« タグラグビー練習会 9/16 | トップページ | 初メンバー入り! 越村一隆 »

2009年9月17日 (木)

軌跡 薫田真広

001 中日新聞のスポーツ面で昨日(9/16付)から

『軌跡 薫田真広』

という連載がスタートしています。

薫田氏といえば、90年代のラグビー日本代表フッカーであり、トップリーグ最強軍団東芝ブレイブルーパスの前監督としてもおなじみ。

現在は日本ラグビー協会の競技力向上委員会の一員として若手の指導をしています。

そんな薫田氏のラグビーの出会いから現在までの道のりをたどる内容だそうです。

第1回は、『W杯の日本開催』
第2回は、『2人の恩師』


について語っています。その中で、

『(若い世代は)U-20に選ばれたことに満足している選手が多い。ラグビーに限らず今の若者は夢を持っていないように感じる。若い選手を見れば見るほど育成の不安がつきまとう。』

『(自身の経験を踏まえ)痛みを感じるのも時間が解決してくれる。タックルに入る場合、自分の体の弱いところで当たると痛いが、体の強い部分、硬い部分を当てると痛くない。その辺りをきちんと教えると、「全然痛くない」というようになる。恐怖心を取り除き安全だと分かってもらえればいい。』

などといったことも言っています。

機会がありましたら読んでみてください。

|

« タグラグビー練習会 9/16 | トップページ | 初メンバー入り! 越村一隆 »

コメント

第10回まで楽しみに読みました。薫田さんの一年下で 専修で対戦してるんですが、やはり当時から凄い方でした。自分より身体小さい方でしたが、自分が押し負けてました。
是非ジャパン監督を 日本ワールドカップで努めてください。今からワクワクしてます。

投稿: みのる | 2009年9月25日 (金) 17時53分

今日で連載が完結してしまいましたね。

実績があるかたなので、どんどん協会にモノ申してもらいたいですね。

また、ファンにももっと語りかけてもらいたいと思います。happy01

投稿: まる@ここの管理人 | 2009年9月25日 (金) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/46237101

この記事へのトラックバック一覧です: 軌跡 薫田真広:

« タグラグビー練習会 9/16 | トップページ | 初メンバー入り! 越村一隆 »