« ホーム開幕戦! トップリーグ第3節 パナソニック戦メンバー発表! | トップページ | 2013-2014 YAMAHA Jubilo Player's Cards »

2013年9月15日 (日)

執念のドローで3戦負けなし! 第3節 パナソニック戦

Photo                    劣勢を巻き返すブンタの激走。

トップリーグ第3節
9月14日(土)18:00K.O. 
於 :ヤマハスタジアム
天候:晴れ / 微風
レフリー: 久保 修平

ヤマハ発動機ジュビロ 13-13 パナソニックワイルドナイツ
1T1G2PG              1T1G2PG 
                              
 (前  半)          
- 3
 (後  半)           
-10

今シーズン、過去2試合は試合の入りでの失点が多かったヤマハだが、この日は序盤のパナソニックの攻撃を凌ぐと、早くワイドにボールを動かす展開ラグビーでヤマハペースへ・・・。
前半12分にはゴール前までボールを運ぶも、ゴールライン上のラックでターンオーバーでチャンスを逃す。(これはターンオーバー時のディフェンス側オフサイド取ってほしいところではありますが…。

その後もパナソニック陣で積極的に仕掛けるヤマハは、25分に五郎丸のPGで先制。

36分には、相手キックミスからPR山本がゴール前まで持ち込むもあと一歩でトライには至らず。しかし、相手のハイタックルがあり、五郎丸のPGで6-0とする。

そのまま前半を終えたいところだったが、自陣で不用意なオブストラクションでパナソニックにPGを与え、6-3で前半終了。

後半は、FW総重量で35kgの差がボディブローで効いたのかセットプレーで劣勢に立たされるヤマハ。ゴールを背にした粘りのディフェンスが続くが、後半13分、ラックサイド飛び込んだパナソニックのコリニアシのうまいボディコントロールでトライを奪われ逆転を許す。(ゴールも決まり6-10)

20分には、ゴール前で相手のプレッシャーからノットリリースザボールの反則でPGを決められ6-13と差を拡げられる。

その後も自陣でゴールを背にしたディフェンスが続くが、それを耐えると、ゴール前相手のパスのこぼれ球をCTBピウタウが奪うと外のWTB徐につないで一気に駆け上がると、そこからアタックを継続、相手の反則でゴール前ラインアウトのチャンスをつかむと、モール形成し、そこからNo.8堀江がブレイクしインゴールに飛び込みトライ 右45度のコンバージョンを五郎丸がきっちり決めて13-13と同点に追いつく。

残り2分、ヤマハはキックオフのボールを22m付近でキープするとハーフウェイ付近まで一気にモールドライブしてパナソニックのコラプシングの反則を誘う。五郎丸がタッチに蹴り出し、最後のプレーで逆転を狙うもラインアウトでの相手のノックオンで試合終了。

勝利はならなかったものの、今までFWが劣勢だと脆かったディフェンスが機能してパナソニックをロースコアに抑えたことは、今後に向け収穫のあるゲームだったと言えるでしょう。また追いついてのドローということで、チームの雰囲気としては良いムードを継続できますのでヤマハとしてはまずまずの結果。

対するパナソニックは2戦連続して勝ち切れなかったことに、田邉、コリニアシを試合途中で負傷で欠いたことも重なり、ムードは重かったですね。

第4節は、1週間あいて2週間後に山口でコカコーラ戦。次勝てば、第2ステージのグループA入りに大きく近付く大事なゲーム。
このムードを持続して試合に臨んでほしいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

|

« ホーム開幕戦! トップリーグ第3節 パナソニック戦メンバー発表! | トップページ | 2013-2014 YAMAHA Jubilo Player's Cards »

コメント

新しいヤマハスタジアムでのゲームを見に行きました(^o^)
前半スクラムで優位だった分、とれるところで、とっておきたかったですね。
後半はパナの強烈な個を相手に、ヤマハがよく守ってくれたとと思います。
重要な場面でのレフリングに、疑問がある場面もありましたが、価値ある勝ち点2でしたね。
見ていて興奮しました(^-^)

投稿: | 2013年9月15日 (日) 16時00分

TV観戦でしたが、引き分けとは言え素晴らしいゲームだったと思います。今期のヤマハは上昇気流に乗っているようですね。

投稿: 影慶 | 2013年9月16日 (月) 12時15分

前半は、12分と36分にビッグチャンスがありましたが…。
それと後半30分過ぎのパナソニックの選手の負傷については時計を止めてくれていれば、あと1プレーか2プレー可能だったかもしれません…。

第2ステージでは、きっちり勝負を決したいですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年9月16日 (月) 18時49分

影慶さん:

クボタ、リコー戦ではちょっと気が抜ける時間帯があり、そこで失点して苦戦してしまいました。

パナ戦では集中力が持続できたことにチームの成長を感じます。

若い選手もいるので、まだまだ成長できるはず。

今後の戦いにも注目してほしいと思います。

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年9月16日 (月) 18時56分

いつもレポートありがとうございます!

前半のナイスファイトには熱くなりました!
が、スクラムで劣勢に立たされた後半は、
気が気じゃなかったです。

シオアペラトゥ選手の強さと、後半でもばてない、
パナソニックフォワードの、
フィットネスの賜物ということなんでしょうか。。

スコアは追いついてドローと言うことでひとまず安心しましたが、
やはり、スクラムで圧倒するヤマハが見たいです!

セカンドステージでは、スクラムでもスコアでも圧倒して欲しいですね!

投稿: しげお | 2013年9月17日 (火) 21時17分

17日の記事にも書きましたが、スクラムはきっちり修正してますので、今後に期待しましょう!

投稿: まる@ここの管理人 | 2013年9月19日 (木) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執念のドローで3戦負けなし! 第3節 パナソニック戦:

« ホーム開幕戦! トップリーグ第3節 パナソニック戦メンバー発表! | トップページ | 2013-2014 YAMAHA Jubilo Player's Cards »