« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月19日 (月)

トップリーグ観客数(’07-’08編) 第4節

トップリーグ観客動員数調査第4弾。

第4節観客総数  22,027人(ダブルヘッダー補正後18,667人)
昨年のデータ    25,961人(ダブルヘッダー補正後15,077人)

第4節平均観客数  3,147人(ダブルヘッダー補正後 2,667人)
昨年のデータ 平均 3,709人(ダブルヘッダー補正後 2,154人)

通期 観客総数 116,681人(ダブルヘッダー補正後87,715人)
昨年のデータ   113,073人(ダブルヘッダー補正後82,963人)

通期 平均観客数  4,167人(ダブルヘッダー補正後 3,133人)
昨年のデータ 平均 4,038人(ダブルヘッダー補正後 2,963人)

*ダブルヘッダー補正は、2試合目の観客数を2試合に分配しています。
 入替えが無いので2試合目の観客数がその日2試合分の観客総数と考えるからです。

会場別
柏の葉 4,149人
宮 崎 4,050人(1試合あたり2,025人)
太田市 2,897人
新 潟 2,754人
三ッ沢 2,535人
鳴 門 2,282人

4節単独で昨年に比べて観客数が減っているように見えるが、昨年は3会場でダブルヘッダーがあったため。
補正後の数字では今季が上回る。というものの2,000人台をウロチョロしていてもなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

トップリーグ 第4節 サニックス戦

トップリーグ 第4節 

11月18日(日) 14:00K.O. 宮崎・生目の杜
天候:くもり
ヤマハ発動機Jubilo 5- 7 福岡サニックスブルース
 (1T)         (前 5- 7)(1T1G)  
レフリー 平林泰三

ヤマハJubilo前半布陣

   1高木  2加藤  3山村
     4八木下  5J.マカ
  6久保   8D.トーマス  7串田

        9佐藤

       10大田尾

11徐  12大西 13今利 14永本

       15冨岡

リザーブ
米倉 伊藤 梶村 石神 村田 松下 津高

福岡サニックスブルース布陣

   1杉浦  2松園  3上田
     4渡辺   5伊達
  6西端   8D.ミュア  7大庭正

        9薮本

       10沼田

11永留 12崔  13P.フィフィタ 14大庭照

       15古賀

リザーブ
加古川 山際 I.マカ 鄭 鬼束 A.ヴァレンス 堀田

痛い、痛すぎる一敗!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月12日 (月)

トップリーグ観客数(’07-’08編) 第3節

トップリーグ観客動員数調査第3弾。

第3節観客総数  19,567人(ダブルヘッダー補正後12,323人)
昨年のデータ    20,663人(ダブルヘッダー補正後16,829人)

第3節平均観客数  2,795人(ダブルヘッダー補正後 1,760人)
昨年のデータ 平均 2,952人(ダブルヘッダー補正後 2,404人)

通期 観客総数  94,654人(ダブルヘッダー補正後69,048人)
昨年のデータ    87,112人(ダブルヘッダー補正後67,886人)

通期 平均観客数  4,507人(ダブルヘッダー補正後 3,288人)
昨年のデータ 平均 4,148人(ダブルヘッダー補正後 3,233人)

*ダブルヘッダー補正は、2試合目の観客数を2試合に分配しています。
 入替えが無いので2試合目の観客数がその日2試合分の観客総数と考えるからです。

会場別
花 園 5,028人(1試合あたり2,514人)
秩父宮 2,862人(1試合あたり1,431人)
盛岡南 2,269人(1試合あたり1,135人)
瑞 穂 2,163人

今週のトピックス
開幕節で、TL史上最高動員!とお伝えしたばかりでしたが、第3節では逆に14チーム制になった昨年から今年までの中で1節あたりの観客は最低を記録しました。7試合になってから観客総数2万人を割り込んだのは初めてのことです。1試合あたりの観客数も4,507人と協会が目標とする5,000人を割り込みました。
しかも、1会場で2試合ある場合は観客をダブりカウントしてますから実質は3,288人。昨年よりは微増ですが、開幕節の貯金を食いつぶしただけです。

今週は私のいった秩父宮は雨で客足は伸びませんでした。そのほかはそこそこの天候に恵まれたようですのでもっと観客動員できていいようなもんですが…、協会としては策をもっているのでしょうか?
次節は秩父宮、花園で試合がありませんので厳しい数字が予想されます。

サントリーを破ったコカコーラ対東芝の注目カードもあります。是非会場に足を運んでいただきたいものです。
(といいつつ、私は次節はお休みです。- -;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月11日 (日)

トップリーグ 第3節 クボタ戦

1110_1

トップリーグ 第3節 

11月10日(土) 17:00K.O. 秩父宮ラグビー場
天候:雨
ヤマハ発動機Jubilo 14- 7 クボタスピアーズ
 (1T3PG)    (前 6- 7)(1T1G)  
レフリー ジョージ・エイユー(豪州協会)

ヤマハJubilo前半布陣

   1高木  2加藤  3山村
     4石神  5J.マカ
  6久保   8D.トーマス  7串田

        9佐藤

       10大田尾

11徐  12大西 13三角 14永本

       15松下

リザーブ
米倉 伊藤 小林 八木下 村田 今利 W.ソトゥトゥ

クボタスピアーズ布陣

   1手塚  2荻原  3中島
     4M.ヴィール 5赤塚
  6鈴木力  8鈴木康  7岩上

        9茂木

       10伊藤宏

11柴崎 12吉田 13高野 14小堀

       15D.マクイナリ

リザーブ
竹野 伊藤邦 清野 S.ホラニ 井上 K.オツコロ 高橋

前半: クボタK.O.

 1分 22m外の中央からクボタSOの伊藤宏明がDGを狙うが、ヤマハNo.8
    の
デーリック・トーマスがキック
チャージ。
    その後足にかけて、一気にクボタのゴール前に迫る。
    ボールを追い競り合った展開でクボタにオブストラクシ
ョンの反則。
    ヤマハCTB大西将太郎が22m内中央からPG成功。(3-0)

 
13分 ヤマハのノットロールアウェイの反則。
    クボタSO伊藤宏明が10m外やや右寄りの位置からPGを狙うが失
敗。
    (3-0)

   
21分 クボタのノットロールアウェイの反則。
    ヤマハCTB大西将太郎が22m外中央からPG成功。(6-0)

25分 ヤマハWTB永本宗秀OUT 今利貞政IN

32分 22m外中央からヤマハSO大田尾竜彦がDG狙うが失敗。(6-0)

39分 ヤマハラインアウトからのモールでノックオン。
    ゴール前でクボタボールのスクラム。
    スクラムから供給されたボールをクボタSO伊藤宏明がステップで切込み
    ゴールポスト左脇にトライ。自身でゴールも決め逆転!(6-7)

<ハーフタイム>

後半: ヤマハK.O.

 2分 自陣10mスクラムからSH佐藤貴志がブラインドサイドのWTB徐吉嶺に
    パスアウト。徐がタッチライン際をディフェンス2枚をかわして駆け上がり、
    フォローのFL久保晃一へ。久保から再度徐がパスを受け取り左スミに
    トライ。CTB大西将太郎のゴール失敗。(11-7)

16分 ヤマハLOジェフリー・マカOUT 八木下恵介IN
    CTB三角公志OUT ワイサキ・ソトゥトゥIN

19分 クボタのラインオフサイドの反則。
    ヤマハCTB大西将太郎が22m外左中間からPG成功。(14-7)

    クボタFBダミアン・マクイナリOUT 高橋銀太郎IN
    CTB吉田英之OUT カトニ・オツコロIN

23分 クボタLO赤塚隆OUT 清野輝俊IN
    HO荻原要OUT 竹野慈IN

31分 ヤマハLO石神勝OUT 小林訓也IN
    クボタSH茂木隼人OUT 井上碩彩IN

33分 クボタLOマーティン・ヴィールOUT シオアペ・ホラニIN

34分 ヤマハSH佐藤貴志OUT 村田亙IN 
 

<ノーサイド>

開幕節に続いての雨のコンディションの中、両チームともミスが多く決定力不足の課題を残すゲーム。ヤマハも2節NEC戦に続き後半零封するなどディフェンスは安定しているもののアタックはただ横に回すだけで縦へ仕掛ける意識が薄かったように思える。接戦を制した以外に収穫はあまりない試合。次節サニックスは今節でサントリーを下したコカコーラに開幕で勝っており気を抜くことのできない相手。4節後には1週空くことになるので、いいかたちで序盤戦を終えたいところ。

がんばれJUBILO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

トップリーグ観客数(’07-’08編) 第2節

トップリーグ観客動員数調査第2弾。興味のある人だけ見て下され!^ ^

第2節観客総数  30,598人(ダブルヘッダー補正後18,736人)
昨年のデータ    24,559人(ダブルヘッダー補正後17,540人)

第2節平均観客数  4,371人(ダブルヘッダー補正後 2,677人)
昨年のデータ 平均 3,508人(ダブルヘッダー補正後 2,506人)

通期 観客総数  75,087人(ダブルヘッダー補正後56,725人)
昨年のデータ    66,449人(ダブルヘッダー補正後51,057人)

通期 平均観客数  5,363人(ダブルヘッダー補正後 4,052人)
昨年のデータ 平均 4,746人(ダブルヘッダー補正後 3,647人)

*ダブルヘッダー補正は、2試合目の観客数を2試合に分配しています。
 入替えが無いので2試合目の観客数がその日2試合分の観客総数と考えるからです。

会場別
秩父宮 6,480人(1試合あたり3,240人)
瑞 穂 5,635人(1試合あたり2,818人)
花 園 3,461人(1試合あたり1,731人)
西京極 3,158人

今週のトピックス
今週はいい天気に恵まれ、なんとか前年より多い動員となったが観客動員は開幕節の2/3まで落ち込みました。瑞穂にトヨタ、ヤマハの東海勢、秩父宮に東芝、サントリーの東京の強豪2チームが登場したものの観客動員には結びつかず・・・。今節は地力の差で大差が予想される試合が多かったため?

それでも、九州電力が神鋼に2点差まで追いすがり、三菱重工も後半力尽きましたがトヨタ相手に前半リードして折り返すなど、下位チームの健闘が光りました。

第3節は盛岡で2試合が予定されています。普段トップリーグを生で見る機会が少ないですがラグビー人気がある土地柄なので、多くの方に観戦に来ていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

Rugby Fun Magazine Vol.2

Fun_magazine2
Fun_magazine_3Rugby Fun Magazineの第2号が完成!
先日ラグビートップリーグの試合会場でGetしました。
(左の写真が表紙です。)

その中にヤマハ発動機Jubiloの村田亙選手とJubilo磐田のゴンこと中山雅史選手の対談が見開きで掲載されています。

ジュビロファンならずとも読んでいただきたい内容です。

実は、中山選手はトップリーグを直前に控えた社内のラグビー部壮行会にゲストとして、GKの川口能活選手とともに参加。

その中でも、
『サッカーとラグビーで磐田から日本を元気にするぞっ!わかってんのか、お前ら!
俺についてこいっ!』
と選手たちに檄をいれてくれました。

いままで彼らのプレーからどれだけの勇気をもらったことか。

同年代のまだ情熱冷めやらぬ彼ら2人を応援していきたいと思います。

Rugby Fun Magazine は、ラグビーファンのためのフリーペーパー。試合会場その他で無料配布されているので興味あるかたは是非手にとっていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐田クラブV4!

Iwata_final4

今日は静岡県リーグ最終節。
草薙球技場に磐田クラブの応援に行ってきた。

今日の相手は静岡クラブ。

ずっと敵陣で試合を進めながらなかなか点をとれないイライラした展開だったが、上手く相手のペナルティを誘い決して流れを相手に渡さない試合巧者ぶり。前半は8-0で折り返す。
Iwata_final3

後半も相手に主導権を渡すことなく、最後はFWの地力の差でスクラムトライを挙げて勝負あり。15-0で勝利して4連覇達成。
Iwata_final2Iwata_final5

選手の皆さんお疲れ様。

来年以降もV5,6と伸ばして神鋼のV7を追い越してほしいものです。^ ^

Iwata_final 11月4日
静岡県リーグ最終節

磐田クラブ 150 静岡クラブ
2T1G1PG      
 前 半  ( 8-0)

最終順位
1位 磐田クラブ  4勝0敗
2位 愛鷹クラブ  2勝2敗
3位 浜松クラブ  2勝2敗
4位 静岡クラブ  2勝2敗
5位 焼津シーガルズ0勝4敗

2位-4位は総トライ数による。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ 第2節 NEC戦

Nec
11月3日(土) 12:00K.O. 瑞穂ラグビー場
天候:晴れ
ヤマハ発動機Jubilo 1923 NECグリーンロケッツ
 (3T2G)   (前 5-23)(2T2G2PG1DG)  
レフリー 谷口 かずひと

ヤマハJubilo前半布陣

   1中越  2加藤  3山村
     4石神  5J.マカ
  6久保   8D.トーマス  7本間

        9佐藤

       10大田尾

11徐  12大西 13三角 14辻井

       15松下

リザーブ
米倉 伊藤 小林 澤田 村田 今利 W.ソトゥトゥ

NECグリーンロケッツ布陣

   1久富  2水山  3猪瀬
     4佐藤  5木下
  6浅野   8箕内   7ニリ.ラトゥ

        9辻

       10ヤコ

11石田 12安藤 13山本 14窪田

       15武井

リザーブ
片岡 斉藤 日高 G.マーシュ 松尾 水田 安田

前半: NEC K.O.

 2分 ゴール前ラックから供給されたボール、SOヤコが内に切れ込んでトライ。
    CTB安藤ゴール成功。(0-7)

 
 4分 キックオフのボールからのラックでNECオフサイドのペナルティ。
    CTB大西が22m外側左中間からPG狙うが失敗。
 
   
10分 NECペナルティのアドバンテージを果敢に攻めるが、アドバンテージ
    解消直後にSOヤコがパスインターセプト。80m走り切りトライ。 
    CTB安藤ゴール成功。(0-14)

19分 22mライン上ラックから供給されたボールをヤコがDG狙い成功。
    
(0-17)

22分 NECのCTB安藤のキックをCTB大西がチャージ。
    インゴールに転がったボールを自身で押さえてトライ。
    CTB大西ゴール失敗。(5-17)

26分 ヤマハゴール前でオフサイドのペナルティ。
    CTB安藤PG成功。(5-20)

37分 ヤマハノットリリースのペナルティ。
    CTB安藤PG成功。(5-23)

40分 NECのパスミスでこぼれたボールをWTB辻井が足にかけゴールに
    迫るもNECのFB武井がゴール前ギリギリでボールを捕りそのまま
    タッチを割る。ボールを渡さず保持したままハーフタイム。

<ハーフタイム>

後半: ヤマハ K.O.

10分 J.マカ Out 澤田 In
    辻井 Out W.ソトゥトゥ In

15分 相手ボールスクラムからの球出しにSH佐藤が絡んでターンオーバー。
    一気に22m内側にボールを運ぶと素早い球出しから大田尾が飛ばし
    パスで
FL本間へ、そして本間からタイミングよくD.トーマスにつないで
    そのままトライ。
    CTB大西ゴール成功。(12-23)

19分 木下 Out 日高 In

23分 NECオフサイドのペナルティ。
    10m内側中央からCTB大西がPG狙うが失敗。

    中越 Out 伊藤 In
    ニリ.ラトゥ Out G.マーシュ In

26分 本間 Out 小林 In

29分 猪瀬 Out 斉藤 In
    佐藤 Out 安田 In
    G.マーシュ Out ニリ.ラトゥ In (出血一時 → 31分)

33分 加藤 Out 米倉 In

36分 佐藤 Out 村田 In
    水山 Out 片山 In
    安藤 Out 松尾 In

39分 ゴール前ラックからのボールを受けた大西がタックルをうけながらも
    ポスト脇に飛び込み腕をのばしてトライ。
    CTB大西ゴール成功。(19-23)

コンバージョン後、あと1プレー欲しかったが無情のホーン。 

<ノーサイド>

過去対戦成績1勝と相性の悪いNECが相手に前半からミス連発で自滅といっていいかもしれない。前半風下でキックを絡めたNECのヤコにいいようにやられたという感じ。
後半追い上げ、トライ数は上回るも、いいところでハンドリングエラーが出るなどして逆転ならず。最後まで乗り切れず、手痛い敗戦。
後半最後の反撃もミスなくトライを獲れていれば、もう1プレー出来ていたと思うと悔やまれる。
それでも最後のトライでボーナスポイント1を獲れたことをポジティブに考えなければ・・・。

Nec2

最後のヤマとなるサントリー、東芝との決戦前にもう1つも落とせなくなったが、修正すればまだまだ大丈夫。

頑張れJubilo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »