« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

前半手こずるも後半シャットアウトで貫録勝ち! 第4節コーラ戦

Photo_2                 重戦車炸裂! スクラムトライ!!

トップリーグ第4節
9月28日(土)17:00K.O. 
於 :山口・維新公園陸上競技場
天候:雨 / 無風
レフリー:加藤 真也

ヤマハ発動機ジュビロ 50-17 コカ・コーラWレッドスパークス
7T6G1PG              3T1G 
                              
 (前  半)         
2117
 (後  半)        
29 0

今節は、トップリーグ初開催の山口・維新公園の陸上競技場での試合。ただ3000人という観客数なら同じ敷地内のサッカー/ラグビー場でも十分だったのでは…?メインスタンドに屋根があるとはいえ、見やすさはトラックがある分陸上競技場では劣りますので…。

試合は第2試合でしたが、試合前にピッチ状況を確認した関係者の話では、『雨でスリッピーだけど問題ない。多少下が緩いがスパイクのポイントも掛かる。』というコンディション。

小雨が降り続ける中でコーラのキックオフで試合開始。

試合は、ヤマハが序盤からペースを掴み敵陣に入ると、前半3分にFB五郎丸がキックでゴール前に転がしたボールに反応したWTB徐が追いかけて左スミに先制トライ。

Photo
難しい位置からゴールを五郎丸がキッチリと決めて7-0。

12分には、ゴール前マイボールのスクラムを押し込み、NO.8堀江がトライ。中央やや左のゴールキックも難なく決まり14-0と主導権を握る。

しかし18分、コーラに細かいパスをを繋がれて左ライン際を攻め上がられると、ゴール前ラックからディフェンスが戻り切る前にFL豊田にラックサイドを突かれ左スミにトライ献上。(ゴール決まらず14-5)

その後、ヤマハの攻撃の時間が長く続くが、コーラの反則覚悟のディフェンスでフィニッシュに至らず。23分には、たび重なる反則の繰り返しにコーラにチームとしてシンビンが出されるが、その後も収まらない反則とハンドリングエラーが重なり、トライを取り切れずにいたが、31分にヤマハノックオンの後のゴール前の相手ボールのスクラムで、シンビン中の数的有利を活かしスクラムを押込むと、こぼれ球をFLポトヒエッターが押さえてトライ。ゴールも成功し21-5とリードを広げる。

この勢いのまま、前半でボーナスポイントとなる4トライ目を挙げるかと思ったが、シンビンが開けた後の35分、ペナルティからのゴール前ラインアウトを押込まれてFL桑水流がトライ。前半終了間際にもゴール前に攻め込まれるとラックサイドを執拗に攻められ、最後はCTBサポルにディフェンスラインをこじ開けられトライ。21-17で前半を折り返す。

前半は、アタックは問題なかったが、コーラに少ないチャンスを全てトライまで持って行かれる淡白なディフェンスだったヤマハ。ハーフタイムは、檄が飛んだのかコーラより後にピッチに戻る選手たち。

後半は、ヤマハのキックオフで試合再開。

前半追い上げられたイヤな展開を断ち切りたいヤマハは、開始早々敵陣22m付近でペナルティを得るとFB五郎丸が正面のPGを成功させ、24-17と差を拡げる。その後追いすがるコーラにゴール前に攻めいられる場面があったが、ここは何とか凌ぎ切る。

雨の中、双方キックの応酬のこう着状態が続く中で仕掛けたのはFB五郎丸。キックのターンオーバーから自陣からカウンター攻撃に出ると、ディフェンスをかわしてロングゲイン、サポートしたWTB徐につなぐと徐が一気に加速して相手を振り切り、左隅にトライ。

Photo_3
ゴールは決まらなかったが、4トライ目のボーナスポイントを獲得。

この直後、ヤマハベンチは山村とトゥイアリイを投入。さらに20分過ぎに加藤、岸、八木下と相次いでFW選手をリフレッシュさせると、ここからヤマハが気落ちし、足が止まったコーラを圧倒。

26分には、ゴール前ラインアウトからのモールを押し込んでPR岸がトライ。29分にはFLトゥイアリイが相手のパスをインターセプトし、フォローしたCTB宮澤につないでトライ。さらに35分には、ゴール前スクラムで電車道。一気に5m押し切るとSH池町がトライ。五郎丸がしっかりとゴールキックを成功させ50点の大台到達。そのまま試合終了。

MOMは6G1PG、そして徐のトライをアシストした五郎丸が受賞。

Photo_4

前半は3トライを許したが、後半はシャットアウトで、相手に無用なボーナスポイントを与えずに締め括れたことは良かったと思います。

Photo_5
しかし、次節の東芝戦を考えると、取られたトライがラックサイドとラインアウトモールという内容だったので修正が必要でしょうね。

次は無敗同士の首位攻防みちのく決戦!
盛岡は東芝の拠点があり完全アウェイの雰囲気となりますが、それに負けない熱い応援をしましょう!
皆さんの参戦お待ちしてます。

P.S.
この日の試合、会場でのメンバー表の配布なし。まあ、これは今までも何回かありました(本来はあってはいけないと思いますが・・・。)が、試合前の選手紹介は、コーラのみ紹介されてヤマハの選手紹介一切なし。
(10年間トップリーグ観てきてはじめてだよ。pout

ハーフタイムに紹介することもできただろうに、だらだらと関係ない表彰が続くだけ・・・。

これで一般のお客さんはどうやって選手を把握するの?

日本協会には、またメールで本件問い合わせしたいと思います。

山口もラグビーW杯のキャンプ地誘致に乗り出す考えのようですが、もう少し『おもてなし』を考えた方がいいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 3位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

山口・維新公園陸上競技場

山口・維新公園陸上競技場
現在、雨です…。
今日は、第2試合。vs コカ・コーラW戦 17:00K.O.です。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 3位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

2019年ラグビーW杯に静岡が名乗り!

Img_2210
『ラグビーW杯、静岡県で 知事、誘致へ検討指示』 静岡新聞 10/25付より

静岡県が2019年のラグビーW杯の誘致に名乗りを挙げるようです。

試合会場としては、エコパスタジアム、キャンプ地としては、つま恋が候補とか。

2002年のサッカーW杯のときは、日本代表が葛城北の丸をベースキャンプ地としておりましたので、2019年もラグビー日本代表がベースキャンプ地として選んでくれるとうれしいですね。
(昨年の春は、日本代表のつま恋キャンプの実績あるし・・・。)

Ekopa
ちなみに、ラグビーの試合をエコパでやったのって、2001年の関西社会人リーグのヤマハ発動機vsワールドが最初で最後じゃなかろうかsign02

試合は19-14でヤマハの勝ち。happy01
あのときは、10月とはいえ、雨でめっちゃ寒かったなぁ。
(スコア的にはすごい良い試合だったのに、内容覚えてません。。。sweat02

ただ、試合会場としてのエコパは・・・。
陸上トラックがあって、スタンドとピッチが遠いんだよなぁ。sad

2019年に誘致するなら、仮設スタンド設置などの改修をしてほしいと思います。

P.S.
本日はラグビーマガジン発売日。
買い忘れたかたは、こちらからどうぞ。

Rugby magazine (ラグビーマガジン) 2013年 11月号 [雑誌]


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門 3位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

シャットアウトで完全粉砕! 練習試合 ヤマハB vsリコーB

Photo                力強く押し込み前進するヤマハFW陣

9月21日(土)16:30K.O. 
於 :大久保グラウンド
天候:晴れ
レフリー: 細樅 勇二

ヤマハ発動機ジュビロB 26- 0 リコーブラックラムズB
4T3G             
                              
 (前  半)          
12 0
 (後  半)          
14 

【ヤマハ発動機ジュビロB メンバー】
1.岸 直弥 2.伊東 平一郎 3.山村 亮 4.斉田 晃平 5.デューク・クリシュナン 6.八木下 惠介 7.松本 力哉 8.フォラウ 愛世 9.小池 善行 10.曽我部 佳憲 11.中園 真司 12.シアレ・ピウタウ 13.三角 公志 14.伊東 力 15.遠藤 広太

リザーブ
長野 正和、加藤 圭太、山川 侑己、西 直紀、山路 和希、藤井 達也、伊東 晋

【リコーブラックラムズB メンバー】
1.高橋 英明 2.川口 顕義 3.松本 友介 4.柴田 和宏 5.生沼 知裕 6.赤堀 龍秀 7.川上 力也 8.コリン・ボーク 9.神尾 卓志 10.津田 翔太 11.長谷川 元氣 12.小浜 和己 13.塩山 瑛大 14.横山 健一 15.ピータース・ダニエル

リザーブ
芳野 寛、辻井 健太、中村 正寿、徳永 亮、山藤 史也、山本 昌太

前半 リコーK.O.

 1分 リコー10m付近からのBK展開時のパスをWTB中園がインターセプト! そのまま走り切りポスト真下にトライ。FB遠藤ゴール成功。(7-0)

11分 中園OUT → 藤井IN

14分 中園戻り

25分 岸OUT → 長野IN

28分 岸戻り

38分 ゴール前10m右ラインアウトからモール押込み、No.8愛世がブレイク。相手ディフェンスをハンドオフでかわし、そのまま飛び込みトライ。5mライン上からの遠藤ゴールキックは成らず。(12-0)

<ハーフタイム>

 1.岸OUT → 長野IN
 3.山村OUT → 山川IN
 6.八木下OUT → 山路IN
 8.愛世OUT → 西IN
   (西がLO4、斉田がNo.8へ)
11.中園OUT → 伊東(晋)IN
12.ピウタウOUT → 藤井IN
   (三角がCTB12、遠藤がCTB13、藤井がWTB14、伊東(力)がFBへ)

後半 ヤマハK.O.

 2分 22m内右ラインアウトからモール押込み、LOデューク抜け出しトライ。遠藤ゴール成功。(19-0)

 8分 22m内左ラインアウトからモール押込み、相手コラプシングのアドバンテージが出ると、曽我部がキックパス。落下点、相手のはじいたボールをWTB伊東(晋)がインゴール内ダイビングしながらキャッチ、グラウンディングしてトライ。遠藤右スミからのゴール成功。(26-0)

26分 長野負傷OUT → 加藤IN
    (伊藤がPR1、加藤がHOへ。 この後、スクラムノーコンテスト)

<ノーサイド>

スコアは、26-0でしたが、接点やセットプレーで出足良く、ことごとく相手のアタックを粉砕! スコア以上の完勝でした。
逆にヤマハ側のミスでチャンスを潰して、フィニッシュに至らないアタックにやきもきしましたね。

この展開なら少なくともあと2~3トライは欲しかった。。。

Photo_2          松本と岸のダブルタックル炸裂!

それでも、ディフェンスについては完ぺきに近い内容。(満点とは言いませんが・・・。)
相手をシャットアウトしたところにチームの成長と底上げを感じますね。
(特に後半は純国産メンバーでしたので…。^ ^)
デュークがフル出場でした。。。(まあ、それでもアジア枠選手ですので…。^ ^;)

Photo 
サテライト戦にもかかわらず、今日もヤマハ発動機・柳社長も観戦に・・・。
多忙なため、毎試合とはいきませんが、アウェイ会場やサテライト戦にも時間が許す限り顔を出すラグビー好き。士気も上がります。happy01shineup

トップリーグ1stステージも早や中盤。
Aグループ入り決定に向け、今日出たメンバーからレギュラー陣を脅かす新戦力がいっぱい出てくることを期待したいですね!

Go! Go! Jubilo!!

P.S.
本日、ラグビー漫画『ALL OUT!!』の第2巻発売です!

まだのかたは、下記リンクからどうぞ。(Amazonに繋がります。)

ALL OUT!!(2) (モーニングKC)


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

ミリ単位の修正@スクラム練習

今日は、仕事の後に大久保グラウンドで練習見学。

途中からの見学となりましたが、全体では今週末のリコーとのサテライト戦に向けたアタックディフェンスなどが行われていました。

Photo その後、FWはパナ戦でコリニアシに飛び込まれたトライと同様のシーンを想定したゴール前のラックでのディフェンス。

そして、後半差し込まれたスクラムの練習に時間を費やしていました。

スクラムで差し込まれた原因は、

『(総重量で30kg重いパナ相手に)8人で組むことに意識を集中しすぎて、フロントローが対面とのファイト出来なかった。結果、差し込まれて(パックの間を)割られた。』
by慎さん

ということらしい。coldsweats01

で、この日はフロントローの幸輝(山本)と剛志(日野)の若い1番2番のコンビは居残り…。

Photo_2
PR1のカラダの寄せ、HOへの肩の当てかた(慎さんは『肩をハメる』と表現してましたが…。)を2人で繰り返し反復。

Photo_3
慎さんというお手本があるので、良い状態と自分たちの悪い状態を体感しながら出来るのは大きいですね。

自分たちのベストの状態をつかむまでミリ単位の修正が続きます。

その後、でんさん(田村)を入れて3人で…。

Photo_4
最初は窮屈そうにしていたHOの剛志でしたが、ちょっとした違いで、

Photo_5
最後はファインダー越しにもきれいにハマった感がありますな。shine

これ終わるまで20~30分くらい時間掛けてたかなsign02

スクラム場の芝が白っぽく見えるのは、スクラムを組んだときに掘れて抜けた芝生が枯れて堆積しているからです。。。それだけ組んでるちゅーことです。

この状態が一発で決まるようになるまで、さらに反復が続くことでしょう。
フロントローが経験がモノをいう職人のポジションといわれる由縁ですね。catface

パナソニック戦に引き分けたという現状の結果に満足することなく、
自分たちのスタイルを貫きタイトルを目指すための挑戦が続きます。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月16日 (月)

2013-2014 YAMAHA Jubilo Player's Cards

第3節のホーム・ヤマハスタジアムからいよいよ今年度の選手カードの配布が始まりました。

今年は、在籍46選手+清宮監督+全スタッフ集合写真の全48種類とのこと。

コンプリート目指して頑張りましょうsign01

Playerscard002 Playerscard001 Playerscard004 Playerscard003

今回は、日本代表スコッド合宿参加の4選手のカードを・・・。

代表入り目指して頑張ってくださいsign01

NZ戦、SS席ゲットできましたので、応援に行きますよnote happy01


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月15日 (日)

執念のドローで3戦負けなし! 第3節 パナソニック戦

Photo                    劣勢を巻き返すブンタの激走。

トップリーグ第3節
9月14日(土)18:00K.O. 
於 :ヤマハスタジアム
天候:晴れ / 微風
レフリー: 久保 修平

ヤマハ発動機ジュビロ 13-13 パナソニックワイルドナイツ
1T1G2PG              1T1G2PG 
                              
 (前  半)          
- 3
 (後  半)           
-10

今シーズン、過去2試合は試合の入りでの失点が多かったヤマハだが、この日は序盤のパナソニックの攻撃を凌ぐと、早くワイドにボールを動かす展開ラグビーでヤマハペースへ・・・。
前半12分にはゴール前までボールを運ぶも、ゴールライン上のラックでターンオーバーでチャンスを逃す。(これはターンオーバー時のディフェンス側オフサイド取ってほしいところではありますが…。coldsweats01

その後もパナソニック陣で積極的に仕掛けるヤマハは、25分に五郎丸のPGで先制。

36分には、相手キックミスからPR山本がゴール前まで持ち込むもあと一歩でトライには至らず。しかし、相手のハイタックルがあり、五郎丸のPGで6-0とする。

そのまま前半を終えたいところだったが、自陣で不用意なオブストラクションでパナソニックにPGを与え、6-3で前半終了。

後半は、FW総重量で35kgの差がボディブローで効いたのかセットプレーで劣勢に立たされるヤマハ。ゴールを背にした粘りのディフェンスが続くが、後半13分、ラックサイド飛び込んだパナソニックのコリニアシのうまいボディコントロールでトライを奪われ逆転を許す。(ゴールも決まり6-10)

20分には、ゴール前で相手のプレッシャーからノットリリースザボールの反則でPGを決められ6-13と差を拡げられる。

その後も自陣でゴールを背にしたディフェンスが続くが、それを耐えると、ゴール前相手のパスのこぼれ球をCTBピウタウが奪うと外のWTB徐につないで一気に駆け上がると、そこからアタックを継続、相手の反則でゴール前ラインアウトのチャンスをつかむと、モール形成し、そこからNo.8堀江がブレイクしインゴールに飛び込みトライsign01 右45度のコンバージョンを五郎丸がきっちり決めて13-13と同点に追いつく。

残り2分、ヤマハはキックオフのボールを22m付近でキープするとハーフウェイ付近まで一気にモールドライブしてパナソニックのコラプシングの反則を誘う。五郎丸がタッチに蹴り出し、最後のプレーで逆転を狙うもラインアウトでの相手のノックオンで試合終了。

勝利はならなかったものの、今までFWが劣勢だと脆かったディフェンスが機能してパナソニックをロースコアに抑えたことは、今後に向け収穫のあるゲームだったと言えるでしょう。また追いついてのドローということで、チームの雰囲気としては良いムードを継続できますのでヤマハとしてはまずまずの結果。

対するパナソニックは2戦連続して勝ち切れなかったことに、田邉、コリニアシを試合途中で負傷で欠いたことも重なり、ムードは重かったですね。

第4節は、1週間あいて2週間後に山口でコカコーラ戦。次勝てば、第2ステージのグループA入りに大きく近付く大事なゲーム。
このムードを持続して試合に臨んでほしいと思います。


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年9月12日 (木)

ホーム開幕戦! トップリーグ第3節 パナソニック戦メンバー発表!

Photo
2013年度トップリーグ1stステージ 第3節パナソニックワイルドナイツ戦のメンバーが発表になりました。

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.田村 義和 4.大戸 裕矢 5.笠原 雄太 6.デウォルト・ポトヒエッター 7.三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.池町 信哉 10.大田尾 竜彦 11.徐 吉嶺 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.田中 渉太 15.五郎丸 歩

16.加藤 圭太 17.岸 直弥 18.山村 亮 19.八木下 惠介 20.モセ・トゥイアリイ 21.曽我部 佳憲 22.シアレ・ピウタウ 23.伊東 力

メンバーの入れ替わりは、PR3に第2節の影のMOM男、でんさん(田村)を起用。亮さんも先週の反省から『今週は見違えるくらいのスクラムを組んでいる。(慎さん・長谷川FWコーチ)』とのことですので、まずはFW戦で優位に立ち、パナソニックのハーフ陣にプレッシャーを与えたい。

ポトヒエッターもチームにも慣れ、コミュニケーションもしっかり(sign02)取れているので、第1節以上の活躍を期待sign01
モセをスーパーサブとして置いておけるところにチームの底上げを感じます。

Photo_2 Photo_3
コミュニケーションは、ボディランゲージと筆談(?)・・・。sweat02

BKは、FWにポトヒエッターを起用したことで、ピウタウから宮澤に変更されましたが、盤石の体制。早いボール廻しでパナソニックのディフェンスを打ち破ってほしい。

水曜日に練習を見学してきましたが調整は順調。

明日は、非公開ながらヤマハスタジアムでの調整が実施されるもよう。

ホームの利を活かして、7年振りの勝利を…。
Go! Go! Jubilo!!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

第3節パナソニック戦 ヤマハスタジアム情報

Yamasuta
第3節のパナソニック戦のイベント情報がヤマハオフィシャルHPにアップされました。

開門は、16:30と遅めになっていますので注意してください。(JRFU会員16:15)
(今まで、他会場が1時間前でもヤマスタは2時間前が基本だったのですが・・・。sweat01

ヤマハスタジアムでは、メインスタンド右側、バックスタンド左側(南側)がホームとなりますので、間違ってパナ側に行かないように・・・。coldsweats01

なお、オフィシャルHPには記載がありませんが、当日は見附天神で裸祭り があり、東名磐田ICから1号線に抜ける道路の一部(見附交差点)が交通規制されます。
(18:00~25:00通行止め)

ということで、来る時は大丈夫だと思いますが、帰りに東名を使って遠方に帰る方は、袋井IC(東京方面)もしくは浜松IC(名古屋方面)に抜けた方がいいと思います。

クルマのかたはお気をつけください。coldsweats01

ホーム戦、多くのかたのご来場をお待ちしてます!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

劇的逆転勝利で開幕2連勝! 第2節 リコー戦

Photo                    リコーの黒船、コラプシングで轟沈・・・。

トップリーグ第2節
9月 7日(土)19:00K.O. 
於 :鈴鹿スポーツガーデン
天候:くもり時々雨 / 弱風
レフリー: 平林 泰三

ヤマハ発動機ジュビロ 31-30 リコーブラックラムズ
3T2G4PG              3T3G3PG 
                              
 (前  半)         15-24
 (後  半)          16- 6

試合中はさほど気にならなかったものの、試合前に大粒の雨が降り芝生はスリッピーななかゲームスタート。
『負けるとしたら、こういう展開かと思ったが…』と清宮監督が振り返るように、前半は集中力を欠いたプレーが多かった。

Lo
前半1分、FB五郎丸のPGで3-0と先制するも、その後はロトアヘア、エモシ、ブロードハーストを擁するリコーFW陣の圧力にヤマハが密集での反則を取られてリズムをつかめない展開。
すると、11分にBK展開からCTB河野に中央にトライを決められて逆転。22分は、22m内中央やや右よりの相手ボールスクラムからSH池田のフェイントで簡単に前が開き、そのままギャップを突かれトライ。28分には、22m内ラインアウトで一瞬のすきを突かれクイックスローからBKにワイドに展開され、ディフェンスが対応できず左隅にトライ。その間のPGも含め、3-24と大きくリードを許す展開に…。

ヤマハとしてはBKに展開すれば、ゲインを切れている状況だったのでBK勝負の早い展開に持ち込みたいところだったが、それがようやく実を結んだのは33分、CTBマレの突破で相手ディフェンスの裏に抜けると、CTBピウタウにボールをつないでトライ。
前半終了間際にも大田尾からのパスを受けたHO日野がトライを決め、15-24と9点差まで詰めて前半を終了。

後半、先に点を取り差を詰めておきたいヤマハは、
8分にFB五郎丸がPGを成功させ、18-24。

この直後、PR3にベテラン田村投入してセットプレー安定を図るヤマハ。
それにより、スクラムでのリコーの反則が増えてくる。

12分にスクラムでのペナルティから五郎丸が左中間40mのPGを成功、20分、またもリコーはスクラムで反則、五郎丸が今度は右中間40mのPGを決め、ついに24-24の同点に追いつく。

残り20分、このままの勢いで相手を仕留めたいヤマハだったが、気持ちが空回りし、オフザゲート、オーバーザトップといった反則が多くなり、逆にリコーに2つのPGを献上。24-30と6点ビハインドで残り5分の攻防へ…。

35分、リコーがまたもスクラムで反則(コラプシングかな?)、ヤマハはゴール前のラインアウトを選択。そこからBKに展開し左右に振ったあと、最後はSO大田尾からパスを受けたCTBサウが左中間に飛び込みトライ。
難しい角度のゴールを五郎丸選手が決め、ついに逆転に成功sign01

残りは2分台の攻防、ヤマハは少しずつずらしながらラックを継続し、試合終了のホーンと同時に、SO大田尾がボールをメ蹴りだしノーサイド。
薄氷ながら開幕2連勝でホーム・ヤマハスタジアムへsign01

ミスは多かったですが、この天候ではミスはつきもの。
それを逆転するだけの地力がチームについたことをポジティブに喜びたいと思います。

あとレフリーが平林さんだったことも大きいかもしれません。
スクラムで、あそこまで大胆に(きちんと整然と)ペナルティ取ってくれるレフリーはなかなかいませんから…。coldsweats01

雨に濡れながら応援した皆さんお疲れ様でした。
リコーの動員による応援に数では劣りましたが、声では圧倒していたと思いますsign01

応援の声もきっと選手たちの後押しとなったはず…。good

なにより笑顔で帰路につくことが出来て良かったです。noteshine

来週はホーム・ヤマハスタジアムです。
今まで以上の応援で、パナソニックを圧倒しましょう!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月 5日 (木)

和製FW復活! トップリーグ第2節 リコー戦メンバー発表!

Photo                    愛世の爆発に期待!

2013年度トップリーグ1stステージ 第2節リコーブラックラムズ戦のメンバーが発表になりましたsign01

【ヤマハ発動機ジュビロメンバー】
1.山本 幸輝 2.日野 剛志 3.山村 亮 4.大戸 裕矢 5.笠原 雄太 6.フォラウ 愛世 7.三村 勇飛丸 8.堀江 恭佑 9.池町 信哉 10.大田尾 竜彦 11.徐 吉嶺 12.マレ・サウ 13.シアレ・ピウタウ 14.田中 渉太 15.五郎丸 歩

16.加藤 圭太 17.岸 直弥 18.田村 義和 19.八木下 惠介 20.モセ・トゥイアリイ 21.曽我部 佳憲 22.三角 公志 23.伊東 力

1節で足を痛めて途中交代したモセに代わって、愛世が入ったことで、トップリーグ創設時の強かったヤマハの代名詞だった和製FWが復活です。

今シーズンの愛世は、夏合宿でもBチームで試合に出ることが多かったですが、『若手を引っ張っていける選手』という首脳陣の判断もあってのこと。
Bチームでは常にゲームキャプテンを務め、チームを引っ張りBメンバーの底上げに貢献してくれました。happy01

外からみている限りでは体キレてましたし、負けたときに若手の選手以上に人一倍悔しがる熱い選手が愛世だったと思います。

そしていよいよ、Aチームでトップリーグの舞台へ…。
熱いプレーを見せてくれると思います。

モセは、控えに入っているくらいですので、大したことはありませんが様子見でベンチスタート。丸々1試合休養させられるくらいの試合展開になってくれることを期待します。happy01

試合の見所は、

FWでは、プロップの山本とリコー・長江のスクラムでのマッチアップ。
相手は日本代表ですがスクラムに関しては、山本に分があると思いますので、押し勝って代表入りのアピールをしてほしいところ。

BKでは、なんといってもマレとピウタウの息の合ったCTBコンビの変幻自在な攻撃。
2人の縦の突破からワイドに振れば、決定力のある徐、田中のWTB陣が控えていますので、開幕同様のトライラッシュに期待します。

2連勝で開幕ダッシュを!
Go!Go! Jubilo!!


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

リコー戦直前最終調整

Bodo
トップリーグ第2節リコー戦のメンバー発表を明日に控えて、大久保グラウンドで最終調整が行われました。

この日は、当日の試合開始時間(19:00)に合わせるカタチで18:30スタート!

これなら仕事帰りに練習を見学できます。

Photo_2
練習は、メンバーとノンメンバーのアタックディフェンスとFWとBK分かれての調整。

その後は、自主練・・・。

自主練は、20:00過ぎても当分終わりそうにないので、途中で帰って来ました。

当日のメンバーが分かるような写真は載せられませんが、調整は順調sign01

開幕連勝してホームに戻ることを期待します。

Go!Go! Jubilo!!

Ookubo_1


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

トップリーグ開幕戦は快勝スタート! 第1節 クボタ戦

Kubota1                    スクラムは終始安定! おいっオレンジ7番オフサイドやで!

トップリーグ第1節
8月31日(土)17:00K.O. 
於 :キンチョウスタジアム(長居球技場)
天候:くもり時々雨 / 強風
レフリー: 久保 修平

ヤマハ発動機ジュビロ 38-28 クボタスピアーズ
5T2G3PG              4T4G 
                              
 (前  半)         
2021
 (後  半)         
18 7

前半 ヤマハK.O.

 2分 キックオフののボールをキープして攻め続けるヤマハだったが、パスミスからボール奪われると裏へのキックで一気にゴール前に迫られる。ここで相手ボールラインアウトからモールを押込まれトライ。ゴール成功。(0-7)

 4分 ハイパントからの相手ラックを出足よく乗り越えオーバーすると、すぐに右展開しCTB宮澤がきっくでゴール前に転がしたボールをWTB田中が拾ってそのままトライ。五郎丸ゴール成らず。(5-7)

10分 22m外のペナルティでSH池町の早い仕掛けでゴール前に迫ると、FWで近場を攻めたあと右展開。五郎丸からのパスが繋がりWTB田中がトライ。五郎丸ゴール成らず。(10-7)

21分 22m付近ラインアウトからモールドライブ。最後はLO大戸がブレイクして飛び込みトライ。五郎丸ゴール成功。(17-7)

<ウォーターブレイク>

29分 ハーフウェイ付近ラックでのジャッカルからディフェンスの陣形が整わないうちに右展開されトライ。ゴール成功。(17-14)

34分 ゴール前連続攻撃から相手のペナルティ誘い、五郎丸PG成功。(20-14)

36分 自陣22mからのキックのターンオーバーから連続攻撃でゴール前に迫られると、FWの近場のラックサイド攻撃からBK展開されトライ。ゴール成功。(20-21)

<ハーフタイム>

後半 クボタK.O.

 2分 ゴール前ラインアウトから連続攻撃、中央ラックからパスアウトされたボールを受けたFLモセが相手をハンドオフでかわしながら飛び込みトライ。五郎丸ゴール成らず。(25-21)

 6分 6.モセOUT → 20.ポトヒエッターIN

13分 ゴール前ペナルティでスクラム選択。BKのスクラムからサインプレーで走り込んだWTB徐がボールを受けるとそのままトライ。五郎丸ゴール成功。(32-21)

21分 五郎丸PG成功。(35-21)

<ウォーターブレイク>

22分 2.日野OUT → 16.加藤IN
     3.山村OUT → 18.田村IN
    14.田中OUT → 23.伊東IN

24分 1.山本OUT → 17.長野IN

25分 12.マレOUT → 22.ピウタウIN

26分 五郎丸PG成功。(38-21)

30分 ハーフウェイ付近ラック、相手SHを捕まえかけるも体を入れ替えられると、縦に走り込んだ選手につながれトライ。ゴール成功。(38-28)

34分 5.笠原OUT → 19.八木下IN

<ノーサイド>

台風から変わった熱帯低気圧による影響で、8mを超える強風のなか風下でゲームスタート。キックオフから相手をボールに絡めさせることなく攻めるヤマハだったが、パスミスから自陣奥に攻め込まれると、ラインアウトからのモールでクボタ再昇格のご祝儀にトライを献上。しかし、その後のキックオフからあっさりトライを奪うと10分、21分にもトライを挙げ主導権を握る。
ここで一気にたたみかけたいところだったが、ウォーターブレイクが入ることで浮足立ったクボタを落ち着かせてしまう。。。
その後もどちらかというとヤマハが優勢にゲームを進めていたが、29分ラックジャッカル、34分キックターンオーバーからクボタにトライを奪われる。共にポジション的にはハーフウェイ付近ということで、強風の中でエリアをうまく取れず、高い位置でボールを失ったのが失点の原因か?
これにより、前半は20-21と1点ビハインドで折り返す。

後半は風上ながら、早めに逆転しておきたいヤマハは、2分にモセのトライで逆転(ボーナスポイント獲得)。13分にはゴール前ペナルティから強気にスクラムを選択してトライを取り切るなどチームの成長を垣間見る展開。
その後、トライこそ奪えなかったものの、五郎丸のPGで小刻みに加点し、クボタの反撃を後半トライ1本に抑えて、開幕戦勝ち点5と幸先のいいスタートsign01

クボタもフェーズを重ねてトライまで持ってくる力はあり、昇格組とはいえ侮れないと感じましたが、ペナルティ15個というところにトップリーグ2年間のブランクが・・。
トップリーグの展開に早く順応することが、上位に食い込むカギになるかも。catface

Kubota4_2              石倉監督が勝利の美酒に酔うのはいつ?

ヤマハは、ラインアウトにミスがあったのと、エリアマネジメントがもう少しうまく行けば、もっと楽な展開になったかなsign02 
強風下だったのでしょうがないね。次戦以降は修正してくれることを期待sign01 
 Kubota3              慎さんスッキリ甘いモヒートのような試合を頼みます。

MOMは、LO大戸。
『若手大戸の春先からの勢いを買うか、復帰明けベテラン八木下の安定を選ぶか』迷いどころではありましたが、大戸の選択は間違ってなかったですね。ヤマハOBの立命館大首脳陣(中林氏、冨岡氏)の前で喜び倍増ですね。

P.S.
試合のVTR見直したら、久保レフリーもスクラムで『オレンジの3番上げて!』と注意していて、思わず『よしよし』とうなずいてしまいました。
決して根拠の無いヤジはしてませんので大目に見てください。。。sweat01


にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。

ラグビー部門 2位 ありがとうございます!
全てはジュビロのために・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »