« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

トップリーグ観客数(7)その1

3年目のトップリーグも早くも折り返しを迎えました。前半戦終了での観客数推移です。

第7節平均観客数 2674人(ダブルヘッダー補正後1769人)
昨年のデータ 平均3164人(ダブルヘッダー補正後2820人)

シーズン通しては、第7節終了時での平均は、
2004年 4555人 (3188人)に対し、
2005年 3575人 (2748人)カッコ内は補正後。

今節は、秩父宮と三ツ沢の両会場でダブルヘッダー計4試合が行われた。

そのせいか、秩父宮と三ツ沢は一試合平均で2000人を割り込んでます。
(秩父宮1915人、三ツ沢1102人)

関東に集中させる理由はなに?関東が人口が多いのは分かりますがね。
6試合のうち4試合を関東に集中させることはない。
それなら『土日に分ければいい』とかの短絡的な意見もありますが、両会場会わせて3000人ですよ。土日に分けたって、そこにいた全ての人が4試合とも観戦するラグビーオタではないでしょ。その分地方開催増やしてよ。

あと、村上さんのブログで、金曜から日曜までを使って6試合全てを違う時間帯で行うというのも反対です。
トップリーグは、ボーナスポイント制の変則勝ち点制ですから、他会場の結果が分かってから試合をするチームのほうが断然有利になります。

例えば、1位と2位が勝ち点差1で迎えたとき、最終節(直接対決では無いと仮定して)
12:00 試合開始の2位チームが勝ったがボーナス点を奪えなかった。
このとき、14:00試合開始の1位チームは、ボーナスポイントは必要無いから、優勝のためにはPK狙いでもいいわけだ。
これが、同じ時間帯で試合をしていればがむしゃらに勝ち点5を獲ろうとするだろう。

理想は、全国各地6会場で同時間帯で試合をすること。
(totoを導入しているJリーグでなるべく同日の同時間帯の試合を指定ゲームにしているのはこのため。)

ダブルヘッダーとか時間帯や日にちを変えて試合をすることで一体何人の観客が増えるというのか?そんな目先の人数よりも底辺の拡大が大事でしょ。
一人の人間が6試合見て観客数6とカウントされて一体何になる?

昨日、博多まで行って来ました。
試合前に両チームの選手がテーマ曲のなか入場し、整列したあと選手紹介のセレモニーを行ってました。
ヤマスタでも毎回、趣向を凝らした演出をしてますよ。
博多はサニックスのホームだから…。ヤマスタはヤマハのホームだから…。
そんなことは関係ないよ。
こういうセレモニーをなぜ聖地と呼ばれる秩父宮、花園で率先して出来ないんだろう?
いつもいつの間にか試合がはじまっているんですけど・・・。

それだったら、もっとホームスタジアムでの試合を増やしてくれ!
少なくとも博多(サニックス)、神戸W(神戸orワールド)、瑞穂(トヨタ)、ヤマスタ(ヤマハ)はトップリーグの各チーム年間11試合のうち、半分の5試合開催する権利はあるはずだ!
地方のほうがいい仕事してまっせ。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 30, 2005

試合終了。52−14。8トライで快勝!

dsc00083.jpg

後半も、早々にチーム得点王のネイサン・ウィリアムス選手まさかの負傷退場・・・。
いやなムードに包まれる。
そのムードを掻き消したのが、勝又貴光選手、久保晃一選手の両ロック陣のトライ。
後半も1トライ返されるものの、終了間際の辻井厚之選手、冨岡耕児選手の2トライで突き放し、8トライ52得点で快勝!

でも、細かいミスが多く、点差ほどの余裕は感じられなかった。
これから上位陣との戦いを控えるなか、より高い精度のプレーが必要だと感じた。

これからの1ヶ月間、課題の修正と負傷選手の復帰により万全の体制で後半戦を迎えて欲しい。

ヤマハに立ちはだかる大きな壁、東芝府中(過去:0勝6敗1分)との戦いまで

あと34日!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前半終了。26−7でリード。

dsc00082.jpg

前半は1分の辻井厚之選手のトライ、5分の守屋篤選手のトライで序盤からヤマハペースの試合展開。その後ゴール前に何度か攻め込まれたが得点を与えぬまま、18分に相手ゴール前の密集から木曽一選手が飛び込みトライを挙げてリードを広げる。
その直後に1トライ返されるものの31分のネイサン・ウィリアムス選手がトライを上げ、前半でボーナスポイント獲得。
前半終了前の古川新一選手の負傷退場がちょっと心配・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アビスパのホーム。

dsc00076.jpg

博多の森は、サッカーJ2のアビスパ福岡のホームスタジアム。
会場内に入ると、自販機もアビスパのキャラクターで彩られいる。

今日はサッカーじゃないんだけど、『会場に入ったら普段とは違うんだよ。』という演出は大切だなぁと思う。ラグビーでも、秩父宮や花園くらい自販機にトップリーグロゴを全面に入れてみるとか、会場で使う紙コップにロゴを入れるなどして欲しいよね。

DSCN0638

あと、今回の博多の森では試合前のセレモニーも行われた。
両チームのテーマ音楽にあわせて両チーム選手が小さい子の手を引いて入場。
その後、両チームの選手が整列したところで選手紹介を受けるなど10分程度のものだが、こういう当たり前のことをなぜ秩父宮や花園では出来ないのだろう?

博多に限らず、地方会場のほうがこういう盛り上げ策は積極的に行われているよ。
人が入らないとぼやく前にやることやろうよ。日本ラグビー協会さん!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

博多の森。

dsc00075.jpg

磐田をバスで出て約14時間で博多の森に到着。
天気は快晴。グランドでは、子供ラグビー教室が開かれていた。
トップリーグ両チームの選手のほか、地元の大学の選手も参加してグランド一面で繰り広げられる子ども達のプレーをながめ、ほのぼのとした雰囲気のなか、試合開始を待つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2005

おめでとう!

moriya
昨日、練習終了後にウォーターシャワーの儀式が・・・。
ウォーターシャワーの洗礼を浴びたのは、守屋篤選手(CTB 立命館大卒)。

スペイン代表戦の日本代表スコッドに追加招集とのこと。おめでとう!!!
開幕は出遅れたけど、体格を活かした突っ込みは魅力十分。
JAPANでの活躍期待してるよ。でも張り切りすぎて怪我だけはしないように・・・。

しかし、ヤマハのBKってメンバーだけみると、
SH 村田 SO 大田尾 CTB 今利 CTB 守屋 と代表クラス多いんだけど、決定力がないのね・・・。(怪我で入れ替わりが激しいけど、なんとかならんもんかね?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

・・・のために。

sikikan
サニックス戦を2日後に控えた最後の練習日。
恒例のジャージ授与の儀式での指揮官(佐野順HC)のひとこと、
『明日の夜から博多まで12時間かけてバスで来てくれる応援団がいる。彼らのためにも絶対負けられない試合だ!勝つぞ!』
Coolに見えるが熱いひとだ。

そして練習が終わり、引き上げる際に、
『これを今回来てくださるファンの方々に・・・。』
と1通の封筒を渡された。
『ファンの皆さんへの私からのメッセージです。いつも(応援のメッセージを)もらってばかりですから・・・。』
おぉ、ありがとうございます。中身はまだ見ていません。バスの中でみんなの前で公開したいと思います。受け取ったときは一瞬、金一封かと思いました・・・。(爆)

完成されたカタチは無いが、応援する側とされる側の信頼関係。
ヤマハ発動機Jubiloの強さはここにあるのかも知れない・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2005

復活の予感!

DSCN0530 DSCN0600
今日の大久保グランド。練習中、黙々と走る彼に注目してみた。
大田尾竜彦選手。(出血大サービス)

全体練習中は、ヘッドホンを付けて黙々とグランドの周りをランニング。
その後は、プレースキックの練習もこなし、一番最後までグランドに残っていた。

気になる腕の状態だが、
『走るのは全然問題ないです。痛くないし。でもまだ左腕をかばってしまうんでパスが・・・。徐々に慣らしていきますよ。』と言っていた。
『12月(の東芝戦)期待しているよ。』と声をかけたらにっこり笑っていた。

この時期いっぱい走りこんで、スリムになって帰って来てくだされ。

あと、ナカバ・・・、写真撮り忘れた。

今日は、リハビリ組に混じっての練習。『アバラが・・・。』って言っていたけど、
まる :『あんまり無理すんなよ。』
ナカバ:『痛くなければやってイイって医者に言われましたから・・・。』
まる :『でも、サントリー戦すぐいなくなったけど?』
ナカバ:『・・・・・。(苦笑;)』
まる :『まあ、このあと1ヶ月空くから、その間に直しゃいいんだから。』
ナカバ:『あと、その間にお祓い行ってきます。(笑)』

ケガ人全員引き連れて、一山まとめてお祓いしてもらいなさい。
でも、戦列を離れている選手も徐々に戻りつつあり、復活の予感。
12月は反攻の月。その前にサニックスに勝って気持ち良く中休みに入りたいもんだ。
明日は、いよいよ博多に向けて弾丸ツアー出発の日。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

サニックス戦メンバー発表!

10月30日の対サニックスブルース戦のメンバー発表!→ こちら

SHの村田亙選手(あご骨折)とSO大田尾竜彦選手(肘脱臼:本人曰く全治7週)は当然として、HOの中林正一選手がまた欠場・・・。
(30日のメンバー発表されたし、このあと1ヶ月空くので書いても問題なかろう・・・。)

今だベストメンバーが組めない苦しい時期だけど、残ったメンバーに頑張ってもらうしかありません。今回、コリ・セワブ選手がリザーブ入り。12月からの再開後にFWの強い(というか現段階で総合力が格上の)東芝、NEC、神戸製鋼、三洋、トヨタと続く地獄の日程では絶対必要な選手。パフォーマンスに期待したい。

敢えて注文をつけるとすれば、SOの控えに玉緒(中村大輔選手)を入れて、実戦の経験を積ませたかった。長い目で見れば、大田尾選手と中村選手の和製SO2枚でゲームコントロールするのが理想。そのために夏合宿も縦割りのチームで練習試合をしたんだから・・・。

今日は会社の休みをとったので、午後から大久保グランドへ。
現有戦力をじっくり確認してこなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2005

スクラム原論@ラグマガ12月号

CIMG3955

昨日、ラグマガを買って、とりあえず一通り目を通した。
興味深かったのは、スクラム原論。今回からの新連載。

1回目となる今回は、『コラプシングは誰のせい?』
スクラムでのフロントローの駆け引きについて書かれている。
昔はお互いの間合いで組んでいたが、最近はレフリーの掛け声が入るのだが、
そのなかでも微妙な駆け引きがあるんですね。
まあ、組んだ瞬間に優劣が決まってしまうんだから当たり前か。

第1列の選手とスクラムを組むと瞬間的に首を取られて身動きできなくなっちゃうもんな。
そして最後は、カブトムシやサイが角で相手をひっくり返すように倒されて・・・。
(現役退き1●年。最近体型だけはPRに近づいたけどね。)

職人気質のフロントローの世界。地味な世界だけに、これまで不思議とあまり語られてこなかったような気がする。これからの連載が楽しみだ。

みんなで縁の下の力持ちPR、HOに注目しましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゲッターロボ・・・?

dsc00065.jpg

社報の表紙を飾った1枚の写真。ゲッターロボ・・・?
いや、ウチの会社のバイク。(インドネシア向け JUPITER MX 135cc
現地の若者に人気らしい。

でも真正面からみるとゲッターロボそのもの・・・。
まあ、普段真正面からまじまじと見ることないからなぁ。
(デザイナーは30代後半~40代前半? 自分と同年代か?)

結構、最近はアジアに力入れてます。

ということでYAMAHAのバイクもよろしく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2005

ビバ!花園(5) ラグビー資料館

CIMG4360

花園ラグビー場のゲートをくぐり、メインスタンドのほうに向かう途中にひっそりとラグビー資料館があります。入場無料。

今年はもう花園に来ることはないので立寄ってみた。
入口を入り、展示物の写真を撮ったら、係員の人に『撮影禁止です。』といわれた。

『へっ?』ときょとんとしていると、再度『撮影禁止です。』
『なんで?』ってきいたら『規則ですから・・・。』

バイトの子だからしかたない。とりあえず雰囲気だけでもと思い外から写真を撮ろうとしたら
『それも困ります。』やれやれ。やっとのことで遠目から撮ったのがこれ。

見学する気が失せたので、ほとんど中を見てません・・・。
興味がある方は立寄ってみてください。

写真の件で試合前からケチがつき、スタンドで撮影しようと思ったらデジカメが壊れた。
なので試合中の写真なし。(恐るべし関西協会・・・って関係ないだろ! 苦笑;)
まだ1年弱。コンパクトカメラで4300枚って写真撮りすぎ?角に落とした時の傷があるけど保証は利くのだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2005

サントリー戦振り返り

23日のサントリーサンゴリアス戦。
花園から帰ってからスカパーの録画で再チェックしてみました。
(J-SPORTSの放送があるのは開幕以来だ・・・。嬉)

チェックしてみると、まず開始8分でトライを獲れたのが大きかったね。
ワンタッチしたのかどうかは別として・・・。(ヤマハファンから見ても???ですが)

その後もラッキーが続きあれよあれよと5トライ。
圧巻はブニバカのハンドオフで相手を吹き飛ばしながらもぎ取ったトライ。
ようやくお目覚め。あの破壊力は魅力的。
後半は、一転してサントリーの猛攻に・・・、前半の貯金があって助かった。
(夏のフィットネストレーニングがねぇ・・・。今からでも遅くない。走れ!走れ!)

今日もラグビー部OBのOさんと話したのだが、うちのチームは、こういうチームだという形がないんだよね。FWが取り立てて強いわけでもなく、BKに展開力や決定力があるわけでもない。これは2~3年前から変わっていないんだけど・・・。Oさんいわく、
『分かっていたのに外人選手の個人技の影に隠れてBKの整備が遅れた・・・。』
同じ日の神戸製鋼の試合を観てもパスの精度は神戸のほうが断然上だった。
まあ、ハラハラしながらも意外性のあるプレーで得点を上げる。ある意味、先の読めない展開のラグビーが魅力だったりするわけですが。(フォローになってない?)

それでも、関西社会人の時は、CTBのソトゥトゥが一度突っ込んで相手のディフェンスを押し下げた後、ワイドに展開するという形があった。
TL1年目は、素早く大外に振ってデラサウで勝負。
去年は、レオンの巧みなゲームコントロールで流れを掴んだ。
今年は何があるのだろう・・・?

サントリー戦を見て思ったのは、ブニバカの突破力をもっと活かせないかということ。
ブニバカは、やはりCTBに起用して縦の突破を図るほうがキャラクターを活かせそうだ。
関西社会人のときのソトゥトゥのようにブニバカが突っ込んで相手のBKを惹きつけたところで、今利にオフロードパスでつなぎ更に深く潜り込ませる。
SOの大田尾が帰ってきたら、FBにネイサンも起用したい。彼の突破とキック力も大きな武器になりそう。

サニックス戦が終わると、1ヶ月のインターバルを置いて後半戦。
後半戦は、東芝、NEC、神戸、三洋、トヨタと続く。現段階では全て格上のチーム。
はっきりいって全敗もありえる。1ヶ月のインターバルで早くヤマハのカタチを構築して欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2005

トップリーグ観客数(6)

シリーズ6回目となりました観客数推移です。
今節は久々に各地で6試合が行われました。

第6節平均観客数 3863人(ダブルヘッダー補正後2812人)
昨年のデータ 平均4527人(ダブルヘッダー補正後2988人)

シーズン通しては、第5節終了時での平均は、
2004年 4833人 (3262人)
2005年 3755人 (2944人)カッコ内は補正後。

今節、三洋電機-東芝府中戦(太田)が6517人を集めました。1試合5000人超は、今季5試合目です。
先週のトヨタ-神戸製鋼戦を上回り、今季最多動員となります。

先回も提言したいのですが、今節も秩父宮、花園の1試合あたりの観客数は、太田、瑞穂を超えることが出来ませんでした。
花園では、ラグビー場入口前の広場で『元気シティ第13回東大阪市民健康まつり』なるイベントがあり、それなりに人手はあったのですが、一歩中に入ると、いつもと変わらん風景。
関西の雄、神戸製鋼の試合があるにもかかわらず、これでは淋しすぎます。

秩父宮の状況は存じませんが、数字で見る限り悲惨な限りです。
先回述べたこと(秩父宮・花園に集客力はない)が実証されてしまいました。

今回の花園で思ったこと。
グランドの外でせっかくイベントをやっているのに再入場禁止です。
秩父宮も外でイベントがあっても再入場できませんよね。

何故なんだろう?せっかく各企業ががんばっているのに・・・。

また、開場が遅すぎませんか?試合開始1時間前って、席確保してちょっと売店とか見ようと思ったら、もう試合開始ですよ。
もっと余韻を楽しませて欲しいと思います。

LIVEでしか伝わらないものが少なすぎます・・・。

この現状を平尾氏はどう捉えているのでしょう?
まだ6年あるからほうっておくの?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸製鋼応援団に感謝!

えーっと、昨日のサントリーサンゴリアス戦は久々にJ-SPORTSの中継があったので、あとでゆっくり振り返るとして・・・、

昨日の花園ラグビー場、バックスタンドはそこそこの入りで、まとまった席の確保が難しいかなと思ったんだけど、第1試合が終わり、神戸の応援団の方々が応援旗を片付け始めたので、声を掛けさせてもらった。

『神戸(製鋼)さん、席空きますか?』

そしたら、快く『いいですよ!』といって、席を譲ってくれただけでなく、周りの方々にも
『第2試合のヤマハの応援団の方が来ますので、神戸ファンのかたで第2試合も観戦される方は席を移動してくださーい!』
と声をかけていただき、1ブロックを空けてももらいました。

今まで、2試合目だとまとまった応援は諦めざるを得ない事が多かったけど、神戸の応援団の方々のおかげでまとまった応援が出来、チームも悪い流れを断ち切ることが出来ました。ありがとうございました。

12月18日のヤマハスタジアム、神戸ファンの皆さまのお越しお待ちしております。
(客人を迎えるためには、スタンドを満員のジュビロファンで青く染めねば・・・。笑)

それまでお互いに優勝争いに割って入れるように頑張りましょー!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 23, 2005

サントリー戦終了!

dsc00063.jpg
57−31で勝利!
網走での雪辱をとりあえず果たしたけど、後半に点取られすぎじゃない?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

前半終了36−0でリード


前半終了36−0でリードdsc00062.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ビバ!花園(4) 花園オヤジ

dsc00061
花園名物といえば、花園オヤジどもの野次であります。
観戦歴20年(しかもお上品な秩父宮がメインだった)の私では太刀打ちできません。(笑)

帽子に刻まれた『好きやねん ラグビー』の文字に愛情を感じまする。

トップリーグに近鉄ライナーズなき後、花園オヤジの期待を一心に背負い、はけ口となるのは、神戸製鋼しかございません。
でも、神戸がボーナスポイントを前半で手中にした余裕のせいか、

『こらー!弱いもんいじめ(サニックス)すなー!』
『サニックス1本くらい返さんかい!』

とサニックスの応援をするあたり、リーグ全体のバランスも考えておられます。

ヤマハ戦の前のまったりした時間をオヤジの野次をBGMに過ごさせていただきました。
(あぁ、今年は花園での試合はないのか・・・。残念!)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2005

なっかん

nakkan
『なっかん』こと仲谷聖史選手@PR1(立命館大卒)。
明日のトップリーグ第6節サントリーサンゴリアス戦で初スタメン。トップリーグ初出場!

和製FWと形容されるヤマハJubiloのFW陣にあって、PRでありながら一番小柄な選手(170cm)。
それでも、代表経験もある高木選手などに聞くと『あいつが一番頑張っている』と・・・。
PRなんでスタンドから見ても派手な活躍は見えないだろうけど、密集の中で、スクラムでチームへの貢献を期待してるよ。頑張れ『なっかん!』

明日は、花園へ出陣!
黄色で46の刺繍の入った帽子(MotoGPのV.Rossiのもの)にヤマハJubiloのレプリカジャージの奴がいたらたぶん私です。
(よかったら声をかけて下さい。バックスタンドにいるはずです。)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

三洋電機ワイルドナイツ勝利!

トップリーグ第6節

三洋電機ワイルドナイツ 51-32 東芝府中ブレイブルーパス

三洋がロースコアゲームに持ち込めば・・・。と思っていたら、堂々6トライを上げ快勝!
東芝もバツベイのトライなどで追い上げ、後半残り5分切ったところで12点差まで追い詰めたけど最後は三洋が駄目押しトライで逃げ切り。

やはり、トニーブラウンのゲームコントロールが上手かった。キックを効果的に使い、常にFWを前に前に出せたのが大きかったかな?
FW経験者としては、せっかく前に出ても戻らされるのが一番疲れるんだよね。東芝も後半の半ばに完全に足が止まっていたし・・。
あとは、よく接点で粘ったね。東芝相手にモールも押し負けなかったし、ターンオーバーもしてたし。惜しまれるのは2つのシンビン。2つ目の榎本のシンビンがなければ東芝のボーナスポイントは無かったかもしれない。(プレー後の小競り合いで肘打ち。)

あと、悪いなりにも4トライを上げてBPを取るあたりさすが東芝だ。1敗とはいえ、勝ち点差は2で射程圏内。(もう少しで7点差以内のBPもとれたんだけど)
いい試合を見せてもらいました。


協会発表では、太田市運動公園の観客数6,517人でした。
(今季最多です。開幕の秩父宮は2試合で10,926人だから実質5,500人。)
一応、収容人数20,000人となっているが、芝生席のバックスタンドに目一杯入れての数字だろう・・・(立ち見で)。実際には10,000人分もないんじゃないかな?だから画面で見る限りでは超満員。

ただ、グランド内に観客を入れるのはどうかと思うが・・・。まあ、それだけいたってこと。

でも結果として超満員の観客の後押しが、いいパフォーマンスに繋がったんだと思う。

これでますます混沌としてきたトップリーグ。
目が離せなくなってきた。

| | Comments (3) | TrackBack (7)

October 21, 2005

トップの重み

今週、社内でコンテストイベントがあった。
社外にもアピールするため、報道関係にも案内状を送ってあったようだが、
広報関係の人の話しを聞くと『イマイチだね…。』何故かを訊ねたら、

広:『大会委員長になっている社長が欠席しているから…。』

私:『どうせ、社長はお飾りで、いなくてもイベントは滞りなく進行したけど?』

広:『報道記者にとって、イベントは二の次。挨拶が聴きたいんじゃないんだ。
   イベントが終わった後に、トップのコメント(経営戦略や方針など)が欲しいから
   集まるんだよ。代理の専務とかじゃ意味が無いんだ。たとえ同じ発言でもトップ
   は重みが違うのさ。社長がいれば、翌日の新聞の扱いは格段にちがうよ。』

私:『なるほどねぇ。』

で、翻って、NEWS23について。
いろいろな所でコメントされていて、後出しジャンケンみたいだけど、上に書いたことが広報マンの常識としたら、平尾氏だけの登場ではインパクトが弱いでしょうね。W杯招致のGMではあるが、全権委任されたわけではないし、GMの上に真下専務理事がいる。
平尾氏がどんなにいい発言をしたところで重みは出ないわけです。振興策にしても、教会内の他の事業部を意識したのか歯切れが悪かったし、ちょっとした突込みにも苦笑いでかわすしかなかった。これで招致にプラスになったのだろうか?
GMとするからには、全権委任すべきなのではないだろうか?

やはり、ここは、森喜朗会長が出るべきだったんだろうなぁ。(腐っても元総理・・・。)
そうすれば失言を期待して(?)もっと突っ込んだ内容になったんじゃないかなぁ?発言自体にも重みが出ますよ。

その点、Jリーグでは、どんな場合でも必ずチェアマンが発言する。トップに立つチェアマンの発言だから重みがあるし、発言した事に対し最大限の努力もする。責任も明確になる。

その辺のマネジメントをちゃんとせねばいけないんでしょうね。
前述の広報の方の話し、勉強になりました。(ちょっと固い話しですみません。)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 20, 2005

ビバ!花園(3) マンホール

CIMG0032 写真でわかるかなぁ?

花園ラグビー場がある東大阪市はラグビーのまち。

マンホールのふたもラグビーをしている姿が図案化されてます。

たまには、下を気にして歩いてみましょう!
100円くらい見つかるかもしれません(笑)

図案化された選手の背番号は『8』。
やはりNo.8は花形ポジションなのでしょうかねぇ?

先日は花園偏向はイカンと書いておいてなんですが、協会ももう少し花園に援助出来んものでしょうか?大型ビジョンを備えたスコアボードの設置くらいしてもバチは当たらんと思うよ。(もし、このまま聖地化するのであれば。)
今後、トップリーグにホームタウン制を導入するなら近鉄が独自に改修して、近鉄だけの試合をすればよろしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界チャンピオン来社!

IMG_0022

今日、会社に世界モトクロス選手権のMX1クラスチャンピオンのステファン・エバーツ選手MX2クラス チャンピオンのアントニオ・カイローリ選手が来社。
仕事の合間に出迎えのセレモニーに行って来た。

間近で見ると結構気さくな感じだった。
でも、出迎えが少なくない? モトクロスも(というかバイクレース自体)日本人にとってはマイナーなのかなぁ?(オートレースじゃないよ。)
日本では、まだバイク=不良・暴走族と思っている人多いみたいだし・・・。

日本では人気が無くて、欧州で人気があるのはラグビーと一緒?
ラグビーもそうだけど、本業のバイクの普及活動ももっと必要。

一度レースを観て欲しいなぁ。このスピード感&独特の雰囲気こそLIVEじゃないと伝わらないね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

レフリー報酬

jimmy
先日のワールドファイティングブルとの練習試合、笛を吹いたのは、ジミーちゃん
(戸田京介A1級レフリー@岐阜県立揖斐高校教員)。いつもありがとうございます。
岐阜からだと比較的近いからか、結構、大久保での練習試合の笛を吹く機会が多い。
戸田レフリーに限らず、練習試合でもA1級以上の方が笛を吹いているけど、規定はないですよね?

気になるのは、レフリー報酬。3000円というガキの小遣い程度(それも交通費込み)でトップリーグや大学ラグビーの笛を吹いているようですが、公式戦等であれば、名誉職だからという名目も成り立つけど、練習試合はどうなんでしょう?
練習試合では、名誉職とは言えませんよね。自己研鑽のためといってもねぇ・・・。
練習試合は各チームが負担するんだろうけど、規定は無いのでしょうか?普通の企業であれば休出で20,000円程度プラス交通費実費くらいの手当てはつくと思いますが・・・。

そういえば、夏に美幌でのNEC-SECOM戦の時にも戸田レフリー&下井レフリーを見かけた。北海道でレフリー講習合宿が行われたのだと思いますが、これも自腹なの?せめて各企業の休出手当てくらい出してあげましょうね。

というのを試合後、本人に直接聞こうと思っていたら、試合後土砂降りの雨で撤収に気を取られ、捕まえられなかった・・・。

こういう機会じゃないと聞けないんだよなぁ・・・。(応援バスだと出待ちが出来んのよ)

次こそは話しをしたいので、また大久保に来てください。(自腹で・・・。笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 18, 2005

大久保で同窓会@洋平2号

CIMG4228 CIMG4229
お待たせしました。洋平2号(四宮洋平選手)です。
Bチームの試合なんで来てくれるのか?と思ったら私服でひょっこり現れた。

今利貞政選手とは、同期ということでしばらくずっと談笑。
カメラを向けるとサービス?ポーズ。

その後、傍らに座っていたナカバ(中林正一選手)を指差し、
今&四『あいつも同期っすよー!。』
ナカバ『何か呼んだかぁー?』(四宮の耳を掴む)
四宮 『イテテテテッ!』(笑)

さすが同期、仲がいい。
出来ればヤマハに戻って欲しかったけど・・・。(ケガ人続出、決定力不足なんで・・・。)

まぁ、今度はジャパンに揃って選出されて、そこで同窓会をしてくだされ。期待してるよ。

そのあと、四宮選手はちゃんとキックティー係として働いておりました。
高校の後輩(桐蔭学園)としてチームは違っても応援してるぞ!頑張れ!
(といっても10歳下か・・・。自らの年齢を感じるなぁ。)

| | Comments (14) | TrackBack (1)

October 17, 2005

トップリーグ観客数(5)

シリーズ5回目となりました観客数推移です。
今節はヤマハ戦がありませんでしたので、ウチら夫婦の分は観客数にカウントされておりません…。(笑)

第4節平均観客数 3163人(ダブルヘッダーなし)
昨年のデータ 平均4985人(ダブルヘッダー補正後3621人)

依然、1試合あたり500人程度の減です。

で、シーズン通してですが、第5節終了時での平均は、
2004年 4910人 (3330人)
2005年 3728人 (2977人)カッコ内は補正後。

依然昨年を下回っています。

今節、トヨタ-神戸製鋼戦(瑞穂)が6300人を集めました。1試合5000人超は、今季4試合目です。
しかし、そのうち3試合はダブルヘッダー日程によるものです。上記同様の補正をかけると今季最多動員となります。
試合内容も良かったです。どちらが勝ってもいいやという軽い気持ちで観ましたがのめり込んでました。

で、今回提言したいのは、そろそろ秩父宮、花園への偏向を解消したら?ということです。
今節、秩父宮の三洋電機-サニックスは、瑞穂はおろか、仙台のセコム-サントリーより観客が入っていません。
前節も、秩父宮でのサントリー-神戸製鋼の黄金カードよりも新潟でのクボタ-三洋電機戦のほうが観客は入っているんです。

ハッキリ言って、秩父宮、花園は集客力が弱いと言わざるを得ない。これは昨年から出ていた傾向なのだけれど、あまり表に出てこなかった。それは、秩父宮・花園の多くはダブルヘッダーだから。協会はダブルヘッダーの時でも合算で観客数を発表するので見かけ上の数字が大きくなるから。このような数字遊びをしてないで現実を直視しましょう。
去年の1試合当たりの観客数ベスト5は全部地方開催です。

1位 ヤマハ発 -東芝府中 (8838人)ヤマスタ
2位 ヤマハ発 -近  鉄 (7837人)ヤマスタ
3位 神戸製鋼 -ヤマハ発 (6311人)神戸ウィング
4位 東芝府中 -サントリー(6212人)味の素スタジアム
5位 サントリー-N E C(5800人)熊本

以前から提言しているが、もっと地方に目を向けるべきです。
プロ野球やサッカーでもみんな地方に活路を見出しています。ラグビーももっと地方に目を向けるべきではないでしょうか。
今節、仙台でのセコム-サントリー戦は深夜枠ながら地上波で放送されたようです(仙台ローカル)。それでも100万都市ですからねぇ。キー局での露出は望むべくもありませんが、地方ではこれが可能なんです。地方のメディアを巻き込めば、もっとラグビーの露出度はあがるはずです。

私の住む静岡西部でも、ヤマハの話題が頻繁にメディアに登場します。
新聞には、練習試合の結果まで3段記事くらいの扱いで載りますし、TVも月曜の夕方のローカルニュースの中でラグビーの結果を映像を交えて放送してます。(しかもNHKで・・・。)
協会に足りないもの、それはメディア戦略なのかもしれません。

もっとアタマを柔らかくしましょう。宝の山は地方に眠っているのですよ。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

メッセージ

tiny
今日のFM Haro!のJubiloスクラムトークは、Tiny(タイニー)こと田井中亮範バイスキャプテン(SH 帝京大)と番長・中野大介選手。
中野選手は、以前も坂本選手と登場しており、サポート役かと思いきや喋ること、喋ること。

まあ、メインは田井中選手ということで…。
チーム一(イチ)小柄な彼は、チーム一(イチ)負けず嫌いでもある。
プレーを始めたきっかけが『兄に負けたくなかったから…。』
そして、ラグビーは、『小柄な自分でも出来るという事を示すチャレンジ』と言い切る。

体格に恵まれず、高校からラグビーを始めた彼がここまで出来たのもこの反骨精神があったからこそだろう。
SHのレギュラーポジションをほぼ手中に入れながら、昨年8月の合宿中の練習試合で不運の故障(膝の皿骨折)…。今もリハビリを続けながら復帰を目指している。
本人は『来季くらい?』といっていたけど、中野選手は『彼の事だからMSカップには戻ってくるでしょ』と言っていた。

という中野選手も怪我で2シーズンを棒に振りながら今季復帰した。
2人の話しを聴いていると、前々から2人の出演は決まっていた事なのだろうが、
土曜の練習試合中に膝(ひざ)の脱臼で長期離脱を余儀無くされた、K選手へのエールの意味を込めたメッセージのようにも聴こえた。

田井中選手、K選手の復帰姿がいつの日にか観れることを楽しみにしてるぞ。
頑張れ、タイニー&K(●●)!

| | Comments (3) | TrackBack (1)

October 16, 2005

大久保で同窓会@洋平1号

CIMG4214
昨日の大久保にて。
ワールドの柿本洋平選手が久々に大久保に帰って来た。
立命館大卒業後、1度はヤマハJubilo入団後、家庭の事情でワールドに移籍。
1年経った今季、晴れてワールドファイティングブルの一員に・・・。

試合前に同期のTommy(冨岡耕児選手:左)と守屋篤:右(ニックネームのMORICって関連会社の名前じゃん・・・)と談笑してました。久し振りの大久保はどうだい?
敵味方に分かれてもやっぱ仲間っていいもんだ。

試合にも出るのかと思ったが、今日はビデオ係でした。(残念!)
早くワールドでの勇姿も見てみたい。頑張れ洋平1号。

洋平って四宮の事だと思った? ヤマハからワールドに行った洋平くんは2人いるのだよ。そのうち2号(四宮:一応入った順ね。)も出すけどさ・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

チャンピオンバイクコレクション 29/30

CIMG4274
今日、届きました。
DeAGOSTINI社の『CHANPION BIKES COLLECTION』の29&30号。

#29 YAMAHA YZR250 2000 Olivier Jacque
#30 HONDA NS500 1984 Randy Mamola

マモラ懐かしいなぁ。
当時、独特のライディングフォーム(外側の足を上げて乗る)を真似した『マモラ乗り』とかはやったっけ。

30号にはまたバインダーがついてました。いつまで続くのか・・・。(笑)

次号の31号は HONDA RC45 ジョン・コシンスキーですよん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2005

何だかなぁ…。(辛いよ。)

CIMG4211 CIMG4237
ヤマハ発動機ジュビロB対ワールドファイティングブルB 
(大久保G 14:00K.O. レフリー:ジミーちゃん)

  前半 28(4T4G) - 19(3T2G)
  後半  5(1T0G) -  7(1T1G)
  合計 33(5T4G) - 26(4T3G)

≪得点経過≫
う~ん、前半は、天気のようにすっきりしないゲームだった。

 2分 ハーフウェイ付近のペナルティから左に展開、最後はWTBブニバカがトライ。
    幸先よく先制。玉緒G成功(7-0)

 8分 ワールドにゴール前でモールサイドを潜り込まれトライ。G成功。(7-7)

12分 ゴール前ラインアウトからモール押し込みトライ。玉緒G成功(14-7)

14分 自陣22mラインアウトから出たボールをCTBタブスが縦に突きハーフウェイまで
    ゲイン。早い球出しからSO玉緒が更に縦に出てディフェンスの裏に出る。
    後は追いすがる相手を細かいパス回しでかわし、最後WTB八木がトライ。
    玉緒G成功(21-7)

16分 ヤマハの蹴った低い弾道のタッチキックをワールドWTBが足で処理。
    止めたボールを詰めていたヤマハBK陣が拾いターンオーバー。
    左に大きく展開し、WTB岡がトライ。玉緒G成功(28-7)

32分 ワールドにゼブラカード。(ノットリリース・ザ・ボール連発に対して)

34分 22m付近からワールドCTB沼田が個人技でディフェンスをかわしトライ。
    G成功(28-14)

37分 敵陣10mスクラムからSHがダミーパス一発でスクラムサイドを裏に抜け出る。
    後は細かくつなぎトライ。G失敗(28-19)

前半終了。

後半・・・。あまりよく覚えていない(涙)
10分過ぎに『ウワァー!』という低いうめき声と共にグランドが凍りついた。
この日、前半FLで出場したあと、後半からWTBに入ったK選手が、相手のタックルで片膝をついたところに間髪いれず上半身にタックルが・・・。そのとき地についていない踏ん張っていた側の膝(ひざ)が悲鳴を上げる・・・。
遠目からもはっきり分かるくらいの膝(ひざ)の脱臼。
(20年ラグビーを観ていて始めて見た。)
CIMG4261
この後、救急車がグランドまで入り試合中断。

その後、時間を短縮して再開され、両チームにトライが生まれたが覚えていない・・・。
グランドで、こちらからよく声を掛け、笑顔で応対してくれていた選手だけにショックだ。
自分も両膝(ひざ)の靭帯を2回ずつくらい怪我しているが、脱臼というのはどうなんだろう?靭帯が断裂せずに繋がっていてくれればいいのだけど・・・。
怪我がひどくないこと、そして元気に復帰できることを祈ってます。

救急車が去ったあと、堰を切ったように大雨に。K選手の悔し涙か・・・?
勝つには勝ったが、後味の悪い試合だった。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

天気もつかなぁ…?

CIMG4209
今週はトップリーグはお休み。(ヤマハJubiloは・・・。)
久しぶりに、まったりとした午前中を過ごしている。

だけど、午後からワールドとの練習試合が大久保グランドであるので行ってきます。
Bチームの試合だけど、久し振りにスカッとした試合が観たい。
トップリーグ2試合で160分間、敵味方問わずトライシーンを観てません・・・。
どっちでもいいからトライシーンが観たい。(苦笑;)

ワールド戦は、何故か公式戦、練習試合問わず雨が多い。今日はもつかなぁ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2005

Big サプライズ!

secom_j   CIMG4206

当たった~!
なんと、J-Sportsのプレゼントに応募したら当たりました。
どうせ当たらないからと1名限定のサイン入り本物ジャージに応募したらまさかの
GET!
(だけど、当たるときはいつも自分で応募しないとき。今回もかみさんの名前で・・・。)

それでもいいのだ。当たれば。

本物のジャージは結構厚くて重い。そして馬鹿でかい。(2XLって3L?それとも4L?)
だけど、SECOMのネームも全て刺繍です。やっぱりレプリカにはない重厚感。

民宿○山にまたお宝ラグビーグッズが仲間入りです。
注:民宿経営はしておりません。が、泊まり客が増え溜まり場になりつつあるので、
  仲間内でこう呼ばれています。
  だから、民宿○山で検索掛けてこないでね。たまにいるもんで・・・(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2005

ビバ!花園(2) 春美のたこ焼き

CIMG4144 CIMG4143

大阪といえば、たこ焼き。しかも花園といえば『春美』なのである。
花園ラグビー場から目と鼻の先(最近建売住宅が出来たんでちょっとわかりづらいかも)。

試合前に行くと、ラグビー選手に逢えたりもします。
大阪のラグビー選手は春美のたこ焼きで育ったようなもんらしい・・・。
むかし、駄菓子屋でもんじゃ食べた事ありません?あのノリです。
(という私は東京出身・・・。)
関西はやっぱりたこ焼きなんだろうなぁ。ちなみに静岡は、おでんらしい。

たこ焼き 1舟 10個 200円
タコボン 1個 50円 (たこ焼き2個を平べったいエビせんで挟んだもの)

安すぎます。それなのに去年、試合帰りに『残り全部買う(10皿くらい?)からまけたって~!』と値切ったのはうちらの連れです・・・。ゴメンよ、おばちゃん。

そして、この安さにくわえ、おばちゃんの人柄に惹かれます。
待ち時間におばちゃんとのラグビー談議も楽しいのだ。

ヤマハも関西リーグなんで、ちゃんと応援してくれています。(ありがたや~。)
おばちゃんのためにも関西リーグ出身のチームはがんばらなあきまへん!
ヤマハ、トヨタ、神鋼、ワールドはしっかり気張りや。
(近鉄、織機もトップリーグに這い上がってくるんだよ。)

あぁ、いつかゆっくり店内でお好み焼きを食べてみたい。持ち込みもんじゃはOK?

| | Comments (5) | TrackBack (0)

October 12, 2005

小中学生料金は・・・。

やはり、何かラグビーネタを書かないと落ち着かない・・・(^ ^;)>”

といっても、あまり書くとネタが尽きてしまうけど。

最近、トップリーグの観客動員ネタを何度か書きました。結構いろんな方の反応があるし、他のBlogなどでも話題に上がってます。

そのなかで、『小中学生を無料招待したら?(選手権のNECのように)』というような意見をみつけました。
では、ここで質問!
トップリーグの小中学生料金はいくらでしょう?
right1

答え;
無料(タダ)です。

別に、選手権でNECが招待しようがしまいが、元々タダなんです。

でもね、それをアピールしなきゃ誰も分からないよ。
トップリーグのサイトでは、チケット情報の冒頭に小さく、
※自由席(一般)に限り、中学生以下入場無料(試合当日、生徒証を提示してください)。
と書いてありますが、これだけ。

ただ待ってるだけじゃダメなんだって!

ヤマハの場合、ホーム無料招待券を作成して地域の小中学校に配布したらしい。
現物はみてないけど・・・。(J●Nさん、プリーズ! とりあえず見てみたい。)

たぶんこんな感じ?(←オープン戦の無料招待券。これも元々タダなんだけど)

『無料(タダ)だから来てね!』って百回繰り返すより一枚の招待券を渡すほうが効果は大きいはず。
やっぱ、こういう仕掛けが欲しいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三ツ星?

CIMG4175
会社でまわってきたオミヤゲ。仕事柄こういうものもまわってきます。
ミシュランクッキー。キャラクターのビバンダムの白と青と黄色のコントラストがきれい。

ミシュランといえばレストランの格付け、三ツ星なる言葉がはやりました。
果たしてこのクッキーのお味は・・・?やっぱり三ツ星でしょうか?
(もったいなくて食べれません。)

このキャラクターのビバンダム(Bibendum)は、『飲み込む』という意味があるそうです。
つまり、ミシュランタイヤは『あらゆる障害物を飲み込む(衝撃を吸収する)。』という意味が込められているらしいです。

このキャラクターが誕生してすでに100余年。これだけ世界中で愛されているキャラクターってうらやましい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2005

ビバ!花園(1) ポッカリスウェット

CIMG4140 CIMG4140-2
ビバ!花園。 おぉ~っ、My Blogの新シリーズ誕生か?
(いくつ続くかわからん・・・。)

第1弾はこれ。花園ラグビー場近くの自販機で発見しました。
見つけたのは去年のシーズンだったんだけど、近鉄降格でも残ってました。(涙)

だけど、この絵変じゃない?
だって、POKKAの広告でしょ。それなのに選手の持つボトルはPOCARIだよ。
このイラストを書いたイラストレーターは、POCARI SWEATをPOKKAの製品とおもったのだろうか・・・。(POKKA-RI SWEAT…? 苦笑;)

それを許すPOKKAの広報も太っ腹というか・・・。
(しかもライナーズのサポーターズクラブの募集までしておる。)
ありがたいスポンサー様です。スポンサー様のためにも、そして関西ラグビーのためにも
近鉄ライナーズにはがんばって欲しいですね。

今さらいうまでもなく、POCARI SWEATは、大●製薬の製品です。
花園行ったらみんな探してみてくだされ。(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ヤマハバイクコレクション

CIMG4172 CIMG4174
今日からローソンでヤマハバイクコレクションキャンペーンを実施中!

缶の上に白いがつけられていて中にバイクのフィギュアが入っとります。(全長約4cm)
全8+1種類(+1はシークレットらしい。)

今日とりあえず7種ゲット。
index_1011_ph05 aaa
  ↑残り2種 “Wanted”

さあ、がんばってコーヒーを飲むぞ!
(健康のため、無糖or微糖ばっかり買いましたよ。一応)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

トップリーグ観客数(4)

恒例?となりました観客数推移です。(笑;  って笑ってられんけど…。)

第4節平均観客数 3138人(ダブルヘッダーなし)
昨年のデータ 平均2020人(ダブルヘッダー補正後1857人)

おっ!持ち直していると言う無かれ。
昨年は台風の中強行してNEC-近鉄戦は654人、リコー-ワールド戦955人でしたので…。(瑞穂のトヨタ-ヤマハ戦も1日順延でした。)

で、シーズン通してですが、第4節終了時での平均は、
2004年 4894人 (3271人)
2005年 3841人 (2939人)カッコ内は補正後。

依然昨年を下回っています。

今節に限っていうと、サントリー-神戸製鋼の黄金カード(一昔前の?)ですら5000人行っていません。協会、チーム、メディアを交えて対応を考えて欲しいけど、その気があるのかないのか…。

そう言えば、8日の花園で信じられない対応をされました。

選手名の横断幕を貼ったら、 『個人名の横断幕はNG!』とのこと。
(秩父宮では、スタンド最後列の壁ならOKと言われましたが…。)
その場では理由を聞かなかったけど、後で知り合いに話したら、2年前に協会に言われた事があるとのこと。
その理由を聞いて笑うというよりも呆れてしまいました。

『ラグビーは“One for All”の精神があるから個人名はふさわしくない。』

普通スポーツって一人のスター(選手)のプレー、人柄、生き様(カリスマ性)に興味を持ってその競技にのめり込んで行くのではないだろうか?

野球の長島、王。最近ではイチロー、松井。
サッカーのカズ、中田、シンジ、俊輔。
ラグビーでも大畑大介とかが入口だったりするわけでしょ。
ヤマハもWataさんがいるから応援してくれる人もいる。

で、その選手個人を応援しようとしたらNGですか…。
新しいファンを開拓する気はさらさら無いようです。

| | Comments (10) | TrackBack (3)

October 09, 2005

共に闘うために…。

CIMG4164 CIMG4165
雨中の戦いが終わると我が家のベランダは真っ青に染まる。
応援で使った横断幕や中旗を干して乾かすため。これも次の闘いに備えるため。
ウチは旗の管理をしているけど、トラジュビの発信のため写真や取材に奔走する人、試合前のビラを作成する人・・・。応援団も共に闘っているんだよ。

CIMG4162 また昨日の試合後、佐野順ヘッドコーチと堀川隆延チームマネージャーが雨の中バックスタンドまで出向き、応援団へのねぎらいの挨拶を行った。
バティヘッドコーチの時から毎試合後続けられているこの行為により応援団はより結束を固める。
(それにしても、他のチームの指揮官がバックスタンドまで挨拶に来ないのはなぜだろう。応援団がいるのにね。)
この日は、着ていたポンチョをわざわざ脱いでずぶ濡れになりながらバックスタンドに出向き深々と頭を下げた。人によって捉え方は違うだろうが、指揮官がここまでしてくれたことに、これでまたチームとの結束は強まると思った。
次こそ、苦渋に満ちた顔じゃなく満面の笑顔で共に喜びを分かち合おう!

選手だけが闘っているのではない。雨中の闘いでそれだけは確認出来た・・・。
今は試練の時だが、これを乗り越えた時チームはまた強くなるはずだ。
共に闘うために出来る限りのサポートを・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

October 08, 2005

ワールドにも敗けた。

CIMG4161
敗けた。先週以上にへこむ試合だった。

ゲーム内容は、土砂降りの雨でピッチに水の浮く中、キッキングゲームの様相。
ただ、ゲームの切れた後のセットプレーが安定しない。
ラインアウトは、スローワーがナカバ(中林正一選手)でなく、控えのヨネさん(米倉隆之選手)なんだからジャンパーは数人欲しいところだったが、石神勝選手を外した事で木曽一選手1枚となってしまった。
スクラムも安定しない。山村亮選手も腰を痛めたようだ。

セットプレーが安定しないからBKにも生きた球がでない。
また、ハンドリングエラーも多い。大体、パスが届かないんだから・・・。
雨の日は、『ラインを狭く深めに』が基本だと思うが、晴れの日と同じラインだからミスが出る。パスが届かず低めに来るからノックオンをする。

後半に修正してくると思ったが変わらんかった。

ディフェンス自体は安定しているんだが、(リコー、ワールド戦ともノートライ)攻め手がない。
観ていてチームの意思を感じない。たまに個人技で抜けるがサポートがないから2次以降球出しが遅れる。

次戦は再来週サントリー戦。
早急に立て直しをしてくれよ。うつむいている暇はない。

来週はワールドと練習試合をするようだが、このケガ人の多い状況でやってどうするんだ?試合するんじゃなく土日も練習したほうがいい。そのくらい確認事項が多すぎる。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

前半終了!

dsc00060.jpg
前半終了!3−0。今日も渋い試合だ。天気は土砂振りです。

スタンドの階段を水が川になって流れるが、意地でもメイン(屋根下)には行きませんよ。
選手は雨の中闘っているんだから。応援団が屋根下に行ってどうするんだ。

それにしても、真っ暗なんだけど・・・。照明つけてくれんかのう。(壁塗る前に)
壁を白く塗ったせいで、逆サイドでのプレーが観難くなりました。ボールは見えんし、白ユニのワールドの選手も壁に溶け込んでいく・・・。雨だから?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

花園到着!

dsc00059.jpg

花園到着!雨は止んだが人はまばら・・・。
テントも淋しい限りだ。

ところで関西協会テントってあったのか?
『ラガーシャツ来て花園に行こう!』キャンペーン(来てじゃなくて着てだと思うが・・・。)
の案内なんてどこにもなし・・。
あったのかも知れないけど、人知れずひっそりとしてたはず。
中途半端なキャンペーンはやらないほうがマシだよ。

しかし雨止まんなぁ。

P.S.
今日、横断幕を貼ったら『剥がしてください』といわれた。
理由は、『選手個人名の横断幕はふさわしくない』だと・・・。

はぁ?『企業名が入っていると場内のスポンサー広告との絡みがあるから禁止』ならわかるが個人名のどこが悪いのだ!誹謗中傷もしていないだろ。

会場によって違うルール。明文化されていないその場しのぎの対応。勘弁してほしいよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2005

今、一つになるとき。

top
明日、いよいよワールド戦を迎える。

BKに不安を抱えるなか、雨でFW戦に持ち込めば勝機を見出せるかも・・・。
いや、ここはBK陣にも奮起して欲しいところ。

S H 佐藤貴志選手。
    SHとしては大柄な体格を活かし密集のサイドを突き抜けろ!

S O ブレンダン・レーニー選手。 
    暑さに弱そうだが、明日は涼しいから大丈夫?そろそろ本領発揮してね。

WTB 辻井厚之選手。 
    チームNo.1の俊足でレギュラー定着のアピールを!

CTB 今利貞政選手。 
    雨でスベリ捕まりにくいのでいつも以上に回転してください。
    行けぇー!くるくるアタック。

CTB 守屋 篤選手。
    ヤマハに来たときの決意を思い出せ!
    こんなところで足踏みはできないはずだよね。

WTB 冨岡耕児選手。 
    相手の四宮に臆することなくプレーを。今のうちのエースはTommyだ。
    四宮がいなくても点が取れることを思い知らせてやろう。

F B ネイサン・ウィリアムス選手。 
    密かにネイサンは自由に動けるFBのほうがいいかも・・。と思う。
    トライ量産頼むぞ!がんばれ『ハ●四天王』

P.S.
スペイン代表戦にヤマハ発動機Jubiloから4人選出。
それ自体はうれしいんだけど、ケガ人選んでどうするのかいな?
大田尾は肘の剥離骨折で全治1ヶ月だよ。そのぐらいの情報収集も出来ないんじゃ、またジャパンには期待できんよなぁ。(中日新聞に出てたよ。)
エリサリド氏は本当にプレーを観て選んでいるんだろうか?助言するスタッフはいたのか?
チームに打診はしたのか?
大体、LIVEでなくてもVTRの映像を観れば分かるって・・・、協会に対する背信行為だと思うぞ(笑)
『LIVEじゃなきゃ伝わらない』ちゃんと彼に教えてやってくれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2005

ふと思ったこと。

風呂上りにビール発泡酒(純生だよ。)を飲んでいてふと思ったんだけど、
トップリーグの集客に高校ラグビーの地区予選決勝を前座でやるのはどうだろう?
(酔っ払いの戯れ言というなかれ)

実は、既に昨年の仙台スタジアムでの三洋電機対ヤマハ発動機の試合の前に、高校ラグビーの宮城県予選決勝が行われていた。
前座でも花園を賭けたガチンコ勝負。決勝に残った両校も観客が多いほうが意気があがるだろう。そして高校生の初々しい試合の後にはトップリーグの迫力ある試合。

高校ラグビーで応援に来ている多くの高校生にもトップリーグをアピールできる。
トップリーグの会場で高校ラグビーの決勝を行う会場は今年も10ヶ所くらいあるし、静岡(ヤマスタ・エコパ)や兵庫(神戸ウィング)のように会場のやりくりさえすれば可能なところは15都府県くらいありそうだ。
あとは、日程と各都道府県協会との調整がつけば十分可能ではないだろうか?

メリットとしては
・観客数の底上げ。
・高校生プレーヤーがトップレベルの試合に触れる機会を与えられる。
・たまたま母校応援に来たラグビー観戦未体験の高校生にトップリーグをアピールできる。
・高校卒業後ラグビーから離れていた層が母校応援をきっかけで再びラグビー(トップリーグ)に興味を持つ。

などなど・・・(もっと出てきそうだ。)

県大会優勝した高校への優勝旗のプレゼンターをトップリーグ選手がやってもいいだろうし、ヤマスタのように交流会ができるようなところでは、そこで表彰式をやってもいいんじゃないかな。

現在、トップリーグの試合をダブルヘッダーでやることが多いが、同じ2試合やるなら、高校生のカードや大学のカードと組み合わせたほうがいいのではないかと思う。
そうすれば、各カテゴリーのファンの相互交流にも繋がると思う。

今年は無理だけど来年以降やってみませんか? ラグビー協会殿。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ワールド戦メンバー発表

CIMG4026

8日の花園でのワールド戦。メンバーはこちら

ヤマハの新旧FB対決(ヤマハ:冨岡耕児選手 対 ワールド:四宮洋平選手)が観れると思ったら、2人ともWTBだった。
でもトイメンなんで、2人の対決が実現。問題は両チームともWTBまで綺麗にボールが繋がるかなんだけど・・・。(爆)
ヤマハのBKも故障者が戻り大分メンツは揃ってきたんだけど、『(故障明けだから)無理はさせられない。』と言ってられないチーム事情。完治してベストのパフォーマンスを発揮できるかどうか微妙・・・。

あとHBの連携は大丈夫?シュガー英語はしゃべれるかい?
個人的には花園で玉緒(中村大輔選手)の関西弁での突っ込みプレーが見たかったけど。

とにかく今週の試合後は1週間空くのでワールド戦に集中しよう!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2005

ラグビー版ジュビロくん

CIMG4100 日曜のヤマハスタジアムでの試合ではジュビロ君のクリアファイルが配布された。
よく見るとジュビロ君が持っているボールはラグビーボール。

ジュビロ君とラグビーのコラボは始めて見ました。
でも何で今まで無かったの?って感じです。

そういえば、ホーム戦にもかかわらずジュビロ君の着ぐるみの登場はなし。
交流会でチビッコたちが選手にサインをねだる際に掲げていたのはジュビロ君のついたこのファイルだった。
ラグビーのトップリーグは知らなくてもジュビロ君はみんな知っているよ。なぜ出さないんだろう…。

jubilo-kun まあ、今回の2試合は残暑(といっていいのか?)が厳しく30度近くあったから中に入る人は大変だろうが、ジュビロ君がヘッドキャップを被って登場すればインパクトあると思うんだけどなぁ。

他のラグビーチームのキャラクターの数百倍は名の知れた(全国区)のキャラクターなんでもっと貢献してほしいよね。ジュビィちゃん(女の子)同伴ならなおいいんだけど・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 04, 2005

トップリーグ観客数③

懲りずに…(苦笑;)トップリーグの観客数を追ってみました。

第3節4試合の平均は何と…2477人。
とうとう3000人を割り込みました。というか3000人越えたのはヤマスタのみ。
それでもギリギリの3057人。
そして、花園はダブルヘッダーでしたので独自の補正を加えると、1974人。
(補正といっても2試合のうち観客の多い試合を2で割った数字を1試合あたりの観客数にしているだけですが…。)
荒天でないにもかかわらず2000人を割り込みました。

シーズン通しでも平均4016人(上記補正後2890人)
ちなみに昨年度では、5613人(上記補正後3625人)
惨々たる結果です。

何をすれば観客を呼び戻せるんだろう?
各チームは振興策として何を行っているんだろう?

ヤマハの振興策は、(私の知る限り)
・小中学生に無料招待券配布。(元々無料だが招待券としてカラー刷りの券を配布)
・スタンプラリー(スタンプ数でグッズと交換)
・選手名鑑(ルール説明を兼ねている)選手カード等の配布物
・ラグビー体験(試合ゲート脇でラインアウト体験)
・FM放送
・ファン交流会(ホームゲームのみ)

などです。他チームのナイスなアイデアがあったらコメントください。

| | Comments (8) | TrackBack (2)

October 03, 2005

ありがとう。

kiso cards
昨日の敗戦のあと、恒例となったファン交流会が行われた。

試合後、疲れているにもかかわらずサインや写真撮影に応じてくれる選手たちに感謝。
ある選手はアイスバッグで冷やしながら、ある選手は力が入らない震える手で・・・。
こういうことを普通にこなしてしまうところに、このチームの魅力を感じる。

今回の交流会で選手カード全41枚ゲット完了。選手のみんなに感謝。
最後は、この日ゲットしたコリ・セワブ選手とブレンダン・レーニー選手の2枚。
(外人選手はカードを忘れること多し・・・。よってレア物だったりする。)

カードを集め終えたので、選手たちに声を掛けるとみんな口々に『すいませんでした・・・。』と頭を下げてきた。別に謝ることは無いよ。勝者がいれば、それと同じだけの敗者がいる。
今回は敗者になったが、次に生かしてくれればそれでいいんだ。

『人は敗れたゲームから教訓を学びとるものである。
    私は勝ったゲームからまだなにも教えられたことがない。』 ボビー・ジョーンズ/ゴルファー

後ろを振り向かず前を向いて行こう!
次の戦いはすぐそこだ。共に成長して行こう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

リコー戦 6-9 負けた…。

トップリーグ第3節リコー戦。まさかの敗戦。

 ヤマハ 6-9 リコー
  2PG      3PG

まぁ、たぶん色々なサイトで試合を観てない輩が『ヤマハだめだ!』とか『弱すぎ』とか書くんだろうなぁ。
たしかに、レフリーとの相性という面からすると、相性が悪かったのかもしれない。
ラインアウトは風が強かったので『これくらいで・・・?』というのがノットストレート。
スクラムは合わずにフロントがつぶれる事が多く、ヤマハが反則をとられることが多かった。(『突っかけた。』or『崩した。』ということらしいが・・・。)
結果、セットプレーが安定しなかったのでチャンスの演出出来ず。

大田尾の前半早々の負傷退場も響いた。村田、大田尾のHB陣の欠けたBKは、攻撃がチグハグだった。大田尾の後、ネイサン、レーニーがSOに入ったが、急場しのぎの感は否めなかった。

インプレー中の反則はリコーのほうが多かったのだが、ハイタックルや、空中でのアーリータックルにペナルティは出てもシンビンは出ず。(ゼブラは出たが・・・。)
その後のペナルティでもシンビンは出ず。ゼブラって何よ?

また、両チーム34のペナルティは今季最多・・・というか不可解。試合ブツ切れ状態。
スクラムを含め試合をコントロールできないレフリーって・・・?
まぁ、レフリーに合わせられないヤマハが弱いんだろう。
交流会で選手に話しを聞いたとき、高木選手も
『スクラムで上手く合わせられなかった。レフリング云々の前にそれに合わせられないウチの負けです・・・。』と話してくれた。悔しさは滲んでいたが、『レフリーは絶対だ。』と彼は言い切った。言い訳しない姿は立派だった。

悔しい敗戦だった。
でも、最後のペナルティでは、引分けを狙わずに最後トライ(勝ち)にこだわった姿勢を評価したい。勝ち点1がせめてもの救いだった・・・。

TOP4?それは、去年の結果に過ぎない。
我々はあくまでもチャレンジャー。これを糧にまだまだ成長して欲しい。

| | Comments (6) | TrackBack (5)

開場!ヤマスタ。

dsc00058.jpg

開場!ヤマスタ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2005

こんな試合が増えてもなぁ・・・。

トップリーグ第3節(10/1)

ト ヨ タ
  82-21 サニックス サニックスは1試合最多失点記録を更新
ワールド
   6-27 NEC
東芝府中
 73- 3 セコム セコムは最多得点差負け記録を更新。

2つの不名誉記録が本日生まれました。

トップリーグが始まって、下位リーグとの差は確実に広がっています。
来季はこんな試合を多く観なきゃいけないのか・・・。ミスマッチですよ。
チーム増は時期尚早であるというのを昇格組2チームが露呈してしまいました。

それと観客少ないぞー!こういう試合になるのを予見していたのか・・・?
各チームとも応援団を自認している人がいるなら毎試合応援に行ってあげなさい。
花園のバックスタンドには、応援団の姿見えず。メインにNECの人が多少いたようですが。(TVで見る限りですけど・・・。さびしいねぇ。)
まぁ、観客数の最小記録は、昨年台風の中強行されたNEC-近鉄戦の654人なのでこの先破られることはないけど。
CIMG4014
しかし花園は観客数伸びないなぁ。近鉄がいないのが響いているのか・・・。
(近鉄の携帯ストラップはお宝扱いになってしまうのか?オヤジどもは健在?)
来週は花園へ行くぞー!

その前にヤマハJubiloは、明日ホームでリコー戦。
明日は、朝からヤマスタに行って来ます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »