« 連敗のうっぷん晴らす8T快勝! 第7節 ヤマハ vs 九州電力 | トップページ | ヤマスタ観客動員 »

2012年10月22日 (月)

大金星逃すも雑草魂で魅せた! ヤマハB vs サントリーB

Photo_8          気迫のタックル 曽我部選手!

サテライト戦
10月21日(日)13:00K.O. 
於 :ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ

ヤマハ発動機ジュビロB 3535 サントリーサンゴリアスB
4T3G3PG               5T5G                                   
 (前  半)          
1721
 (後  半)           
1814

【ヤマハ発動機ジュビロ メンバー】
1.境川 久 2.日野 剛志 3.山川 侑己 4.大戸 裕矢 5.笠原 雄太 6.斉田 晃平 7.山路 和希 8.八木 鉄兵 9.小池 善行 10.曽我部 佳憲 11.伊東 力 12.宮澤 正利 13.遠藤 広太 14.田中 渉太 15.工藤 良麻

リザーブ:
前田 航平、加藤 圭太、野中 大輔、大山 晋弥、青木 元洋、越村 一隆、三角 公志、伊東 晋吾 

【サントリーサンゴリアス メンバー】
1.新田 浩一 2.鈴木 亮大郎 3.仲村 慎佑 4.田原 太一 5.ティム・ボンド 6.西川 征克 7.仲宗根 健太 8.小澤 直輝 9.芦田 一顕 10.ピーター・ヒューワット 11.大島 佐利 12.宮本 賢二 13.村田 大志 14.長野 直樹 15.竹本 竜太郎

リザーブ:
木下 博史、朴 淳彩、辻本 雄起、柳原 瑞樹

 今週急遽決まった一戦は、清宮監督、慎さん(長谷川FWコーチ)の古巣サントリーが相手。しかしBチームとはいえ、豊富なタレント揃いのスター軍団に対して、高校・大学と無名な選手が多く選手層も決して厚いとはいえない雑草軍団のヤマハ。
贔屓眼なファン目線でも勝敗度外視で『ヤマハのBチームがどこまで食い下がれるかが焦点といった下馬評でしたが…。

前半ヤマハK.O.
 
 2分 ゴール前ラックからBK展開、個人技でタックルをかわされトライ。ゴール成功。(0-7)

 8分 6 斉田OUT →大山IN (負傷一時)

 9分 敵陣10m付近中央から曽我部がキックパスが22m内右ライン際のWTB田中に渡るとそのままインゴールまで走り切りトライ。曽我部ゴール成功。(7-7)

13分 ゴール前ラックからBK展開、個人技でタックルをかわされトライ。ゴール成功。(7-14)

13分 斉田戻り

19分 22m外中央付近ペナルティ。曽我部PG成功。(10-14)

25分 ゴール前連続攻撃、ラックから飛びこまれトライ。(10-21)

38分 ゴール前ラック、ラックサイドをPR山川が潜り込みトライ。曽我部ゴール成功。(17-21)

<ハーフタイム>

6 斉田OUT → 加藤IN (加藤がHOへ、2.日野がFLへ)

後半サントリーK.O.

 7分 10m内中央付近ペナルティ。曽我部PG成功。(20-21)

11分 敵陣10m付近スクラムでプレッシャー、くずし掛けるもこぼれ球に対応したヒューワットが個人技でわずかにできたディフェンスの段差を突いて抜け出しそのままトライ。ゴール成功。(20-28)

12分  3 山川OUT → 野中IN
     12 宮澤OUT → 越村IN
     13 遠藤OUT → 三角IN

Photo_7 21分 ハーフウェイ付近ラインアウト、SO曽我部から角度をつけて内に切れ込んできたWTB田中にボールがわたると、そのままインゴール右スミに持ち込みトライ。曽我部ゴール成らず。(25-28)

25分 22m外中央付近ペナルティ。曽我部PG狙うも失敗。(25-28)

25分 9 小池OUT → 青木IN

26分 PG失敗後ドロップアウトで再開、そのキックリターンでSO曽我部がディフェンスをかわすと、WTB田中へのパスで一気にゴール前に迫ると、ラックからHO加藤が飛び込みトライ。曽我部ゴール成功。(32-28)

31分  1 境川OUT → 前田IN
    14 田中OUT → 伊東(晋)IN

33分 22m外中央付近ペナルティ。曽我部PG成功。(35-28)

42分 サントリーゴール前連続攻撃、最後ラックサイド潜り込まれトライ。ゴール成功。(35-35)

<ノーサイド>

Photo_9  王者サントリーがヤマハと練習試合を選択してくれるのは願ってもないチャンス。
前日のファン交流会では、 『まぁ観ていてください』と不敵に微笑む清宮監督、慎さん。
そして、もうひとり古巣との対戦に並々ならぬ闘志を燃やす選手がひとり…曽我部 佳憲選手。

 先制トライをされた後は、自ら味方を鼓舞するために闘志をむき出しにして吠えまくる。それでいながら冷静沈着に戦況を見つめキックパスでのトライを決めるなど、司令塔としてゲームをコントロール。勝敗へのこだわりを見せたのは前半19分。ペナルティで監督の『攻めろ!』の声にも冷静に迷うことなくPGを選択。その後も狙える位置ではPGで点差を詰める。古巣に対する思いは清宮監督以上だったのかもしれません。

 前日のトップリーグ公式戦に短いながら出場しており、当初は後半20分で交代の予定でしたが、そのパフォーマンスに、清宮監督も『曽我部、最後まで行け
 後半26分のトライでついに逆転すると場内の興奮は最高潮。終了間際には何処かを痛めてうずくまる場面もありましたが、気迫で立ち上がるなど最後まで闘志をむき出しのプレーで魅了してくれました。

Photo_10 Photo_11 タックル
Photo_12 Photo_13 タックル

その他にも、FWは全員でまとまって平均体重で上回るサントリーをスクラムで圧倒。粘り強いタックルでサントリーの猛攻をよく耐えたと思います。

惜しむべくは、最後の1プレーでトライを許し勝ち切れなかったこと。
それでも、Bチームがここまでのパフォーマンスを見せてくれたことでチーム全体に勢いをつくと思います。

トップリーグもまだ折り返し地点。
これからの清宮ヤマハの反攻に期待します!

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 
ラグビー部門 1位!!
全てはジュビロのために・・・。

|

« 連敗のうっぷん晴らす8T快勝! 第7節 ヤマハ vs 九州電力 | トップページ | ヤマスタ観客動員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大金星逃すも雑草魂で魅せた! ヤマハB vs サントリーB:

« 連敗のうっぷん晴らす8T快勝! 第7節 ヤマハ vs 九州電力 | トップページ | ヤマスタ観客動員 »