« ヤマハ発動機ジュビロ新ジャージ | トップページ | 清宮監督インタビュー on 静岡新聞『S特』 »

2011年9月18日 (日)

プレシーズンマッチ NECグリーンロケッツ戦

Photo
プレシーズンマッチ NECグリーンロケッツ戦
2011年9月17日(土)18:00K.O.ヤマハスタジアム

ヤマハ発動機ジュビロ 3140  NECグリーンロケッツ
                    前 半  1919
                    後 半 1221

ヤマハ発動機ジュビロメンバー
1.長野 正和 2.加藤 圭太 3.田村 義和 4.笠原 雄太 5.デーリック・トーマス 6.フォラウ 愛世 7.三村 雄飛丸 8.モセ・トゥイアリイ 9.小池 善行 10.大田尾 竜彦 11.徐 吉嶺 12.タネ・トゥイプロトゥ 13.三角 公志 14.中園 真司 15.五郎丸 歩

NECグリーンロケッツメンバー
1.猪瀬 佑太 2.川村 慎 3.田中 光 4.廣澤 拓 5.ホッティー・ロウ 6.細田 佳也 7.ニリ・ラトゥ 8.土佐 誠 9.安 承爀 10.田村 優 11.瀬崎 隼人 12.森田 茂希 13.アンソニー・ツイタヴァキ 14.窪田 幸一郎 15.大東 功一

【前半】ヤマハ K.O.

 6分 NEC陣10mラックのターンオーバーのカウンターで大東トライ。田村ゴール不成功 (0-5)

 6分 6.細田 佳也OUT→ 20.宮本 誉久IN

11分 ヤマハ ゴール前ラインアウトからラック、近場近場をFWで縦に攻め、最後はトゥイアリイが飛び込みトライ。五郎丸ゴール不成功 (5-5)

17分 ヤマハ ゴール前ラックからBKにつなぎ五郎丸縦に切れ込みトライ。五郎丸ゴール成功 (12-5)

22分 ゴール前ラインアウトからモール、ブラインドサイドを突かれ川村トライ。田村ゴール成功 (12-12)

26分 22m外ラックからパスアウト、田村がディフェンスのギャップをついてトライ。田村ゴール成功 (12-19)

36分 22m外ラックサイドを小池が突き、そのままトライ。五郎丸ゴール成功 (19-19)

<ハーフタイム>

ヤマハ
 3.田村 義和OUT→ 17.山村 亮IN
14.中園 真司OUT→ 24.田中 渉太IN

NEC
 2.川村 慎OUT→ 17. 山本 貴治 IN
 3.田中 光OUT→ 18.土井 貴弘IN
 5.ホッティー・ロウOUT→ 19.ディーン・バッドIN
14.窪田 幸一郎OUT→ 26.首藤 甲子郎IN

【後半】NECキックオフ

10分 12.森田 茂希OUT→ 24.櫻谷 勉IN

12分 8.土佐 誠OUT→ 21.日高 健IN

15分 キャリーバック後の5mスクラム。スクラムにこだわり続け認定トライ(コラプシング繰り返し)、五郎丸ゴール成功。(26-19)

15分 1.猪瀬 佑太OUT→ 16.吉村 尚人IN

18分 22m付近ラックからパスアウト、田村が切れ込んでトライ。田村ゴール成功。(26-26)

20分 5.デーリック・トーマスOUT→ 19.ジェリー・コリンズIN
     6.フォラウ 愛世OUT→ 18.八木下 惠介IN
     7.三村 勇飛丸OUT→ 20.串田 義和IN
    13.三角 公志OUT→ 23.宮澤 正利IN

28分 ゴール前ラインアウトからモールを押し込み岸トライ。五郎丸ゴール不成功。(31-26)

34分 ヤマハ自陣から攻めるもノックオンのボールを拾われ田村トライ。田村ゴール成功。(31-33)

36分 キックオフのボールにジャンプして働きかけたNEC選手に対しての危険なタックルで、笠原、コリンズの2選手が同時にシンビン。

39分 ディフェンス裏ゴール前へのゴロパントを拾われ首藤トライ。田村ゴール成功。(31-40)

<ノーサイド>

スクラムでのトライ(認定)、ラインアウトからモールでのトライなどFWのセットプレーは安定していたと思いますが、ポイントへの寄りが遅かったように感じます。接点で勝てる力がありながら集散で食いこまれて、要らないミスが出ていました。
また、春からこだわっていた0チャン、1チャンの近場で人数はいながら抜かれてしまっていることに大いに反省してもらいたいと思う。

BKのほうは全体的に練習が少なすぎじゃないですかね。FWと別れた後の練習プログラムはちゃんと用意されているのか?何も組織的な練習をしていないように思えるが…。

五郎丸のコンバージョンも3/5と精度悪かったね。最近キック練習をしていなかったから当然の結果だと思う。

猛省する機会を与えてくれたNECに感謝しないと
いけないな。

清宮監督
「矢富とサウという突破役がいない中で、いろいろと試すことができた。特にFWの進化は目覚しいものがある。強みを作ることに春から取り組んできたが、さらなる強みがでてきたのは収穫だ。ただし、同じ選手(NEC田村選手)に3つもトライを許したのは、反省しないといけない」

串田主将
「練習試合とはいえ、勝負にこだわっていたので、負けたことは本当に残念です。この時期にNECさんと真剣勝負ができ、自分たちの課題がより鮮明になったので、その課題をしっかりとトップリーグ開幕戦までに修正していきたいと思います」

五郎丸ゲームキャプテン
「攻めている時と、トライまでもう少しという場面での反則が多いのが反省点。小さいミス、細かいこと、ここをしっかりとフォーカスし、ミスがないように精度をあげて、取り組んでいきたいと思います」

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 
ラグビー部門6位。
新生ヤマハジュビロのためにがんばろう。

|

« ヤマハ発動機ジュビロ新ジャージ | トップページ | 清宮監督インタビュー on 静岡新聞『S特』 »

コメント

今年も失点が多くなりそうな予感がします。得点力は上がりそうですね。チームのまとまり具合は如何なものでしょうか。

投稿: 金王坂 | 2011年9月18日 (日) 23時36分

清宮監督の言うように縦に出れる矢富&マレがいなかったので、トップリーグではもう少し得点は出来るのではとおもっています。
迷ったらFWに戻して体制を立て直せるという強みが出来たのが大きいですね。

ディフェンスはもう少し組織的な防御網が必要だと思います。

チームのまとまりは代表にメンバーを取られていないので上位チームに比べればまとまりはあると思います。

今年は早目に上位との対戦を終わらせられたチームが有利になりそうですね。

投稿: まる@ここの管理人 | 2011年9月19日 (月) 17時55分

  月曜日、夕方ここを見させて貰って、目が点。
  ありゃ、負けたんですか。
  
  春からの、新チームでの練習の成果って、どの位出ているのか・・・って、何か不安になってきましたよ。

  見ていないから、余計に怖いというか、不安というか。

  見ているほうの見解って、どう感じられましたか?
見ている皆さん。

投稿: 曽根崎あかね | 2011年9月19日 (月) 17時57分

そういえば、最後に二人同時にイエロー貰いましたが、なんでだかわかりますか?
二人同時なんて始めてみました・・・ 

投稿: Yaji | 2011年9月22日 (木) 19時27分

あっ、すいません、書いてありましたね。
二人とも危険なプレーだったのですか・・・
コリンズ選手はわかったのですけれど・・・笠原選手もですか。

投稿: Yaji | 2011年9月22日 (木) 19時30分

たぶんコリンズが上、笠原が下?
空中でタックルに入ったということでは?

投稿: まる@ここの管理人 | 2011年9月22日 (木) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレシーズンマッチ NECグリーンロケッツ戦:

« ヤマハ発動機ジュビロ新ジャージ | トップページ | 清宮監督インタビュー on 静岡新聞『S特』 »