« トップリーグ第7節 東芝戦メンバー発表! | トップページ | ヤマハ秋季練習試合日程発表! »

2014年10月20日 (月)

粘りのディフェンスで点差以上の完勝! 第7節 東芝戦

Img_4566_2          タックル、タックル、タックル・・・!!!


トップリーグ第7節
10月19日(日)14:05K.O. 
於 :近鉄花園ラグビー場
天候:晴れ / 微風
レフリー:平林 泰三

ヤマハ発動機ジュビロ 19-14 東芝ブレイブルーパス
1T1G4PG  1T3PG
                      
 (前    半)         
19 9
 
(後    半)          0 5

前半 東芝K.O.

 2分 東芝 PG (0-3)

 5分 ゴール前にキックで転がしたボール、WTB伊東が追うも東芝PR三上に足を引っかけられて転倒(ハッキングで一発シンビンのはずが、なぜか判定はオフサイド?)。
    五郎丸22m外右中間からのPG成功。(3-3)

11分 五郎丸ゴール前中央からのPG成功。(6-3)

15分 東芝 PG (6-6)

19分 モセのキックチャージの後、東芝SO広瀬のホールディング。(これも一発シンビンでいいと思うし、あと一歩モセが抜けていたらペナルティトライでいいはず…。)
    五郎丸ゴール前中央からのPG成功。(9-6)

29分 ゴール前10m付近スクラムで東芝PR浅原コラプシング。
    五郎丸右5mライン付近からのPG成功。(12-6)

33分 東芝 PG (12-9)

35分 10m付近からのキックチャージを受けるも、FB五郎丸がキープ。ハーフウェイ付近ラックから、SH池町→SO大田尾→FL三村→LO大戸→WTBハビリとつないで、右中間にトライ。五郎丸ゴール成功。(19-9)

40分 五郎丸ハーフウェイライン上中央からのPG狙うも不成功。(19-9)

<ハーフタイム>

後半 ヤマハK.O.

13分 ゴール前ラインアウトのこぼれ球(この時点で東芝・大野もノックオンなんだけど、レフリーは足に当たったというゼスチャー…。どうもあれは前足だったらしい。)を左展開してトライ。ゴール失敗。(19-14)

<ノーサイド>

Img_4922_2Img_4923_2         FWだけじゃない! BK3選手でターンオーバー!!

まずは、気迫あふれるプレーをみせてくれたヤマハの選手たちに感謝したいと思います。
80分間ヤマハらしいラグビーを展開していたと思います。

反省すべきは、後半13分に取られたトライシーン。(まさかあれが前足だったとは誰も思わないでしょうが、)ノックオンだと思ってディフェンスの足が一瞬止まっていました。笛が鳴るまではプレーを止めちゃいけないという教訓になりましたね…。

あと、後半30分前後の相手ゴール前のスクラム。ヤマハ側のスクラムに特に問題はないのだけれど、レフリーのくせは理解しておいたほうがいいと思います。
平林レフリーは、自分の笛でゲームを壊したくないという信念を強くお持ちなので、プレーを流す傾向があり、シンビンもあまり出さない。(この試合でも前半のレフェリングをみていたらある程度傾向は読めたのですが…)後半30分の攻防は、フリーキック1回、コラプシングでのペナルティ2回がすでに出ており、次に東芝にペナルティがあれば、認定トライ+シンビン必至の状況。
いままでもこういう場面が何度かありましたが、ことごとく次のスクラム組み直しでは、ささいなことでヤマハにペナルティがきます。それは理解しておいたほうがいい。
(なんでもいいんですよ、アーリープッシュでもアングルでも)
この場面は、一回ラインアウトからのモールをはさんでもよかったと思います。
ああいう場面で躊躇なくペナルティトライをとれるのは、キングかずだけですね…。

しかし、東芝の反則はひどかったですね。
前半3分すぎのPR三上のハッキング、18分くらいのSO廣瀬のホールディング、35分のトライの裏で行われていた小競り合いもLOの大野がヤマハの田村に手を出したのが発端。(すぐに体制入れ替えられて馬乗りになられていましたが…。)
後半30分過ぎのコラプシング2本も三上でしょ。
この3人すべて日本代表じゃないの? 一番自分を律さないといけない立場の選手がこれでは…。

それにしても東芝のFWといえば、相手を真っ向から受け止めて力でねじ伏せるという懐の深さを感じていただけに反則まがいのプレーで逃げる姿勢が見えたのは残念。。
冨岡ヘッドコーチが『FWにこだわらない』と公言していますが、それによっていい意味での東芝らしさが消えてしまうんじゃないの?と他チームながら心配・・・だから喜んでいます。

さて、これで1stステージは4勝2敗1分けの勝ち点25と3位。
1stステージは、開幕戦の織機戦と昨年4強のパナソニック戦以外は、あえて五郎丸のPGを封印していた(?)感がありました(そのため途中でFW息切れ…。)が、この試合では最初からPGを狙ってきていました。やはり五郎丸のキックで効果的に加点して、ここぞという場面ではFWで取り切る、そして粘りのディフェンスというのが本来のヤマハスタイルだと思います。

2ndでもヤマハらしさを貫いて勝ち進んでほしいと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門3位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

|

« トップリーグ第7節 東芝戦メンバー発表! | トップページ | ヤマハ秋季練習試合日程発表! »

コメント

順位は変わりませんでしたが、ここ2戦不完全燃焼な内容だっただけに、東芝に完勝して1stステージを終われたのは嬉しかったです!

それにしても廣瀬選手のホールディングでシンビン無しには呆れました。

ラグビーの審判はとても難しいので間違いがあるのは仕方ないと思っていますが、あのジャッジはひどすぎます。

今後の試合でも平林レフリーに泣かされそうで怖いです。

投稿: TINK | 2014年10月20日 (月) 15時30分

まさかの平林レフリー3試合目・・・
セカンドステージは無しでお願いしたいですね。

それにしても東芝の反則はひどかった。
まるさん書いた以外にもハイタックルがたびたび。
後半早々のロッキーのタッチライン際の快走もハイタックルで止められましたよ。

あげく、51分、デユークがタッチに押し出されたとき、タッチの外から水のボトル飛んできてました。
前半で代わった東芝のクーパ・ブーナ選手です。
なにか叫んでいました。考えられません。
(JRFUへメール済み)

東芝規律が乱れているんじゃないですか。

でも、そんななかYAMAHA戦士は頑張ってくれました。
この二試合の鬱憤を晴らすように。
セカンドステージは暴れまくって欲しいです!!!

投稿: Yaji | 2014年10月20日 (月) 21時08分

キングかず とは日本ラグビー協会所属の谷口レフリーを指していますか?

投稿: | 2014年10月21日 (火) 07時01分

 テレビつけていたのですが。眠気で目が開かずでして。しかも、試合の後半ごろに家に知人が来てしまったもので。気が付いたら・・・、勝っていた・・・!?
 本当にいつの間にか、勝っていました。再放送・・・観られると良いですが(最早、ところどころラジオ状態でしたので)。しかし、それにしても、随分レフリーが注意していた印象がありました。両チームとも、「もしや、シンビン!?」と何度ヒヤヒヤしたことか。結構FWの選手が注意されていましたね。スクラムの組み方とか…だった気がしますが。三村選手がレフリーに呼ばれた際、これは三村選手も大変だ、と思わず心配してしまいました。
 さて、とにかく勝てました。2ndステージです。どこのチームでも、気が抜けない試合で。私の方が、集中できないかも。でも、応援しがいはあるので、睡眠時間に気をつけてテレビに向かおうと思います。長文失礼しました。それでは。

投稿: 曽根崎あかね | 2014年10月21日 (火) 14時07分

TINKさん:

>それにしても廣瀬選手のホールディングでシンビン無しには呆れました。

結局アシレフのアピールでしたよね?
目の前だったと思ったのですが…。

>今後の試合でも平林レフリーに泣かされそうで怖いです。

プレーオフや選手権の上のほうに行けば必ず当たりますので、今から対策要ですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月21日 (火) 19時01分

Yajiさん:

Yajiさんが現場にいなくて良かったかも…。
たぶん収拾つかな勝ったと思う。(笑)

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月21日 (火) 19時03分

>キングかず とは日本ラグビー協会所属の谷口レフリーを指していますか?

流れで判断してください。
あと、名無しの場合、今後返信しません。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月21日 (火) 19時05分

>曽根崎あかねさん:

遠くからの応援ありがとうございます。
今度は是非LIVEでご覧いただき喜びを共有したいですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月21日 (火) 19時07分

平林レフリー
神戸-トヨタ戦では、SH滑川選手に対して
「ラグビーはシュミレーションはいかんよ!」と云っていたのには好感もてましたが、対策は必須のようですね。

とにかく、観ていて負ける気がしない内容での勝利!
東芝のラグビーは男らしい!と思ってましたが
ヤマハのラグビーの方が男らしかった!
セカンドステージが楽しみです。

ポッティー&ダン の復帰 活躍にも期待♪

投稿: 九州のヤマハファン | 2014年10月21日 (火) 20時42分

九州のヤマハファンさん:

対策とかレフリーに対すること書くと批判してくる輩がいるので面倒くさいですが…。
要するにレフリ-の癖を見極め、その日のレフリングの傾向に応じたラグビーをヤマハもしなきゃということですね。

この試合の東芝のプレーもあまり厳しく取らないことを逆手に取ったプレーということだと思います。
4強うちの在京3チームは、その辺が非常に長けています。

でもヤマハにそういうグレーゾーンのプレーを推奨しているのではなく、相手がそういうことをやってくることを織り込んで試合に臨む必要を感じています。

ヤマハは男気あふれるプレーを貫いてほしいですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月21日 (火) 21時47分

点差以上の圧勝、そのとおりだと思います。

にしても、廣瀬のホールディングのシーン、ARの報告ではありましたが、
ARに対し、レフが「カードはいらないよね?」と決めつけた聞き方をしていたのが、どうも納得いきませんでした。
見えていないから、アピールが入ったのに、なぜあのような確認の仕方ができたのかわかりませんね。
場合によってはPTにもなりうるプレーだし、カードにも相応する反則だと思いますが…

でも、スクラムのシーンでの、日野と湯原の組み合い、舌戦…
東芝スクラムを粉砕したあの日野の表情が忘れられません!
いい試合でした!

投稿: 楕円球は何処に転がる | 2014年10月21日 (火) 21時50分

楕円球は何処に転がるさん:

やはりあそこはTMOのときのように、
『ヤマハにペナルティトライを与えてはならない要因はありましたか?』
と聞くべきでしたね。(笑)

少なくてもカードだったと思いますが、最初から決め付けた聞き方は、あとからVTR見て私も気になってました。

東芝・湯原も負けん気が強くて好きな選手です。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月22日 (水) 07時11分

 まる様、返信有難う御座居ます。すみません!!実は、ヤマハー東芝はLIVE中継で、テレビつけていました。眠気に負けるわ、知人が急に家に来るわ、でして。気が付いたら、勝っていました。まだ、明るいうちだった気がするのですが。本当にすみません!!
 以後対策を立てなければ(甘い物がドクターストップで普段食べられない。録画機材もチラシを日頃見ていませんが、高価すぎるイメージが。そもそも、落ち着いてテレビを観る暇がない。カフェインもあまり良いイメージの手段ではない。1日に何本もポカリスエット飲むけど、本当は良くない。先生には、ばらした気が・・・すみません、先生)。さて。

 P.S 私も、ヤマハの全試合をテレビのLIVE中継で、観られたら良いな、と思います。スカパーで、ある程度やってはくれますけど。これって、贅沢でしょうか(本当は練習試合もテレビで観たい有様ですが)?

 
 

投稿: 曽根崎あかね | 2014年10月25日 (土) 13時23分

2ndステージはJ-Sportsでトップリーグ全試合放送のようです。

全試合ご覧いただけますので応援よろしくお願いします。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年10月25日 (土) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粘りのディフェンスで点差以上の完勝! 第7節 東芝戦:

« トップリーグ第7節 東芝戦メンバー発表! | トップページ | ヤマハ秋季練習試合日程発表! »