« 後を継ぐ者のために・・・。 | トップページ | ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止報道 (その後) »

2009年11月18日 (水)

ヤマハイズム 魂の継承

Sr400_2
ヤマハ発動機ラグビー部が「プロ契約」を廃止し、正規社員選手だけのチーム体制で来季以降臨むことを発表した同じ日に、SR400というオートバイの復活のリリースが出されました。

SR400は1978年発売以降30年以上の間、全体のシルエットをほとんど変えることなく作り続けてきたモデル。空冷単気筒、始動はキックのみとシンプルな構造、これこそがオートバイらしいオートバイなのかもしれません。ただ古いだけでなく、細部を熟成し、時代の変化とともに新しい技術を巧みに織り込みながら、変えるべきは変え、こだわるべき部分の軸はブレず…。ヤマハを語る上で外すことのできないオートバイのひとつ。
そんなモデルも新排ガス規制をクリアできないことから昨年販売が中止されました。

しかし、1年あまりの歳月を経てキャブレターからFI(フューエルインジェクション)に換装することで蘇りました。

その時の話として、
『あくまでも仮定の話ですが……排気ガス規制をクリアするだけなら、キャブレターで(販売中止期間を設けず)できたかもしれません。でもSRは、これからもずっと作り続けるモデルです。そう考えると、未来のためにこのタイミングでFI化しなければならないと考えました。新SRは、未来に向けて進化しながらも、SRとしての深化もできた。開発に携わった全てのスタッフがそう感じています。』
という一節がSR Cafeの開発ストーリーに載ってます。

ヤマハラグビー部もたぶんそんな時期なんだと思います。

ヤマハラグビーが次へのステップのための体制見直しであると信じたいです。
彼らが外国人選手だけに頼らないニュースタイルのラグビーを確立してくれることを願います。

ヤマハイズムを汲むものとして・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ ←↑ランキングエントリー中! ラグビー部門1位。
ヤマハジュビロ存続のためにがんばろう。

|

« 後を継ぐ者のために・・・。 | トップページ | ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止報道 (その後) »

コメント

ニュースタイル!

私は信じます!!! rock

いや、オールドスタイルなのかも、SRと同じく。関西リーグのときのようにbearing

投稿: Yaji | 2009年11月18日 (水) 23時20分

ヤマハってオートバイ業界でも、他のメーカーがやらないことを平気でヒョイっとやってのけてしまうメーカーだと認識してます。

ラグビー界においても、和製チームでもトップリーグで十分闘えることを証明するチームになってほしいです♪

投稿: Iwata.R.F.C | 2009年11月19日 (木) 18時38分

このNewSRの価格…知ってる?
従来型から9万円もの値上げ。
SRに60万円近くも払うか…?

投稿: sam | 2009年11月19日 (木) 19時21分

Yajiさん:

トップリーグがはじまったときは、和製FWで名を馳せたチームです。
彼らなら絶対やれますよ!

投稿: まる@ここの管理人 | 2009年11月19日 (木) 20時40分

Iwata.R.F.C さん:

>他のメーカーがやらないことを平気でヒョイっとやってのけてしまうメーカー・・・。

そうですね。そして逆境をはねのけてきました。
ラグビー部にもそのDNAが息づいているはず!

投稿: まる@ここの管理人 | 2009年11月19日 (木) 20時43分

sam さん:

確かに高くなりましたね。
ここ数年の排ガス規制強化に対応するためにオートバイの価格が上がったのに加え、不況で暮らしに余裕が持てない時代。
趣味財のオートバイが手に届きにくいものになってしまいました。

ビグスクのマジェも70万円・・・。

クルマより燃費もいいし、渋滞解消に役立つのだからクルマのようなエコカー減税は出来ないんですかね?

投稿: まる@ここの管理人 | 2009年11月19日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/46798431

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハイズム 魂の継承:

« 後を継ぐ者のために・・・。 | トップページ | ヤマハ発動機ジュビロ「プロ契約」廃止報道 (その後) »