« 日本選手権一回戦 早稲田大学戦メンバー発表! | トップページ | 日本選手権二回戦 神戸製鋼戦メンバー発表! »

2014年2月17日 (月)

あくまでも普段通りに学生一蹴! 日本選手権1回戦 早稲田大学戦

Syota                    渉太無双!

日本選手権1回戦
2月16日(日)11:40K.O. 
於 :秩父宮ラグビー場
天候:晴れ / 強風
レフリー:松岡 辰也 

ヤマハ発動機ジュビロ 36-16 
6T3G                       
                              
 (前  半)         
24
 (後  半)       
12 5

先週に続いて雪の影響をもろに受けた中での試合でした。
まずは試合機材を運搬するバンは雪で動かせず、スタッフだけ新幹線移動で機材は現地調達。
そして、当日朝出発予定の応援バスは、東名通行止めにより運行中止…。

それでも普段と勝手が違う機材・環境のなかで試合を支えたスタッフの皆さん、急遽新幹線に切り替えて応援に駆け付けた皆さん、磐田に残りTVの前から声援を送った皆さん、お疲れ様でした。

私は、出張のため今回は行けませんでしたが、出先でやきもきしながらツイッターのタイムラインで経過のチェックをしてました。

タイムラインからは、後半伸びない得点、五郎丸のシンビンとバタバタ感が伝わってきましたが、録画したJ-Sportsの放送を見る限りでは、そんなに悪くない試合内容だったと思います。

前半に点差をつけて、後半途中からはリザーブ投入。
主力を休ませることができました。

それまでに至る過程での奪ったトライが個人技によるところが多かったので、もう少し理詰めで相手を崩してのトライを見たかったとは思いますが…。

それでもケガから復帰のSH池町の試運転ができたりと、それなりの収穫のあった試合だと思います。

PGについては、学生相手だとトップリーグ側に厳しい笛になることが多いので、それでPGを狙われることはしょうがないです。

与えた2本のトライについては、
前半のトライは、レフリーの立ち位置が邪魔でタックルに入れなかったのが原因。

後半のトライは、FWの選手を入れ替えた直後のスクラムでのペナルティからクイックで攻められてのトライ。

普段は後半20分過ぎでエンジン全開しに行くところですが、ようやく学生相手に力の入れ加減が分かったところで、1列の選手を総とっかえしたので、スクラム組む際に一からまたアジャストしなければならず、その力の入れ加減を探るところでのミスといったところ…?

スクラムの中の反則が何なのか分からなかったのですがアーリープッシュですかね?
ただ、この後のクイックリスタートでゴール前に迫られた際に、五郎丸のシンビンが加わったので、終盤での更なるダメ押しのプランが崩れてしまいました。

これもラック成立か微妙ですけどね…。
ラック成立の判断なら故意かどうかにかかわらずシンビン止むなしですが。

これ以外、特にヤマハとしてシステムに破たんをきたしたような場面もありませんし、学生相手ならではの部分もあるので、次への影響はないでしょう。

さほど点差が開かなかったのはヤマハの出来というよりも早稲田の善戦だと思います。
お疲れ様でした。
Waseda

ただ同門対決とかいうのは・・・? 試合後、
『やっぱり、やりにくかった。』という早稲田OBの選手たちと対照的に、

『別にいつもと変わらないですよ。』明治OB FL三村主将

『学生相手でも容赦しないですよ。ガハハッ』関東学院OB PR山村

まぁ、そんなところでしょうね。周りが煽り過ぎです。

そしてこれからが、日本選手権本番
これからの試合は、プレーオフ進出チームとの対戦が続く厳しい道のり。

まずは、神戸製鋼との関西王座決定戦に勝って、トップリーグチャンピオンのパナソニックへの挑戦権を獲得したいと思います。

P.S.
『(日本選手権を争う)ワイルドカードに学生を組み込めば、もっとおもしろくなるのでは』 (早稲田・後藤監督 スポニチ記事より)

こういう声が大学側からでることを評価したいと思います。

学生に公式戦で社会人に挑む機会を与えることには賛成ですが、トップリーグでも2部制になりトップリーグチームでも一部上位と当たらないチームがあるなかで、うちはともかくとして、プレーオフ進出したチーム(東芝、神鋼)が学生と対戦するのはおかしいと思いますし…。

来年以降、現場の声が反映され、大学側、トップリーグ側の双方が納得できるフォーマットになることを期待したいと思います。

選手権前には、学生サイドにたったスポーツ紙の煽り報道もありましたが、本当にそう思って(学生が勝てると)書いているなら、そういう人たちはラグビージャーナリストを名乗ってほしくないですね。

2019ワールドカップを控え、ラグビー界の成熟に期待します。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門1位。 ありがとうございます。
全てはジュビロのために・・・。

|

« 日本選手権一回戦 早稲田大学戦メンバー発表! | トップページ | 日本選手権二回戦 神戸製鋼戦メンバー発表! »

コメント

昨日、観戦していました。
個人的にはかなり心配になりましたね。

点差ははっきり言ってどうでもいいし、レフリングの問題は確かにあったと思うんですが、とにかくディフェンスが悪くずいぶんいいようにゲインを切られていたのとブレイクダウンで全然ボールに絡めていない印象を受けました。

山村は・・・確かに容赦なかったですね。だいぶ相手のフッカーに切れていました。

投稿: 青モール | 2014年2月17日 (月) 20時59分

ディフェンスに関しては、トライ2回と、前半のPGのとき以外に22m以内に踏み込ませたのは2回のみです。
1回は、すぐに早稲田のノックオンで地域戻してます。もう一回は22m内のタッチキックをダイレクトと判定した誤審ですので、全く危なげなかったと言えるのではないでしょうか?

セットも安定してましたし、接点でボールに絡んでのターンオーバーもありましたし…。

試合会場だと詳細が分からない部分もありますので、その場の印象では悪く感じても、実際は何でもないこともあります。

是非J-Sportsの録画を確認することをお勧めします。
今回の試合は、点差以上に実力差のある横綱相撲ですので、会場でのフラストレーションは払拭できると思います。^ ^

また、記事中では五郎丸のシンビンはぼやかして書いてますが、ラックは成立していないのは明らかです…。(笑)

山村がお仕置きしたシーンも、先に突っかかってきたのは早稲田のHOですし、切れて当然です!!

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年2月18日 (火) 00時00分

神戸製鋼の試合、天覧試合になりましたね!
すご~く楽しみじゃないですか?

投稿: 通りすがり | 2014年2月18日 (火) 20時35分

楽しみではありますが、そういう外的要因(緊張感)からペースを乱さないようにしてほしいです。。。

陛下にヤマハの良いラグビーを見ていただけるよう選手たちには平常心で戦ってほしいですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2014年2月21日 (金) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あくまでも普段通りに学生一蹴! 日本選手権1回戦 早稲田大学戦:

« 日本選手権一回戦 早稲田大学戦メンバー発表! | トップページ | 日本選手権二回戦 神戸製鋼戦メンバー発表! »