トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

なかの~!! ( T o T )

Nakano2 ヤマハ発動機ラグビー部Jubiloから中野大介選手の引退が発表された。

本人に聞いたら会社も辞めるとのこと。
本人が希望して今の部署に移ってきたのだから、ラグビー部を辞めてももう少し仕事を続けて欲しかったと思う。
また、独身選手にとって兄貴分の存在だっただけに、相談役として残って欲しかった。

ただ、本人が決めた道。新天地での成功を祈る。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう。 佐野 順 元HC

Cimg5840 今日、元ヤマハJubiloのヘッドコーチの佐野 順氏と飲んだ。

彼にとって、やはり、ヘッドコーチ解任は、屈辱的なことだったらしい。それでも、ヤマハに残る決断をしてくれた佐野さんにエールを送りたい。
今後は、ラグビースクールの校長として後進の指導に当るとのこと。

ただ、オーストラリアのA級のコーチライセンスを取得した彼に、このような待遇しか与えられないチームに疑問を感じる。

とりあえず、チームに残る決断をした佐野さんにエールを送りたい。

しかし、中尾 晃氏(現同志社監督)といい、優秀な人材を切り捨てるチームに喝!!
今後、同志社からの選手獲得は難しいだろうなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

フランス合宿辞退って・・・?

Nakaba 明日からラグビー日本代表は、フランス合宿に旅立つ。『何か情報ないかな?』と協会のHPを見てみたら・・・。

●29日発表
中林正一選手(ヤマハ発動機ジュビロ)が負傷のため、フランス合宿不参加となりました。選手の追加招集等につきましては、調整中です。

って・・・おいおい。(- -;)

確かフランス合宿に向けての抱負をラジオで語ったんじゃなかったっけ?
また膝の具合でも悪いのか?でも、ファンとしてはせっかくのチャンスだから試合に出なくても代表に参加してチームの為にいろいろな事を吸収してきて欲しかった・・・。

こっちが、耳を摘み上げてやりたいよ(笑)。
写真は、同期の四宮洋平選手(ワールド)と。大久保Gでのワールドとの練習試合での1コマ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

ヤマハ発動機定時株主総会

Cimg5813_1
今日は、ヤマハ発動機の定時株主総会に行った。(一応、株主。)

世間を騒がしたヘリ●プターの不正輸出事件について多少なりとも状況報告と思ったからなんだけど・・・。
まぁ、私だけでなく、そういう株主が多かったのかな?昨年までの倍くらいの人が来ていた。会社もそれを予見していたのだろう、これまでの長机に3人掛けから、机を無くしイスを全面に敷き詰めたレイアウトに変わった。
(ここに長時間座っているのはつらい。もしかしてそれを狙っていたのか…?)

で、肝心の中身はヘリ●プターの説明は、『捜査に影響を与えるから…。』との理由でほとんどなし。質疑応答で2~3それについての質問が出たが、『捜査に影響を与えるから…。』の一点張り。
少なくとも、書類改ざんの件等の釈明は欲しかったね。役員報酬カットしてもいいくらいだよ。

そして、その他の議事は粛々と進行。いつもより時間が若干掛かったが大した混乱もなく終了。

Cimg5815_1 帰りがけの記念品は、昨年同様Maistoのバイクの模型(今年は’06 YZF-R1)プラス今年はジュビロサブレが付いていた。ジュビロサブレが一連の騒ぎのお詫びということなのかなぁ?
’06 YZF-R1はまだ持っていなかったので、Myコレクションが1つ追加になりました。 ( ^  ^ )/~
しかし、ジュビロサブレってあまり美味くないんだよなぁ。チョコチップ入りの方だったので、まだマシだけど…。

あとは、配当に期待しましょ。(もらえるのは何時?)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 バイクブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

エンジョイラグビー

CIMG5810 今日の深夜0:25から静岡あさひテレビのテレメンタリー2006で、浜松工業高校ラグビー部を9年間率いて2度の花園出場を果たしたスティーブ・ジョンソン氏の特集をしていた。

県外のラグビーファンには、伏見工業高校を全国大会優勝に導いた山口良治氏のもとでコーチをしていた姿のほうがなじみ深いかもしれない・・・。

浜松工業高校で英語の教鞭をとりながら、ENJOY RUGBYを掲げラグビー部を指導した9年間。今年の春での定年を控えて、最後の花園出場挑戦をする姿、今春定年した後の身の振り方を悩む氏の半年を追ったドキュメンタリー。

エンジョイとは、
『きつい練習の対極ではなく、自ら己に目標を課しそれを達成すること』
『What you enjoy you will do well. (好きこそものの上手なれ)』
好きになること、好きで居続けることが上達の近道である事を教える指導法(教育法)に共感を覚えた。

定年を控え、今後の身の振り方を考える際も、母国に帰らず、
『静岡のラグビーを強くするには小中学生から教えたほうがいいと思う。どこかで教えることができれば・・・。』
と思い悩む姿にラグビーへの情熱を感じた。それなら、いっそのことヤマハラグビースクールに招へいすれば?なんて思ったりして。

幸いなことに小中学校ではないが、浜松大学英文科で教鞭を執る事になったとのこと。
浜松大学といえば、山口良治氏が特別顧問、その教え子で日本代表経験を持つ薬師寺大輔氏(日体大-神戸製鋼)が監督を務める。

新天地でまたラグビーの楽しさを子ども達に教えてやってください。
今年も静岡のラグビーは熱いのだ!!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

花より団子・・・?

fudo-myoo dango

今日は花見を兼ねて、両親、姪を連れて法多山(はったさん)に行った。
法多山といえば遠州地区では、花見の名所として有名らしい。

肝心のサクラは3分から5分咲きとまずまず。まだ早いと思っていたが思ったより花が咲いていて良かった。
境内をぐるっとまわり仁王門まで戻る途中、不動明王をみつけた。
一意一願不動明王といい、1つのことだけを強く祈る事で願いをかなえてくれるらしい。
チームのことや、サクラにちなみラグビー日本代表のことも祈ろうかと思ったが、1つだけとなるとやはり自分のことを祈ってしまうところが小市民だったりする。
(それにしても強引にラグビーネタに持ってったなぁ・・・。)

桜を一通り鑑賞した後は、名物の厄除け団子
変わった串の刺しかたが特徴。程よい甘さなので、何串でもいけそうだ。
『花より団子』? いや、あくまでも桜がメインということで・・・。(写真はそれを表現してみました。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

Fireman

Fireman 今日、東京から両親と姪が遊びに来た。
今日は移動日だったので、ちょっとだけ家の近くをみんなで散策してみた。菜の花満開、桜もほころび、すっかり春の様相。

ところで散策といえば、今、気になっているのがこれ。
Jubiloくんマークの消火栓のフタ。
スポーツ交流プラザに飾ってあるのを発見しましたが、街中ではまだ見かけない。最近、通勤途中とかに気にして見るようにしているんだけどね・・・。このフタを使っているところはあるのかな?
街中をこのふたに変えれば楽しいんだけど。目立つからいざという時も役立ちそう。

でもヤマスタ周辺でも見かけないしなぁ。そう、今一番優秀な火消し役が欲しいのはジュビロ磐田なんだよね。今日も川崎に逆転負けか。穴の開いたホース(守備)では火(相手)の勢いは止められません・・・。4バックも付け焼刃的な感じがするし・・・。

やはり、お飾りでしかないのかな? 勿論フタのことだよ。決してJubiloのBKのことでは・・・

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

第7回 選抜高校ラグビー大会

春はセンバツから・・・。ですが、センバツは高校野球だけではございません。

第7回選抜高校ラグビー大会の組み合わせが決まりました。
4月3日から熊谷ラグビー場で開催されます。(9日決勝戦)

母校・桐蔭学園も5年連続で出場。今年、花園準優勝(といっても4月から新チームだけどね。)ということでマークさせるだろうけど、優勝目指して頑張って欲しい。

9日の決勝まで進んだら・・・。YC&ACセブンスとどちらに行くか悩みそうだ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

ビーチフットボール

beach 今日、ふとしたことから、ビーチフットボールへの参加の誘いを受けた。

2年前からヤマハ発動機ラグビー部Jubiloの選手たちもチームを作って参加しているので、応援がてらに観戦はしていたけど・・・。でも、観るよりも参加するほうが楽しそうだし、やってみるか。

しかし、ラグビーを止めて十数年、さび付いた身体は動くようになるんかいな?コンタクトプレーはないけど、怪我しないようにほどほどに・・・。

とりあえず、会社の部署内チームとしてメンバーを募ることになったが、メンバー集まるのかな?
(試合後のビールのためだけならすぐにでもメンバー集まるんだけどね。)


参加予定のビーチフットボール東海大会のHPはこちら

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

ナショナリズム

Japan 昨日は、WBCの試合で久しぶりに胸を熱くした。

スポーツの国際大会は国の威信を賭けた戦いであると改めて思った。
団体スポーツ(球技)で世界の頂点を極めたのは30年前のバレーボール以来とのこと。

試合中の緊迫感、2次リーグでの悲壮感漂う姿に日の丸を背負って戦うことの意義を、そして勝利する姿に日本人が忘れかけていた“誇り”を感じさせてくれる大会だった。

日の丸を背負って戦う選手の姿は美しい!

翻ってラグビーといえば、W杯誘致失敗など明るい話題がない。代表に対しての盛り上がりも今ひとつ。なぜなんだろう?4月にはW杯予選があるのに・・・。

1つは、簡単に自己都合で代表を辞退してしまう選手がいること。
これは、トップリーグ加盟チーム・選手に怪我以外の辞退は認めない旨の通達を出すなりして欲しい。そして選手は選ばれることを誇りに感じて欲しい。

2つ目に、選考基準・代表の方向性がはっきりしないこと。
どういうラグビーを目指し、そのためにどういうチーム作りをするのか、そのためにどういう選手が必要なのかが伝わってこないんだよね。リーダーシップ、カリスマ性を兼ね備えた人材はいないものか?

そして、ジャージ。胸に企業(商品)のロゴはいかがなものかと。
別に、“リポ○タン D”が悪いと言うのではなく、どの企業のものであっても胸のロゴにはふさわしくないと思う。ナショナルチームの胸に広告はいらない。
WBCの日本のユニフォームに“AS●HI SUPER D●Y”と入っていたり、サッカーの代表ユニフォームに“KIR●N LAG●R BEER”と入っていたら興ざめだろう。
やはり、ラグビーの代表ジャージは日の丸を彷彿とさせる赤白の地に桜のエンブレムのみのシンプルデザインがいい。カンタベリーのロゴももっと小さくてもいいかな。

とはいえ、野球から今回学んだのは、代表チームは強くなくてはならないということ。
ラグビーの日本代表が強くなれば、上に書いたようなことはどうでもいいことなんだろうな。強い代表が見たい。ファンの期待に応える強化を望みたいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年3月21日 (火)

YC&ACセブンズ

YCAC 今年の新体制が発表されて、今週の木曜日(23日)から大久保グランドでのスキルトレーニングが始まるらしい。

春シーズンのオープン戦も発表になって、いよいよ2006年シーズンのチームが始動する。

ファンへの最初のチームのお披露目は、YC&ACセブンス

2004年(2005年は残念ながら不参加)のときのメンバーは、その年の新人が主体のチームだった。現在ではトップリーグでも活躍している選手もちらほら。みんな若いねぇ。

今年も新人中心のメンバーなのかな?SHの岡健二選手も全慶早戦でいい活躍をしていたようなので期待したい(出るかどうか知らんけど)。お祭り気分だけど、近い将来チームを担うであろう若い選手をチェックできるところがファンにもたまらないところ。

しかし、9時48分からか・・・。5時には出発しなきゃ間に合わんな。
(後は、2004年のときのような雨にならなきゃいいんだけどね。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

複雑だ・・・。

今季のヤマハ発動機ラグビー部ジュビロの新体制が発表になった。

2006年度新体制のお知らせ

総監督にケビン・シューラー氏が復帰。2002年シーズン以来の指揮を執る。
BKコーチには、サキことワイサキ・ソトゥトゥ氏が就任。
OLDファンには懐かしい。トップリーグへの扉を開いた2人だけに期待したい。

まぁ、ここまではサプライズではあるが納得。
しかし、ホリ(堀川隆延氏)が監督というのはどうなのよ?というか、佐野さんはどうした?
シーズン途中から任されて成績が振るわなかったとはいえ1シーズンのみというのは納得いかないし、ホリはまだまだ勉強のとき。マネージャーでもよかったのではないか?

あと、副将がタイニー(田井中亮範選手)ではなく、タツ(大田尾竜彦選手)かよ。
タイニーの復帰を願ってリハビリ中の2シーズン副将に留めておいたのではなかったのか?

部外者が決まったことにとやかく言うことではないが、ここ数年トップがコロコロ替わってばかり。今シーズンは、ゴタゴタの無い様にして欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

今週解禁!

shiba 記憶が正しければ、今週からヤマハ発動機の大久保グランドのラグビー場の使用解禁。

シーズン終了後、1ヶ月半の間、芝の養生のために立ち入り禁止になっていたけど、これで新チーム始動の舞台が整う。

やっぱり天然の緑のじゅうたんはいいですね。

今年は、コーチ陣が一新され、新しい首脳陣によるチーム体制になる。
1年後、笑顔でシーズンが振り返られますように・・・。
新しいチームの活躍を期待したい。

あと、芝の管理をしてくれた八ヶ代造園さんに感謝!!
秩父宮の芝はどうですか?協会さん・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月18日 (土)

トップリーグ集客のために・・・。 チーム編3

ルールを覚えると、試合の流れも分かるし、次の展開も予測が立つようになる。
で、そうしているうちに団体スポーツの中の個々のチーム・選手に目が行くようになる。

まあ、はじめから地元だから・・・という理由でそのチームのファンになる人もいるし、女の人は、先に見た目で『あの選手が好き。』となるのかもしれないが・・。

プロセスはどうであれ、チームを好きに、またはそのチームの選手のファンになった人の囲い込みがラグビーって弱い気がする。
ヤマハもファンクラブ組織が確立していないために、今季観客動員が減少に転じた。1年目2年目でラグビーを初めて見て興味を持った人の囲い込みが出来ていなかったからだ。
興味を持っても情報が入らない。特にラグビーは・・・。
今は、いろんなコンテンツを通じて情報発信できるのだから、情報を積極的に発信するべきだ。

そのために来季に向けてファンクラブ組織の確立を提言したい。
今、私設応援団登録しているグループにメールで応援バスの案内を送っているが、グループのリーダーにしか送られていない。これを個人レベルにまで拡大すれば、数百人規模のファンクラブはすぐにでも出来ると思う。
会費数千円で、メールマガジンサービスや会員専用HPの開設等の情報発信、会員証、記念品等のグッズ類、チケット優待等のサービスをつければ、すぐにでも始められると思うんだけど・・・。
もちろん、こまめな情報発信等のフォロー、管理業務を行う人員を置く必要はあるが・・・。

これからトップリーグを盛り上げていくために、プロ化・ホーム&アウェイ方式の採用への動きがあると思うが、その時のチームの観客動員にファンの囲い込みは必須である。

今日、TVでJリーグの試合を見た。ヤマスタはあいにくの雨模様で、バックスタンドの入りはまばらだった。にもかかわらず、発表された観客数は1万人を超えている。これは、水増ししているわけではなく、年間シートの数が含まれているから。
年間シートが例えば、5000席(本当はもっと多いだろうが)売れていれば、観客数がそれ以下に下がる事はない。
ラグビーもホーム&アウェイ方式でホーム戦の興行権を各チームに与えれば、年間シートの販売等も可能となるだろう。そうすれば、観客数百人という惨めな数字を発表しなくて済む。
そのためにはファンの囲い込みをして常連客を増やす努力を今からしていく必要があると思う。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

トップリーグ集客のために・・・。 チーム編2

次に、ファンになる道筋の
②ルールを覚えて試合の流れが分かる。について

ラグビーを見て興味を持つと、情報が欲しくなる。

ルールが分からずに試合を見ても、最初はコンタクトプレーの迫力で満足するだろうが、ゲームの流れが分からないとつまらない。

そんなときに、ルールの解説があると初心者にとってありがたいのではないかと思う。
でも会場でFMのルール解説を聞きながら見るのは勿体ないと思う。せっかく会場に足を運んだら会場の雰囲気を五感で感じたい。

で、観戦後、興奮冷めやらぬうちにルールとかを確認したいと思っても、ルール解説しているコンテンツって思ったほど少ない。ルール解説書をいきなり買うなんてことはないだろうし、やはり手軽に情報を得られるのがインターネットなんだけど、ルールを分かりやすく解説しているのって少ないんだよね。

ヤマハのHPでもラグビー入門として載せているが、ゲーム進行に沿っていないので分かり難い。初心者を対象にラグビーの楽しさを伝えるのが目的のファンサイト『トラジュビ』もルール解説はなし。担当者にそのことを言っても、
『ラグビー観戦初心者を対象にしたいから専門性は必要無い。』
と言われた。本当にラグビーを振興(浸透)させるには、基本を押えないと・・・。
大体ルール解説なんて初心者だからこそ必要なんじゃないの?
今の状況は、はっきりいって『砂上の楼閣』。基礎ができていないんだね。

野球やサッカーと違って、ルールを理解している人が少ないから誰かに聞こうと思っても聞けない。だからこそ、こういうところを大事にして欲しいね。
ポイントさえ押えれば、さほど難しいルールとは思わない。しかし、世間一般に『ラグビーはルールが難しいから・・・。』と言われるのは、このへんに理由があるんじゃないかな?

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

トップリーグ集客のために・・・。 チーム編1

トップリーグ集客のために・・・。つぎはチーム(ヤマハJubilo)に望むこと。

普通、ファンになる道筋は、
①ラグビーを初めて見る・触れる。
②ルールを覚えて試合の流れが分かる。  
③選手個々のプレーが見えてくる。
④選手個人に関心が行く。
というのが一般的だと思います。それぞれの観点から考えてみたい。

①ラグビーを初めて見る・触れる。
これについては、ヤマハラグビースクールや、小中学校でのタグ・ラグビー教室等に積極参画しているので、ラグビー自体をやる楽しさは少しずつ浸透してきているとは思う。
しかし、ラグビー不毛地帯だった土地柄なので、大人も子供も『見る機会』が圧倒的に不足している。是非とも『見る機会』を増やして欲しい。
そのためにも来季は地元開催試合を増やして欲しいと思う。

去年、神戸製鋼戦を『新市誕生記念』として市民を無料招待した。その後、周りから
『負けたけど、いい試合で面白かった・・・。次はいつあるの?』
と聞かれたけど、次の地元開催試合は来年になっちゃうんだよね。みんな残念がっていた・・・。(その時にまた興味をもってくれるかどうか。)

やるんなら地元の初戦にそういうことをやって欲しかったと思う。また、来季は、ヤマハスタジアムだけでなく、草薙とか県内他会場での試合もやって欲しいと思う。
(春シーズンのオープン戦でもいいから。)

磐田のというより、静岡のトップリーグチームとしての認知度を上げる努力を期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

トップリーグ集客のために・・・。

先日の観客数総括の続き・・・。

1年目は実数での発表をしていないので比較できませんが、1年目より2年目、2年目より3年目と年々観客数が減少してます。

メジャーじゃないところに加え、チームのホームタウンが見えてこない(神戸、ヤマハくらいか?)ので、一般の人の地元意識が働かない。よってサッカーのようにサポーターとして根付かない。というところでしょうか?

だったらホーム&アウェイを早くやって欲しいんだけど、色々と問題があるようです。

①関東、関西協会とも『秩父宮、花園でやるのがラグビー。他でやる必要なし。』

ヤマスタも当初1試合しか割り当てがなかったらしい。結局3試合確保したが、当事者間で合意していたNEC戦、トヨタ戦は協会に許可されなかった。

②トップリーグチームの本拠を抱える県協会は、『トップリーグに人手は出せない。
 わざわざ地元でやる必要なし。面倒が掛かりかえって迷惑。』というスタンス。

C県協会が渋ったため、Kの葉での試合は1試合のみとなった。
ヤマスタも県協会に頼らず、Jリーグのジュビロの協力でほとんど自前だからできるようなものらしい。

③日本協会の会議に出ても理事の面々の話題は母校の成績。
 トップリーグや日本代表、世界の状況には興味なし。というのが本音。

トップリーグ誘客策は各チーム任せ。リーグ後半のキャンペーンも寒い内容だった・・・。

これでは、ラグビー人気はジリ貧ですよ・・・。

出来る事なら、トップリーグを協会と切り離して独立団体にできればいいんだけど・・・。
(以下、私案です。笑ってください・・・。)

①トップリーグ事務局を独立させコミッショナーを置く。
②事務局員は、トップリーグ加盟チームから数名ずつ派遣。
③リーグ加盟料を各チームから徴収。そのかわり、試合の興行権は各チームに。
④放映権料、広告収入は一括管理。
⑤各チームホームスタジアム確保の義務付け。
⑥8チームずつの2部制にしてホーム&アウェイで14試合にする。

これで収入の試算は、
加盟料 1億4000万円 (1チーム1000万円/シーズン)
放映権 1億        (最低このくらいは・・・)
広告料 2億5000万円
入場料    2000万円 (興行権は各チームとしてロイヤリティ収入5%程度)

これで5億強か・・。

でも、会場の確保、会場スタッフの確保を興行権のある各チームが負担。
事務局員も各チームから派遣スタッフ分の人件費をゼロにできれば丸々収入になる。
(パンフレット代とか細かい部分の収支は残るが・・・。)
これだけの金額を宣伝費に使えば、今まで以上にアピールできそう。
あくまでも最初は非営利団体に徹するとしてだけど。

各チームの親企業に依存する部分は多いけど何とか行けんじゃない?って思うんだけどどうでしょうかね。チームに興行権が与えられるのでやる気があれば、チームも潤うとおもうのですが?
(数字はここの数字から。TLだけでなく全体の収支なのでスゴ~く適当に按分しました。)

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

がんばれ クッシー!

kussy

shinbun

本日の中日新聞静岡県版より。

先日書いた中垣裕介選手に続きFLのクッシーこと串田義和選手も海外留学決定。年齢はともに25歳、脂の乗りきった時期。

串田選手は、NZ・ウェリントンにあるOries Rongotai Wellington及びウェリントンアカデミーチームへの留学とのこと。
時期は、3月30日~6月30日まで。

『精神的にも肉体的にもタフになって帰ってくる。』との抱負も紹介されている。
ヤマハ発動機ジュビロの3列は激戦区。代表経験のある木曽一選手、久保晃一選手、スコッド召集経験のある本間俊治選手、他にも澤田昇選手、八木鉄兵選手、梶村真也選手と人材豊富。一回りデカくなってレギュラー獲りを狙ってほしい。

なお、クッシーの留学について、受入先のOries Rongotai Wellingtonにすでに写真入りで紹介されている。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

トップリーグ観客数(’05-’06総括 チーム編)

昨日に引き続き、今日はチーム別のデータです。

 1位 神戸製鋼 5,630人 (補正後 4,808人  1位)
 2位 ヤマハ   5,086人 (補正後 3,621人  2位)
 3位 東芝府中 4,616人 (補正後 3,246人  3位)
 4位 三洋電機 3,931人 (補正後 3,121人  5位)
 5位 サントリー 3,810人 (補正後 3,173人  4位)
 6位 クボタ    3,793人 (補正後 2,852人  7位)
 7位 NEC    3,601人 (補正後 2,332人  9位)
 8位 トヨタ    3,512人 (補正後 2,886人  6位)
 9位 ワールド 2,583人 (補正後 1,953人 11位)
10位 リコー     2,553人 (補正後 2,334人  8位)
11位 セコム   2,423人 (補正後 2,021人 10位)
12位 サニックス2,247人 (補正後 1,911人 12位)

ついでに聖地での観客数
秩父宮 シーズン計 91,439人(補正後59,438人)
      シーズン平均 4,354人(補正後 2,708人)
花  園 シーズン計 54,270人(補正後36,063人)
      シーズン平均 3,192人(補正後 2,121人)

は前年比増

チーム別では、やはり神戸製鋼が群を抜いている。補正後1試合平均も増加している。
しかも、他のチームのうち6チームで神戸戦の観客数がトップである。花園の観客が低迷するなかでこの数字は立派。
そして、アウェーのほうが観客の入りが多いのが特徴。トップリーグ唯一の全国区チームということか?

2位の我がヤマハJubiloも前年比10%減。ヤマスタの神戸戦でなりふり構わない誘客策をしたのにこれですか?特別賞など辞退してしまいなさい! まぁ、ファン層の新規開拓が出来ていないのでしょうがないけどね。このままではジリ貧です。
(詳しくはまた書きますがね。)

あと、昇格チームの不振。サニックスは九州で5試合ももらいながらこれでは・・・。
セコムも252人と314人のワースト記録2つでは・・・。
でも、1つは盛岡から急きょ代替の熊谷だし、それ以外にも松山、仙台と地方遠征が多く同情の余地はあるかな。

それにしても補正後の1試合平均が3,000人を超えたのが5チームというのは寂しい。まあ、これはチームだけの責任じゃないけどね。(この理由も次回以降ということで・・・)

あとさぁ、聖地といわれる秩父宮と花園。
両方とも平均以下です。これで聖地?芝のコンディションも悪いし、ここで集中してやる意味合いを感じません。普及を目指すなら地方試合を増やす、H&Aを定着させるしかないでしょう。

いずれにせよ、早急に手を打たんとイカンでしょ。(協会殿、各チーム関係者各位)
個人レベルでは、Blogでウダウダいうしかないのがモドカシイ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

トップリーグ観客数(’05-’06総括編)

top_league 新しいシーズンの始まりと共にこのブログを立ち上げたんだけど、前ブログでの休止期間があって総括できてなかったので書いておこうかな。
(この時期ネタ探しには苦労するからね・・・。)

第10節まで前ブログで書いたんだけど、11,12節は省略。もうシーズンも終わったことだし、シーズン通しての数字をデータにしてみた。

’04-’05 合計観客数 287,538人 1試合平均 4,357人
’05-’06 合計観客数 240,135人 1試合平均 3,638人 (-16.5%)

表向きの数字がこれです。でも、こんなに入ってたの?という印象を受けるのでは?
これは、ダブルヘッダー(1会場で1日2試合する)の会場があり、その会場の観客数が二重カウントされている可能性があります。
例えば、第1節の秩父宮。
1試合目観客数が9,724人、これに、2試合目のクボタ応援団約800人、ヤマハ応援団約200人(推定)を足すと10,926人に近い数字になります。会場での入替があるわけではないので、2試合目の発表人数がその日2試合分の観客数といえそうです。つまりは、この日秩父宮に来た人は、9,724+10,926=20,650人ではなく、10,926人ということ。(1試合当り5,463人)←(前ブログ:トップリーグ観客数より
これを是正しなくてはいけません。是正の為にダブルヘッダーの場合、2試合目の発表人数がその日2試合分の観客数として計算し直して見ました。

’04-’05 合計観客数 208,954人 1試合平均 3,166人
’05-’06 合計観客数 187,723人 1試合平均 2,844人 (-10.2%)

おっ、減少率が減っとるやん!というなかれ。ダブルヘッダーは前年の20→14に減っているので率が下がるのは当たり前。
その前に、3,000人を切っている観客数って・・・。

その原因については色々とあるのだろうが、自分なりの考察を近いうちにまた書いてみたいと思う。

それにしても、協会自体が総括してリリースして欲しいんだけどね。
(半年後にトップリーグがまた開幕する。何もしなきゃまた観客減っちゃうよ。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

磐田ドリームラジオ

radio 今日は昼から磐田スポーツ交流プラザへ。
お目当ては、そこでオープンスタジオ形式で行われる公開ラジオ番組『FM Haro! 磐田ドリームラジオ』。

ゲストでヤマハ発動機ラグビー部JubiloからWataさんこと村田亙選手が出演した。

話の内容は、昨年発売された『軌跡のラグビーマン』の裏話や今後の抱負など。
この中で、『まだまだ現役は続けるし、呼ばれれば日本代表にいつでも加われるように準備している。』と力強く語っていた。

sign その後のサイン会では一番に並んで、用意していったミニボールにサインをしてもらった。
(トップリーグ中にチームで行っていたスタンプラリーでGetしたもの。)これでまた我が家に『お宝』が増えました。

この日は、『特別バージョンで・・・。』とサインの他にイラストと“夢”と一文字書き込んでくれた。

Wataさんの夢は・・・やっぱり、『東芝府中に勝つこと。』、『タイトルを獲ること』でしょうか?ball Wataさんのことだから絶対実現してくれるはず。
ファンとしてその後押しが出来るようにこれからも応援してきます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばれ ガッキー!

gakky Gakky2
いままでチームを去る選手・スタッフについて書いてきたが、この春、新たなる世界に旅立つ選手がもう一人。ガッキーこと中垣裕介選手。

13日から単身、オーストラリアにラグビー留学に旅立つ。
6月末までの短期留学ではあるが、向こうでの3ヶ月半ホームステイをしながら、パースを拠点として、今季からSUPER14に所属する地元パースのWESTERN FORCEの教育アカデミーに参化するとのこと。

今日が最後の出社日ということで、同じ部署の仲間から寄せ書きの色紙を渡した。
(そう、彼はウチの部署で働いているのだ。)

仕事の事は気にせず、行くからには一回りも二回りも大きく成長してきて欲しい。
アカデミー参加だけじゃなくSUPER14に出場できるくらいになってくれぃ!
(そこまで大化けしたら、ジャパンに選ばれてるって・・・。はははっ。)
でもそのくらいの意気込みが必要だよ。

BKのポジションは全てこなせるオールマイティな選手だけど、反面ちょっと特徴のない平均的な選手ともいえるなぁ。留学で何か1つでも大きく伸ばせたらプレーの幅が広がるんじゃないかな。

今季、トップリーグで何試合か出場しているが、来季はBKの要として活躍できるように期待しとるよ。

しかし、プロ契約でなくとも海外留学が出来るとはうちの会社も太っ腹ですな。
(来年卒業の海外志望の有望新人よ。ヤマハ発動機ラグビー部ジュビロに来たれ!)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

ありがとう・・・。その4 リーチ&ポール

reach Poul
昨日はココログメンテナンスのため書き込めず・・・。その後も朝まで繋がらなかった。
勘弁してよ!

今季限りでヤマハラグビー部Jubiloを引退する人々。第4弾は、アダム・リーチ FWコーチ(左)とポール・ハムソン フィジカルコーチ(右)。

たしか、両名ともトップリーグ元年から就任して3年。3年契約だったのかなぁ?

リーチは、チーム1のイケ面だと思う…(結婚して子供もいるが)。練習に愛車のXVS11(バイク)で現れるナイスガイだ。
ヤマハラガー(OB中心の同好会:ぼくはOBじゃないけど)の練習にも参加していて、一緒にタッチフットをやったりもしたっけ。最後に飲む機会があったが、ぼくの片言の英語で語り合ったりもした。

ポールは、陽気なおじさんタイプ。いつもピチピチタイツにTシャツ姿。練習中は、リハビリの選手に付き添って(もしかするとただ単に自分のトレーニングかも知れないけど)サーキットトレーニングに勤しむお方。
ただの練習試合や合宿であろうと全国各地追っかけをしているウチラに対して、
『Oh~!クレイジー・サポーター』
とニックネーム(?)をつけてくれた。(喜んで良いのか?)

たぶん2人ともコーチを続けるのだろうけど、オーストラリアに帰るリーチは、『本国でフルタイム・コーチはあまりいないので、パートタイムコーチになるだろうな…。』って言っていた。

今まで以上にラグビーに情熱を傾け良い選手を育ててください。
そしていい人材がいたら是非ヤマハへ・・・。 

そのほかにもスタッフのかたでヤマハを離れる方が数名いるみたいだ。
書ききれなかった方々ゴメン。 Special thanks!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

ありがとう・・・。その3 コリ

kori 今季限りでヤマハラグビー部Jubiloを引退する選手。第3弾はコリこと、コリ・セワブ選手。

フィジー代表キャップ25を持つ実力派。
しかし、BKの層が薄いチーム事情からトップリーグ出場機会はあまり与えられなかった。
今季BKにケガ人続出で外人枠をBKにフルに使わなければメンバーを組めなかったのだからしょうがないのだが、実力があるだけに調子は良いのに控えに甘んじている姿は気の毒だった。
今季最終戦となったマイクロソフトカップのトヨタ戦で先発出場を果たせたのが、せめてもの救いか?実力があるだけにどこかで現役続行してくれると嬉しいのだが・・・。

あと、コリといえば、常に傍らに寄り添う小さいカゲ。
練習が終わるとコリのもとに駆け寄り離れないほどパパの事が大好きなコリの娘さん。
選手カードを集めたカードホルダーを見せたとき、その中にコリのカードをみつけてニッコリ笑った顔が忘れられない。

そういえば、来年から外人選手の子供っていなくなるんじゃ・・?
寂しくなるねぇ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

ありがとう・・・。その2 タブス

tabus 今季限りでヤマハラグビー部Jubiloを引退する選手。第2弾はタブスこと、タンバイ・マットソン選手。

外国人選手としては長い5年間在籍し、ヤマハの関西Aリーグ優勝、そしてトップリーグの強豪へ・・・。
選手として、BKコーチとして、そしてヘッドコーチ(03-04シーズン)としてチームを導いてくれた。グランド内外で常に彼は一流だった。彼がチームに遺した功績は大きい。

今季は、BKコーチ兼任で選手として出場した試合は少なかったが、CTBとして身体を活かした縦への突破、BKでありながら果敢にモールラックに飛び込んでいく闘志溢れるプレーが魅力だった。
ファンへの心遣いにも心を打たれた。
応援バスへの差し入れのチョコレート、退屈しないようにと置いていった映画のビデオ、
チームに溶け込もうと覚えた日本語で話し掛けてくれる姿・・・。
(街中でバッタリあって話したこともあったっけ?)
また、どこかの街角で出くわすんじゃないかと思うほどチームにそして磐田の街に溶け込んでいたような気がする。

『2011年のワールドカップ(NZ)でまた会おう!』

タブスと交わした約束・・・。守れるといいなぁ。
(今から貯金をしなくちゃね。)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

ありがとう・・・。その1 ビトウさん

nisimura 今季限りでヤマハラグビー部Jubiloを引退する選手の皆さんお疲れ様。

毎年この時期、『引退』という言葉を聞くと寂しさを感じるね。

昨日も交流会での最後の挨拶の事を書いたけど、まずはビトウさん(西村 弥選手)のことを書かねばなるまい。

ビトウさんといえば、本人も言っていたけど一番印象に残っているのは、トップリーグ元年、ヤマハスタジアムのこけら落しとなったサントリー戦だろう。
前年度王者・サントリーを迎えた一戦で勝利を決定づける劇的トライ!(写真)
この劇的なシーンを目の当たりにしてヤマハラグビーのファンになった人も多いはず。

この試合だけでなく、結構大事なところでトライを獲ってくれる選手だった。
怪我人が多くメンバーの定まらない今季、ビトウさんがいてくれたら・・・。という試合も多かった。

今季は、不整脈と練習中に痛めた首が全快することなくユニフォームを脱ぐことに・・・。
交流会で『もうラグビーは出来ないですね。』と語る姿は寂しげだった。コルセット姿も痛々しかった。

『今度はバックスタンドで応援団とともに応援しますよ。』
いつでも、ウチラは待っているよ。チームを離れてもJubiloの一員には変わりない。

今後は、実家に戻って第2の人生を歩むらしいが頑張って欲しい。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

ファン交流会

ラグビーシーズンの終了を待って、昨日ヤマハラグビー部のファン交流会が行われた。
今年は大久保グランドでの開催だった。

とはいっても、グランドは芝の養生のため立ち入り禁止。
秩父宮の荒れ具合が嘘のような美しい緑のじゅうたんが広がる・・・。
(Blog用の写真撮り忘れた。ブランクがあるのかなぁ?)

ということで、天気は良かったんだけど人工芝の室内練習場での交流会となった。
とはいえ、シーズン後に選手とふれあう機会を設けてもらえるというのはファンにとって嬉しい限り。選手と一緒になって、ゲームをしたり、フリータイムでサインをもらったり・・・と楽しいひととき。

CIMG5703  そして、最後に選手からの挨拶。
引退する選手の新天地での活躍をお祈りします。(ビトウさん、タブス、コリ ありがとう・・・!)

怪我している選手はオフの間にキッチリ治してシーズンに備えて欲しい。(結構オフに手術っていう選手多いんだよね・・・。)

 

今日から新しいシーズンに向けての戦いは始まっている。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈黙からの再開

いろいろなことがあり、昨年末から休止していたけど、
昨日のファン交流会の終了をもってヤマハラグビー部Jubiloの今季の公式行事は終了。

ということで、本日からの新しいシーズン幕開けに合わせてBlogを再開しようと思う。

新しくBlogを興したのは、
応援していくなかでいろんなしがらみがあり、方向性を見失う場面があったから。
まあ、前のBlogも数ヶ月間も放置プレイ状態だったから心機一転ということで・・・。
周りに流されることなく自分のスタンスでね。

前のBlogを読んでいてもらっていた人には悪いけど、前のBlogからはこちらへのリンクは張らない予定。

前のBlogに興味があるかたは、↓
http://maru910.cocolog-nifty.com/blog/

かなり偏ったラグビー応援Blogです。これから、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 スポーツブログへ  Blogranking_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »