« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

タグラグビー交流会トーナメント

Photo

先日のトップリーグ第4節のヤマハ発動機ジュビロホンダヒートの前座としてタグラグビーの交流会がヤマハスタジアムのピッチ上で行われました。

“まる”も職場の部内チームで参加。

交流会は今までもあったけど、今回からチャンピオンシップが新設され12チームによる本気モードのトーナメントも開催。ウチらもチャンピオンシップに参加。

1回戦の相手は、堀川前監督、ラグビー部OBのたまお、サンコンを擁する優勝候補の一角と目されたチーム。
(しかし、最高の芝の上で、元トップリーガーとの対戦とは贅沢だね。happy01 )

Photo_2 しかも、この日はゴール前でのナイスタグ連発で相手に得点と許さず。

3-0で完勝!

しかし、2回戦で今回優勝したチームに5-3で敗戦。チームのローテーションで自分は試合に出なかったので余計に残念。。。

12月19日のサントリー戦でもまた交流会があるようなので次こそは頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月28日 (月)

東海サテライトリーグ 中部電力戦

Photo
↑ 課題の密集戦

9月27日(日)16:00K.O.
於:ヤマハ発動機大久保グラウンド
天候:晴れ
グランドコンディション:良

ヤマハ発動機ジュビロ 95- 7 中部電力
9T7G                    1T1G
   (前   半)    57- 
   (後   半)    38- 


ヤマハオフィシャルサイト間違ってます・・・。

ヤマハ発動機ジュビロメンバー (*当日配布メンバー表より)
1.朴 誠球 2.高木 貴裕 3.境川 久 4.八木下 恵介 5.笠原 雄太 6.八木 鉄兵 ⑦.梶村 真也 8.デーリック・トーマス 9.岡 健二 10.越村 一隆 11.辻井 厚之 12.中島 拓也 13.井本 克典 14.徐 吉嶺 15.津高 宏行 16.高木 重保 17.岸 直弥 18.西 直紀 19.小林 訓也 20.河本 明哲 21.佐藤 貴志 22.ワイサキ・ソトゥトゥ

中部電力メンバー (*当日配布メンバー表より)
1.出口 悠輔 2.佐伯 卓哉 3.麻生 晋太郎 4.藤咲 友輔 5.桐田 大 6.三根 大介 ⑦.伊勢田 長裕 8.山内 康史 9.古賀 慧 10.川崎 大造 11.高木 新平 12.高山 翔太 13.下嶋 智也 14.稲田 諒介 15.木島 大祐 16.諸隈 卓也 17.柳川 雄大 18.米田 晶彦 19.亀井 崇 20.山本 竜也 21.工藤 仁志 22.宮崎重史


所用があって後半のみの観戦でしたが、前半のスコアだけ見ても実力差がかなり伺える相手ということで、どれだけミスなく試合をコントロールできるかということを主眼に試合を見ていましたが・・・。

FW戦では圧倒するものの密集内での反則が目立ちました。
またBKに回してもきれいに外まで回らずに個人技で強引に突破する場面が多かったように思えました。実力差を考えるとフラストレーションがたまる内容でした。

また、95点目以降ノーサイドまでの10分弱?の間追加点を奪えず、逆に連続ペナルティでゴール前押し込まれて終了間際にトライを献上するなど前日のホンダ戦に続き後味の悪い幕切れ。

ペナルティが多いのはルール改正に対応しきれていないから・・・?
チーム内での徹底を望みたい。

PS
今日はサキ(ワイサキ・ソトゥトゥ選手兼任コーチ)が後半20分程度WTBで出場。
やはり存在感を感じます。smile
(ちょっとピンぼけですが・・・。sweat02
Photo_2Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス100,000突破!!

100000

26日に当ブログのアクセスが100,000を突破しました。shine

『まる≠楕円・・・?』を休止してブログ再開後3年半での大台到達です。

これからもよろしくお願いします。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

2009-2010 TL 第4節 ホンダヒート戦

Photo
9月26日(土)18:00K.O.
於:ヤマハスタジアム
天候:晴れ
グランドコンディション:良
レフリー:麻生 彰久

ヤマハ発動機ジュビロ 2520 ホンダヒート
3T2G2PG                 2T2G2PG
   (前   半)    
18 6
   (後   半)     
14

得点経過
前半 
ホンダK.O.

7分   ホンダ    嶋  将一    PG    0- 3
9分 ヤマハ   中園真司  T    5- 3
10分 ヤマハ  五郎丸歩  Gx    5- 3
21分 ヤマハ  五郎丸歩  PG  8- 3

26分  ホンダ    嶋  将一    PG    8- 6
29分 ヤマハ  五郎丸歩  PG  11- 6
37分 ヤマハ  加藤圭太  T    16- 6
38分 ヤマハ  五郎丸歩  G    18- 6
40分 ヤマハ  五郎丸歩  PGx 18- 6

後半 ヤマハK.O.
4分  ホンダ    嶋  将一    PGx  18- 6
13分 ヤマハ  ダンカン    T    23- 6
14分 ヤマハ  五郎丸歩  G    25- 6

38分 ホンダ    山田章仁  T     25-11
38分 ホンダ    小西大輔  G    25-13
40分 ホンダ    木村允彦  T    25-18
40分 ホンダ    小西大輔  G     25-20


試合を通してチームが何をやりたいのか分からないゲームでした。。。
なんでハイパントで簡単にボールを手放すのだろうsign02 ハイパントで競っても現状でもあまりボール取れていないし。。。

またFWの寄りは相変わらず相手より一歩遅く感じます。FWの寄りが遅いから、密集でのノットリリースなどの反則が多発。格下と思われた相手に16個ものペナルティを取られていたら、そりゃペース握れませんって。
もっとシンプルに展開してゲインを切り、2次3次とFWが人数掛けずにボールをキープしてフェーズを重ねられないと上位との対戦ではキツイと思う。

それかセットプレーはラインアウト、スクラムとも安定しているので、セットからサインプレー or 個人技なんだろうけど、マレ・サウの欠場が痛い。出れない選手を当てにしてもしょうがないけど・・・。

今季のトライ6本中3本はWTBのスピードを活かしてのトライ。もっとWTBにボールを持たせるようなラグビーを目指してほしいと思う。ホンダ戦でもWTBに回せばかなりゲイン切れてたし。。。そういった意味ではWTBはシンジ(中園 真司選手)とブンタ(徐 吉嶺選手)、それか今季まだメンバー入りしてないけど辻井 厚之選手、スピードある選手に任せたい。
カオル(松下 馨選手)はいい選手だけど、本職はFB。WTBで使っても彼の持ち味は活きていない。ゴロー(五郎丸 歩選手)のプレースキックも魅力で、両方の選手を使いたくなるのだろうが、どちらか調子のいいほうをFBとして使い、片方はリザーブにしたほうがいいと思う。

次節は2週間後の戦。
昨年のようなノーガードの打ち合いにならないように、特にSH金の動きと重光-将太郎のコンビに翻弄されないようにしないと。。。そのためには自分たちのゲームプランを明確にして試合に臨んでほしい。

なかなか調子の上がらない中、1週開くことをポジティブに考えて次節に臨みたい。

PS
Photo_2 ホンダ戦でホンダ応援団を統率しているかたから試合前に挨拶されました。
エールを交換したいということで快諾。
選手紹介のアナウンスのあとにエールの交換をしました。
あと、『トップリーグの応援にしきたりはあるんですか?』と聞かれました。
まぁ、ウチもはじめのころは色々叩かれましたからね。。。
色々やってみて少しずつ変えていきゃいいんじゃないですかね?

最近は苦情も言われないし・・・。smile

東海地区同士、しかも本業でもライバル。
ラグビーでも良いライバル関係を作っていきましょう
sign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

今季初スタメン! 中垣裕介

001002






明日のトップリーグ第4節 ホンダヒート戦のメンバーです。

☆ホンダ戦メンバー☆
1仲谷、2加藤、③山村、4ダンカン、5石神、6ソーン、7串田、8木曽、9矢富、10大田尾、11中園、12マッコイド、13中垣、14松下、15五郎丸、16高木、17朴、18小林、19トーマス、20佐藤、21越村、22徐

Photo_2 明日は、CTBでガッキー(中垣 裕介選手)が初先発。shine

東芝戦のレポートでたまたま取り上げさせてもらいましたが、調子は万全ながら試合に出る時間が少なくて本人もウズウズしてたと思いますので、スタメンで思う存分暴れてもらいましょう。dash

ガッキーの場合、張り切り過ぎての怪我が怖いんだけど・・・。coldsweats01

明日は、同じ部署の仲間として精一杯応援させていただきます。good

カードは貰っているけど、まだサイン貰ってないや。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

タグラグビー練習会

Tag_0924

今日は、会社の就業時間後にタグラグビーの合同練習会。

トップリーグ第4節のヤマハ発動機ジュビロホンダヒートの前座で行われるタグラグビー交流会前の最後の練習ということで、12チームも集まった。

コート2面で試合形式だったけど、参加チームが多くて3試合しかできなかったので消化不良気味・・・。

この日は2勝1分けでした。up
1分けの試合はタグ取り損ねて足引っ張ったかな・・・sign02
トライは取ったんだけど。。。sweat01

当日はチャンピオンシップで12チームのトーナメント。

頂点目指して頑張ろう!
でもまずは怪我がないように・・・。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

百年旅行 明日に紡ぐメッセージ

Photo

昨日に続き、番組紹介です。

BS4 BS日テレで毎週金曜日22:30~23:00に放映中の

百年旅行 明日に紡ぐメッセージ

の9/25(金)放送で、

<芝生が繋ぐ夢~クラブと街の願い~> 磐田市&ジュビロ磐田

として、磐田市の小・中学校グラウンド芝生化事業が取り上げられるようです。

番組概要:
Jリーグの名門、ジュビロ磐田。そのホームタウン静岡県磐田市。

チームとヤマハスタジアムは、街のシンボルであり、選手たちは子どもたちの憧れ。
ジュビロ磐田は、Jリーグ百年構想の理念のもと、子どもたちに芝生の上で運動する楽しさと喜びを伝えている。

子どもたちが芝生の上で遊ぶ楽しさを体験できる場所・・・
磐田市は、平成16年から、”校庭の芝生化”への取り組みを始めた。
その成果として、今では、市立小中学校33校のうち、半数の17校の校庭に、緑の芝生が広がっている。

これらの校庭の芝生は、ジュビロ磐田の選手たちが駆け巡り、緑に輝くヤマハスタジアムの天然芝。ヤマハスタジアムの芝を刈り、密集した根の部分を抜き取ったコアと呼ばれるものが、磐田市内にある学校の校庭の芝生の素となっている。
選手が駆ける緑輝くピッチが街中に広がり、ジュビロと街の人たちの繋がりをより深く結んでくれている。

ある市内の小学校。選手と共に”蒔き芝”を行った校庭には、芝生が敷き詰められるようになった。その緑の絨毯の上で、子どもたちの運動会が開催され、裸足で演武する児童たちは、皆誇らしげな顔をしている。

芝生の上を思い切り駆け回り、その喜びを体全体で表現をする子どもたち。
その笑顔をもっと多くの子どもたちに広げていくため、Jリーグは応援していく。

といった内容。是非ご覧ください。

番組紹介はこちら

って、ウチはBS日テレ観れないんだよなぁ。sweat01 
だれか録画して~!coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

スタジアムへキックオフ

002

スカパーのガイド誌より。

10月9日よりサッカーJリーグ公認の『スタジアムへキックオフ』という番組が
Ch277の旅チャンネルで始まるようです。(22:00~22:30)

ファンにとってスタジアム観戦は格別なもの。地元密着のJリーグの各スタジアム周辺には、サポーターの集う店などの名物スポットが必ずあるもの。そこにフォーカスを当て、Jリーグ鬼武健二チェアマンの指令で毎回1つのスタジアムを紹介するという番組のようです。

ナビゲーターは、元日本代表のテルこと岩本輝雄氏とサッカー実況のカリスマ・元NHKアナの山本浩氏。

第1回は 川崎・等々力(川崎フロンターレ)
第2回は カシマスタジアム(鹿島アントラーズ) とのこと。

001 鬼武チェアマン:
『Jリーグの経済効果を調査したある研究で、Jリーグは地域の無形文化財という言葉をいただきました。スタジアムに向かう家族連れ、お孫さんとの応援を楽しみにしているお年寄りの声を聞くと、もっと地域に愛される存在にならなくてはと感じます。
応援はもちろん、地元の名物、名所、美味しい食べ物や人の出会いなど、観戦を何倍も楽しいものにしていただければ、番組の“司令塔”としてもうれしいですね。』


翻って、ラグビートップリーグは・・・。

個人的には2019のW杯に向け、もっと地域密着型の活動で草の根からファンを開拓する必要を感じます。

以前、ヤマハスタジアムで
『ラグビー初めて見たけど面白かった! 次はいつあるんですか?』
と聞かれたことがありましたが、ヤマスタは年2~3試合しかなく、そのシーズンはもうヤマスタでの試合は無し・・・。せっかく興味を持っても、次は来年。その間に興味は薄れ、次年度また1からファン開拓のやり直し。なんてこともありました。。。

やっぱり、秩父宮、花園集中開催よりも、
ホーム&アウェイ方式をとるのが重要かと…。

日本ラグビー協会関係者には是非とも観てもらいたい番組です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月21日 (月)

2009-2010 TL 第3節 東芝ブレイブルーパス戦

Photo
9月20日(日)13:00K.O.
於:月寒屋外球技場
天候:晴れ(弱風←協会発表 すんごい風強かったんですけど…typhoon
グランドコンディション:良
レフリー:大槻 卓

ヤマハ発動機ジュビロ 1527 東芝ブレイブルーパス
2T1G1DG                 4T2G1PG
   (前   半)    
 512
   (後   半)    
1015

得点経過
前半 
ヤマハK.O.

7分  東芝     ベイツ    T      0- 5
7分  東芝     ヒル    G      0- 7
12分  東芝    仙波      T      0-12
12分  東芝    ヒル     Gx     0-12

39分 ヤマハ 大田尾  T    5-12
39分 ヤマハ 五郎丸  Gx   5-12

後半 東芝K.
2分  東芝      廣瀬     T      5-17
2分  東芝     ヒル     Gx     5-17
11分  東芝     ヒル     PG    5-20
14分 東芝     ベイツ   T     5-25
14分  東芝    ヒル     G      5-27

21分 ヤマハ 大田尾  DG   8-27
24分 ヤマハ 中園    T   13-27
24分 ヤマハ 五郎丸  G   15-27

うーん。決して東芝のFWにヤマハFWが負けていたとも思えないんだけど、あれだけミスが出てしまうと…。
ヤマハの失トライはすべてヤマハのミスから。ミスはしょうがないにせよ、前後半ともに入りの部分でミスから失点を許してしまうと格上相手には勝てない。
前半終了間際に強風下の風下で耐えに耐えた後に1トライを返して後半を迎えただけに、後半開始のキックオフでのミス、それを付け込まれてのトライは特に痛かった。
後半風上で優位に試合を進められると思っていただけに…。

相手のミスは必ず得点に結び付けられるところが東芝の強さであり、インゴールまで攻め込みながらトライできないところがヤマハが上位に食い込めない理由なんだろうなぁ。

それでもチーム状態は悪くはないので、まずは一勝を・・・。

第4節はホームのヤマハスタジアムでホンダヒート戦
今シーズン昇格したチーム、しかも同じ東海地区、同業企業とあっては負けられません。

Photo_2今日のベストショット:
ガッキー(中垣 裕介選手)

後半36分からの出場。
『5分じゃ何もできませんでした…。』

たしかにボールタッチは1回だけでしたが、
献身的なタックルでチームに貢献してました


PS
今回、北の大地でも色々な方に声かけていただきました。

Photo_3 函館からは七飯高校出身の笠原 雄太選手のご両親。
お父さんはWR250Fでエンデューロレースをされているとか。
スポーツマン一家です。。。クルマで5時間かけての札幌入りとか・・・。北海道は広いですね。
地元でのメンバー入りを果たせず残念でしたが、次はメンバー入り期待しましょう!

その他、イッシー(石神 勝選手)のご両親もこられて一緒に応援。
それに旭川から来られた山●さんからも『Blogみてます。』と…。

みなさんありがとうございました。

試合後は、長野からの応援仲間の長野っ子さんとすすきので反省会をしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

思わぬ援軍

思わぬ援軍
月寒屋外競技場に着きました。
正面入口前に‘いわた’という餅屋さん。
磐田に福を持ち帰れるように大福を買い込みました。(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

北海道上陸

北海道上陸
静岡空港からANAで北海道に上陸。

すすきのでジンギスカンをむさぼる。
明日がリコー戦なら効果バツグンなんでしょうが…。
でも、めっちゃ旨かったです。

Ram1 Ram2

ジンギスカンが初めてでも大丈夫。
店長と奥さんがちゃんと教えてくれます。

ジンギスカンRam

札幌市中央区南7条西4丁目
http://www.ram-sapporo.com/menu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

初メンバー入り! 越村一隆

002001

トップリーグ第3節 東芝ブレイブルーパス戦のメンバーが本日発表になりました。

☆東芝戦メンバー☆
1仲谷、2加藤、③山村、4ダンカン、5石神、6ソーン、7串田、8木曽、9岡、10大田尾、11中園、12マッコイド、13三角、14松下、15五郎丸、16高木、17朴、18小林、19トーマス、20矢富、21越村、22中垣


今週の注目は、コッシー(越村 一隆選手)です。shine
入団後、トップリーグ公式戦初のメンバー入り。up

大田尾選手の陰に隠れている印象がありますが、180cm・87kgの大型SO。
試合の時の闘志あふれるプレー、当たると飛ぶキック、献身的なタックルが魅力。

神戸ユニバ(春のオープン戦 6/22 対神戸製鋼)でお母さんに
『(練習試合で)ダン幕をいつもはってもらってありがとうございます。』
とあいさつされましたが、ようやくダン幕もトップリーグデビューsign03

もちろん北の大地・月寒に持参しますよー。happy02

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

軌跡 薫田真広

001 中日新聞のスポーツ面で昨日(9/16付)から

『軌跡 薫田真広』

という連載がスタートしています。

薫田氏といえば、90年代のラグビー日本代表フッカーであり、トップリーグ最強軍団東芝ブレイブルーパスの前監督としてもおなじみ。

現在は日本ラグビー協会の競技力向上委員会の一員として若手の指導をしています。

そんな薫田氏のラグビーの出会いから現在までの道のりをたどる内容だそうです。

第1回は、『W杯の日本開催』
第2回は、『2人の恩師』


について語っています。その中で、

『(若い世代は)U-20に選ばれたことに満足している選手が多い。ラグビーに限らず今の若者は夢を持っていないように感じる。若い選手を見れば見るほど育成の不安がつきまとう。』

『(自身の経験を踏まえ)痛みを感じるのも時間が解決してくれる。タックルに入る場合、自分の体の弱いところで当たると痛いが、体の強い部分、硬い部分を当てると痛くない。その辺りをきちんと教えると、「全然痛くない」というようになる。恐怖心を取り除き安全だと分かってもらえればいい。』

などといったことも言っています。

機会がありましたら読んでみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

タグラグビー練習会 9/16

Tag

今日は、会社の終業後にタグラグビーの練習会があったので参加してきました。

身体を動かすにはちょうどいい陽気になってきましたよ。happy01

9/26のトップリーグ第4節のホンダヒート戦の前にタグラグビーの交流会があるので、それに向けた合同練習会。ということでヤマハ大久保グラウンドに集合。

今日の参加は10チーム。コート2面で5チームずつに分かれての練習試合。

ウチのチームは、これないメンバーもいたけど8名が参加。

5試合くらいこなして、とりあえず全勝sign03 いい感じup

これで気を良くしてか、いつもはケツをひっぱたかないとやる気を出さないメンバーから

『来週もやりましょうよsign03

奇跡だ。来週雨降らなきゃいいけど・・・。smile

次回は24日の木曜日18:30~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

フレンドシッププログラム

002
写真は中日新聞 9/15付より

ラグビートップリーグのヤマハ発動機ジュビロと地元小学校児童がラグビーを通じて交流する「フレンドシッププログラム」の第1回が14日、中部小の全校児童620人とジュビロのほぼ全選手が参加して磐田市中泉の市立中部小で開かれた。

地域とのきずなを重視するケビン・シューラー監督の発案で、磐田市が文部科学省から委託されている緑のグラウンド維持活用推進事業の一環としての取り組み。

監督自身が流ちょうな日本語で司会を務め陣頭指揮を執り、「ラグビーは、体格に関係なくできるスポーツ」と紹介。ジュビロの選手を、ポジションごとに象、キリン、ライオン、猿に例えるなどして児童らの心を引きつけた。
その後、校庭の芝生の上で、パスやリフトといった学年別に行われた体験プログラムなどで、随所に触れ合いを織り交ぜてラグビーの醍醐味を伝え交流した。
*現在磐田市の33小中学校の17校が校庭の芝生化を実施。

シューラー監督:
「ラグビーのスピードやパワーを体で感じてもらい、地元の人たちと心を通わせて勝利を目指したい」

フレンドシッププログラムは、今後市内4小学校区で順次開催予定とのこと。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

監督カード

001_3002_2

昨年も選手カードとともに堀川監督カードがありましたが、今年もケビン・シューラー監督カードが存在します。(No.43)

バックの色はFWは赤、BKは青でしたが、監督は黒でした。(渋いです。)
ヤマハの選手は全員選手カードを名刺代わりに持ってます。
どんどん声をかけてもらっちゃいましょうsign03 目指せコンプリート。


シューラー監督のカードは、先日の秩父宮ラグビー場でゲットしました。shine

16:30の開門と同時に入場し、スタンプラリーやらでウロチョロしてたらヤマハ選手の会場入りに遭遇。 そこでハーブ(シューラー監督)に声をかけたら、

『ゴメン、持ってくるの忘れた。。。また次ね。』

と言われ諦めておりましたが、バックスタンドに向かう途中に後ろからハーブが追っかけてきて、わざわざカードを手渡してくれました。

なんでも、テントの広報のJ○Nさんに予備のカードを貰って来てくれたとのこと。

ありがとう、ハーブ。happy01

結構怖そうな顔してるけど、元オールブラックスの優しい紳士。
日本語もめっちゃ上手いので、安心を・・・。

まだ勝利がなく厳しい序盤戦ですが、
早くハーブとともに勝利の喜びを分かち合いたいね。

ちなみにカードはNo.44まで・・・。
選手42人(ワイサキBKコーチ兼任含む)とシューラー監督と集合写真です。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

2009-2010 TL 第2節 クボタスピアーズ戦

Photo
9月13日(日)18:00K.O.
於:秩父宮ラグビー場
天候:大雨rain
グランドコンディション:良 (←協会発表:えっ芝に水浮いてたけど・・。shock )
レフリー:
相田 真治

ヤマハ発動機ジュビロ 1118 クボタスピアーズ
1T2PG                   2T1G2PG
   (前   半)    1115
   (後   半)      


得点経過
前半 ヤマハK.O.

4分 ヤマハ 徐     T    0-5
5分 ヤマハ 五郎丸  Gx    0-5
7分 ヤマハ 五郎丸  PG    0-8

11分 クボタ  ドゥラーム PGx    0-8
20分 ヤマハ 五郎丸   PG  0-11

22分 クボタ  ドゥラーム PG    3-11
31分 クボタ  オツコロ  T       8-11
31分 クボタ  ドゥラーム G    10-11
36分 クボタ  ドゥラーム DGx 10-11
37分 クボタ  ラトゥー    T      15-11
38分 クボタ  ドゥラーム Gx    15-11

後半 クボタK.O.
12分  クボタ  ドゥラーム PGx  15-11
14分  クボタ  ドゥラーム PG    18-11

16分 ヤマハ 五郎丸  PGx 18-11

19分  クボタ  ドゥラーム DGx  18-11
20分  クボタ  ドゥラーム DGx  18-11
22分  クボタ ドゥラーム PGx  18-11

試合開始時は曇りで、何とか試合中持つかなぁと思いましたが前半途中からは雨。
そして時折激しく降る雨・・・。
後半は土砂降りでバックスタンドの階段は川になってました・・・。

開始直後はヤマハペース。絶妙なゴロパントをインゴールでWTB徐が押さえて、今季チーム初トライを決めると、FB五郎丸のPGで一時は11-0とリード。
しかし、雨が降り始めるとボールが滑ることから両チーム共キック主体のゲームプランに・・・。そうするとやはりドゥラームのキックにより、徐々にクボタペースになっていく。
31分、ゴール前に迫るクボタは、ドゥラームがヤマハディフェンスラインの裏に絶妙なショートパント。これがオツコロの胸にドンピシャ、そのまま飛び込まれトライ。
前半終了間際の37分にはFWで押し込まれてトライ。逆転を許して前半終了。
後半は雨で攻め手を欠くもののキックで効果的にエリアをとっていくクボタ。ヤマハはソーンを下げてジョシュアを入れてBKで打開しようとした作戦が裏目。接点でのボール獲得が難しくなっていく・・・。せっかく獲得したボールも多用したハイパント後の接点で相手ボールになり、チャンスらしいチャンスを作れず終い。
(写真も雨なんで一眼レフ使えず、シャッターチャンスもなく・・・
。)

後半35分過ぎに継続を意識するようになったけど、攻めきれずノーサイド。
もっと外に回してWTB勝負に出てもよかったと思うけど、あの雨じゃしょうがない。
ディフェンスは安定しているので気持ちを入れ替えて次に臨んでほしい。

Photo_2Kubota


Beergirl こちらはビール売りのお姉さん。

五郎丸選手の大ファン。
クルマなんで売り上げには貢献してあげられませんでしたが、去年の選手カード(もちろん五郎丸選手のサイン入り)をあげたら大喜びしておりました。


しかし、勝利の女神にはなれず。。。

まぁ、救いは7点差以内負けのボーナス点1を確保したこと。
今年はボーナス点を獲得して勝ち点5を取るチームが少ないので、1敗1分けの勝ち点3でも、現状ではまだ1位と勝ち点差は5。(三洋の結果まだですが・・・。)


とりあえず、これ以上トップに離されないようについていきたい。。。

次は
東芝ブレイブルーパス戦(月寒)
厳しい戦いだけど負けられない・・・。
来週は応援のため静岡空港から、いざ北の大地へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場
今日は東京遠征。
第二節 クボタスピアーズ戦。
18:00K.O.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

Spopre Vol.73 Sep.2009

Spopre001_2

フリーペーパー の“Spopre Vol.73 ” を貰ってきました。

その中にラグビートップリーグのヤマハ発動機Jubiloの記事を見つけました。

スポーツ総合フリーペーパーとはいえ、ラグビーについては初歩の初歩から説明が必要ということであまり目新しい内容ではありませんが・・・。

ケビン・シューラー監督、山村 亮主将のコメントも載ってます。

Web版はこちら↓
http://www.spopre.com/othersports/090909/01.html

Spopre 手に入れたい人は、こちらのお店で・・・。
http://www.spopre.com/what/index.html

私はオートバックスにて手に入れました。scissors

表紙はこんな感じ。→

特集は
“Le Tour de France” Play Back

ということでツールドフランスの記事が多かったです。bicycle

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

厳冬企業スポーツ、スズキやヤマハ健闘――社員の結束強化に一役

Motogp
写真はMotoGP

9月9日付 日本経済新聞 地方経済面 アングル静岡からの記事抜粋です。

********************************************************************
静岡県西部の企業がスポーツで盛り上がりを見せている。
スズキの村上幸史選手が世界陸上選手権の男子やり投げで銅メダル。
ヤマハも都市対抗野球大会でベスト8に進出した。
ヤマハ発動機は「モトGP」でトップを独走している。
経済環境が厳しく撤退する企業が相次ぐなか、社員の結束強化につなげている。

村上選手は世界陸上報告会で、 「コツコツと練習してきたことが開花した。日本のやり投げが世界に通用することを示せて良かった」と語った。
鈴木会長兼社長も激励しに訪れた。
スズキ陸上競技部は部員の事故で、今年3月末まで公式戦の出場を辞退していた。
選手たちにとっても一般社員にとっても、メダルの獲得は励みになる。

 「(経営が)厳しい中、会社の理解によって野球を続けさせてもらっている」。ヤマハ野球部の高柳信英監督は言う。強豪チームが経営環境の厳しさを理由に撤退。
だが、ヤマハが経営陣総出で野球部を支える構図は今も変わらない。
取締役自ら陣頭指揮する楽器メーカーならではの応援団の演奏は常に全国トップクラスと言える。

 モータースポーツ界は巨額の開発資金を必要とするため撤退・休止が相次いでいる。
 厳冬下、モトGPではヤマハ発のバレンティーノ・ロッシ選手がトップを独走している。
同社は2009年12月期に連結最終損益が1820億円の赤字になる見込み。
モトGP参戦にかかる50億円規模の確保は難しい。
コスト削減を強いる中、最先端の技術レベルを確保する。

昨秋のリーマン・ショック以降、県西部企業は一斉に足元の経費を切り詰めてきた。
それでも企業スポーツの継続に価値を見いだす。企業イメージの向上など成果は見えにくいが、薄れがちな社員の結束に一役買っているとみている。********************************************************************


ちょっといい話・・・?

でも、ヤマハ発動機のラグビーについて触れられていないんですけど・・・
だっ大丈夫ですよね・・・。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 9日 (水)

ラグビーの『襟』

_1_2 写真も中日新聞より。

中日新聞のスポーツ面で連載されているスポーツの変』。
先日(6日付)は“ラグビーの『襟』”というタイトルでラグビージャージの襟について書かれてました。要約すると・・・。

************************************************************************
「紳士のスポーツ」の象徴が消えゆこうとしている。
ラグビーのジャージはここ数年密着型が増え、襟は見分けがつかないほど小さくなった。
密着型は2003年10月開幕のワールドカップで採用された。海外ではプロ化とともに急激な改革が進む。「相手につかまれにくい」と伝統の襟も簡単に取っ払った。

むしろ、ラグビーを輸入した日本のほうが伝統にこだわる。
40年以上ラグビー用品を手掛けるスズキスポーツも変化への対応に苦慮する。

2003年11月、帝京大はスズキが提供した日本初の密着型ジャージを身にまとった。
日本には襟を必須とする規定がある。スズキも以前から開発を進め、伸びる素材に襟を付ける困難な作業を強いられたが早稲田大戦に間に合わせた。

しかし関東協会が事前届け出がなかったとして新ジャージを認めず、ハーフタイムで着替えさせる珍事となる。翌年には日本協会が密着型を容認。また日本代表も2007年から丸首を採用。翌年には一般チームの丸首も認められた。

前開きで「正統派」の襟を付けた苦心は台無しになった。

ただ、鈴木社長個人的には、ジャージを含めてアマチュア時代のラグビーが好きだ。
『20年以上前の選手たちには本物のラグビー精神があった。指導者が繰り返し教え込んだ。』責任を全うする使命感、相手を敬う心。
襟とともに、そうした土台が忘れ去られていないかと危惧する。

2019年ワールドカップの日本開催決定。プロ化、メジャー化という世界の流れの中で、これらはオールドファンの懐古趣味に終わるのか。100年以上の歴史を持つジャージの形が持つ意味を思い返す機会があってもいい。************************************************************************

って感じ。
個人的には、身体と身体をぶつけ合うラグビーでは、素材などの小細工なしにイコールコンディションで・・・。と思いますが、世界の流れの中で弱小国の日本としては追従していくしかないんだろうなと思います。機能性も高いですしね・・・。

じゃあ、日本代表のテストマッチだけ密着型にして、国内リーグやジュニア世代だけ今までのジャージではダメかというと

『掴み易ければジャージを掴んで引き倒すというクセがついてしまう。』
『掴みにくければ自然と腕でのパッキングが身に付く』

ということで、早めに経験させておかないと世界との差は広がるばかりとなりかねないのでは・・・sign02 と思ってしまいます。
どこかで、競泳水着などのように素材競争に歯止めがかかるといいんですが・・・。

ジャージに限らずルール変更などにしても、伝統と新しさがうまく融合して魅力が高められればそれが何より。2019に向けて様々なところでラグビーに関する議論が盛り上がるといいですね。ただ、

ラグビー精神だけは不変 

でありますように・・・。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年9月 8日 (火)

第89回全国高校ラグビー静岡県大会組合せ

001_2

全国高校ラグビーの静岡県大会の組合せが発表になった。
(11/1,8,15,22日 草薙球技場ほか)

第1シードは静岡聖光。 県新人戦、県総体を制して勢いに乗る。
初の花園行きの切符をつかむことができるか?

それを追うのは県総体2位の古豪・浜松工と9年連続花園出場を狙う東海大翔洋。
それに浜松湖南を加えた4チームの争い。

個人的には県西部地区2校(浜松工、浜松湖南)に頑張ってほしいが・・・。

しかし今年は県西部の浜松・遠州灘海浜公園での試合はなし。

なんか寂しい。
せっかくこの時期トップリーグの開催ないのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

OB対決! ヤマハジュビロ対トヨタヴェルブリッツ

Photo_2
サブマリンは今も健在! CTB今利貞政

ヤマハ発動機ジュビロOB 1210 トヨタ自動車ヴェルブリッツOB
2T1G                   2T


ヤマハ発動機ジュビロOBメンバー
1.岩崎一郎 2.米倉隆之 3.河田圭祐 4.村瀬昌弘 5.勝又貴光 6.戸澤孝幸 7.萩原達哉 8.澤田昇 9.迫田敏之 10.堀川隆延 11.菅原洋 12.奥亙 13.今利貞政 14.森川泰年 15.吉田稲生 16.北川洋 17.吉川充 18.久保晃一 19.安西信也 20.寺井徹

トップリーグ開幕戦の前座で行われたOB戦15分1本勝負。

ある意味一番盛り上がりました。happy01

スクラムこそノンコンテストでしたが、あとはガチンコ。
お互いのプライドをかけた戦い。

ヤマハはオールドファンが涙する紫紺のジャージ。
(トップリーグ創設前最後のシーズンで関西Aリーグ優勝のときのユニフォーム)

メンバーも超なつかしい!

Photo_3 元祖・和製FW No.8澤田の突進
Photo_4 絶妙なアウトサイドキックでトライ演出。SO堀川
Photo_6 我らがサコもSH出場。バテバテだったけど…。

最後は、両チーム揃っての記念写真
Photo_7

お疲れ様。怪我がなくて何よりでした・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

2009-2010 TL 第1節 トヨタヴェルブリッツ戦

Photo

9月 5日(日)18:00K.O.
於:瑞穂公園ラグビー場
天候:晴れ
グランドコンディション:良
レフリー:桜岡 将博

ヤマハ発動機ジュビロ 1818 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
6PG                     5PG1DG
   (前   半)      
   (後   半)      


得点経過
前半 トヨタK.0. 

2分  トヨタ   アイイ   DG    0- 3
5分 ヤマハ 五郎丸  PG   3- 3

14分 トヨタ  クーパー  PG    3- 6
16分 ヤマハ 五郎丸  PGx  3- 6

25分  トヨタ  クーパー  PG    3- 9
31分 ヤマハ 五郎丸 PG   6- 9

34分  トヨタ  クーパー  PGx 6- 9
39分 ヤマハ 五郎丸 PG   9- 9

後半 ヤマハK.0.
5分 ヤマハ 五郎丸  PG  12- 9

9分  トヨタ  クーパー   PG 12-12
11分 トヨタ  アイイ     DGx 12-12

19分 ヤマハ 五郎丸  PG  15-12

24分  トヨタ  クーパー  PG   15-15
28分 ヤマハ 五郎丸  PG  18-15

30分 トヨタ  クーパー  PG   18-18
34分  トヨタ  アイイ    DGx 18-18
39分  トヨタ  クーパー  PGx  18-18
39分  トヨタ  クーパー  DGx  18-18

シンビン:大田尾(前半13) 佐藤(後半23)

胃の痛くなるような試合でした。shock
開幕に山村、トゥイアリイ、サウといった中心選手が間に合わない、しかも試合中もSOタツ(大田尾 竜彦)、SHシュガー(佐藤 貴志)とゲームコントロールする2人がシンビンで抜けるなど苦しい展開。
シュガー(佐藤 貴志)のシンビンは厳しすぎると思うけど(ボール完全に出てるし・・・。)まぁ本人が文句を言わずに外に出たのは立派でした。 『生涯初シンビンです。(シュガー母談)』
それもあってか、グラウンドポジションは3:7くらいで押し込まれてたんじゃないかなぁ。

それでも、山村の代わりにPRに入った朴も頑張っていた(韓国代表経験して自信をつけたね。)し、2年目の五郎丸も落ち着いて難しい位置のPGを決めてくれました。
外した2本目が一番楽な位置じゃない?その分左右のポールに当てるという離れ業を演じてくれましたが・・・。(個人的には20点くらいあげちゃいますよ。)

まぁ、攻め込まれた割にはトライも許さず、強かった時のディフェンスのヤマハが戻ってきたようです。ただ難をいえば、しちゃいけないポジションでのペナルティが多かったこと。
この辺が勝ちきれない要因なんだろうなぁ・・・。

トヨタファンの口汚いヤジを黙らせるためにも勝ちたかったけど、
ヤマハにとっては、引き分けでもまずまずの結果ではsign02

次はNECを破ったクボタスピアースとの一戦。
昨年の雪辱(21-22)を果たしたれーsign01
ドゥラームと五郎丸の飛び道具対決も楽しみだけど
トライが見たい!トライが見たい!トライが見たい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

今年は 『FOR ALL ストラップ』

Goods

今年は、昨年の缶バッチに引き続き、トップリーグ各会場で『FOR ALL ストラップ』が配布されるようです。

今年はバスではなくクルマでの遠征が多くなるので、時間の制限がないから貰いやすいかな?

でも会場(チーム)毎に違う対応というのは勘弁してほしい。

また、ダブルヘッダーの2試合目のチームのヤツは再入場できなければ貰うことができない・・・。

昨年の反省を活かして統一ルールを設けてほしいsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

TL2009-2010 第1節 トヨタ戦メンバー発表

トップリーグがいよいよ明後日開幕!
開幕戦のヤマハ発動機Jubiloのメンバーが発表されました。

1 高木 重保 (180/111/33)
2 加藤 圭太 (175/96/25)
3 朴 誠球 (180/110/26)
4 ローリー・ダンカン (194/120/32)
5 石神 勝 (190/100/28)
6 ルーベン・ソーン (192/108/34)
7 小林 訓也 (185/107/25)
8 木曽 一 (195/108/30)
9 岡 健二 (165/72/26)
10 大田尾 竜彦 (180/92/27)
11 徐 吉嶺 (180/95/24)
12 グラント・マッコイド (185/97/30)
13 三角 公志 (172/85/26)
14 松下 馨 (185/86/25)
15 五郎丸 歩 (185/98/23)
16 仲谷 聖史 (170/102/27)
17 境川 久 (175/111/22)
18 八木下 惠介 (186/92/25)
19 串田 義和 (179/93/28)
20 佐藤 貴志 (176/89/28)
21 ジョシュア・レヴィ (182/110/30)
22 中垣 裕介 (173/83/28)

先週のサニックス戦ではメンバーから外れていたソーンと大田尾の復帰が心強い。upwardright
後はほぼ、サニックス戦と同じ布陣。punch
ただベンチスタートのシュガーが気掛かり・・・。shock

営業統括部からは、ヤギゾーとガッキーがメンバー入り。up

瑞穂ラグビー場は磐田からクルマrvcarで1時間半くらい。dash

みんな来てちょ。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

「芝生コンベンション磐田2009」

Photo 磐田市で9月26日、27日と、磐田市が行っている小中学校の芝生化の取り組みを紹介し、 芝生化の効用について意見交換を行う全国会議『芝生コンベンション磐田2009』が開催されるようです。

参加費:無料 詳しくはこちらから

カリキュラムに9月26日(土)に行われる

ラグビートップリーグ第4節
ヤマハ発動機ジュビロホンダヒート

の視察が含まれているのでタダで観戦できるかもしれません。(保証しませんけど・・・。sweat01

興味があるかたは是非どうぞ。

わたしゃその試合の前座で行われるタグラグビー交流会に参加するんでコンベンションには行きませんが・・・。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »