« 神戸製鋼灘浜グラウンド | トップページ | 明大 堀江選手がヤマハ入り表明 »

2012年7月 1日 (日)

春シーズン締め括り ヤマハvs神戸製鋼

Photo                    試合は土砂降りの雨の中…。

春季オープン戦
6月30日(土)14:00K.O. 
於 :神戸製鋼灘浜グラウンド
天候:雨

ヤマハ発動機ジュビロ 2017 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
4T                    3T1G                
 (前  半)         
15- 
 (後  半)          
 512

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.岸 直弥 2.日野 剛志3.山村 亮 4.西 直紀 5.トーマス デーリック 6.モセ・トゥイアリイ 7.三村 勇飛丸 8.フォラウ 愛世 9.小池 善行 10.大田尾 竜彦 11.中園 真司 12.マレ・サウ 13.宮澤 正利 14.田中 渉太 15.徐 吉嶺

リザーブ:
16.仲谷 聖史 17.境川 久 18.田村 義和 19.笠原 雄太 20.大戸 裕矢 21.ジェリー・コリンズ 22.池町 信哉 23.曽我部 佳憲 24.遠藤 広太 25.パトリス・オリビエ

神戸製鋼コベルコスティーラーズメンバー(神戸製鋼HPより)
1.山崎 基生 2.安江 祥光 3.山内 雅延 4.林 慶鎬 5.谷口 到 6.橋本 大輝 7.ジョシュ・ブラッキー 8.マパカイトロ パスカ 9.猿渡 知 10.クレイグ・ウィング 11.今村 雄太 12.南橋 直哉 13.ジャック・フーリー 14.大橋 由和 15.正面 健司
リザーブ:
16.村上 正幸 17.中川 昌彦 18.清水 佑 19.安井 龍太 20.前川 鐘平 21.佐藤 貴志 22.アンダーソン ネーサン 23.野田 創 24.山本 大介 25.小笠原 仁 26.田邊 秀樹

前半:神戸製鋼K.O.

 9分 右中間ゴール前スクラムをプッシュ。No.8愛世がブレイクしてSH小池-WTB田中とつないで右スミにトライ。大田尾ゴール成らず。(5-0)

13分 ハーフウェイ付近相手ラックこぼれ球に素早く反応してターンオーバーするとラインの整わない神鋼ディフェンスをCTBサウが突破。一気にゴール前に迫るとラックから右に大きく展開して最後WTB田中が右スミに飛び込みトライ。大田尾ゴール成らず。(10-0)

26分 ヤマハが上げたパントをクリーンキャッチされ、後ろからのフォローに選手につながれトライ。ゴール成らず。(10-5)

38分 ゴール前ラックサイドをSH小池が潜り込んでトライ。大田尾ゴール成らず。(15-0)

<ハーフタイム>

 1.岸OUT→仲谷IN
 2.日野OUT→境川IN
 3.山村OUT→田村IN
 4.西OUT→笠原IN
 7.三村OUT→大戸IN
 8.愛世OUT→コリンズIN(コリンズがFL、トゥイアリイがNo.8へ)
 9.小池OUT→池町IN
11.中園OUT→オリビエIN
12.サウOUT→曽我部IN(曽我部がSO、大田尾がCTB12へ)
13.宮澤OUT→遠藤IN

後半:ヤマハK.O.

10分 ゴール前ラインアウトからモールでトライ。ゴール成功。(15-12)

22分 14.田中OUT→中園IN

27分 ゴール前スクラムからNo.8モセがブレイクしてSH池町-WTB中園とつないで右スミトライ。遠藤ゴール成らず。(20-12)

41分 ゴール前での攻防。ペナルティから素早いリスタートでトライ。ゴール成らず。(20-17)

<ノーサイド>

試合前から降り出した雨が時折強く叩きつける中での一戦。
前半9分と後半27分のトライはスクラムからの必勝パターン。
前半13分はラックのターンオーバーから、前半38分もFWの接点での優位性から出来た穴を突いてのトライ。
SO大田尾も、雨の中無理に回さずにパントを多用するなどFWを前面にだすゲーム運びで7割方相手陣でゲームを進める展開。
接点でのFW戦で優位に立つヤマハが点差以上に実力差が見せつけた試合でした。

ただ、前半26分にボールキャリアの周りにヤマハの選手が2~3人いたのにタックルをかわされてトライされるなど80分のなかでフッと集中が切れるというか穴が出来る場面があることは反省点。後半30分過ぎにもペナルティからSH佐藤のタップキックからスルスルと抜け出されゴール前に迫られることも…。(ラストパスがノックオンで失点には至らず。)

それでも、『ディフェンスの裏に出てトライ貰ったと思ったら、どこからともなくタックラーが現れた…。』(試合後、神鋼SH佐藤談)と諦めずにしつこくディフェンスに行く姿勢は徐々に出てきているので、経験を積む中でチームが成長してくれればと思います。

Photo_2
シュガー(佐藤 貴志)は相変わらず元気。古巣のクセを見抜いていやらしいところを突いて来るなぁ。。。
『ヤマハFWのプレッシャーかなり受けました。』(笑)

春シーズンの試合はこれで締め括り。
1週間の束の間のオフ。
リフレッシュして、夏に更なる飛躍を期待します。

Photo_3 試合後の円陣。雨の中、傘をささずに熱く語る清宮監督。選手たちも充実感溢れる表情。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 
ラグビー部門4位
全てはジュビロのために・・・。

|

« 神戸製鋼灘浜グラウンド | トップページ | 明大 堀江選手がヤマハ入り表明 »

コメント

  あ・・・、か、勝ったのですか。(若干、放心状態)

  ジュビロが強くなったのか?神鋼が弱くなったのか?

  とりあえず、良かった。(やっぱり、放心状態)

  P・S 雨は・・・、私の日頃の行いが、悪かったのかもしれません。すみません。

  

投稿: 曽根崎あかね | 2012年7月 1日 (日) 11時38分

現地では、知り合いの神戸ファンが放心状態でした。

決着がつけられて良かったです。

この調子でトップリーグでも…。

投稿: まる@ここの管理人 | 2012年7月 1日 (日) 15時58分

大雨の中、お疲れ様でした!
スクラム惚れ惚れしました。格好よかった~!
本当にトップリーグが楽しみです♪

投稿: rum | 2012年7月 1日 (日) 20時26分

rumさん:
雨の中、九州からお疲れさまでした。
FWの威力を実際に見られてTL上位進出を確信されたんじゃないでしょうか?

夏で更なるパワーアップを期待しましょう!

投稿: まる@ここの管理人 | 2012年7月 1日 (日) 20時35分

遅レスすんません
私の好きなブロガーの観戦記でのことなんですが
日野選手の活躍が良かったと書かれてました。
ヤマハの新人は派手さはないけどシブい選手が多いので楽しみです。とのことです。
2本目の田中選手へのラストパスは彼で、目の前でした。

投稿: 英斗 | 2012年7月 9日 (月) 18時20分

日野選手は大学(同志社)時代から気持ちを前面に出す熱いプレーをしていたようですね。

おとなしいヤマハの中でチームを鼓舞するムードメーカー的存在になってほしいと思います。

投稿: まる@ここの管理人 | 2012年7月 9日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春シーズン締め括り ヤマハvs神戸製鋼:

« 神戸製鋼灘浜グラウンド | トップページ | 明大 堀江選手がヤマハ入り表明 »