を知るものは、自戒し語り継ぐ

当時を知らないものは、今ラグビーをできる(応援できる)ことを感謝する

そして、この環境を守っていくことが必要だと思います。

当ブログの過去記事もあわせてお読みいただけると幸いです。

過去記事

ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止 (正式発表)

ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止報道 (その後)

ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止報道 (その後2)

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

練習試合 ヤマハ発動機ジュビロvs早稲田大学

W1_2          貫録のスクラムトライ(認定トライ)

練習試合
11月15日(土)12:00K.O. 
於 :ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ / 微風
レフリー:真継 丈友紀

ヤマハ発動機ジュビロ 79 
13T7G                 
                      
 (前    半)         
39- 
 (後    半)       
40- 

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】

前半:
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.山路 和希 8.堀江 恭佑 9.小池 善行 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ・ロッキー 12.工藤 良麻 13.宮澤 正利 14.中園 真司 15.伊東 力

リザーブ:山村 亮

後半:
1.岸 直弥 2.加藤 圭太 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.笠原 雄太 6.ウヴェ・ヘル 7.大山 晋弥 8.松本 力哉 9.青木 元洋 10.曽我部 佳憲 11.藤井 達也 12.山本 将太 13.徐 吉嶺 14.田中 渉太 15.粟田 祥平

リザーブ:青野 天悠

【早稲田大学メンバー】*当日配布メンバー表による
1.高橋 俊太郎 2.清水 新也 3.佐藤 勇人 4.大峯 功三 5.桑野 詠真 6.布巻 峻介 7.加藤 広人 8.佐藤 穣司 9.岡田 一平 10.小倉 順平 11.本田 宗詩 12.飯野 恭史 13.勝浦 秋 14.荻野 岳志 15.黒木 健人

リザーブ:菅野 卓磨、千葉 太一、千葉 巧也、池田 良、仲元寺 宏行、平野 航輝、浅見 晋吾、深津 健吾、盛田 志、滝沢 祐樹

前半 早稲田K.O.

4分 ゴール前15mラインアウト、モール形成と思ったら早稲田が中に入らなかったので押し込めず。近場をFWで数回突いた後、BKに展開、CTB工藤がトライ。大田尾ゴール成功。(7-0)

13分 ゴール前ラックで早稲田ペナルティ。スクラムを選択するとスクラム押し込み早稲田スクラム崩壊し認定トライ。大田尾ゴール成功。(14-0)

22分 10m付近のスクラムからBK展開。連続攻撃でゴール前に迫ると、SO大田尾がディフェンスの整わない左ライン際にキックパス、LOデュークがトライ。大田尾ゴール成らず。(19-0)

23分 3.田村 → 山村

29分 ハーフウェイ付近スクラムからNo.8堀江がブレイク、8-9-15とつないでゲインライン突破、2次でセンタークラッシュした後の3次でWTB中園がライン際ディフェンス裏に抜けるとCTB宮澤につないでトライ。大田尾ゴール成らず。(24-0)

35分 22m付近スクラムからNo.8堀江ブレイクして前に出てラックにすると、そこから順目に素早く展開、CTB工藤の外にフォローしたFLモセにつないでトライ。大田尾ゴール成らず。(29-0)

38分 早稲田BKライン展開時のパスミスから、WTB中園がボールを奪うと、WTB中園-CTB宮澤-LOデューク-WTB中園とパスを細かくつないでトライ。大田尾ゴール成らず。(34-0)

40分 キックオフリターンで、WTBハビリが大きく前に出るとFWに渡してラック、そこから右に展開、細かくボールをつなぎ、HO日野からNo.8堀江にラストパス、右中間トライ。大田尾ゴール成らず。(39-0)
W              
ハビリ絶好調!

<ハーフタイム>

後半 ヤマハK.O.

46秒 キックオフのボールを競り合いからキープすると2次でSO曽我部がラインブレイクしてラック、順目に展開してWTB田中トライ。曽我部ゴール成功。(46-0)

 9分 10m付近ラックから右展開、WTB田中がライン際を前に出るとLO斉田につないでトライ。曽我部ゴール成らず。(51-0)

11分 ヤマハ自陣からBKに展開するもパスをインターセプトそのままトライ。ゴール成功。(51-7)

17分 10m付近中央SO曽我部からCTB徐へのキックパスが通るとそのままトライ。曽我部ゴール成功。(58-7)

21分 7.大山 → 青野 (斉田がFL,青野がLOへ)

25分 10m付近 SO曽我部が相手ディフェンス裏にショートパント、自分でキャッチすると、BK右展開しWTB田中トライ。曽我部ゴール成功。(65-7)

31分 4.斉田 → 大山 (大山そのままFLへ)

32分 22m付近でパスを受けたFLウヴェが突進、ディフェンス3枚なぎ倒してそのままトライ。曽我部ゴール成功。(72-7)
W2_2               
ウヴェの容赦ないぶちかまし! からのトライ!!

37分 22m外ラックからBK展開、SO曽我部が仕掛けてディフェンス裏に抜けるとCTB徐につないでトライ。曽我部ゴール成功。(79-7)

W3              ブンタ無難に?慣れないCTB、慣れないパス…。

42分 早稲田連続攻撃から左ライン際WTB同士の1対1でタックルかわしてトライ。ゴール成功。(72-14)

<ノーサイド>

試合は前半からヤマハが早稲田を圧倒したものの、どちらにも緊張感が感じられない大味の試合展開だったように思います。
先週明治大学相手にディフェンスが今一つだったようで、ディフェンスの修正具合を確認したいというヤマハ首脳陣の思惑はあったようですが、早稲田が攻めてこない(ボールを持ってもキックしたり消極的の)ため観ていても何かモノ足らない感じで不完全燃焼。
せっかくトップリーグと対戦するのだから学生ならではのアグレッシブさがほしかったと思います。

ヤマハ側は、セットプレーやブレイクダウンでいつものトップリーグのチームと勝手が違うので、選手も戸惑っていた?
試合の入りからどことなく締まりが感じられず、こちらもいいんだか悪いんだか…。
失点までには至ってないけど、不用意に走らせてしまったりする場面が何度かあったのでまだ少し修正が必要かなと思います?(2本のトライも余計でしたけどね。。。)

来週は鈴鹿でホンダヒート戦。

2ndステージ前の最後の試合となりますので、コンディションを高めて行ってもらいたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

スクラムジュビロ Vol.14 &ホーム戦チラシ

 

Scrum_jubilo001
本日、ヤマハラグビーファンクラブよりスクラムジュビロが届きました。

表紙に『前進』とありますが、前進=Go forward ということで・・・?
今回はフォワード特集

・第1列の幸輝、日野、でんさんのスペシャルインタビュー
・LOの笠原、斉田、大戸、青野の座談会  などなど

そのかわり、ヤマハコーチによるラグビールール解説は、FWコーチの慎さんがクビで今回から堀川BKコーチが担当・・・。^ ^;

詳細は、誌面でご確認を!

Tirashi001
そして、2ndステージ、ホーム戦のチラシも完成!

トップリーグ休止期間中なので、積極的な情報発信はありがたいですね。
(Blog的にもネタが尽きないので助かります。^ ^)

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

練習試合・早稲田大学戦メンバー発表!

Vs_waseda          昨年の練習試合の模様

11/15(土)にヤマハ大久保グラウンドで行われる早稲田大学戦のメンバーが発表になりました。

今週は、前後半でメンバー総とっかえ。
学生相手、しかも40分と短い出場時間なので、集中して力の差を見せつける内容を期待します。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】

前半:
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.デューク・クリシュナン 6.モセ・トゥイアリイ 7.山路 和希 8.堀江 恭佑 9.小池 善行 10.大田尾 竜彦 11.ハビリ・ロッキー 12.工藤 良麻 13.宮澤 正利 14.中園 真司 15.伊東 力

リザーブ:山村 亮

後半:
1.岸 直弥 2.加藤 圭太 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.笠原 雄太 6.ウヴェ・ヘル 7.大山 晋弥 8.松本 力哉 9.青木 元洋 10.曽我部 佳憲 11.藤井 達也 12.山本 将太 13.徐 吉嶺 14.田中 渉太 15.粟田 祥平

リザーブ:青野 天悠

練習試合

11月15日(土) 12:00K.O.

於: ヤマハ大久保グラウンド

ヤマハ発動機ジュビロ vs

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢富 勇毅 ルーマニア戦でJAPAN復帰へ!

Jrfu          写真はJRFU公式HPより

欧州遠征中のラグビー日本代表のルーマニア戦のメンバー発表がなりました。
(11/15 16:00K.O.ルーマニア・ナショナルスタジアム)

CTB12 マレ選手、FB 五郎丸選手に続き、リザーブ(背番号21)ですが矢富選手がメンバー入り。

矢富勇毅選手コメント

「日本代表入り自体も久しぶりだったが、試合に出ていないと日本代表の一員になれていない気がしていた。マオリ・オールブラックスとの2試合を見ていて、チームの成長に自分が置いて行かれた感じがしていたが、ジョーンズHCからはコンディションを整えるように言われていたので、切り替えてやっていた。今回チャンスをもらったので、素直に嬉しい。この数年で苦しかったり色々な経験をし、この日本代表入りを目標にやっていたので、初キャップやラグビーワールドカップに出場した過去よりも、個人的には今回の試合の方が日本代表というプライドや重さを感じている。メンバーとしてみんなと整列して国歌を歌えるというのは、やっと戻って来ることができたという実感が沸く」

復活への第一歩。
アウェーの地で存在感を十分に示してほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

日野 剛志@ジュビロキッズ

Hino001
ちょっと情報古いかもしれませんが・・・sweat01 (入手したのは今日です。sweat02

ジュビロキッズ10月号にヤマハ発動機ジュビロの日野選手が登場!

内容は小学生向けですが、コツコツ努力することの大切さを語ってますよ。

ご希望の方は、ららぽーとや磐田市関連施設で入手できると思います。

Hino003 Hino002

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

2ndステージに向けて…。

Img_1346_2
トップリーグ2ndステージに向けて、ヤマハ発動機ジュビロの新しいポスターが完成したのでもらってきました。

ヤマハスタイルを 貫き極めて、TOP4の壁を 越えて いって欲しいと思います。

Members001
ポスターと共にポケットサイズの選手名鑑もリニューアル。
毎年、春シーズン、トップリーグ前半戦、トップリーグ後半戦と3パターン作成されていますので、新版も忘れずにゲットしてくださいね。

Members002
中面には、2ndステージの日程と共に、プレーオフ、ワイルドカード、日本選手権の日程も掲載されています。

ファイナリスト目指して心ひとつにして戦いましょう!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

日本代表vsマオリオールブラックス@秩父宮

リポビタンDチャレンジカップ2014
11月8日(土)14:00K.O.

於 :秩父宮ラグビー場
天候:くもり / 微風
レフリー:アンガス・ガードナー(ARU)

日 本 代 表 18-20 マオリ・オールブラックス
2T1G2PG        3T1G1PG
                      
 (前    半)
  515
 (後    半)
13 5

結果だけをみるとマオリ相手に大接戦の好ゲームなんですが、試合内容的には、マオリのセットプレーの精度が悪すぎ…。ラインアウト取れない。スクラム崩壊…。これではマオリといえどもゲームは作れませんね。結果として、マオリの一流のアタックを期待して訪れたファンにとっては、マオリがボールを持つ機会が少なく物足りなさを感じる試合でした。

一方の日本代表。相手をここまで追い詰めたのは立派ですが、勝ち切るにはまだまだ何か足らないということでしょう…。W杯本番での勝利も簡単には手に入りません。この日のゲームを教訓にもっと精進してほしいと思います。

先制機でPGを狙わないなど、神戸の一戦でマオリのFWの圧力をあまり感じなかったが故の選択なのでしょうが、ティア1クラスはそんなに簡単にトライを取らしてはくれません。まずは3点ずつ刻んででも確実に得点を重ねることが大事だと思います。
エディーが『試合前に勝ちに行く』といっていた割には、この辺に勝負へのこだわりは感じられませんでした。

対して、マオリは、『負けは許されない。』という勝負にこだわる姿勢が、最後のトライシーンに表れていたと思います。

マオリは2人がかりでボールキャリアをタッチに出すと、すぐにボールをもぎ取りクイックスロー、そのときには大外に何人も走りこんでいて完全に人数を余らせていました。
敵陣深い位置だったので日本のディフェンスが戻り切れていないということが感覚的にわかるんだろうなぁ。そのときどきのシチュエーションで全員の意思統一ができているのはさすが。

このとき日本代表は、タッチに出たことで『ラインアウトで仕切り直し』という隙ができてしまいました。ボールキャリアの選手も安易にボールを渡してしまいましたが、ボールを抱え込むなどして1秒でもプレーを遅らせるという意識を働かせないといけなかったと思います。

ただ、この辺は経験を積むしかないんでしょうね。
今後も2015、そして2019のW杯に向けて、今後も高いレベル相手とのマッチアップを期待したいと思います。

金星は、W杯本番にとっておくということで・・・。

P.S.
上空が厚い雲で覆われていて試合の写真はあまり撮れず…。

2
でも試合前にタブスと写真撮れました。
アップ前にグラウンドに出てきたところにスタンドから声を掛けたら、スタンドの上まで上がってきてくれました。ウチらのこと覚えてくれていてよかったです。

S0092033_2
それと桜のマークをまとったヤッツ。試合前のイベントに参加してました。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

練習試合・明治大学戦メンバー発表!

明日、11/8に行われる明治大学戦のメンバーが発表されました。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.岸 直弥 2.加藤 圭太 3.伊藤 平一郎 4.斉田 晃平 5.笠原 雄太 6.ウヴェ・ヘル 7.山路 和希 8.松本 力哉 9.小池 善行 10.曽我部 佳憲 11.藤井 達也 12.ダン・ボーデン 13.井本 克典 14.粟田 祥平 15.山本 将太

リザーブ:
山本 幸輝、山村 亮、青野 天悠、大山 晋弥、青木 元洋、工藤 良麻、徐 吉嶺、田中 渉太

大学チーム相手ということでBチーム編成ですが、2ndステージに向けてアピールを存分にしてもらいたいと思います。

P.S.
残念ながら、この試合は観戦できませんのでレポートなしです。
(マオリABs戦観戦のため秩父宮に行ってきます。)

誰かメンバー表を余分にもらっておいてください。。。^ ^;

Photo タブスに逢えるといいなぁ・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

2019ラグビーワールドカップ開催立候補は14自治体

2019ラグビーワールドカップの開催に立候補した14の自治体が発表されました。

・札幌/札幌ドーム     41,484人
・釜石/釜石鵜住居復興   15,000人(予定)
・仙台/仙台スタジアム   19,694人
・熊谷/熊谷ラグビー場   24,000人
・東京/新国立競技場    80,000人(予定)
・静岡/エコパスタジアム  50,889人
・豊田/豊田スタジアム   40,000人
・京都/西京極陸上競技場  20,588人
・東大阪/花園ラグビー場  30,000人
・神戸/御崎公園球技場   30,132人
・福岡/博多の森球技場   22,563人
・長崎/長崎県立陸上競技場 20,246人
・熊本/熊本県民陸上競技場 32,000人
・大分/大分総合競技場   40,000人

この中から当初の予定だと10~12都市が選出される見込みです。

ちなみに各会場のランクは以下の通り。

開幕戦・決勝戦 (60,000人以上) 新国立
プールA規模  (40,000人以上) 札幌、静岡、豊田、大分
<以上ホスト国や強豪国の開催規模>
プールB規模  (20,000人以上) 熊谷、西京極、花園、神戸、博多、熊本、長崎
プールC規模  (15,000人以上) 釜石、仙台

ちょっと、プールA規模が少なすぎる…。サッカーW杯の会場だった以下の会場(プールA以上)が軒並み開催立候補見送りとなっているのが気になります。事前の根回しはしなかったんでしょうか?

宮城スタジアム 49,133人 (仙台スタよりはアクセス悪いけど…)
鹿嶋スタジアム 40,728人 (トップリーグの試合したことあるのに…)
埼玉スタジアム 63,700人 (インゴール確保の改修要?)
横浜国際競技場 72,327人 (インゴール確保の改修要?)
新潟スタジアム 42,300人 (ちょっと知事がゴニョゴニョゴニョ…。^ ^;)
長居陸上競技場 47,000人 (花園との絡みはあるけど、本命は長居だと思ってた…。)

それと、東京スタジアム(味スタ 49,970人)も…。

このまま立候補を尊重した選定で、観客動員を2011大会並みの150万人確保しようとすると、

プールA以上:27試合X平均40000人=1080,000人
プールB以下:21試合x平均20000人=420,000人

新国立とプールAの4会場はほぼ確定か。(各会場5試合、新国立は+開幕&決勝)
プールB以下から7会場(各会場3試合ずつ)

ざっくり、こんな感じ?

でもこれだと満席に近い数字たたき出す必要があります。(非常に厳しい)
会場選定にキャパが重視される可能性は十分考えられます。

釜石: 新設&キャパ少ない
仙台: 条件付き立候補&キャパ少ない
西京極: 地域性(大阪・神戸が近い)&キャパ少ない
長崎: 地域性(九州4か所)&キャパ少ない

が危ないかなぁ?
 
せっかく立候補していただいたので、もし落選しても一緒に盛り上がりたいですね。
キャンプ地として活用してもらうなど、ラグビーとの関係は保てるように配慮してもらいたいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

堀江恭佑@Spopre Vol.135

Horie001
Spopre Vol.135 をゲットしてきました。

B5の紙面を見開き使って、日本代表にも選ばれている堀江 恭佑選手のインタビューが掲載されています。

堀江選手も中学までは相撲をやっていたとか、ヤマハ入団の経緯などを語っていてなかなか読みごたえのある内容でした。

ラグビーはみんなでフォローしあって、
勝利の喜びを分かち合えるところが魅力

と語る堀江選手。
ファンとして彼の成長を見守りながら、これからも勝利の瞬間を一緒に分かち合いたいですね。

Spopreは、フリーペーパー。
YSP各店、カンタベリーショップ、オートバックスなどで入手できます。

ヤマハのコミュニケーションプラザにも置いてありますよ。

是非お手に取ってご覧ください。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門2位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »