« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

静岡ラグビーフェスティバル2007 その2

1_tirashi 静岡ラグビーフェスティバル2007のメインは、同志社大学対明治大学の伝統の一戦。

両チームの定期戦は、今回が第70回目の節目に当たるそうで、わざわざ静岡で開催してくれることに感謝です。
スタンドには、午前中に静岡県高校セブンズをやった関係からか、多くの高校生も集まり、まずまずの客の入り。だいたい2000人弱くらいでしょうか・・・?

中には、両校のジャージを着込み、小旗を持った熱心なファンも見られ、伝統・人気の高さを感じずにはいられません。

1_member 当日の両校のメンバーは左表のとおりです。
はっきりいってあまり選手知らないです・・・。(- - ;)

でも、セブンズ日本代表に追加召集された同志社の宇薄 岳央選手が含まれておりますし、定期戦70回の節目にふさわしいメンバーなんじゃないでしょうか?

ちなみに今回の試合は、両校の話し合いのもとマルチ交代システムを採用しており、一度交代して外に出ても、その後また戻ってくる選手もいました。
気温が高く選手の消耗も激しいと判断した、もしくは遠征で選手数が限られているための措置でしょうか?
1_kekka
結果は、

同志社大学 21 - 48 明治大学
(3T3G)           (8T4G)
 前 半    7 - 31
 後 半   14 - 17

試合経過
前半 明治K.O.
02分 明治 9 トライ  10 ゴール成功 (0-7)
07分 同志社 10 トライ  13 ゴール成功 (7-7)
10分 明治 14 トライ  10 ゴール成功 (7-14)
18分 明治 7 トライ  10 ゴール失敗 (7-19)
31分 明治 3 シンビン
32分 明治 ? トライ  10 ゴール失敗 (7-24)
44分 明治 ? トライ  10 ゴール成功 (7-31)
1_sc 1_doushisya_tackle

後半 同志社K.O.
04分 明治 8 トライ  10 ゴール失敗 (7-36)
16分 同志社 11 トライ  13 ゴール成功 (14-36)
20分 明治 2 トライ  21 ゴール失敗 (14-41)
23分 同志社 19 トライ  13 ゴール成功 (21-41)
30分 明治 ? トライ  21 ゴール成功 (21-48)

1_meiji_karami_1 あまり大学ラグビーを観ないので、この試合だけの印象となってしまいますが、FWの集散は明治が圧倒。ターンオーバーも多数見られ、仕上がりの良さを感じました。昔のただ大きい選手がガムシャラにボールを持って突っ込むという感じではなく、集散で上回り、組織としてのFWの結束で相手ボールでもめくっていくという感じで好感が持てます。重さよりも機動力がこの試合では際立ってました。FWが集散よく働きかけるから人数掛けずに早い球出しが出来ていましたので、前述の3次くらいで同志社のディフェンスが足りなくなってくるという感じでした。外側に勝負に出てウィングが駆け上がるシーンを何度も見られました。しかし、前半これだけのリードの割りには不用意な反則が多かったです。(シンビンも1回)。

1_meiji_fw 一方の同志社は、個人技が頼りのゲーム展開で、チームとしての体裁が整っていない印象でした。スクラム、ラインアウト全てに於いて精度が悪かったです。そのため、FWが劣勢だったのに加え、一発のタックルで倒せずにディフェンスラインをズルズルと下げられ、3次くらいになるとディフェンスラインが整えきれないといった具合でした・・・。

また、両軍ともタックルが甘く、ハンドリングエラーも多かったです。
スコア以上に大味な試合でした。

大学の春シーズンはこんなものなんですかねぇ?
秋口までの両軍の成長、シーズンでの活躍に期待したいです。
1_meiji_member
1_doushisya_member

| | コメント (2) | トラックバック (0)

静岡ラグビーフェスティバル2007 その1

29日、世間様のラグビーファンが日本代表対香港戦に注目しているなか、草薙で行われた静岡ラグビーフェスティバルに行ってきました。

メインは、同志社大学対明治大学の第70回定期戦ですが、その前座で浜松大学対静岡クラブの一戦も組まれていました。
1_kantoku_syusyouこちらのほうも、静岡県社会人の強豪・静岡クラブに今季東海大学Bリーグ昇格し成長著しい浜松大学がどの程度通用するか興味のある試合。
浜松大学の薬師寺監督(元神戸製鋼・日本代表)の表情も気合いの入ったものとなっています。
また、バックスタンドには、ラグビー部のアドバイザーを務めるスティーブ・ジョンソン氏も来ていました。
スティーブさんは、伏見工で山口良治氏とのコンビで全国を制したお方。その後、浜松工業高でラグビーを教えておりましたが定年後、浜松大で講師としても教鞭をふるっているようです。
1~2度、お話しさせていただいたことがありましたが、今回はスタンドでスティーブさんのほうから声を掛けていただきました。

2_enjin 4_siai2

試合のほうは、ファーストスクラムで相手ボールをターンオーバーするなど、気合い十分でしたが、3分にBKのスペースをつかれてトライを許すと、気合いが空回り。
FWも自力に勝る静岡クラブの寄りと老獪なプレーに押し込まれる場面も・・・。
それでも、0-12でリードされた前半17分にNo.8のトライで7-12としたあとは、一進一退の攻防。なんとか1トライ差で折り返し、風上の後半に望みを繋ぎます。

5_siai3 後半も、序盤にトライを奪われる苦しい展開。
後半は、FWの足が止まり、静岡クラブにボールを支配し続けられる展開。15分、29分にFBのトライで追いすがりますが、結局、反撃はここまで。
でも、昨年のときよりも確実にレベルアップしているのを感じました。パスの精度と、FWのまとまりが出来てくればBリーグでもそこそこの戦績を残せるんじゃないかな?
目指せAリーグ昇格!

6月17日には、浜松大、浜松基地、ヤマハラガーで練習試合も予定されています。

6_siaikekka 4月29日 草薙 晴れ

浜松大学 19-31 静岡クラブ
 (3T2G)        (5T3G)
  前 半  7-12
  後 半 12-19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

2007 MEMBERS LIST

Img040 Img041

2007シーズンのヤマハ発動機ラグビー部Jubiloのメンバー表が完成しました。
サイズはA4。表がコーチ陣と選手44名の顔写真入りプロフィール。
裏面は、春季オープン戦のスケジュールと各会場へのアクセス方法が載ってます。

各試合会場で配布されると思いますので手に取っていただければと思います。

PS
オープン戦第1戦の相手となる九州電力ですが、てっきり、
『九州電力ヴォルテクス』略して『九電(キューデン)ヴォルテクス』だと思っていたら、
『九州電力キューデンヴォルテクス』だそうな・・・。

ちょっとクドくない?
神鋼にしたって、『神戸製鋼コベルコスティーラーズ』よりも、絶対、『神戸製鋼スティーラーズ』のほうがいいと思う。

もしかして将来的にトップリーグが企業名を外す動きがあって、それに向けての布石?
(あくまでも想像の範疇です。)

まぁ、他のチームのことですけどね・・・。(上のことを考えてのことならスゴイが・・・。)

そういえば、重工相模原の愛称は決まったのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月25日 (水)

ラグマガ6月号

ラグマガ6月号を会社帰りに購入してきた。
定期購読しているので書店からTELが入るおかげで忘れることなく、当日に手にすることができる。(実は今月も連絡が無ければ忘れていた・・・。)

今月号でうれしかったのは、3月で引退したヤマハJubiloの勝又選手が人物往来で取り上げられていたこと。地味なプレースタイルながらチームメイトの誰もが認めるプレーヤーズ・プレーヤーであった彼を取り上げてくれたラグマガに感謝!そしてお疲れさま勝又選手。

あと、引退したと思われたイポリト・フェヌキタウ選手は近鉄ライナーズ入りした事を2007主要チーム部員名簿で知る。(現役続行おめでとう!)
しかし、バツベイといいイポといい、近鉄のFWはすごいことになってますな。

ネット全盛とはいえ、まだまだ貴重な情報源です。

その他、付録では、わかりやすいラグビーというルールの小冊子も付いておりました。

皆さん、お買い忘れの無きように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月24日 (火)

静岡ラグビーフェスティバル

Cimg2866
ラグビースクールの関係で、静岡ラグビーフェスティバルのチケットをいただきました。

日にちは4月29日(日)。草薙球技場です。(東静岡駅から2Kmくらい)

メインは、同志社大学対明治大学の1戦。
静岡県内での大学トップレベルのチームの試合を観る機会がないので楽しみです。

なお前座で、浜松大学対静岡クラブの1戦も予定されています。
浜松大学は、今季東海大学Bリーグに昇格したチーム。
元日本代表の薬師寺大輔氏(伏見工-日体大-神戸製鋼)が監督に就任してから、3年で2階級昇格と力をつけてきましたが、就任当時は部員が10人に満たないところからのスタートということで、平成のスクールウォーズと地元メディアにも取り上げられました。
Bリーグ昇格の今季以降、真価が問われる戦いが続きますが頑張って欲しいところです。
対する静岡クラブは社会人静岡県リーグ準優勝の名門。

こちらの1戦もいい試合を期待したいです。

ゴールデンウィーク中ですので、遠方からもたくさんのかたにきていただきたいものです。是非静岡にお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月23日 (月)

トップリーグ開幕は10月26日!

本日、日本ラグビー協会から2007-2008シーズンのトップリーグ開幕は10月26日と発表された。
W杯終了後の開幕となり、そこから13週連続で開催してもリーグ終了は1月後半にずれ込む。MSカップ、選手権の取り扱いが気になるところです。(タイトな日程なので選手層の厚さが明暗を分けそう・・・。)

また、協会内の組織を変更し、トップリーグ事業委員会を新設するとのこと。
事業拡大を目的に運営を担当する別個の委員会を設置。常勤スタッフを3人置き、チェアマンは引き続いて日本協会の真下昇専務理事が務めるらしい。

最高執行責任者に就任した元サントリー・ラグビー部ゼネラルマネジャーの稲垣純一氏は「集客力を強化したい。1年目は年間35万人、3年後には50万人を目標にする」と話した。

昨季実績が36万人弱なんですが・・・。
1会場2試合の場合はダブルカウントしないということですか?
それだと昨年が25万5000人だったので、昨年の4割増となりますが。

ファンとしてはW杯での代表の活躍での盛り上がりに期待したい!

また、過密日程でゲームの質が落ちることの無いように願いたい。

開幕戦の希望としては、

 ヤマハ発動機Jubilo 対 トヨタヴェルブリッツ 

 東海ダービーをヤマハスタジアムのナイトゲームで!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

ヤマハスポーツ財団 第一期奨学生発表!

以前書きましたヤマハ発動機スポーツ振興財団の第一期の助成・奨学生の発表が行われました。

その中に、大槻 卓さんが、『ラグビーIRBパネルレフリーへのチャレンジ』で選考されてました。

直接は存じ上げませんが、愛知県のかたで、関西大学リーグやトップウェストでのレフリーをされているようです。(A2級レフリー)
協会の『レフリー・アカデミー』にも名を連ねていました。

平林 泰三レフリーとともに将来のレフリープロ化に向けて精進していただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

総合スポーツクラブへ!

Img035 ちょっと、時間が空きましたが・・・。
4月5日の中日新聞 静岡中・東遠版より

『ミニバスケットスクール
ジュビロが来月浜松に開校』


という記事が載っておりました。

サッカー、ラグビーに続きミニバスケと、いよいよジュビロの名のもとに総合スポーツクラブとして底辺拡大に乗り出したようです。

指導者は、高校全国大会出場経験者のかた数人で当たる模様。対象は小学校3~5年の男女、定員45名でスタートとのこと。

場所は、浜松アリーナで計10回を予定しています。

そのうち、浜松にもバスケットボールチームができるのでしょうか? ( ^ ^ )

成功を祈る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月10日 (火)

グラント・マッコイド選手が新加入!

Grant_m ヤマハ発動機Jubiloの新加入選手が追加発表されました。

【グラント・マッコイド選手】Grant McQuoid

SUPER12時代のワイカト・チーフスに所属、昨年は豊田自動織機でプレー。1年間日本でプレーしているだけにチームへの溶け込みははやいのではないでしょうか?

国籍ニュージーランド
生年月日1979年7月30日生まれ
身長185センチ
体重90キロ
ポジションフルバック
経歴

1999年 ニュージーランド21歳以下代表
2000年 ワイカト州代表
2001年 スーパー12 ワイカトチーフス
2002年 ベイオブプレンティー州代表
2003年 ベイオブプレンティー州代表
2004年 スーパー12 ワイカトチーフス
2005年 スーパー12 ワイカトチーフス
2006年 豊田自動織機

【堀川監督コメント】
「非常にスピードのある選手。ニュージーランド21歳以下代表ではフルバック、ワイカトではセンターの経験があり、ユーティティープレーヤーとして期待できる。日本での経験もある選手なので、すぐにヤマハの環境に溶け込めるだろう」

ネイサン、レイニーが抜けた後のCTB,FBでの活躍に期待したいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

新入団選手発表会見2

Pic003
新入団会見の映像がヤマハラグビー部HPにアップされていました。

今年はYC&ACも出場しなかったので、まだ新人くんたちを間近でみてません。
これで新人くんたちの顔を覚えておかねば・・・。

PS
マリカ・ブニバカ選手の退団も本日発表されました。契約の絡みで発表がずれ込んだようです。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

日本でアメフトW杯が・・・。

Cimg2563 Cimg2561

『201X年 ラグビーがアメフトの後塵を喫する…。』

そんな日が来るのはそう遠くないのかもしれない。そう思わせる特集記事が中日新聞サンデー版に掲載された。(見開きですよ!写真撮るのに脚立が要りました。)

私も不勉強だったが、今年7月にアメフトの第3回ワールドカップが日本(川崎)で開催されるようだ。詳しくはこちら
(日本、スウェーデン、フランス、ドイツ、韓国、アメリカ)と規模こそ小さいが、3回目にして本国のアメリカが参戦するなど、今後の規模拡大に注目が集まる。
アメフトは頂点にNFLというメガコンテンツを持っているし、そのNFL自体が全世界への市場拡大に積極的なのも驚異です。
(欧州市場開拓のためにNFLヨーロッパを1991年に誕生させたりもしています。)
また、攻守の切り替えの間などがTV向きですし、ユニフォーム・応援などにも華があります。

日本でも、アメフト漫画『アイシールド21』がTV放映されたり、フラッグフットボール(アメフトの簡易版、ラグビーにおけるタグラグビーのようなもの)を29万人以上の小中学生が経験するなど、競技人口が急速に増加中らしい。
また、日本代表がワールドカップ2連覇中で世界のトップ水準にあることも見逃せません。スポーツ界で日本が世界のトップ水準を張れる競技は稀少ですからマスコミを通じて、シンクロ、フィギィアスケートなどのようにブレイクする可能性も…。

私は、ラグビーもアメフトも大好き人間なので、アメフトが日本でもメジャーになる事はうれしいのですが、もう一方のラグビーの動きが鈍いのが気になるところ。
2015年のワールドカップ再招致を決定したものの、今年の代表戦も秩父宮の一極集中だし…。
今からワールドカップの主要会場として考えている会場、自治体へのアプローチをする意味からも日本代表戦の地方開催をすべきではないのでしょうかね?

まぁ、ラグビーの一地方ファンの戯れ言ですがね。冒頭のような見出しが躍らないことを願って止みません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

磐田ドリームラジオ

Cimg2555 Cimg2543

ラグビースクール後は、急いで磐田駅前のスポーツ交流プラザへ。
正午からココで磐田ドリームラジオの公開放送。

ゲストとして、今季のヤマハ発動機Jubiloの副将を務める、大田尾 竜彦選手と梶村 真也選手が登場。

出演時間は短かったけど、大田尾選手が、
『今の時期はキツイ練習でカラダをいじめ抜いてフィットネスを高めて行きたい。そしてタイトルを奪取できるようにしていきたい。』と力強く語っていた。

大田尾選手は副将2年目。ラジオ出演前も、ラグビースクールの受付を手伝うなど、副将としての自覚が芽生えてきているようだ。
(入団当初のプライドの高さが嘘のよう・・・。笑)

ラジオ出演後は、恒例のスポーツ交流プラザ入口の柱へのサイン書き。
ココの柱にはサッカー、ラグビー選手のサインで埋め尽くされています。
(しかし、一番目立つところに何故かキャイーンのウド鈴木のサインがあるのはなぜ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供も大人もラグビースクール

Cimg2532
今日もヤマハ大久保グランドにラグビーの練習に行ってきました。

練習時間は7:30~8:30
(いつも会社へ行くよりも早く起きてしまった・・・。)

なぜこんなに早いかというと今日からヤマハラグビースクールが開校するためです(9:00~)。同好会の練習はその前に・・・。
そして練習を終えたころ、今年も幼稚園年長クラス~中学生クラスまでの子ども達が集まりました。

また昨年に続き、付き添いの父兄を対象にした『大人のラグビースクール』も開講! なんと、初回の今日は30名超の大人が参加。(女性の方も全体の1/3くらいいました。)
うちも夫婦で参加。

年齢的に、10代、20代前半という若い人はいないので、念入りにストレッチをしたあと、ボールを使った練習。パス回し・ランパス程度ですが、楕円のボールを持った瞬間、大人でも子供のような顔つきに変わりますね。
(そこがラグビーの魔力でしょうか?)
結構、興味をもたれている方は多いみたいですね。

親子のコミュニケーションツールとしてラグビーが一役買ってくれるといいなぁと思いました。
コーチ陣も、『このストレッチはこの筋肉を伸ばす為に行います。』とか、『給水のポイント』など、子供の管理面に役立ちそうな注意点を説明しながらの練習を行ってました。(うちはまだ子供いませんがね・・・。)

夏までに同好会と大人のラグビースクールの2部練で少しでもカラダが絞れればと思いますが、さて如何に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 6日 (金)

春の練習試合情報

ヤマハHPに春の練習試合の情報がアップされてました。

5月19日(土) 17:00 九州電力ヴォルテクス 佐賀県陸上競技場
5月26日(土) 14:00 近鉄ライナーズ     ヤマハ大久保グラウンド
6月 2日(土) 14:00 三洋電機ワイルドナイツ ヤマハ大久保グラウンド
6月10日(日) 12:00 早稲田大学        ヤマハスタジアム
6月17日(日) 14:00 ホンダヒート        鈴鹿スポーツガーデン
6月23日(土) 14:00 豊田自動織機     遠州灘海浜公園

初戦以外は何とか行動範囲内かな?
鈴鹿も東京や神戸に行くよりは近いもんだ。佐賀は・・・。

練習試合とはいえ早稲田との初対戦もあり楽しみだ。
(しかも、練習試合でヤマスタとは・・・。恐るべし早稲田ブランド!)

しかし、ラスト2試合はJAPANの試合と連チャンか・・・。
どちらをとるか、それとも両方行くか?悩みどころです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 4日 (水)

新入団選手発表会見

Img034_1
昨日、ヤマハ発動機Jubiloの2007年新人選手の入団会見が行われた模様です。
(記事は中日新聞4月4日付。県内総合版)
センバツでの常葉菊川優勝の記事に埋もれて扱いが小さくなるのではと心配しましたが、ラグビーにしては、まずまずのスペースです。

堀川監督:
『ポテンシャルの高い選手が揃った。スピードと展開力あるラグビーで日本一を目指す。』

この時期毎年行っている早朝トレーニングは、今季は通年で実施するようです。
(仕事中に寝るなよ。笑;)

あとは、新外国人選手の発表が気になるところですが、かなりの大物のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こちらはAUS、松下馨選手武者修行へ。

Kaoru_1
先日の加藤 圭太選手に続き、松下 馨選手も海外での武者修行へ。
松下選手も今季2年目を迎える選手。大型SOとして期待は大きい。
(当れば、キックの飛距離はチームNo.1です。当ればですが・・・。)

行き先は、昨年のガッキーと同じパースのウェスタンフォースのアカデミーのようです。
しかし、行く事は聞いていたが、オフィシャルの発表を待っていたら既に2週間経過してるじゃん。(こまめにレポートよろしく!この辺は個人の性格が出ますな。)

ヤマハの夏季合宿を行ったこともある場所なので、慣れるのにはそんなに時間は掛からないとは思いますが頑張って欲しいと思います。

更なるパワーアップと精度向上を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 2日 (月)

【メディア情報】FM Haro! 磐田ドリームラジオ

Minilogo_2

4月になり、いよいよヤマハ発動機Jubiloの2007シーズンスタート!

4月7日(土)の磐田ドリームラジオに今季副将を務める大田尾竜彦選手と梶村真也選手が生出演!今季の抱負を熱く語ります。

4月7日(土)12:00~13:00
『磐田ドリームラジオ』 FM Haro!(76.1Mhz)

磐田市 天平のまち スポーツ交流プラザより公開生放送。

番組HPはこちらから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »