« トップリーグ2ndステージ第3節 キヤノン戦メンバー発表! | トップページ | ミスター・ヤマスタ 堀江 恭祐 »

2013年12月15日 (日)

反則に手こずるもラスト1プレーでの逆転勝利! 2nd第3節 キヤノン戦

Horie_try          後半39分 モールドライブからNo.8堀江の逆転サヨナラトライ!

トップリーグ2nd第3節
12月14日(土)13:00K.O. 
於 :ヤマハスタジアム
天候:晴れ/弱風?(上空はかなりの風でしたが…。)
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロ 23-19 キヤノンイーグルス
2T2G3PG              3T2G 
                              
 (前  半)         
 6- 
 (後  半)       
1712

前半キヤノンのキックオフでボールをキープできず、ディフェンスラインのミスマッチを突かれてノーホイッスルトライを献上する波乱の幕開けで始まったゲーム。
その後は、終始キヤノン陣でゲームを進めながら、ラインアウトが安定せず(これは双方だったので風の影響か?)ノックオンなどのハンドリングエラーも重なり、五郎丸の2PGを返すだけに留まり、6-7での折り返し。
後半は、6分のPGで逆転すると、20分にマレのトライで突き離しにかかるかと思いきや、24分のゴール前ラインアウトモールと、27分のターンオーバーからのカウンターで立て続けにトライを許し、16-19と再度逆転されてしまうが、それでも39分にゴール前15mからのラインアウトからモールを組むと15m一気のドライブで、最後は堀江が押さえてトライ!
コンバージョンを狙う前にホーンが鳴り勝利確定。五郎丸が有終のゴールを決めて23-19でノーサイド。

1stステージに敗れていたキヤノンに勝って2ndステージ2勝1敗としました。

試合内容は、フラストレーションの溜まる一戦。
双方ハンドリングエラーが多く、ただでさえブツ切れ感のあるゲームでしたが、それ以上にブレイクダウンでのキヤノンの反則が多すぎてラグビーに成らない…。
(たぶん、初めてラグビー観に来た人には魅力は伝わらないんじゃ…?)

特にLO5のアストンは酷すぎ。1stステージでもアメフトばりのスイープでモールに参加していない選手を吹き飛ばしてくれましたが、この試合でも前半のペナルティの半分はこの選手。シンビンになるのも当たり前。

アストンも自身のキャリアでトヨタ以降は、重工、コム、キヤノンという新興チームを短期間で渡り歩かざるを得ない理由を考えた方がいいのでは?
ディプシリンの効かない選手としか評価されないから上位チームでは敬遠される。
過去の実績から新興チームは飛びつくが、手に負えないから…(以下略)。

FL6のトムソン、No.8のマウもボールと関係ないところでちょっかい出したり、モールからスイープ(排除)されたあともしつこくヤマハの選手を掴んで絡んでいたり…。この3人の傍若無人ぶりは、チームとしての規律を疑わざるをえない内容でした。
(J-Sportsでは、接点に寄った映像で映っていない場面も多いけど、映ってないところでも…。)

キヤノンのBK自体は、スピードがあり展開力の優れるイイものを持っているだけによけいに残念。

そういう反則を繰り返し犯すキヤノンのディフェンスに対して、
『キヤノンのディフェンスは粘りが合っていいですねぇ…。』
とのたまう野澤某氏のJ-Sportsでの解説も噴飯ものですが…。

レフリーの麻生さんは、さすがA級レフリー。
ちゃんとペナライズしてくれましたし、キヤノンにも何度も注意を与えておりますので、それでも治らないのであればシンビンは当然。もっとカードが多くても良かったくらい。

サッカーのJリーグはフェアプレイ精神を掲げていますが、ラグビーでも反則で相手の持ち味を消して流れを作らせずに接戦に持ち込もうとするチームに対しては、もっとトップリーグ全体で対処してほしいと思います。

ヤマハの選手については、今週末もヤマハスタジアムで風の強いことが予想されるので、ラインアウトなどは修正して精度を高めてほしいと思います。

今週は大久保グラウンドではなく、ヤマハスタジアムで練習できないもんですかね 

次戦はNECとのガチンコFW対決に注目!
ヤマハFW陣の強さをみせてほしいと思います。

560000
継続は力なり!
560000アクセス突破!!
 ありがとうございます。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 1位。ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

|

« トップリーグ2ndステージ第3節 キヤノン戦メンバー発表! | トップページ | ミスター・ヤマスタ 堀江 恭祐 »

コメント

おめでとうございます。

Wの3年生フランカー内定らしいですね。(笑)

投稿: 英斗 | 2013年12月15日 (日) 17時24分

最後まで手に汗握りましたが、
反則で相手の強みを消す事を是とするチームに対して、
フェアプレーで勝った事に大きな意味があったと思います。

前半に、相手側のスクラムホイールに対して、
ヤマハが反則取られるシーンがあった時は、我が目を疑いましたが、
最終的に麻生レフリーは毅然と対応してくれたのには、
安心しました。
ただ、もっとペナルティ取って良いのではという思いもありましたが。

キヤノンはヤマハをライバル視してるかもしれませんが、
ライバル視するならば、
トップリーグのチームとして恥ずかしくない
プレイをできるようになって
出直して来て欲しいですね。

投稿: しげお | 2013年12月15日 (日) 21時54分

たしかに1枚目のシンビンから2枚目までが長かったですね。
後半の中盤までにもう1枚くらい出てもおかしくなかったと思います。

キヤノンがライバル視しているのは初耳です。(笑)
言うのは自由ですが、今のラグビーを続ける限りは上位に食い込めないのでは?

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年12月15日 (日) 22時20分

英斗さん:

そうなんですか?
正式発表を心待ちにしたいと思います。

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年12月15日 (日) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反則に手こずるもラスト1プレーでの逆転勝利! 2nd第3節 キヤノン戦:

« トップリーグ2ndステージ第3節 キヤノン戦メンバー発表! | トップページ | ミスター・ヤマスタ 堀江 恭祐 »