« 祝杯は『あぶさん』にて・・・。 | トップページ | トップリーグ観客数(’06-’07編) 第2節 »

2006年9月10日 (日)

Jubilo(歓喜)の瞬間!

Score Jubilo
(写真がぶれているのは興奮のせい?です。あしからず・・・。)
ようやく、京都から帰還。VTRで試合をチェックして、また気分が高まってきた!

ラグビートップリーグ第2節
ヤマハ発動機Jubilo 22-21 サントリーサンゴリアス

苦しい試合だったけど、応援含めて完勝でしょ!
スカパーだとサントリーの応援が勝っていたように聴こえていたけど、サントリーはメイン側、集音マイクもメインだけだったからね。実際にはヤマハの応援が勝っていた。

試合中ずっと1トライ差以内でついていき、相手のチャージからトライをとられても、
『上向けー!』『木曽ーっ!もう一度チームをまとめろ!』
と応援団のあちこちから声が飛ぶ。みんな諦めていない。

そして、ヤマハコールの大合唱!
ロスタイムに木曽選手のトライ、ネイサンのゴールで逆転しても気を緩めない。
『ヤマハ、ノーペナルティ!ノーペナルティ!』
応援団もみんな選手たちと戦っているんだ。

そして、ノーサイドの瞬間に喜びが爆発!
選手たちが挨拶にくると、再びヤマハコールが響き渡る。選手たちも最初は
『陸上トラックより前に出ていいの?』と恐る恐る前にくるという感じだったが、その後はフェンス手前まで来て、応援団と一緒に『ヤマハコール』&バンザイ三唱。

Horiyuko Hori_1

そして、選手のあとは、堀川監督と林マネージャーが挨拶に。応援団から
堀川コールと林コールが巻き起こる。そして1人1人と固い握手。
毎試合後、バックスタンドまで指揮官が挨拶に来る。マットソン、バティ、佐野さんと歴任の指揮官から続く伝統。これがより絆を深める。木曽主将の試合後のインタビューにもこの絆を感じられる。

しかし、この試合後の模様はスカパーでほとんど中継されず。やはり、試合会場に足を運んで応援しなきゃダメだね。
次はヤマスタでのホーム戦。スタンドをサックスブルーで埋め尽くそう!

清宮サントリーへ
全勝で優勝?何を寝言こいているんだ?トップリーグは大学ラグビーみたく甘くねぇーぜ。後半ロスタイムに清宮が勝利を確信したようなニヤケ顔。その甘さが勝負を分けたんだよ。
それにサントリーの選手寝てばっかりいるなよ。前後半で10分以上のロスタイムのほとんどはサントリーの選手のせいやん。
サントリーのキャッチフレーズって『ALIVE』じゃなかった?

それに、サントリーの応援団よ、プレースキックの時くらい静かにしよーや!

大卒ルーキー、新人監督、にわかファンにいつまでもデカイ顔はさせられない。
他のチームもヤマハに続いて欲しいもんだ。

|

« 祝杯は『あぶさん』にて・・・。 | トップページ | トップリーグ観客数(’06-’07編) 第2節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67905/11847006

この記事へのトラックバック一覧です: Jubilo(歓喜)の瞬間!:

« 祝杯は『あぶさん』にて・・・。 | トップページ | トップリーグ観客数(’06-’07編) 第2節 »