« 立て直しへ・・・。11月のスケジュール公開 | トップページ | 【限定発売】がんばれジュビロ磐田缶ゲット! »

2010年10月27日 (水)

夢語り事業@磐田市・磐田南小

001_3 夢の大切さ熱く訴え
 
ヤマハ発 ラグビー選手ら講演 磐田南小
           (中日新聞10月27日付)


ウィンドウマンスに入り、今週いっぱいは練習はオフのようですが、磐田市内の磐田南小にて、6年生を対象に『夢語り事業』として、ヤマハ発動機ジュビロの矢富 勇毅選手と中園 真司選手が講演を行ったようです。

矢富選手:
子どもの頃は、何かひとつでも一番になりたかった。
ラグビーと出会ってからは細かく設定した目標をひとつひとつクリアしていくことで日本代表にまで上がれた。
しんどいし、痛い思いをすることもあるが、ラグビーをしているときが一番楽しい。

中園選手:
小学1年生からラグビーをはじめて、ラグビーを通して全国各地に仲間がたくさんできた。ラグビーは自分の人生に無くてはならないもの。

と語り、自分の夢を見つけることの大切さを訴え、 『夢の実現に向かって頑張って欲しい』と呼びかけたようです。

仕事の合間を縫っての講演お疲れ様。
子どもたちもトップリーグ選手の話を聞くことで、ラグビーも身近に感じてくれるといいのですね・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中!
たまにポチッと押してもらうとうれしいです。
 
ラグビー部門3位!
新生ヤマハジュビロのためにがんばろう。

|

« 立て直しへ・・・。11月のスケジュール公開 | トップページ | 【限定発売】がんばれジュビロ磐田缶ゲット! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢語り事業@磐田市・磐田南小:

« 立て直しへ・・・。11月のスケジュール公開 | トップページ | 【限定発売】がんばれジュビロ磐田缶ゲット! »