« グラウンドキーパーのお仕事 | トップページ | 2011年度ヤマハラグビースクール募集開始!! »

2011年3月 9日 (水)

プロ野球投手の父を持つラガーマン

Kaku_001 3月8日付の中日新聞スポーツ欄の『クローズアップ』に、明治大・WTBの佳久 創選手が取り上げられていました。

佳久 創選手のお父さんは、元・中日ドラゴンズの炎のストッパー 郭 源治投手(現在は日本国籍を取得して、佳久 源治さん)。

当然、大投手の家庭では、球技イコール野球。小学校3年生から地元・名古屋のチームで野球をはじめたのも自然の成り行き。『投手になってほしくて』父も期待した。そんな父の願いとは裏腹に少年の心は野球から離れていく。

投手になれず、出場しても外野で下位打線。『足も速くてパワーもあったが、野球はそれだけじゃないからねぇ。』
ついに中学で野球部を退部。

何かスポーツをしたいと考えながらも答えが出せずにいたところで楕円球に出会う。
きっかけは、落とした財布を届けてくれたラグビー部顧問からの誘い。
『どこまでも全力で走れたし、ボールを前に放れないのも予想以上に楽しくて。』
野球と全く違うルールに秘めた才能が呼応した。『父譲り』のスピードとしなやかさは、自由に駆け回れるグラウンドで輝いた。

185cmの長身ながら50m走6秒1。激しい接触が前提のラグビーで速くて大きいのは有利だ。体のしなやかさも持ち味。

日本代表WTBだった明大・吉田 義人監督は、
『あの走りは持って生まれたもの。まねできない。』

父から時々「野球をやっていればね」と冗談交じりに言われると「悪かったなあって」。
でもラグビーで郭 源治に追い付きたいんです。』

来季は郭 源治投手のような派手なガッツポーズを
何度もできる活躍を期待したいですね。


佳久 創選手プロフィール
1990年10月28日 名古屋生まれ。
愛知高3年で7人制東海選抜、全国大会準優勝。
昨年11月、24歳以下で構成される7人制日本選抜でスリランカ国際大会出場。
同12月、大学選手権1回戦で公式戦デビュー。3試合で2トライ。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 
ラグビー部門4位。  
新生ヤマハジュビロのためにがんばろう。

|

« グラウンドキーパーのお仕事 | トップページ | 2011年度ヤマハラグビースクール募集開始!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/51077580

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球投手の父を持つラガーマン:

« グラウンドキーパーのお仕事 | トップページ | 2011年度ヤマハラグビースクール募集開始!! »