« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

無事帰国してます・・・。

ベトナムから無事帰国。といっても、帰国したのは25日。

ベトナムでの生活は、食べ物うまいので苦にならず。街に活気があって面白かった。
(一応仕事で行ったんだけどね。)
ただ、プロバイダが国営なせいかネット環境は・・・。ホテルの無線LANは結局つながらず。会社のシステムには電話線を使ってアクセス。って感じでした。
(ベトナムは社会主義国っす。)

まぁ、だけどネットに繋がらないことでホテルにこもることなく有意義な時間を過ごせた。
(夜の治安は悪くないし、1人で出歩いても大丈夫。)
たまには、一切情報を遮断するというのもいいもんです。

だからというわけではないんだけど、帰国後、更新もままならぬ日々。
出張で生活のリズム狂っているから元に戻さにゃいかんし、仕事は溜まってるし・・・。

ようやく週末を迎えた。
ひさしぶりにゆっくり・・・。といきたいところだけど、明日はラグビーのパシフィック5ネーションズ 日本代表対FIJI代表戦を観に長居スタジアムに行ってきます。

メンバーは、あれっ? また将太郎いないやん。
でもFIJI代表に元ヤマハJubiloのドビとノーマンがいるから、彼らに逢えるのが楽しみ!

最終戦、良い試合を期待します。(あわよくば勝って欲しい・・・。)

では皆さん。明日、長居で会いましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

ベトナム着

ベトナムに無事着いた。

現在、ハノイ市内のホテル。
ただ、部屋の無線LANが通じない・・・。
ビジネスセンターのスタッフを部屋に呼んで対応したが諦められてしまった。
明日、フロアの無線LANのチェックをしてくれるらしいが。

ただいまホテル内のビジネスセンターの有線LANにて接続中。
でも、居心地悪いから、1週間放置プレー状態かも。
横から見られても日本語通じないからきにしなきゃいいんだけど。

明日、現地オフィスで使用するときはつながりますように・・・。
まぁ、ここは日本じゃないんだ。なるようにしかならんって。

では、気が向いたら更新します。

PS
宿沢さんの訃報を機内の新聞で知る・・・。
ご冥福をお祈りします。
JAPANよ、Jr.AB戦は死ぬ気で戦ってくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

あれ?いない・・・。

Cimg7545 6月17日 日本代表対サモア代表戦の日本代表メンバーが発表されました。

PR 山村 亮選手、No.8木曽 一選手、CTB守屋 篤選手・・・。あれ?将太郎いないじゃん。

そういえば、イタリア戦での動きがどことなくおかしかったからなぁ。ヤマハ移籍が決まった時も足の怪我で別メニュー調整していたし。リザーブにも入ってないという事はやはり何処か怪我でもしたか・・・?

そういえば、丁度良い選手がいるんだけど・・・。
オーストラリア・パースに留学中のガッキー(CTB 中垣 裕介選手)はどうだい?
なんだったら、丁度NZ合宿中のFLのクッシー(串田 義和選手)もつけるぞ。

若手を試すんだったら是非ウチの若手を・・・。(なんてね。)

サモア戦も天気があまりよくないようだ。
FW戦になるだろうが、トンガ・イタリア戦の教訓を活かして接戦に持ち込んで欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

1勝目指して

Cimg7598 Cimg7605

昨日は、ビーチフット東海大会前の最後の練習。
19:00~会社の来客駐車場横の人工芝グランドにてナイター練習。
サッカー場2面ほどのスペースは他にフットサルチーム等の練習も行われていた。
(結構グランド予約するのが大変らしい?)

昨日も鬼コーチの下で2時間みっちり練習。
その後、場所を移してミーティングをきっちり3時間(笑)。

そして待望のチームのTシャツも届いた。
呑んベエチームらしいデザイン!と絶賛するのは、デザインした監督のサコのみ。
それでもユニフォームを手にして気が引き締まる。
あとは当日、天気が回復する事を祈る。

業務連絡:
3LのTシャツが入らない鬼コーチへ。
当日までに減量すること。今日、明日は禁酒だな。とりあえず・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

トップリーグ日程決定!

本日、トップリーグ2006-2007の日程が発表に!
ヤマハ発動機Jubiloは以下のとおり。 ヤマハHPより

第1節 9月2日(土) 18:00 クボタスピアーズ 新潟陸
第2節 9月9日(土) 17:00 サントリーサンゴリアス 西京極
第3節 9月16日(土) 18:00 コカ・コーラウエストジャパン 磐田
第4節 9月30日(土) 13:00 日本IBMビッグブルー 花園
第5節 10月7日(土) 14:00 ワールドファイティングブル 花園
第6節 10月15日(日) 14:00 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 瑞穂
第7節 10月21日(土) 14:00 東芝府中ブレイブルーパス 花園
第8節 12月2日(土) 14:00 三洋電機ワイルドナイツ 磐田
第9節 12月10日(日) 13:00 NECグリーンロケッツ 柏の葉
第10節 12月16日(土) 12:00 リコーブラックラムズ 秩父宮
第11節 12月23日(土) 14:00 セコムラガッツ 磐田
第12節 1月14日(日) 14:00 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 神戸ウ

今年も、ヤマスタは3試合だけの模様。
ところで12節までしかない。
抜けているのは、福岡サニックスBLUES戦・・・。(間違い?それとも・・・。)

PS
15日に確認したら修正してあった。

12節 対福岡サニックスブルース Gアリーナ 13:00K.O

とにかくガンバレ、YAMAHA。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年6月13日 (火)

日本代表対イタリア代表

リポビタンDチャレンジ2006『日本代表対イタリア代表』の一戦。

試合はゴール裏で観ていたので、今日、録画していたVTRを観て試合を振り返ってみた。

トンガ戦に比べると、確かに個々の頑張りは垣間みえた。
しかし、ディフェンスに対してのみ。1対1の局面で頑張っていた選手がいた(守屋篤選手のタックルなど)というだけで、チームとしてのまとまりは感じなかった。
攻撃についてもトライを獲れる可能性を見出す事はできなかった。

以下、気になった点:

スクラム
スクラムが弱いと指摘されているのだから、No.8がためを作る(4番5番を引っ張っておいて一気に前に押し出す)などしてファーストコンタクトの勢いをつけるといった工夫は必要ではないか?(イタリアはやっていた。)
また、ロックの姿勢が高いのが気になった。ロックの押しが伝わっていないのか、1列目と2列目で分断されていた印象。

ラインアウト
プレッシャーを受けるスクラムよりは生きたボールをBKに供給できるはずなのに、タイミングが合わずターンオーバーされたり、ミスで相手ボールになるケースが多かった。
今の日本代表では数少ない攻撃の基点となるだけに、安定した球出し及び、サインプレーでトライを獲るための仕掛けが欲しい。

キック
イタリア戦で1番差が出たのがキックの精度とその処理だったと思う。キックをするにしても意図が見えなかった。
個々のコンタクトという面では相手より劣っているのだから、自陣では確実にタッチに出すということが必要。雨だったのでハイパン多用だと思うが、自陣からハイパン上げて競らせたってむやみに疲弊するだけでは?
自陣ではタッチキック、ハーフウェイ付近では相手WTBの裏に蹴って相手を背走させるキックを使いたい。


モール、ラック
日本人選手はとかく倒れている選手が多い。まず立ってプレーする意識を持ちたい。あと、SHの指示が少ない。声だけでなくケツを叩く、ジャージを引っ張るなどして選手を一度剥がして入り直させるという事をして欲しい。
また、BKがモールラックに入ると入ったまま。FWが集まった時点でラインに戻る意識が欲しいと思う。結果2次3次くらいのフェイズでのミスマッチが多いと思う。

まず、最低限の決まりごとを作って、そこから外れるケースは、シチュエーションに応じた『適応』を図るという事が必要ですね。

選手個人が頑張るのはもちろんのこと、個々の頑張りをまとめて集団として機能させることが重要。機能させるのは首脳陣の仕事。

NZ遠征では、勝敗云々よりまず、可能性を示して欲しいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

おいおい・・・。

Cimg7486_1 Cimg7565

リポビタンDチャレンジ2006 日本代表対イタリア代表。

日本代表 6-52 イタリア代表

試合については録画したスカパーの映像を観てからにしたいと思う。
(今日は、それよかサッカーのW杯を見なくては・・・。)

しかし、協会の会見レポートはいつもながら突っ込みどころ満載ですな。苦笑;

エリ猿さん
>後半の一部のフェイズについては、満足しています。


 そうですか、今日も日本代表は前半寝てましたか・・・。

>1年前に日本に来て気がついたのが、ファイトしない、ディフェンスがよくない、きちんとしたスクラムもトップリーグでは少ない、ということです。

 1年経って、代表として向上したものは何?

>立川選手、小野澤選手、大畑選手を欠いており、残されたメンバーが適応できませんでした。

大畑以外は春シーズンずっといなかったじゃん。この3人がいないと機能しないのなら試合をキャンセルしたら?

>今村選手の最初のキックと最後のキックを見比べてみれば分かるように、この一試合のなかだけでも、成長がみられたと思っています。

キックなんて1試合のなかで、当りの良し悪しってあるんじゃないの?

イタリア代表:カルロ・ケキナート団長
>特に7人の新人選手を、この国際試合を経験させることができたことが収穫です。

相手にとっては、若手育成の場でしかなかったのか・・・。しかし、そこまで露骨に言われてしまうと・・・。

最近、日本代表チームが『如何に検討するか?』ということよりも、『如何に翻弄されるか?』というところに視点を置いている自分が・・・。
それによって、海外チームのすばらしさを再確認する日々。

カメラ目線でニッコリ微笑んでいる場合じゃないだろ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月11日 (日)

お先真っ暗

Cimg7464 今日は雨の中、秩父宮へ行って来た。
(先ほど帰還。疲れた。)
もちろん、目当ては下の2試合だったんだけど・・・。

U23日本選抜 対 U23外国人選抜
日本代表 対 イタリア代表

天気同様、お寒い内容でした。

まずは、
U23日本選抜(YAMATO) 対 U23外国人選抜(SOUL)
結果こそ17-17の同点だったけど、相手のミスに助けられただけの試合。
タックル誰かしてた?
タックルは、大学ラグビーのノリそのまま。みんな上に行くから止まらないし、手先だけだから簡単に外される。それでも点差が開かなかったのは、外国人選抜のハンドリングエラーに助けられたことと、急造チームで日本人選手を1列に入れざるを得ないなど、FWにまとまりが無かったことによる。

その証拠に、外国人選抜はラインアウトを半分くらいしか取れてなかったと思う。

そんなチームを相手にして、ゴール前でのモールからのトライが2本。そのモールは世界に通用するのかね?それに、セットプレーじゃない流れの中でのモール、ラックといった接点は、外国人選抜が押していたし。
相手の弱いとこを突くのは、悪い事ではないが今回の強化試合では、JAPANの強みをどのようなカタチで見せてくれるのかと期待したんだが・・・。

試合終了後、同点ではしゃぐ日本選抜。対して、外国人選抜は円陣組んでうかない表情。確かに最後同点に追いついたんだから嬉しいだろうが、日本選抜のほうが反省点多いんじゃない?

試合を観た結果として、今すぐ日本代表に上げて活躍しそうな選手は皆無。
この世代からのプレッシャーが無いと組織としては活性化しないんだけど、この分では当面JAPAN復活は無理だね。

日本代表対イタリア代表については、また明日にでも・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

イタリア代表戦前夜

出張の準備もしなきゃいけないし、最近、更新する暇が・・・。といいつつ、ただ飲み会が続いているだけだったりして。

明日は、リポビタンD チャレンジマッチ ラグビー日本代表対イタリア代表戦。

ヤマハ発動機Jubiloからは4人がスタメンに名を連ねています。

 山村 亮 選手 (PR)
 木曽 一 選手 (No.8)
 大西将太郎選手(SO)
 守屋 篤 選手 (CTB)

しかし、メンバーを見ると、トンガ戦からスタメン11人が変更に。これでは、どの試合が真の日本代表のベストメンバーなんだかさっぱり分かりません。
『そろそろメンバーを固定して・・・』というか、P5Nに参加するにあたっては、常にベストメンバーで戦わなければ、相手に失礼と言うもの。(対戦相手全て格上なんだから。)
イタリア戦後のP5N残り3試合は、現段階のベストメンバーを組んで欲しい。

しかし、まがりなりにもヤマハからこれだけの選手が日本代表に名を連ねているからには秩父宮に行かねばなるまい。(日帰り圏内だし。)
代表戦は、昨年の香港戦以来か・・・。あのときは気楽に観ていたけど、今回は九州のファンに負けないように応援して来たいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

ジュビロキッズ6月号

Cimg7453 今日、ジュビロキッズ6月号を手に入れた。
(JINさんThanks!)

トップ記事は、ヤマハ発動機Jubiloの中林正一選手への地元小学生のインタビュー。
これが結構レアな逸話が載っていて面白かったりする。

発行元は磐田市&袋井市。市内全域の小学生に毎月配布されているようだけど小学生だけではもったいない。(笑)

それではいくつかピックアップして・・・。
『高校のときキャプテンだったけど、監督やOBの(勝てという)プレッシャーがきつくラグビーを辞めたいと思った。』
『試合前日に試合でやりたいことをノートに書いてイメージしている。社会人になってからやり始めたがイメージする事は大事!』
などなど・・・。

これからもサッカーだけでなく、ラグビーのジュビロもよろしく!

PS
来月から山本純生GMがジュビロキッズの1コーナー『保護者のみなさんへ 元気の種』のコラムを担当するらしい。毎号欲しくなっちゃうね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。) 

日本ブログ村 スポーツブログ部門  34位
人気Blogランキング スポーツ全般 149位低空飛行中!クリックよろしくお願いします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

鬼コーチ

060606_2201_2 昨日はビーチフットの練習日。
会社のグランド(人工芝&照明つき)を借りれたので19:00~21:00まで練習。

コーチは、現役のSAKO(迫田敏之選手)&OBのイカリング(碇 洋文 1998-2001 写真)。

2人とも要求値が高すぎ!
そのくせ、試合に出んし・・・。そんなことではみんな付いてかないぞ(笑)

厳しい練習後は、美味しいビール!
ということで、この日も扇屋へ・・・。帰りはやっぱり午前様。

今日は仕事が辛かった・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

週末の試合

週末の試合結果にショックを受けて・・・寝込んでしまった。(嘘)
ビーチフットの練習&バーベキュー後の心地よい疲れで、P5NのNZJr.-Fijiの試合を見ながら落ちてました。

週末の結果

ヤマハ発動機 22-52 福岡サニックス
  Jubilo           BLUES

   日本代表 16-57 トンガ代表

ヤマハJubiloといい、日本代表といい同じような点差で・・・。

日本代表戦。収穫をあげるとすると、守屋篤選手が使える目処が立ったということぐらい?(多少手前味噌のひいき目ではあるかもしれませんが・・・)
あとは、見るも無残。スクラムがこんなにも通用しないとは・・・。しかし、これはグルジア戦の時に気付かなければいけなかったことかも知れません。IRBランキングを鵜呑みにした楽観的雰囲気、トンガを我々ファンも含めて舐めてましたね。

代表の会見リポートで気になった点。

エリサリドヘッドコーチ:
『ラグビーは一対一、集団対集団の格闘技である。その意識が日本のプレイヤーに欠けていたように思う。』
確かにそうなんだけど、あなたの指示は、
『ボールはワイドに動かす。センターでポイントを作って、さらに外へ。』
それなのに、
『ボールを動かして繋ぐことを中心に日本代表プレイヤーは考えすぎていた。』

指示はするけど結果には責任持たん!指示を鵜呑みにして試合に適応した動きを出来ないプレーヤーに問題があると言うことか?

また、中継の解説でも言っていたが、『低くタックルに入る』『止めてやる』といった気持ちを持った選手を選出できているか疑問だ。ただ単に体格で選んでいるとしか思えない部分がある。

トンガ代表のアダム・リーチ氏が
『日本代表の情報は、対グルジア戦を見て得た。ただ。今日のメンバーの変更をみて、驚きました。』
といっている。去年までヤマハJubiloのFWコーチとして在籍しており、日本のラグビーを熟知している彼からみても、日本代表はセレクションに問題ありと映ったからこその発言では?

今週末には、イタリア戦が控えている。選手選考、戦術確認含め短い期間だけど最善を尽くして欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。) 

日本ブログ村 スポーツブログ部門  25位
人気Blogランキング スポーツ全般 109位低空飛行中!クリックよろしくお願いします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ビーチフット チーム始動!

Cimg7414 Sako_1

今日、浜松のSPORTS AUTHORITYでビーチフット用のボールを購入した。

浜松市内の大型スポーツ店を3軒回ってようやくGET!!
というか、買えたのが奇跡じゃないか?ビーチフット用のボールなんて・・・。
SPORTS AUTHORITYでだって、
『ラグビーボールって箱に書いてあるけど、ビーチ用のボールってこんなもん・・・?』
というノリでゴム製のボールを購入。
(あとで、公式HPで寸法を確認したけど大体あってたからいいでしょう。)

明日は、チームの練習を兼ねたバーベキュー大会。
メンバーは、会社の同じ部署の酒飲みメンバーの寄せ集め。部署所属のラグビー現役選手のSAKO(迫田敏之選手:写真)を監督にすえて、ビーチフットボール東海大会(6月17,18日)に参加します。
ボールの件もそうだけど、直前にならないと動かない面々。それでも、切羽詰ったときのパワー&チームワークで乗り切ってきたから大丈夫?

夢は大きく、打倒!ヤマハ発動機Jubiloチーム。

浜松大学や地元高校ラグビー部も毎年参加しているのでこういうチームとの対戦も楽しみだ。試合を楽しむためにも、明日の練習は気合入れていくぞ!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。) 

日本ブログ村 スポーツブログ部門  21位
人気Blogランキング スポーツ全般 98位低空飛行中!クリックよろしくお願いします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

P5N 対トンガ代表戦メンバー発表!

パシフィック・ファイブ・ネーションの初戦、トンガ代表戦のメンバーが発表になりました。

ヤマハ発動機Jubiloからは、この2人が選出されました。

SO  大西 将太郎 選手 (27 同志社大 180cm 80kg)
CTB 守屋 篤    選手 (24 立命館大 184cm 95kg)

守屋 篤選手は初キャップ! おめでとう!!

ところで、木曽 一選手、山村 亮選手がリザーブにも入ってません。(T T)
なんで? 九州はRYOの地元じゃないか!

九州出身では、LOの熊谷 皇紀選手(NECグリーンロケッツ)も選ばれてないな。実力の世界といえばそれまでだけど、興行面も考えたら?今まで代表に選ばれていたのだから極端に実力が劣る訳ではあるまいに・・・。

しかしながら、ジュビロのFW2人が選ばれていないのはすごい残念。だって、トンガ代表のヘッドコーチは、昨シーズンまでジュビロにいたリーチ(アダム・リーチ)なんだもん。
再会を楽しみにしていただろうに。アフターファンクションとかで会話はできるだろうけど、やはり、プレーを見せたいよな。

リーチ、再就職?おめでとう。 代表コーチとはいえ、やっぱりパートタイム契約なんだろうか?新天地での活躍を祈る。(But, 日本戦はお手柔らかに・・・。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。) 

日本ブログ村 スポーツブログ部門  23位
人気Blogランキング スポーツ全般 100位低空飛行中!クリックよろしくお願いします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

異種格闘技?

Cimg7409 今日は新聞よりトヨタ・ヴェルブリッツの話題。

FW選手10人が大相撲の佐渡ヶ獄部屋で琴光喜関や琴欧州関らに交じって稽古をしたもよう。

スクラムや密集で押し込む力を鍛えるのが目的。

PR 楢岡 善幸選手
『僕らも大きいのに全然押せない。まるで壁だった。』
『下半身の力をうまく使うには柔軟性が必要。腰を後ろに引かず、前に出せと言われたが、それはモールでも使えるかも』

見守った前佐渡ヶ獄親方
『上半身は鍛えているけど、下半身が硬くて弱いから押せない』
とピシャリ。

海外チームとのテストマッチでは、接点の攻防で劣勢に立たされる日本ラグビー。意外と身近なところにヒントが隠されていたようです。

代表選手も一度相撲部屋の門を叩いてみたらどうだろうか?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1 
Blog Rankingよかったらクリックしてね!(それぞれ違うランキングに参加中。) 

日本ブログ村 スポーツブログ部門  25位
人気Blogランキング スポーツ全般 112位低空飛行中!クリックよろしくお願いします。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »