« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

トップリーグ観客数(’07-’08編) 第1節

今年もやります!
トップリーグ観客動員数調査。興味のある人だけ見て下され!^ ^

第1節観客総数  44,489人(ダブルヘッダー補正後37,989人)/7試合
昨年のデータ    41,890人(ダブルヘッダー補正後33,517人)/7試合

第1節平均観客数  6,356人(ダブルヘッダー補正後 5,427人)
昨年のデータ 平均 5,984人(ダブルヘッダー補正後 4,788人)

*ダブルヘッダー補正は、2試合目の観客数を2試合に分配しています。
 入替えが無いので2試合目の観客数がその日2試合分の観客総数と考えるからです。

会場別
ヤマハ 9,620人
秩父宮 9,037人(10/26)
花 園 8,749人
博 多 7,656人(1試合あたり3,828人)
太田市 1,850人
秩父宮 1,077人(10/27)

今週のトピックス
金曜、土曜と雨天の中の開催となったものの、開幕で注目カードが多かったので、1つの節としての合計観客動員数は過去最高を記録した。
(実数表示を始めた’04-’05シーズン以降)
これもワールドカップ効果か?一般の浸透まではわからないが、ラグビーファンの中では代表戦士の活躍によりトップリーグが認知されてきたのではないかと思う。

特に、昨年の4強が激突した秩父宮、ヤマハスタジアムは雨にもかかわらず9,000人を突破した。好天に恵まれていたら間違いなく10,000人を超えていたと思われる。
雨天で伸び悩む会場もあったが、トップリーグが目標とする5,000人動員を平均で上回っている。今後、これをいかに持続していくかがカギとなってくる。

一人でも多くの人にトップリーグを観戦してもらいたい!

今節の各会場でのスリリングな展開の試合が続けばリピーターも増えるはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

Players card 2007

Img035Img036

Img037Img038

ヤマハ発動機Jubiloの今年度版のプレイヤーズカードが出来、開幕戦から選手たちが手にするようになりました。

試合会場で選手を見かけたら積極的に声をかけてカードをゲットしてください。

写真上はFW選手用デザイン
表はFWの精悍さを表すような黒を基調にしてます。
裏は選手のとびきりの1枚。
開幕戦で初トライの石神勝選手のカードをモデルにしました。

写真下はBK選手用デザイン
表はBKのスピード感を表すような鮮やかな青が基調。
裏はFW同様選手のとびきりの1枚。
開幕戦で初トライの徐吉嶺選手のカードをモデルにしました。

サインは入っていませんので、カードゲット時に選手に書いてもらいましょー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップリーグ 第1節 開幕戦 東海ダービー

Vs_toyata

10月27日(土) 14:03K.O. 
ヤマハスタジアム 天候:雨

ヤマハ発動機Jubilo 2620 トヨタ自動車ヴェルブリッツ
(2T2G4PG) (前 10- 7)(2T2G2PG)  
レフリー 平林 泰三

ヤマハJubilo前半布陣

   1中越  2加藤  3山村
     4石神  5澤田
  6木曽   8D.トーマス  7本間

        9佐藤

       10大田尾

11徐  12大西 13三角 14永本

       15富岡

リザーブ
北川 仲谷 久保 小林 村田 松下 W.ソトゥトゥ

トヨタ自動車ヴェルブリッツ布陣

   1中村  2高山  3中野
     4中山  5北川
  6菊谷  8A.クロフォード 7遠藤

        9麻田

       10正面

11岩本 12難波 13赤沼 14遠藤

       15馬場

リザーブ
山本 豊山 谷口 小野 茂木 廣瀬 W.ライダー

前半: ヤマハK.O.

 7分 22m中央モールから供給されたボール、SO大田尾10m付近から
    DG狙うが失敗。

     
20分 ゴール前の攻防、アドバンテージを確認したSH麻田がDG狙うが失敗。 
   
20分 LO澤田Out 久保In(出血一時) 

21分 LO澤田復帰
    FL木曽Out(負傷) 久保そのままFLへ

23分 WTB永本Out W.ソトゥトゥIn

25分 ゴール前スクラムからパスアウト、SOからNo.8にリターンでモールを
    作る。
    その後モールサイドを執拗に突いて、最後はPR中村が飛び込みトライ。
    FB馬場ゴール成功。(0-7)

30分 10m内側でトヨタにハイタックルのペナルティ。
    正面やや右からCTB大西がPGを成功。(3-7)

34分 ヤマハにラックでのハンドのペナルティ。
    10m外側ほぼ正面からFB馬場ゴール狙うが失敗。

39分 FL本間Out 小林In(出血一時)

41分 ゴール前スクラムからモールを作るがトヨタに押し返される。
    BKに展開し、左右振ったあとのノーハーフ状態の中央ラックからの
    ボールを山村がタイミングよくパスアウト、大田尾からWTB徐につなぎ、
    徐が左スミに飛び込みトライ。
    CTB大西ゴール成功。(10-7)

<ハーフタイム>

後半: トヨタK.O.

 1分 ヤマハのノットロールアウェイのペナルティ。
    FB馬場が22m外ゴール正面の位置からPG成功。(10-10)

13分 トヨタのハイタックルのペナルティ。
    CTB大西が22m外ゴールやや右寄りの位置からPG成功。(13-10)

17分 トヨタのノットリリースのペナルティ。
    CTB大西が22m外の右15mライン上の位置からPG成功。(16-10)
    
20分 ハイタックルでWTB遠藤シンビン。
    CTB大西が22m外の左15mライン上の位置からPG成功。(19-10)

    
21分 FB馬場Out 廣瀬In(SO)、SO正面がFBへ。

23分 ゴール前ラインアウトからの3次攻撃でSO大田尾がゴール前に絶妙なゴロパント。
    LO石神が反応良く飛び込み左スミにトライ。
    CTB大西ゴール成功。(26-10)     

24分 PR中越Out 仲谷In

26分 FL本間Out 小林In
    
29分 PR 中野Out 豊山In
    No.8 A.クロフォードOut 谷口In

32分 ヤマハのペナルティからタッチキックで右ゴール前ラインアウト。
    ラインアウトからモール押し込み右スミにトライ。
    SO廣瀬ゴール成功。(26-17)

41分 ヤマハのオーバーザトップのペナルティ
    SO廣瀬が22m内側の右中間の位置からPG成功。(26-20)

<ノーサイド>

トップリーグ開幕の東海ダービーは、あいにくの雨。デジカメのシャッターも降りなくなるほど時折激しく降り、グランドの芝にも水が浮くようなコンディションだったが、両チームの意地がぶつかる熱戦が繰り広げられた。
FW周辺で縦の突破を試みるトヨタに対して、ヤマハは素早い出足のディフェンスとBKの揺さぶりで対応。雨の中でも、今シーズンのスローガン『Relentless(リレントレス)』を見せる試合ぶりだった。
この1勝はただの1/13ではない大きな意味を持つ1勝!
チームの状態は最高!次のNECも撃破して前半戦波に乗りたいところ。

頑張れJubilo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

秘密兵器!

Saki

いよいよトップリーグ開幕間近!
開幕戦のメンバーが発表されました。

そこにはなんと、サキ(ワイサキ・ソトゥトゥ)の名前が・・・。

トップリーグ元年のシーズン後に電撃引退してから4年ぶりに帰ってきました!

オールド・ファンには涙もんの彼の雄姿。関西A優勝を決めた時も中心に彼はいました。年齢は36歳となりましたが、先日のホンダ戦でも後半からの出場で2トライを挙げるなど絶好調。トライを獲る嗅覚は衰えてはいないようです。

大きい身体を活かしたコンタクトプレー、身体に似合わない身のこなし。
後半のインパクトプレーヤーとしての彼に注目したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

トップリーグ開幕直前 その2

Hori
『努力は、運を支配』

「練習がすべて」という。そしてこうも続ける。
「試合においてミラクルは存在しない。練習で出来ないことは、試合でも決してできないのだから」

目指すのは、どのチームにもないスタイルのラグビー。ヤマハならではのスタイルの確立だ。勝利を偶然ではなく、必然にしてこそスタイルは完成する・・・。

堀川 隆延 ヤマハ発動機ラグビー部Jubilo監督 34歳。
トップリーグ最年少、若き指揮官2年目の挑戦がはじまる。

<静岡新聞10月21日付 日曜版より>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

トップリーグ開幕直前 その1

Pr トップリーグ開幕直前!

静岡新聞には1週間前となる20日・土曜日にカラーの全面広告も・・・。

ヤマハスタジアムで迎える初めてのトップリーグ開幕戦。しかも東海のライバルでもあるトヨタ自動車ヴェルブリッツを迎えての東海ダービーマッチ。

日本のど真ん中から
ラグビーを盛り上げよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

キーホルダー&ストラップ

Key_holder1Key_holder2

先日のホンダHeatとのプレシーズンマッチの際に来場プレゼントとしていただきました。
縦 約15mm×横 約23mmの大きさで、グラデーションこそ再現されていないものの胸にヤマハのロゴ、袖にレプリカジャージにも入っていないJubiloのロゴが入っています。

後ろに背番号とMajestyのロゴが入れば完璧だったのに・・・。
(今シーズンからユニフォームの後ろは“VOX”から“Majesty”に変わります・・・。)

でも小さいけどよくできています。

開幕戦でももらえるかな?是非、東海ダービー観戦にヤマスタにお越しください。

Strap もうひとつは、ラグビースクールやラグビーの応援でご一緒しているグラビュールさんにいただきました。

素材は竹。使い込むとあめ色に変わって渋い色合いに。

色々なお祭り小物など扱っていますので仲間うちでお揃いの小物などいかがでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

静岡県リーグ 第3節

Iwata_c_2
磐田クラブ強力FWで相手ゴールに迫る

静岡県選手権
第3節(浜松遠州灘海浜公園球技場)

磐田クラブ 2517 浜松クラブ
 5T           3T1G
 前 半 (10-7)

Hamamatsu_c 第3節を迎え、相手は県西部のライバルチーム浜松クラブとの全勝対決。
浜松クラブはこの日のためにジャージを新調。

前半8分に先制トライをあげるもののセットプレー(ラインアウト)が安定せず波に乗れない磐田クラブは、中盤にトライ、コンバージョンで逆転され嫌な展開。
それでも終了間際、ゴール前のモールからNo.8村瀬が飛び込みトライ。
10-7とリードして折り返す。

後半は開始早々4分にトライをあげ15-7。
10分過ぎにゴール前の浜松ラインアウトからサインプレーでトライを取られるものの、直後に浜松がタッチへ蹴り出そうとしたところをチャージ!、インゴールでそのまま押さえ込みすぐにトライを取り返して相手の流れを封じた。
試合はその後1トライを追加。終了間際に1トライ返されるも逃げ切った。

これで3連勝。勝ち点14に伸ばし、4連覇に王手!

次戦は最終節11月4日の静岡クラブ戦。
静岡クラブも1敗しているが優勝の可能性を残しており、最後にまた両雄相まみえることに・・・。

必ず勝って祝杯と行きましょう!
Iwata_c2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

プレシーズンマッチ ヤマハ対ホンダ

Noriya
期待の大型新人No.8小林訓也のアタック!

プレシーズンマッチ 第4戦

10月20日(土) 14:00K.O. ヤマハ大久保グラウンド
天候:晴れ
ヤマハ発動機Jubilo 73- 0 ホンダHeat
  (11T9G)      (前 26- 0)  
レフリー 大槻 卓

ヤマハJubilo前半布陣

   1仲谷  2北川  3伊藤
     4八木下 5J.マカ
  6梶村   8小林   7串田

        9佐藤

       10越村

11津高  12三角 13今利 14辻井

       15G.マッコイド

リザーブ
高木 米倉 境川 坂本 笠原
本間 村田 M.キングスビア 中島 W.ソトゥトゥ

ホンダHeat布陣

   1今村  2森澤  3安藤
      4深谷 5須長
  6木村   8平井   7林

        9吉村

       10小西

11有田  12藤本 13T.ポンギ 14大薮

       15前田

リザーブ
石渡 田中 藤田 佐藤 金
工藤 神野 政田 吉田

前半: ヤマハK.O.

10分 10m付近ホンダのペナルティから素早いリスタート。
    オフロードパスで次々つなぎ最後はマッコイドが右中間トライ。
    SO越村一隆ゴール成功。(7-0)
     
28分 自陣の相手ラインアウトの乱れから、ターンオーバーして梶村?
    
が縦突破。一気に相手ゴール前に迫るとラックサイドをPR伊藤雄大が 
    潜り込みトライ。
    SO越村一隆ゴール成功。(14-0) 
   
38分 ゴール前スクラムからラック。マカがラックサイド飛び込みポスト横に
    トライ。SO越村一隆ゴール成功。(21-0) 

42分 ゴール前相手スクラムをめくり上げ、こぼれ球にSH佐藤貴志が反応
    してトライ。SO越村一隆ゴールならず。(26-0)

<ハーフタイム>

PR1 仲谷 聖史 → 高木 重保
HO2 北川 喬之 → 米倉 隆之
LO4 八木下 恵介→ 坂本 一哉
FL7 串田 義和 → 本間 俊治
SH9 佐藤 貴志 → 村田 亙

ホンダ、佐藤 剛が登場!

後半: ホンダK.O.

 2分 ゴール前ラックから右展開。今利がカットインしてトライ。
    SO越村一隆ゴールならず。(31-0)

 4分 相手キックを自陣10m付近で受けたマカが抜け出しゴール前に。
    ゴール前でディフェンスに追いつかれるもマッコイドにつないでトライ。
    SO越村一隆ゴール成功。(38-0) 

11分 ゴール前ラックからBKに供給されたボールをSO越村がそのまま
    ギャップをついてトライ。越村ゴール成功。(45-0)

15分? 
    LO5 J.マカ → 笠原 雄太
    WTB11 津高 宏行 → W.ソトゥトゥ
    FB15 G.マッコイド → M.キングスビア
    WTB14 辻井 厚之 → 中島 拓也

19分 ターンオーバーからライン際を駆け上がったキングスビアからソトゥトゥに
    つないでトライ。SO越村一隆ゴール成功。(52-0)

26分 22mと15mの交わるあたりのラックからブラインドに走り込んだソトゥトゥ
    にボールが渡り、ディフェンスライン突破。
    フォローの三角につないでトライ。SO越村一隆ゴール成功。(59-0)

27分 HO2 米倉 隆之 → 北川 喬之

28分 右サイド22m内側のラインアウトから幅を大きく利用したBKのサイン
    プレーでキングスビアが左スミにトライ。
    SO越村一隆ゴールならず。(64-0)
    

34分 22m付近モールサイドをSH村田が抜け出し、フォローの坂本に
    つないでトライ。SO越村一隆ゴール成功。(71-0)

<ノーサイド>

プレシーズンマッチ最後、チーム内の生き残りをかけた控え中心の布陣で臨んだジュビロ。その気合いからか、これまでのウップンを晴らすような快勝!
特に相手を零封に抑えたことは開幕に向けて明るい材料。

今シーズンのスローガン『Relentless(リレントレス)』を具現化した試合だった。
ちなみに、「絶え間なく動き続ける」という意味があり、常にボールを動かし続け、グランドを大きく使ってトライする展開ラグビーを目指すということらしい。開幕まであと1週間。この調子で東海ダービーでトヨタを撃破して波に乗りたいところ。

頑張れJubilo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

JAPAN戦士凱旋

0929_1_2

9月29日に行われたラグビープレシーズンマッチのヤマハ発動機Jubilo対サントリーサンゴリアスの一戦にフランスから帰国した日本代表選手がヤマハ発動機Jubiloの一員として帰って来ました。

0929_2 気になるのは大西将太郎選手の怪我の具合ですが、本人いわく、

『2週間の安静が必要だが、なんとかNZ合宿の最終戦には出場したい。トップリーグ開幕には万全に仕上げます。』

とのこと。
日本中のラグビーファンの心を熱くしたJAPAN戦士の活躍を是非試合会場でLIVEで観てほしいものです。

ヤマハ発動機Jubiloのチーム一同は、29日のサントリー戦の翌日となる30日にNZに向けて出発。現状は決してよいチーム状況とはいえないが、開幕は万全なチーム体制で臨んでほしい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »