« ポスター用クリアファイル(B2) | トップページ | リコー戦直前最終調整 »

2013年9月 1日 (日)

トップリーグ開幕戦は快勝スタート! 第1節 クボタ戦

Kubota1                    スクラムは終始安定! おいっオレンジ7番オフサイドやで!

トップリーグ第1節
8月31日(土)17:00K.O. 
於 :キンチョウスタジアム(長居球技場)
天候:くもり時々雨 / 強風
レフリー: 久保 修平

ヤマハ発動機ジュビロ 38-28 クボタスピアーズ
5T2G3PG              4T4G 
                              
 (前  半)         
2021
 (後  半)         
18 7

前半 ヤマハK.O.

 2分 キックオフののボールをキープして攻め続けるヤマハだったが、パスミスからボール奪われると裏へのキックで一気にゴール前に迫られる。ここで相手ボールラインアウトからモールを押込まれトライ。ゴール成功。(0-7)

 4分 ハイパントからの相手ラックを出足よく乗り越えオーバーすると、すぐに右展開しCTB宮澤がきっくでゴール前に転がしたボールをWTB田中が拾ってそのままトライ。五郎丸ゴール成らず。(5-7)

10分 22m外のペナルティでSH池町の早い仕掛けでゴール前に迫ると、FWで近場を攻めたあと右展開。五郎丸からのパスが繋がりWTB田中がトライ。五郎丸ゴール成らず。(10-7)

21分 22m付近ラインアウトからモールドライブ。最後はLO大戸がブレイクして飛び込みトライ。五郎丸ゴール成功。(17-7)

<ウォーターブレイク>

29分 ハーフウェイ付近ラックでのジャッカルからディフェンスの陣形が整わないうちに右展開されトライ。ゴール成功。(17-14)

34分 ゴール前連続攻撃から相手のペナルティ誘い、五郎丸PG成功。(20-14)

36分 自陣22mからのキックのターンオーバーから連続攻撃でゴール前に迫られると、FWの近場のラックサイド攻撃からBK展開されトライ。ゴール成功。(20-21)

<ハーフタイム>

後半 クボタK.O.

 2分 ゴール前ラインアウトから連続攻撃、中央ラックからパスアウトされたボールを受けたFLモセが相手をハンドオフでかわしながら飛び込みトライ。五郎丸ゴール成らず。(25-21)

 6分 6.モセOUT → 20.ポトヒエッターIN

13分 ゴール前ペナルティでスクラム選択。BKのスクラムからサインプレーで走り込んだWTB徐がボールを受けるとそのままトライ。五郎丸ゴール成功。(32-21)

21分 五郎丸PG成功。(35-21)

<ウォーターブレイク>

22分 2.日野OUT → 16.加藤IN
     3.山村OUT → 18.田村IN
    14.田中OUT → 23.伊東IN

24分 1.山本OUT → 17.長野IN

25分 12.マレOUT → 22.ピウタウIN

26分 五郎丸PG成功。(38-21)

30分 ハーフウェイ付近ラック、相手SHを捕まえかけるも体を入れ替えられると、縦に走り込んだ選手につながれトライ。ゴール成功。(38-28)

34分 5.笠原OUT → 19.八木下IN

<ノーサイド>

台風から変わった熱帯低気圧による影響で、8mを超える強風のなか風下でゲームスタート。キックオフから相手をボールに絡めさせることなく攻めるヤマハだったが、パスミスから自陣奥に攻め込まれると、ラインアウトからのモールでクボタ再昇格のご祝儀にトライを献上。しかし、その後のキックオフからあっさりトライを奪うと10分、21分にもトライを挙げ主導権を握る。
ここで一気にたたみかけたいところだったが、ウォーターブレイクが入ることで浮足立ったクボタを落ち着かせてしまう。。。
その後もどちらかというとヤマハが優勢にゲームを進めていたが、29分ラックジャッカル、34分キックターンオーバーからクボタにトライを奪われる。共にポジション的にはハーフウェイ付近ということで、強風の中でエリアをうまく取れず、高い位置でボールを失ったのが失点の原因か?
これにより、前半は20-21と1点ビハインドで折り返す。

後半は風上ながら、早めに逆転しておきたいヤマハは、2分にモセのトライで逆転(ボーナスポイント獲得)。13分にはゴール前ペナルティから強気にスクラムを選択してトライを取り切るなどチームの成長を垣間見る展開。
その後、トライこそ奪えなかったものの、五郎丸のPGで小刻みに加点し、クボタの反撃を後半トライ1本に抑えて、開幕戦勝ち点5と幸先のいいスタート

クボタもフェーズを重ねてトライまで持ってくる力はあり、昇格組とはいえ侮れないと感じましたが、ペナルティ15個というところにトップリーグ2年間のブランクが・・。
トップリーグの展開に早く順応することが、上位に食い込むカギになるかも。

Kubota4_2              石倉監督が勝利の美酒に酔うのはいつ?

ヤマハは、ラインアウトにミスがあったのと、エリアマネジメントがもう少しうまく行けば、もっと楽な展開になったかな 
強風下だったのでしょうがないね。次戦以降は修正してくれることを期待 
 Kubota3              慎さんスッキリ甘いモヒートのような試合を頼みます。

MOMは、LO大戸。
『若手大戸の春先からの勢いを買うか、復帰明けベテラン八木下の安定を選ぶか』迷いどころではありましたが、大戸の選択は間違ってなかったですね。ヤマハOBの立命館大首脳陣(中林氏、冨岡氏)の前で喜び倍増ですね。

P.S.
試合のVTR見直したら、久保レフリーもスクラムで『オレンジの3番上げて!』と注意していて、思わず『よしよし』とうなずいてしまいました。
決して根拠の無いヤジはしてませんので大目に見てください。。。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

|

« ポスター用クリアファイル(B2) | トップページ | リコー戦直前最終調整 »

コメント

テレビで観戦してましたが、圧勝でしたね。
今年はイッてほしいです。
ポトピエッター選手すごかった

投稿: とこちゃん | 2013年9月 1日 (日) 20時17分

点差以上の実力差はあったと思います。
強風下のゲームで思いもよらないこと(想定外のシチュエーション)を経験しました。
相手にボーナスポイントを与えたのは反省点ですが、勝ち点5を取って反省できる事は有り難いです。

3節・パナソニックの変幻自在なBKアタックに対する前にディフェンスの課題抽出が出来たのでは?

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年9月 2日 (月) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ開幕戦は快勝スタート! 第1節 クボタ戦:

« ポスター用クリアファイル(B2) | トップページ | リコー戦直前最終調整 »