« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

ヤマハラグビースクール修了式

Photo

今日は久し振りにラグビースクールに参加。

4月からのラグビースクールも今日が今季最終日。夜中の暴風雨でどうなることかと思いましたが、朝から奇跡的にいい天気に恵まれ、各クラスとも最後の練習をグラウンドで行うことができました。
そして1時間程の練習で切り上げ修了式が行われました。

002 大人の部でも修了証書をいただきました。

トップリーグ期間中はスクールに出ていなかったんですが、『トップリーグ応援=課外授業』ということで・・・。^ ^

ちょっと早いけど、シーズンオフ。
これから芝の養生期間に入ります・・・。

4月にまたふかふかの緑のじゅうたんで迎えてほしいなぁと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

静産大磐田レディース 東海女子サッカーリーグ昇格

001

以前(2007年8月)に書いたが、地元磐田市を本拠地に、なでしこリーグ入りを目指し活動をしている静産大磐田レディースが、2008年度の静岡県リーグ2位の実力を認められて、今季から東海女子サッカーリーグへ昇格しました。

昨年2月に静産大の女子学生、地元中高生ら18名でクラブチーム結成、2年目で東海リーグ昇格を果たしました。

なでしこリーグへの階段を一歩上がりましたshine

東海女子サッカーリーグは、東海4県の代表10チームが総当たりのリーグ戦で、今春開幕の予定。ここでいい成績を挙げればなでしこリーグ入りも見えてきます。

こちらには、ジュビロ磐田レディースが既に参戦しており、磐田から2チームが参加して凌ぎを削ります。

両チームとも頑張れ!
そして目指せsign01なでしこリーグ入りsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

パチスロって・・・。

Photo

最近やたらとコラボモノが多いパチンコ・パチスロ業界ですが、これはどうなのよ・・・sign02

パチスロ『スクール☆ウォーズ』

一応、売りは、

本機種は、今から25年前に放映され社会現象となった熱血テレビドラマ「泣き虫先生の7年戦争 スクール☆ウォーズ」を“余すところなく”パチスロ化したもので、予告・演出の随所に、イソップをはじめ本編の重要シーンを満載。また特徴であるART機の新タイプ-究極のバランスを生む≪トリプルART≫を搭載し、ファンはもちろん、ドラマを見ていないユーザーも楽しめる仕様となっている。

「25年経っても色褪せていない…誇りです。ぜひ悔し涙ではなく、うれし涙で勝って下さい!(笑)」 by 山下真司

とのことですが・・・。パチスロなんかやらんしsign01
こんなことで取り上げられてもなぁ・・・。イメージダウンやん。

山口先生何とか言ってやってくださいpout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

ワラビーズのマウスパッド

Photo

Gregan_profile_3オーストラリアみやげにもらいました。

ワラビーズ(ラグビーオーストラリア代表)のユニフォームのデザインのマウスパッド。

でも、この上にマウスを置いたらジョージ・グレーガン選手
('94-'07 ワラビーズSH 139CAP)に見えてきた・・・。smile

アタマのカタチが似てんだよねぇ・・・flairshine

ごめん・・・。でも、だってねぇ・・・。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

Spopre 1月号

Rossi001

浜松・宮竹のゼビオスポーツに買い物に行った際に、ロッシの笑顔が目に付いたんでもらってきました。

Spopre 2009年1月号

ちょっと古いかなsign02 まぁいいや。coldsweats01

ニッポン放送系のフリーペーパーのようですが、B4紙面4ページにわたってMotoGPのヤマハチームのことが特集されていました。
Rossi2Rossi3

暗い話題の多いモータースポーツ界ですが、ロッシにはそれを吹き飛ばすような明るい話題を今シーズンも振りまいてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

原点回帰

Genntennkaiki2
ジュビロ磐田の今シーズンのクラブスローガンが発表されました。

『原点回帰』

いいとおもいます。
昨年は入れ替え戦まで行き、降格の危機を味わいましたから・・・。

じゃあ、原点ってなに?

それは、クラブ理念にある
地域に根差したスポーツクラブとして多くの人々と夢と感動をわかちあう。
ということだと思います。

昨年の降格危機の時に見せたような一体感。
チーム、サポーターがひとつとなって強いジュビロを取り戻してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

Jubilo磐田 新ユニフォーム

Jubilo001

画像は社報ヤマハより。

白黒ですが、サッカーJリーグのジュビロ磐田の来年のユニフォームです。

胸のスポンサーは、母体のヤマハ発動機のYAMAHAのロゴ。
(たぶん、旧JFL以来。Jリーグ昇格後初のはず・・・。)

原点に戻って、強いジュビロを再び・・・。

そしてずっと、サッカーとラグビー2つのフットボールタウンとして輝いていて欲しい。shine

ヤマハ発動機 梶川社長:
『ファン・サポーターの皆さまと心を1つにしながら、共に栄光を目指し、進化するジュビロを熱く応援していきたいと思います。』

しかし音叉マークがないのは、ブランド規定に反するのでは・・・sign02catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

悲しきYAMAHA Bear

PhotoPhoto_2

今シーズンの最終ゲームとなったラグビートップリーグ第13節の神戸製鋼戦のゲーム前にある選手が投げたヤマハベアのぬいぐるみが自分の胸に飛び込んできた。

いつもなら大喜びするとこなんだけど・・・。

タイムアップを知らせるホーンの後にノーサイドを告げる笛。
この瞬間にヤマハ発動機Jubiloの2008-2009シーズンの終了が確定・・・。

バックスタンドのヤマハ応援団のところに挨拶しにきた時も、
彼は一歩下がり、決して顔を上げることはなかった。

やり場のない怒りをどこにぶつけたらいい?
必死に探しているようにも見えた。

その後、いつもは念入りに行うはずのクールダウンもせずにロッカールームに消えた。

手元のヤマハベアもどことなく淋しげな表情にみえる・・・。

熱いヤツだから、人一倍負けず嫌いな奴だから、
きっとこの悔しさをバネに飛躍してくれることをファンとしては期待したい。

いつかこのぬいぐるみを前に笑って話せるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

トップリーグ 第13節 神戸製鋼コベルコスティーラーズ戦

1月18日(日)14:00K.O.
於:ホームズスタジアム神戸
天候:雨
グランドコンディション:良

ヤマハ発動機ジュビロ 1021 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
1T3PG                   3T2G
   (前   半)    10- 6
   (後   半)     0-15

絶対に負けられない試合で敗戦。この勝負弱さは何なんだ?
結局ミスで自滅。

この試合、堀川監督が最後までこだわって使い続けた五郎丸選手と矢富選手がブレーキ。若い選手に罪をなすりつけるつもりはない。それぞれに一生懸命やった結果だから…。ただスキルとハートが未熟だっただけ。
ただ、そういう選手を最後までこだわり続けて結果が出なかったわけだから監督は当然それなりの責任をお取りになるだろうが…。

結局、最後まで今シーズンはチームとしてのまとまった姿を見ることなくシーズン終了。

負けた瞬間、もっと悔しさがこみあげてくるかと思ったが、自分自身平然としてたし、応援席も結構サバサバしていたなぁ…。

帰りのバスの中では、
『中途半端な状態でプレーオフ、日本選手権に出場しても初戦敗退は目に見えているから、ここで負けたほうが将来のためには良かったんじゃない?』
という声も聞かれた。

しかし、ファンに見放されるようでは…。シーズン中何やってたん?
ヤマスタのホーム戦で自由席無料開放で観客3700人っていう数字がすべてを物語っているよ。

会社はすべき補強は全てしたし、選手の練習の時間についても最大限配慮してきた。
これだけのタレント揃えて、好きな時間に練習できて…、言い訳できんわな。

ファンにしても試合2日前のジャージ渡しの儀式が非公開になるなど練習の公開が減った他、ファン交流会の時間も減ってしまうなど、選手との交流は半減してしまった。
それでも、みんなチームが強くなるために一歩引いてガマンしてたんだ。

そんな周りの配慮を意識してましたsign02すごくチームが遠く感じた1年だった。

公式ファンサイトもトラ●ュビも、つい最近まで閉鎖状態。
シーズン中にレポートが2か月も滞っていては誰も見てないってsign01 
しかも、感情のこもらないつまらない文章の羅列。

中途半端な気持ちなら辞めてくれ。

いつからこんなチームになってしまったんだ?

来年はサッカーのジュビロのように入替戦にまわるのか?
現在の経済状況からみてチームは存亡の危機に立たされているんだ。

もっと危機感持ってやろうよ。

とにかく今日から来季に向けてゼロからのリスタート。
Jubiloのプライドを取り戻すために…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

日本選手権への道

トップリーグのプレーオフトーナメントの最後の椅子は、神戸製鋼コベルコスティーラーズヤマハ発動機Jubiloの2チームの争いだが、日本選手権は6位までということで、数字上9位の近鉄ライナーズまでチャンスがある。

4位の神戸製鋼は6位以内が確定しているので、残り2つの椅子を5位ヤマハ発動機Jubilo、6位クボタスピアーズ、7位NECグリーンロケッツ、8位トヨタ自動車ヴェルブリッツ、9位近鉄ライナーズの5チームで争う。

各チームの成績は、

5位 ヤマハ 7勝5敗  勝ち点35 得失点+53 (対神戸 14:00)
6位 クボタ  7勝5敗  勝ち点33 得失点-39 (対近鉄 12:00)
7位 NEC   7勝5敗  勝ち点32 得失点-13 (対サニックス 12:00)
8位 トヨタ  6勝6敗  勝ち点31 得失点+56 (対サントリー 14:00)
9位 近鉄  5勝7敗  勝ち点28 得失点-15 (対クボタ 12:00)

このうち、近鉄ヤマハの上位に上がる可能性はないので、ヤマハが対象ととするチームは、クボタNECトヨタの3チーム。

このうち、クボタNECヤマハの試合前に結果が分かっているので、ヤマハとしては、トヨタ戦の結果を気にしつつゲームコントロールしていく必要がある。

1 クボタ○ NEC○

NECが勝ち点5を取った場合は神戸戦は絶対に勝ちにこだわらなくてはならない。
ゲーム展開次第では、4トライを諦めてPGを狙うということも必要。

2 クボタ○ NEC●

この場合は対象チームはトヨタトヨタと勝ち点で並ぶと得失点差でトヨタが上位となるので、
勝ち点5を取られると、やはり勝ちにこだわる必要がある。ゲーム展開次第では、4トライを諦めてPGを狙うということも必要。

3 クボタ● NEC〇

この場合、NEC勝ち点5の場合、対象チームはトヨタ
2と同様に勝ちにこだわる必要がある。ゲーム展開次第では、4トライを諦めてPGを狙うということも必要。
勝ち点4の場合NECトヨタ両方。
得失点差でNECに大差をつけているので、BP獲得すれば負けてもヤマハNECの上に・・・。

4 クボタ● NEC●

この時点で日本選手権出場が決定のため、神戸戦に集中。プレーオフに向け、4トライをがむしゃらに狙う戦略になる。

このように4のケース以外はヤマハの結果如何では、選手権出場権すら失う可能性も残される…。一番有利な立場ながら微妙な位置・・・。

たとえば、ヤマハが3T3G1PGの24点神戸が3T1G3PGの26点で負けていた場合のラスト1プレーでペナルティを得たらどうすべきか?
トライ狙って取ればプレーオフ、取れなきゃシーズン終了 のハイリスク・ハイリターン?
プレーオフを諦めてPGで確実に勝って選手権出場 のローリスク・ローリターン?

チームとしてどちらを選択するかのシュミレーションをして、最後の最後であたふたすることなく、チームの意思統一を・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

プレーオフへの道

ジャパンラグビートップリーグも残すは最終節のみ。

ヤマハ発動機Jubiloは、最終節の一戦にプレーオフ進出を賭ける。

三洋電機ワイルドナイツ東芝ブレイブルーパスサントリーサンゴリアスの3チームが既にプレーオフ進出を決め、残る1つを4位の神戸製鋼コベルコスティーラーズと5位のヤマハ発動機Jubiloが争う。

そして最終節は神戸との直接対決!

両チームの現在の成績は、

神 戸   8勝4敗  勝ち点39 得失点+45
ヤマハ    7勝5敗  勝ち点35 得失点+53

ヤマハは勝ち点で並べば、神戸に得失点差で上回るので4位勝ち抜けとなる。

しかし、ラグビーは、ボーナスポイント制を導入しているので、ただ勝つ(勝ち点4を取る)だけではダメ。
勝ち点で並ぶためには、相手にボーナスポイント(4トライBP,7点差以内負けBP)を与えないことが重要となる。

ということで、ヤマハ4位勝ち抜けの条件は、

4トライ取れなかった場合
相手を4トライ未満に抑え且つ8点差以上で勝つ。 (勝ち点:ヤマハ4 神戸0

4トライ以上獲得の場合
相手を4トライ未満に抑えるか8点差以上で勝つ。 (勝ち点:ヤマハ5 神戸1以下

となります。

是非条件をクリアして、自力でプレーオフ進出の切符を掴んで欲しい!

ただ、負けた場合はプレーオフはおろか日本選手権の出場権の6位以内の確保も難しくなる。チームのゲームマネジメントが問われる難しい局面…。
それについては、この次に

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月14日 (水)

Completed 2

Photo

こちらは、トップリーグ14チームの缶バッチ。

これは、トップリーグの『SHAKE HANDS! PROJECT』の一環として試合会場で、各チームの選手と握手をすると貰えるもの。

ヤマハの試合全部行きゃぁ、(相手チームの含めて)簡単に集まるっしょ!

と思ったら、各チームの対応がまちまちで苦労しました。
せっかくチームテントに行っても、比較的簡単にくれるチーム(選手じゃなくてもスタッフがくれた)がある一方で、

『選手が来ないと渡せない。』
『いつ来るの?』
『○○時です。』(もう第1試合始ってる時間だよー!怒)

といったことも・・・。

結局は色々な方の協力のもと全数ゲット。
協力いただいた皆さんありがとうございました。

トップリーグは下位2チームが自動降格。その上の2チームが入替戦を戦うという厳しいルール。最悪、14チーム中4チームが下部リーグのチームと入れ替わってしまう。

そういう意味では、この14チームも一期一会か?

これからラグビーシーズンも佳境を迎え、悲喜こもごもとしたドラマが展開されるんだろうなぁ・・・。

というヤマハも現在5位ながら最終節の結果如何では、プレーオフどころか日本選手権への出場権となる6位以内を逃す可能性もあるんだよなぁ。sweat01

そのシュミレーションはこの次で・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

Completed

001002001_2002_2

日本ラグビートップリーグ参戦中のヤマハ発動機ジュビロの2008-2009版の
選手カード。今年は、チーム内の日本人選手最年長のプロップ・高木 重保選手(カードNo.1)からチームの指揮を執る堀川 隆延監督(カードNo.48)までの計48枚。

毎年集めるのに苦労するけど、このメンバーで戦うのはその年のシーズンだけ。
激しいプレー連続のラグビーでは選手として活躍できる期間は短く、毎年数名ずつのメンバーが入れ替わっていく・・・。

だからこそ、ファンとしてもカードをもらうことで選手との一期一会の時を共有したい。

そう思って集め始めたカード。1年目は残念ながら全て揃える事は叶いませんでしたが、2年目以降なんとか全部揃えてきました。そして今年も何とか揃えることができました。

トップリーグも残すはわずか、リーグ戦最終節とプレーオフトーナメントのみ。
(その後日本選手権はあるが・・・。)
ヤマハは、幸いなことに何とかプレーオフ進出の望みを残している。

是非、全力を尽くして最後の切符を手中にしてほしい。
残りの時間を少しでも長く仲間と過ごすために・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

トップリーグ 第12節 九州電力キューデンヴォルテクス戦

Photo

1月11日(日)13:00K.O.
於:ヤマハスタジアム
天候:晴れ
グランドコンディション:良

ヤマハ発動機ジュビロ 3119 九州電力キューデンヴォルテクス
1T3PG                   3T2G
   (前   半)    17 7
   (後   半)    1412

Photo_2 トップリーグも残り2戦。プレーオフ進出に望みをつなげるためには、もう負けられない。
特にこの試合では4トライのボーナスポイントをゲットして勝たなければならない。

という崖っぷちの状況。

結果は4トライを挙げてボーナスポイントをゲット。
最低限のことはできた。

しかし、試合内容はあまり褒められたものではなかったなぁ。
ゴール前まで攻め込むものの反則で…あるいは最後の詰めでパスミスなどでチャンスをつぶす。
微妙な判定はあったけど、下位のチーム相手ならそれがあったとしても圧倒するだけの力が欲しい。

FWは前節からどうも接点への寄りが遅いんだよなぁ…。みんな体が重そうに見えるけど…なんで?
BKが捕まってノットリリース・ザ・ボール取られるのはある意味FWの責任だよ。
次の神戸戦ではまさか走り負けるということはないだろうが、老獪な神戸相手に翻弄されないようにして欲しい。

BKは、フィニッシャー不在のため、ゴール前で外まで回してもトライを取りきれない…。
やっぱり、WTBは走れる選手(足の速い選手)を入れたい。ボールを大きく展開してトライを取るのがヤマハのスタイルでしょ?トミー(冨岡 耕児選手)はWTBよりFBのほうがタイミングよくの相手のスペースをうまくつくという持ち味が生きると思うんだよなぁ。カオル(松下 馨選手)も然り。キック力を生かすにはWTBよりFBでしょ。
そして、ゴロー(五郎丸 歩選手)の体格を生かしたダイナミックなプレーもね。
3人ともタイプの違ういいプレーヤーであることは確か。(みんな代表経験者だしね。)でも、FB3人は要らない。WTBにはWTBに向いた選手がいる。交流会で声をかけるとみんな『調子はいいんですけど…ね。』という。決して怪我や調子を落としているわけではないらしい。
普通は、メンバーが固定されているということは喜ばしいことなんだけど、ヤマハの場合は使いたい選手いっぱいいるんだよね。チャレンジャーとして攻めの姿勢で活きのいい若手を使って欲しいなぁ。

最終節は神戸製鋼コベルコスティーラーズプレーオフを賭けた直接対決。

勝ちにこだわるのはもちろんだけど、最後は今シーズンヤマハがやろうとしたプレースタイルを貫いてほしい。

最後は全員の力でプレーオフ出場権を勝ち取ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

Kawasaki MotoGP撤退・・・。

091025valplead

とうとうMotoGPにも不況の波が・・・。

川崎重工業は7日、オートバイの最高峰レース「モトGP」への参戦を、08年限りで休止する方針を明らかにした。景気悪化で二輪車の販売が低迷しており、経費削減につなげる考え。  とのこと。

結果が出ていなかったということもあるが、ライバルの撤退は悲しい。

ヤマハ、ホンダ、スズキは継続の方針ということだが・・・。

スポーツ界での相次ぐ撤退報道・・・。今後どうなってしまうのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五郎丸@磐田駅にて

Goro

たまたま正月九州遠征のときに磐田駅で見つけました・・・。happy01

普段、電車乗らんからなぁ・・・。coldsweats01

今度はゴロー(五郎丸 歩選手)がメインでした。
そういえば、グローバルアリーナではゴロママに会いました。
(まぁ、地元みたいなもんだしね。)

今度のヤマスタにも来るのかなsign02

いよいよホーム最終戦。サクッと勝ってほしいもんです。

当日のイベントはこちら

不況のあおりかちょっと地味目sign02
でも自由席無料招待は継続ですよん。(太っ腹~sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

ワールドユース予選 常翔学園対伏見工業

Photo

Photo_2 4日のトップリーグ第11節のヤマハ対サニックス戦が行われたグローバルアリーナのメイン球技場の横のサブグランドでは、来年のワールドユース出場を賭けた熱戦が繰り広げられていました。

本大会は今年のGW前後に、花園ベスト8校と海外招待チーム、そしてこの予選を勝ち上がった2校が参加して行われます。

この日は、準決勝。 という花園常連校同士の好カードが行われていました。
試合内容自体は、すでに3年生が引退した新チームということもあり、細かいミスとかはありましたが、これに勝てば出場が決まるとあってすごい気迫のこもったプレーでした。
(決勝進出2校が本大会出場。)

試合は学園が12-5で勝って本大会出場を決めました。
もう1試合は、天理高校大阪朝鮮をこちらも5-0と僅差で破って本大会出場。
(時間の都合で観戦できず・・・。)

しかし、花園の裏でこんな大会が開かれているとは知りませんでした。

くしくも花園決勝と同じ大阪・奈良県勢。
来年の花園に向け、両チームの巻き返しに注目です。

花園出場を逃したチームはすでに次の花園に向け
新チームでの活動を始めています・・・。

大会HPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

トップリーグ 第11節 福岡サニックスブルース戦

Photo

1月 4日(日)13:00K.O.
於:グローバルアリーナ (福岡・宗像)
天候:曇り
グランドコンディション:良

ヤマハ発動機ジュビロ 14- 7 福岡サニックスブルース
1T3PG                1T1G
   (前   半)     - 
   (後   半)    11- 

新年最初の試合は、九州・福岡・・・と敵地に乗り込んでの一戦。
相手は、福岡サニックスブルース

昨年は、5-7と1トライずつ取り合いながらもコンバージョンの差で負け。
しかも昨年は飛行機のチケットの予約までしてたんだけど、事情で行けずにいたらこんな負け方をしていただけに何が何でも行く必要を感じていた。

最初は応援バスが出る予定だったが、チーム事情で応援バスが運行中止。

今回は、夜行バスで現地へ乗り込んだ。

試合はというと、序盤は相手のラインアウトもマイボールにするなど結構イケると思ったんだけど・・・。
両チームとも接点でFWが相手ボールをターンオーバーできないものだから淡々と試合が進み、フェーズを重ねるとミスが出て、ラックだとノットロールアウェイ、BKに回すとノックオンといった感じ。あとはキックの応酬で陣地の取り合い。

昨年と同じ展開にやきもき・・・。

結局最終スコアは、14-7でPGを着実に決めたヤマハがかろうじて勝ったわけだけど、ボーナス点を必要としている試合で1トライとは・・・。

BKはもっと外に振っても良かったんじゃないかと思う。ただ、FWはもうちょっと動けたんじゃないか?と思うくらい動きが鈍かったんで外に回して孤立してしまう恐れはあるが…。

後半、グランタ(グラント・マッコイド選手)と将太郎(大西 将太郎選手)のBKのカード2枚を切ってきたが、 『ここはWTBの選手替えるべきだろ!』と思ったらリザーブにWTBの選手が入っていない。ブンタ(徐 吉嶺選手)や真司(中園 真司選手)や辻井(辻井 厚之選手)だっているじゃないか!
なぜ本職のWTBを使わないのかよくわからないなぁ。

残りは2戦。九電キューデンヴォルテクス神戸製鋼コベルコスティーラーズ

現在下位の九電にはボーナス含めた勝ち点5が何が何でも欲しい。そこで上位チームと勝ち点差を縮めておいて、最終節の神鋼との直接決戦にプレーオフ出場を賭ける。

頼むよホンマ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

今年もよろしくお願いします。

Photo

帰省して、しばしラグビーとは無縁の生活を過ごしてまいりましたが、本日戻ってまいりました。

またラグビーに明け暮れる1年になるのでしょうか・・・?

手始めに、明日のトップリーグ第11節のヤマハ発動機Jubilo福岡サニックスブルースの試合の応援のため、福岡に行って参ります。

ヤマハ応援バス運行中止という残念な事態になりましたが、自力でグローバルアリーナ(福岡県宗像市)に乗り込みます。行けない人の分も応援がんばってきます。

応援バス運行中止にしたことを後悔させてやる!

くらいの熱い応援をしてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »